こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1985年8月発行の書籍

人気の作品

      利腕

      菊池光 , ディック・フランシス

      早川書房
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 最後の一文を読み終えた時の深い満足感
        小手先のトリックやどんでん返しなどでなく、本当に良質の小説だけが持つ、ため息のような感動をミステリーでも得たいと思う人は、この小説を読みなさい。
        文学的な基礎知識も特別な読解力も不要
        ただハラハラさせるストーリーを追うだけでいいのです。

        人は獲得し、そして失う。生きるという事はその繰り返し。
        主人公シッド・ハレーはそれを体現した存在です。
        だからこの物語はあなたの物語でもある。
        シッドのように振る舞えなくても、シッドに寄り添う事は出来ます。

        プロローグから壮絶な喪失感で幕を開け、
        乾いた語り口と骨太なストーリーでぐいぐい読者を引き込みます。

        「勝つことがすべてである。勝つことが私の役目だ……そのために自分は生まれてきたのだ」
        シッド・ハレーは元チャンピオンジョッキー。自他ともに認める最高の騎手でした。
        愛する女性と結婚し、たたき上げで築いた財産もあり、天職と思える職業で成功をおさめ、有名になり…
        …そしてすべてを失いました。
        彼ほどの喪失を経験した人はほとんどいないのではないかと思うほどの悲惨な運命。

        運命に弄ばれ事件に巻き込まれ、という典型的なハードボイルド小説ともいえるのですが
        それだけでは語りつくせない魅力と深さがこの小説にはあります。

        「恐怖」を追求している点もその一つでしょう。
        (もちろんホラーとは全く別です)

        「人がなんといおうと、恐怖というものを私は充分に承知している。それは、馬そのもの、レース、落馬、あるいはふつうの肉体的苦痛に対する恐怖ではない。そうではなくて、屈辱、疎外、無力感、失敗……それらすべてに対する恐怖である。」
        「自身に対する自分の見方が幻覚にすぎなかったことをむりやり知らされることは、地震にも似た精神的激変であった」

        一人称小説なので「私」シッドは、その時々の状況を赤裸々に、時に情けなさ丸出しで語りかけてきます。
        その真実と切実さといったら…。
        彼は決して鉄の精神を持った男ではないのです。
        ただ、自分に対する誇りの為に、外にそれを漏らさない。自分から逃げない道しか歩めない、そういう性分なのですね。
        それでも生きていくという選択をすることのしんどさと当り前さ。

        相棒のチコ、元妻のジェニー、その父のチャールズ、ジェニーの女友達のルイーズ他の登場人物造形の素晴らしさのみならず、本作では悪役さえも血の通った人物として納得できる描かれ方をします。
        敵は、前作「大穴」の悪役の怪物的異常性とは異なり、人間が他者に与えうる脅威という形で現れます。
        暴力そのもの以上に脅迫の方を人間は苦しむものなのです。

        フランシスの小説の主人公はみな、素晴らしく魅力的なのですが、中でも最高に愛されているのはこの「シッド・ハレー」です。
        彼の描くのは、悪と闘う正義の味方ではなく、内的な動機に基づくアイデンティティの獲得、維持の為に闘う男の姿です。

        一話完結の作品がほとんどですが、例外が2つあり、その一つがシッドの出演(もはや実在人物^_^)作品です。
        負けず嫌いで頑固で自尊心が高くてめちゃくちゃタフな男でありながら、一方で大きな弱点を持っています。
        彼は、身体が不具であると言うハンデを背負っているのです。
        それは単に肉体的な不自由さではなく、アイデンティティを決定的に損なう類の障害です。
        愚痴も言えば弱気にもなる。内面では怯えも怠惰も嫉妬も抱えている事を自ら認め、端的に語るのがシッド。

        フランシスの主人公の多くは精神力の強い、抑制のきく一見クールな男性が多いので、
        見ようによってはシッドはフランシス作品中最も情けない主人公なのかもしれません。
        しかしだからこそ、人は彼を愛するのでしょう。
        彼のように、人からは、タフな男に思われたい。
        仮に自分自身の目には、そう映らなかったとしても。
        そう夢を描くことでしょう。
        そして彼が立ち直り、再び自分の人生を歩みだす姿を見たいがために、繰り返しこの本を読むのです。

        私も再びシッドに逢いに行くでしょう。
        もしも人生で打ちひしがれる事があったなら、自分が生きていくための勇気をもらうためにも。きっと。
        >> 続きを読む

        2019/05/16 by 月うさぎ

      • コメント 15件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      月光のさす場所 (角川文庫 (6135))

