こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1979年12月発行の書籍

人気の作品

      セルーナの女神 (角川文庫 緑 375-21)

      半村 良

      3.0
      いいね!
      • 表題作他八編を収録した短編集ですが、同じSF でも作風が違ったり、時代小説もありといったバラエティに富んだ作品が読めます。

        個人的にはそのなかでも時代小説に属する"子犬""伊勢屋おりん"が面白く読みましたけど、"子犬"の結末はある意味武士の美学と呼べるのかもしれませんが、犬好きの私には許せません。

        ということで、本書のベストは"伊勢屋おりん"です。最後のおりんの言葉、これが本音なら女性の強さ、そして怖さを痛感させられます。

        因みにブックオフで購入した本書。なかに挟まれてあったのは「メイン・テーマ]と「愛情物語」の広告案内。一見して私の自堕落な青春時代の記憶が甦りましたとさ😅
        >> 続きを読む

        2017/10/26 by アーチャー

    • 1人が本棚登録しています
      ガラスの城 (講談社文庫 ま 1-11)

      松本 清張

      講談社
      4.0
      いいね!

      • 東亜製鋼株式会社に勤める三上田鶴子は、社員旅行の夜、敏腕ぶりを恐れられている杉岡課長が、女子社員のうちの誰かと思われる女性と抱き合っている光景を目撃した。

        その夜から、杉岡は行方不明になり、数日後、首と両手を切断された他殺死体となって発見される。

        果たしてあの夜、杉岡と一緒にいたのは誰だったのか?
        事件の経緯と自分の推理を手記にしたためてゆく田鶴子。
        だが、この事件に関心を抱き、探索を開始した女子社員は他にもいたのだった-------。

        この松本清張の「ガラスの城」は、二部構成になっていて、それぞれが別の女子社員の手記のかたちをとっている。

        二人とも社内では敬遠され気味の存在だが、それだけに傍観者としての視線は鋭く、殊に社内の派閥力学や同性への観察は冷徹を極め、それが手記の客観性を裏打ちしている。

        その一方で、二人ともまだまだ女としては枯れてはいないので、無感動を装った記述の背後から、生々しい情念が図らずも見え隠れしているあたり、著者・松本清張の筆の冴えを十分、堪能できる。
        そして何よりも、手記の体裁を取っていること自体に仕掛けが潜んでいるという工夫も、実に見事だ。

        読み終えてみて、殺人の謎解きそのものとは別に、一種の心理的な伏線が結末において一気に収斂し、ある登場人物の真意が浮かび上がってくる際の、どこか悲哀を帯びたカタルシスがいつまでも心に残ります。

        >> 続きを読む

        2019/03/22 by dreamer

    • 3人が本棚登録しています
      瀕死の戦闘機隊 (ハヤカワ文庫 NV 213)

      ゲルト・ガイザー

      3.0
      いいね!

      • 第二次世界大戦の後半において、ドイツ空軍はバトル・オブ・ブリテンに敗れて後、それまでの勢いを急速に失いつつあった。逆に力を増した連合国軍機が頻繁に襲来するようになっていた。

        本国から離れた前線基地。そこに駐屯する戦闘機隊。彼らは日ごとに悪化していく戦局にもかかわらず、敵機のある限り飛び立たねばならない。

        明日の命の保証はどこにもないのだ。不安、恐怖、焦燥、虚無感、安堵など、さまざまな感情が若い彼らを包み込む。

        戦争の罪悪感に悩む者もいる。日々の苦しさを酒の饗宴で紛らわそうとする者もいる。そしてみな同じように、狭く、動きの不自由なコックピットに押し込められ、敵を求め、敵を墜すために、自らを守るために、神経を張り詰め、戦闘機と一体となるのだった。

        そんな明日をも知れぬ不安定な日々の中で、彼らはいかに生き、そして散っていったのか?-------。

        この「瀕死の戦闘機隊」は、第二次世界大戦を背景に大空に生きた、あるドイツ戦闘機隊の若者たちの姿を描いた作品だ。

        そこには、特定の主人公はいないし、明確な筋もない。それがかえって、"戦争の悲劇"という、この世の不条理を鮮やかに浮き彫りにしていると思う。


        >> 続きを読む

        2018/03/19 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 1979年12月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

NARUTO