こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1986年9月発行の書籍

人気の作品

      仮面舞踏会

      横溝 正史

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 殺人鬼らしさというのは、逆にその残虐性をうまく隠し通せる大胆さの奥にあるのかもしれない。 >> 続きを読む

        2018/01/03 by aki

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      項羽と劉邦の決戦 楚漢春秋

      谷崎旭寿

      旺文社
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 項羽と劉邦の決戦。「背水の陣」や「韓信の股くぐり」といったよく耳にする故事が話に出てくるので、興味深かったです。

        どうでもいい話ですが、劉邦が、項羽との戦に敗れ命がけで逃げている最中、少しでも早く逃げる為に、自分の息子と娘を車から押し出して少しでも軽くした場面。
        部下に、「気がくるわれたか!!」という場面。
        これ、三国志の曹操が主人公の漫画、『蒼天航路』で劉備が曹操から逃げている長坂の戦いの後の場面で、全く同じ状況が描かれていました!ここからとったんですかね!!
        >> 続きを読む

        2011/03/08 by bob

    • 1人が本棚登録しています
      銃殺命令―BC級戦犯の生と死 (朝日ノンフィクション)

      林 えいだい

      5.0
      いいね!
      • この本を読むまで私は全然知らなかったのだけれど、戦時中、折尾に俘虜収容所があり、アメリカ・イギリス・オーストラリア・オランダなどの捕虜になった軍人たちが収容されていたそうである。
        炭鉱の労働に駆り立てられ、病気の時も労働を強いられたり、時には虐待を受けることもあったそうである。
        その中で、オーストラリア出身のアービンという人物が脱走を図り、逮捕された。
        上からの命令で、折尾の俘虜収容所の松山所長がアービンの処刑をさらに兵士に命令し、岩沼曹長らが実際に刑を執行し銃殺した。
        日本の敗戦後、戦犯裁判が行われ、岩沼曹長・松山所長ら四人に死刑判決が下る。
        岩沼曹長のみ、奇跡的に妻たちの助命嘆願が実り、死刑ではなく終身刑に減刑され、十年後に釈放される。
        しかし、その間の妻や子どもたちの苦労は並大抵のものではなく、釈放後も心身の疲労のため岩沼氏自身が社会復帰するのに相当な時間がかかった。
        また、当時にしては捕虜の人々の待遇に配慮し、実際に捕虜の将兵からも信頼が厚く、戦争が終わった後は捕虜だった人々からサインを記入された聖書をプレゼントされたというクリスチャンの松山所長が、弁護士や本人や家族たちは助かるという見通しを持っていたにもかかわらず、死刑執行され、讃美歌を歌いながら刑場に赴いたという話はなんとも気の毒である。
        林えいだいさんがあとがきの中で述べている、「わたしは戦犯を擁護するつもりはないが、彼らが国民の責任を一身に被って処刑されたのも事実である。平和に慣れっこになると、つい戦争の苦しさを忘れてしまう。私は、亡くなった方々のご冥福を祈らずにはいられない。」というのは、重い一言だと思う。
        戦犯の人々やその家族の人々もまた、戦争さえなければあのような目に遭わずに済んだことを思うと、つくづく戦争というのは観念ではなく具体的なとんでもない悪事だと思わずにはいられない。
        重いが、長く読み継がれて欲しい貴重な一冊だった。
        >> 続きを読む

        2017/03/31 by atsushi

    • 1人が本棚登録しています
      シャーロック・ホームズ大全

      鮎川信夫 , アーサー・コナン・ドイル

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね! Minnie
      • シャーロック・ホームズのお話、正典すべてではありませんがほとんどがこの一冊に入った百科事典並みに分厚い一冊です。

        収録されているのは47編。
        お宝とも言えるこの本に、全ての話が収録されていない点がとても悔やまれます。
        長編「恐怖の谷」と短編集「シャーロック・ホームズの事件簿」はこの中にはありません。

        しかし、200点ものイラストというだけでもファンにはたまらない一冊であることは間違いありません。
        >> 続きを読む

        2012/11/14 by Minnie

      • コメント 7件
    • 2人が本棚登録しています
      天女来襲 (花とゆめCOMICS (632))

      清水 玲子

      3.0
      いいね!
      • 再読

        S60「天女来襲」夏己生き返る
        S61「ネオ・ドーベルマン」キメラなドーベルマンのショナ
        S61「世紀末に愛されて」ノストラダムスの1999年
        S59「清水玲子の今昔物語」早太郎タイムスリップ
        >> 続きを読む

        2016/10/02 by ゆ♪うこ

    • 1人が本棚登録しています
      わたしたちのイエスさま

      森一弘 , 藤本四郎

      (宗) 聖パウロ女子修道会
      4.0
      いいね!
      • 子ども向けにわかりやすく、福音書の話を短くしてある絵本。

        しかし、それだけに、より素直に、優しく、いかにイエスが優しい生涯を送ったかが伝わってくる気がした。

        こういう絵本を子どもの頃から読んだ人は優しい人になりそうであるし、大人になってからであっても、いつでもこのような福音の物語に触れると、何が最もなくてはならぬことかを教えてもらうことができるのだと思う。

        イエスは、限りなく優しい人だったんだなぁと、あらためて思った。
        >> 続きを読む

        2013/05/11 by atsushi

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ねこがいっぱい

      Skarr, Grace, 1903- , やぶきみちこ

      福音館書店
      4.0
      いいね!
      • タイトル通り、ねこがいっぱい出てくる絵本。
        猫のイラストが好きな私の子どもはけっこう楽しんで見ていた。 >> 続きを読む

        2015/07/30 by manahono

    • 1人が本棚登録しています
      おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)

      渡辺 茂男

      3.0
      いいね!
      • お父さんとおふろに入るのがおもしろくなっていた時期に読んだのでタイムリーだった。2歳半から3歳。 >> 続きを読む

        2015/02/04 by ぶぶか

    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 1986年9月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本