      眉村 卓

      5.0
      いいね!
      • 表題作ほか全6編を収録した短編集。

        眉村卓氏の作品は一時期"サラリーマンSF と呼ばれていたそうですが、本書のも普通に社会で働く主人公たちが遭遇する出来事を描いています。

        街全体がある会社に管理された世界を描いた「鳳凰傘下」。エリート組織に属さない"裏学校"出身者が経営する謎の会社を描く表題作などなど。

        正直どの作品も後味が良いとはいえない余韻が残り残こりますが、その分読みごたえがある短編集だと思います。

        なかでも「霧に還る」の切なさと「剥落の冬」の底知れぬ怖さは、本書のなかでもというより、個人的にはこれまで読んできた眉村卓氏の短編のなかでも、この2作は傑作だと思いますし、ほんまに読み逃さなくて良かったです。

        というわけで、オススメの短編集です。
        >> 続きを読む

        2018/10/18 by アーチャー

    • 1人が本棚登録しています
      死体は眠らない

      赤川次郎

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 気の弱い主人公が決死の覚悟で「鬼嫁」を殺害。
        誘拐されたことにして妻の不在を誤魔化そうとするが、
        隠したはずの死体が消えたり、謎の死体が増えたり、、とトラブルが続出する。
        「おばか」な登場人物たちが織り成すドタバタコメディ。

        10数年ぶりに再読。
        前回読んだのは中学生だったか、小学生だったか。。

        人生で初めて読んだユーモア小説。
        殺人、誘拐、裏切り、、などなど、ブラックな要素満載にも関わらず、
        悲壮感が一切漂わないのは作者の手腕によるものか。

        まるで舞台劇を見ているようなテンポの良さで
        一気に読み終えてしまった。

        肩肘張らずに読めるおすすめの一冊。
        >> 続きを読む

        2012/02/15 by po1415

    • 2人が本棚登録しています
      BE-BOP-HIGHSCHOOL - 4

      きうちかずひろ

      講談社
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • BE―BOP―HIGHSCHOOL 第4/全48巻

        立花の菊永も登場し、更に役者が揃う。

        ケンカと女。言ってしまえばBE-BOPの世界観はこれに尽きるが、今回繰り広げられている世界も見事。

        強烈な印象を残しているヘビ次、ネコ次の兄弟が登場。

        兄のヘビ次は、本名が竜次。弟のネコ次は、本名が虎次。
        竜が蛇に、虎が猫にと、格下げされたあだ名なのだが、いかにも不良っぽくて笑える。

        結構強く記憶に残っていたのだが、実際はほんのチョイ役と言って良いくらいで、記憶のいい加減さに驚かされた。

        (この巻では、まだそう呼ばれていないが)キクリンこと、立花の菊永も登場し、愛徳VS立花の抗争勃発か!?
        と思わせるも、実際には抗争どころかお笑いエピソードで決着する。

        思えば、いつもキクリンはマジメなのに、気付くと爆笑の的になっている可哀想なキャラで有る。

        他は、鬼島こと、元マル暴の島崎巡査部長の登場なども有るも、女路線全開。

        とても高校生とは思えないシンゴの絶倫エピソード(オットセイのエキスとか...)で笑わせるのは毎度の通りだが、シンゴとヒロシに煽られて鬼姫と付き合う寸前まで行くトオルも珍しく頑張っている。

        今回も岩本が見せ場を作った。

        イマイチかわいくない娘から告白されて迷う彼だが、存在しない姉としてモデルの写真を見せ、彼女は将来カワイクなるダイヤの原石だと吹き込まれ、交際に踏み切る。

        彼の場合は異性とのお付き合いで学ぶところが多そうなので、結果はとても良かったと思うのだが、完全に面白がっている外野の気持ちもわかる。

        キクリンにしろ、彼にしろ、本人は大マジメなところが、爆笑を誘うのだろう。

        そう言えばBE-BOP用語?の「シャバい」が、たぶんまだ登場していない。ますます記憶なんて怪しいものだと痛感。
        >> 続きを読む

        2012/11/03 by ice

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      軍師二人

      司馬遼太郎

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 歴史短編8編。

        それぞれ印象深い短編集。プライドが一貫してテーマだったように思う。

        ギリギリまで追い込まれ、最後に一花咲かせたいと死地に臨む。

        最善手を知りつつも、様々なしがらみで悪手しか選択することを許されず、せめて最後を飾れる死地を模索する。
        武将または侍達の死が迫る中での潔さが、美しさにまで昇華しており、ある種の感動に包まれるかのようなシーンが多かった。

