こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1979年11月発行の書籍

人気の作品

      そんなときなんていう?

      セシル・ジョスリン

      岩波書店
      3.0
      いいね!
      • 話の展開は奇抜すぎて理解できないようだったけど、絵の面白さで食いついていた。

        2015/02/25 by ぶぶか

    • 2人が本棚登録しています
      二〇三九年の真実 ケネディを殺った男たち (集英社文庫)

      落合 信彦

      集英社
      カテゴリー:政治史・事情
      4.0
      いいね!
      • JFK暗殺の裏に渦巻く闇に鋭く迫る。

        日本人とは思えないパワフルな取材力でターゲットに迫る著者の気迫に脱帽。

        大学時代にプライベートでジョンフィッツジェラルドケネディ大統領について調査したことが有る。
        彼の人生は残念ながら暗殺を除いては語れないが、そこに焦点を当てるよりも、彼がやって来たこと。そして彼がやろうとしていたことが対象だった。

        既得権益を守ろうとする勢力に闘いを挑むニューリーダー。
        日本にも郵政民営化を成し遂げた絶大な人気を誇る首相がいたが、ケネディの場合、マフィアや軍産複合体という余りにも危険かつ強大な組織を対象とし、相手が悪かったと言わざるを得ない面が大きい。

        そもそも直接選挙の大統領制で有るアメリカでは、国民の総意を得ているという自信を持ちながら政策を実行できるという点で、大統領は自信を持った状態で居やすい上に、金銭的にも不安の無かったケネディは、誰にも弱みを見せなくて済むために、きっと妥協点を探す労力を惜しんだのだと思う。

        反社会的勢力で有ろうと、窮鼠猫を噛むという状態まで追い込んでは、自分の身が危うくなる。不退転の決意を持つのは大事だが、死んでしなっては負けで有り、ここのサジ加減が彼の人生の肝だったのだろう。

        世界のリーダーとしては圧倒的に若く、またそのファッションや女優との浮き名など、あまりにも、その他の大統領と違っていた彼は、若くしてこの世を去ったという点において、人々の記憶にいつまでも美化された状態のまま残ることになった。

        この点ではジェームスディーンやマリリンモンロー。
        日本で言えば夏目雅子や尾崎豊などと、ある意味では共通の存在になったと言える。

        今更真犯人が見つかっても仕方が無い。歴史から学び未来に生かすべきだろう。
        >> 続きを読む

        2011/11/21 by ice

    • 1人が本棚登録しています
      絵本おこりじぞう 絵本

      沼田曜一 , 山口勇子

      金の星社
      カテゴリー:芸術、美術
      4.0
      いいね!
      • かつて、広島の町のある場所に、いつもにこにこ笑顔でいるように見える、柔和な顔のお地蔵様がいた。

        しかし、1945年の8月6日の日。

        すべてが吹き飛ばされ、地獄のような様子となった広島の町。

        一人の少女が、焼けただれた身体で、そのお地蔵様の前までやって来て倒れ、水、水、と水を欲しがった。

        お地蔵様は、その途端、仁王か不動明王のような恐ろしい形相に顔の表情が変わった。

        そして、大きな目から、涙があふれ出た。

        そのお地蔵様の目からこぼれる涙が少女のくちびるにそそぎ、少女は束の間渇きをいやされると、やがて亡くなっていった。

        心に残る絵本だった。
        多くの人に読み継がれて欲しい。
        >> 続きを読む

        2013/05/26 by atsushi

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      にほんご
      福音館書店
      カテゴリー:日本語
      3.5
      いいね!
      •  分数の割算の理解がスムーズにいくと、将来の人生もスムーズにいく、これはみなさんご存知の映画のセリフです。ですが、本当はこうではないでしょうか?母国語の学びはじめに使う教科書が立派であれば、今後の学習はもちろん、言葉とともに生きてゆく人生もスムーズにいく。現実はそんな甘いものではないとしても。
         わたしは教科書や絵本がきらいだったから、この『にほんご』の恩恵に与れなかったかもしれないが、いまこの年になって読んでみても、すこぶる滋味に富むのに加え、基礎が身についていないことを実感するのだ。
         この教科書は「ひらがな」しか扱っていないのに、語る内容はとても深遠で驚かされる。とくに、《とき》と題された時間についての記述、いや、もう時間論といって差し支えないことばの並びは、曇りを知らない水晶のような心につよく響くだろう。そして、あたたかい挿絵が余白に花を添える。
         種明かしをすると、谷川俊太郎と大岡信がタッグを組んで、おもいっきり文科省の要綱を無視してつくったものらしい。挿絵は安野光雅によるもの。やってくれるぜ福音館。しかも初版は79年。
         星が四つなのは、これで勉強できなかった悔しさのためです。
        >> 続きを読む

        2015/03/02 by 素頓狂

      • コメント 1件
    • 4人が本棚登録しています
      いっぽんばし わたる

      五味 太郎

      4.0
      いいね!
      • むはっ!とニンマリしてしまった。
        やっぱり、凄いなあ~五味ワールド。
        まるで、落語の小噺のようで、オチがあっていなあ~^^
        そうきたか!!!!
        >> 続きを読む

        2014/08/01 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 1979年11月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本