        また、侍に相対する女性の立場が描かれたものも有る。

        自身の体を通った男性の行く末を案じてしまう女性。
        獣のような強さに惹かれ、気付けば自身も獣のような欲望を抑えがたくなる女性。

        男女間の話は詰まるところ、恋愛感情になるのだが、様々な愛の形は有れど、
        現代でも似たような男女は、そこかしこに存在することに気付くかされる。

        死を美化するのは良くないが、生命を賭して守るべき何かを持つ人生は美しいと思う。
        >> 続きを読む

        2012/01/04 by ice

    • 1人が本棚登録しています
      盗賊会社

      星新一

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 星さんのショート・ショートを読むときの、ドキドキ・ワクワク感は別格だと思います。
        新しいものに触れるような感覚をくれます。
        『盗賊会社』はタイトル通り、ビジネスやお金に関するお話が多かったように感じました。


        *新しい社長
        数字にやたら正確で、どんな小さなことも記憶している社長。
        こんな社長がいたら嫌だけれど、会社の方針ならしかたないのか。
        息が詰まりますね。

        *盗賊会社
        盗賊会社の社員は、泥棒そのものが営業。
        変わった企業で日々満足しながら仕事に励んでいると思いきや、まさかの転職話???
        転職を促すCMを思い出しました。

        *やっかいな装置
        ひとつの物体が宇宙から飛来し、地球の上へと着陸。
        税金の仕組みを客観的に見つめ直せる、不快で複雑なお話でした。
        普段気にしていない(当たり前のものとし考えなくなっていた)ことを突き付けられました。

        *あるノイローゼ
        コンピューター社会になったからこその、病とビジネス。
        自らの病を通して稼ぐことを思いついた主人公にニヤリとさせてもらいました。


        本書ではこれ!といったお話はなかったのですが、全てが粒ぞろいだったと思います。
        クオリティの高さはさすがです。
        新潮文庫夏のフェアで、星さん枠が一番楽しみ。
        >> 続きを読む

        2018/07/08 by あすか

      • コメント 2件
    • 5人が本棚登録しています
      植村直己・地球冒険62万キロ (文学の扉)

      岡本 文良

      5.0
      いいね!
      • すごく勇気のある人で、性格がすごくかっこいい!!

        2017/02/15 by Na-chan

    • 1人が本棚登録しています
      確率2/2の死 長編推理小説

      島田荘司

      光文社
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 綿密に練られた誘拐計画。成功寸前だったにも関わらず身代金も受け取らずに人質を解放した誘拐事件。

        冒頭より走らされる吉敷刑事。
        用意周到に仕組まれた誘拐事件の犯人探しのつもりで読み進めたが
        容疑者自宅付近を周回する謎の車両が出現した辺りから島田ワールドに引き込まれた。

        地域住民のほとんどが野球賭博の経験者だったという設定に無理を感じたため
        島田氏作品としては低評価だったが、そこに目をつぶれば十分に楽しめる作品である。

        誘拐事件のはずなのに川口投手は完全な脇役。
        この辺りにも島田氏の読者の裏をかこうとする姿勢が読み取れる気がする。
        >> 続きを読む

        2010/12/25 by ice

    • 1人が本棚登録しています
      世界幻想文学大系 第2巻 A マンク 上

      マシュー・グレゴリ・ルーイス紀田順一郎荒俣宏

      5.0
      いいね!
      • 【ゴシック奇譚の超古典。幻想文学好きなら読んでおくべき作品です。/破戒僧がたどる数奇な運命やいかに。】
         ルイスがわずか10週間で一気呵成に書き上げたという伝説が残る、ゴシック小説の代表作の一つが本作です。
         『オトラント城奇譚』、『ヴァテック』などと並ぶゴシック奇譚の超古典。
         久しぶりに再々読したのでご紹介です。

         本作は、いくつかのストーリーが同時併行的に進んでいく構成を取ります。
         主となる筋は、清廉潔白な中年僧侶のアンブロシオの物語になります。
         アンブロシオは、神の如くに高潔との評判が高いカプチン会の修道僧で、その説教は多くの人の胸を打ち、マドリッドで大評判となっていました。
         実際、幼少の頃から修道院で過ごし、一切の誘惑とは無縁に生きてきた修道僧だったのです。

         ところが、目をかけていた見習い修道士であるロザリオとの関係でおかしなことになっていくのです。
         アンブロシオは、いつも明るいロザリオが打ち沈んでいるのを見かけ、悩みがあるのなら言ってごらんと声をかけます。
         ロザリオは、絶対に言えない、言えば軽蔑されると頑なに拒否するのですが、アンブロシオは神に誓ってそのようなことはしないからと告白を迫るのです。
         
         逃れられなくなったロザリオは、すべてを告白するのですが、実はロザリオは、女性でマチルダというのが本名だと言うのです。
         マチルダは、大変教養のある女性で、そのせいか、世の男性が軽薄で汚らわしいものに思えてならず、心から失望していたというのです。
         ところがある日アンブロシオの説教を聞き、神への道を知り、アンブロシオを心から崇拝するようになったのです。
         何とかおそばに置いていただきたいという一心から、男性を装い、この修道院に入れてもらったと言うのです。
         決していかがわしい気持ちからのことではないので、見習い期間が終わるまで、これまで同様おそばに置いていただきたいと泣いて懇願するのでした。

         マチルダは大変美しい女性で、実は、アンブロシオが部屋に飾っていたマリアの絵のモデルにもなった女性だったのです。
         アンブロシオは、一時は、マチルダの願いを拒絶し、修道院から出ていくようにと言い渡すのですが、内心、そこまで人の心を動かすことができたという虚栄心に酔い、また、マチルダの女性としての魅力にふらついてしまっていたのです。

         確かにアンブロシオは穢れの一切無い人生を送ってはきました。
         しかし、それは無菌栽培のような修道院で生活し続けられたからであり、誘惑というものに触れる機会が無かったからなのでした。
         いざ、生身の女性に慕われるや、いとも脆く陥落してしまい、マチルダの誘惑に負け関係を持ってしまうのです。

         さて、2番目のストーリーは、レイモンドという貴族の物語です。
         彼は、アグネスという女性と恋仲になり、結婚を誓い合うのですが、アグネスの母親がレイモンドに横恋慕し、その思いを遂げるのに邪魔になるアグネスを強引に女子修道院に入れてしまうのです。
         このいきさつの話が結構長く、上巻の1/3位はこちらのストーリーが展開するのです。
         細かいことははしょりますが、レイモンドは女子修道院からアグネスを救い出そうとし、その計画を書いた手紙をアグネスに届けるのです。
         何せ、アグネスはレイモンドの子供を身ごもっていましたし。

         しかし、その手紙はアンブロシオの知るところとなり、アンブロシオは女子修道院長にこのことを知らせ、厳罰に処するように言い渡してしまいます。
         アグネスは泣いて懇願するのですが、まだマチルダと関係を持つ前の高潔なアンブロシオは聞く耳を持たなかったのです。

         ところで、アグネスは、ロレンゾという貴族の妹だったのですが、ロレンゾを主人公とする第3のストーリーも同時に進行していきます。
         ロレンゾは、アンブロシオの説教を聴くために教会に出向いた際、偶然アントニアという美少女を見初め、結婚したいと願うようになります。
         しかし、アントニアの母親はある貴族と駆け落ちをし、実家からは絶縁状態にありました。

         その後、その貴族は亡くなってしまい、アントニアも母も庇護を失ってしまったのです。
         アントニアは、貴族が父親ということになるので、その貴族の親戚筋の庇護を求めたいと考えてマドリッドにやって来たのですが、その親戚筋に当たる貴族というのがレイモンドだったのですね。
         ロレンゾは、レイモンドとも知り合いでしたので、それなら自分が頼んでやろうと申し出、アントニアの歓心を買おうとします。

         ここに、レイモンドとロレンゾの協力関係が出来上がるというわけです。
         レイモンドは、アグネスの兄に当たるロレンゾの協力を得たいし、ロレンゾは、アントニアの親戚筋に当たるレイモンドの協力を得たいというわけです。
         そこで二人は互いに力を貸し合おうと合意するに至ります。

         というのが上巻までのあらすじになります。
         3つのストーリーが同時進行しますので、ややまとまりが悪い印象を与えますが、下巻でうまく収斂してくれるのでしょう。
         この作品は1794年に書かれたものなので、そのストーリーは今からすればどうしても陳腐だという印象を拭いきれないのですが、それは仕方がないことでしょう。
         幻想文学を語る上では避けて通れない有名作品ですので、ここはそういうものだと考えて読むしかありません。

         私は、世界幻想文学大系で本作を読みましたが、世界幻想文学大系は既に絶版になっている幻のシリーズです。
         このシリーズ、大変凝った装丁になっており(各ページの小口側には装飾柱のイラストが刷り込まれ、見返しにはマーブルが使われ……等々)、今ではこんな本、絶対に出版できないだろうなと思えるような豪華な造りです(私、物好きにもこのシリーズを出版社に問い合わせたり、古書で探し回り、全巻揃えてしまいました)。
         本作を含め、収録されている作品は長い間入手が極めて困難だったのですね。
         でも、マンクは文学史上も重要な作品であり、多くの本で言及されている作品なので、国書刊行会からその後新版で出版されており、今でも入手が可能です。
         とは言え、マニアックな本ではありますので、入手できるうちにお買い求めになっておいた方が良いですよ~。


        読了時間メーター
        ■■■     普通(1~2日あれば読める)
        >> 続きを読む

        2020/07/05 by ef177

    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 1985年8月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