こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1996年4月発行の書籍

人気の作品

      すべてがFになる

      森博嗣

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 森博嗣さんは、元国立大の助教授で工学博士と名乗っている"理系"の作家さんだけあって、そっち方面の用語が沢山出てきます。
        "真性"文系の私は、読んでると私の頭に?が積み重なっていったが、ストーリーを追う分には支障がなかったので、そのまま放置して読み通しました。

        私は松本清張をはじめとして、社会派推理小説を読むことが多かったので、この作品のような典型的なパズラー小説はなかなか新鮮な感じがしました。
        といってもこの作品が書かれたのは1996年でもうかれこれ20年もたっているんですね。

        登場人物の真賀田四季という天才工学博士がなかなかのキャラで、謎解きよりも
        このキャラの謎めいた人間離れした所が印象に残りました。

        森さんは本書を含むS&Mシリーズ(このシリーズだけでも10冊)ほか、Vシリーズ、スカイ・クロラシリーズなど、かなりの著作があるので、少しずつ読めたらなぁと思います。
        >> 続きを読む

        2017/11/09 by Reo-1971

      • コメント 1件
    • 他4人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      蒼穹の昴

      浅田次郎

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.8
      いいね!

      • 私の好きな作家のひとり、浅田次郎の「蒼穹の昴」(上・下巻)を本棚から取り出しては、何度も読んでいますが、この作品は著者初の本格的な歴史長篇小説で、渾身の大作と言っていいかも知れません。

        物語は、占星術師の予言を信じて宦官となった貧農の子・春児と、科挙に優秀な成績で合格した郷紳の庶子・文秀という二人の青年の人生が、そのまま清朝末期から近代へという歴史の嘔吐・転換・再生といったものを映し出す、多重的な構造で進められていきます。

        内に皇帝派と皇后派に分かれた朝廷内の抗争、外からは列強の強圧を迫られる大国の苦悩は、作中で李鴻章が香港咀嚼の期限を1997年までと提起する場面に明らかなように、優れて現代的な歴史の見取り図になっていると思う。

        その中で、クリオの顔さながらに、さまざまな表情を見せる西太后以下、宇宙という言葉の意味を教えてもらった御礼に、命を捨てて、梟雄・袁世凱暗殺に失敗した王逸を助ける少女・小梅、許婚の誇り高き死を瞼に刻み込む春児の妹・玲玲ら、有名無名の幾多の登場人物が躍動する。

        そして、王者のみが手にする龍玉の伝説と、芸術の力で神ですら救えぬ人間を救うべく、海を渡って来たジュゼッペ・カスチリョーネの挿話は、それぞれ、天が人に与えし運命と、その運命を超克しようとする人間の意志の象徴ではないかと思う。

        著者は、両者の振幅の中に、この世に万人の求めてやまぬ幸福はあるや否やという、大いなるテーマを設定しているのだと思う。


        >> 続きを読む

        2018/02/16 by dreamer

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      るろうに剣心 - 明治剣客浪漫譚 - 巻之十 御剣の師弟

      和月伸宏

      集英社
      4.0
      いいね! su-kun
      • るろうに剣心 第10/28巻

        折れてしまった逆刃刀。武士の魂で有る剣を失った剣心に迫りくる刺客。

        志士雄配下の十本刀に招集がかかるが、早くも1本折れる辺りがガッカリ。

        この手のストーリーは、常に新しい敵を用意せざるを得ない展開になることは理解できるものの、十本刀と聞くと、ベタな展開だなぁと思わざるを得ない。

        キン肉マンしかり、北斗の拳しかり。
        少年誌では、余りにも使い古されたパターンに思われてしまう。

        そんな中で、良かったのは青空一家。と比古清十郎。

        青空一家では、伊織が文句なくかわいいし、殺伐としつつ有るストーリーの中でホッと一息つかせてくれる存在になっている。

        比古清十郎は、まだ良く分からないけれど、既に最強と思われていた剣心が、まだ奥義を伝授されていなかったという設定はなかなか見応えが有るように思う。

        彼も相当な人気キャラのようでは有るが、第一印象は良くない。
        王子っぽいルックスが好きでは有るのだが、彼の場合はもはやマントの域。
        幾らん何でも、あんなヤツはいないだろ...(笑)

        頑なに逆刃刀しか持たない剣心。ただ、今後、最強の敵との対峙のために、設定上、逆刃で無い刀を持つ日を残している気がしてならない。
        >> 続きを読む

        2012/10/07 by ice

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      西風のくれた鍵

      アリソン・アトリー , 中川李枝子 , 石井桃子

      岩波書店
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 1996年刊。再読。
        読み終わった後に不思議な余韻の残る童話が六編おさめられている。英国の作家アリソン・アトリーの手による物語は、作者が育った環境からごく自然に生まれてきたように思う。

        深い森に囲まれていれば、ピクシーの存在も身近に感じられるだろう。「ピクシーのスカーフ」「妖精の花嫁ポリー」のピクシーたちはそれほど悪さをしない。
        強く吹く風に擬人化された意志を感じることもあるかもしれない。氷の王女を探す北風の話「雪むすめ」、不思議な謎かけをする西風(ゼファー)と少年の物語「西風のくれた鍵」。
        一年に一度現われる年老いたスパイス売りに礼を尽くした娘が幸せになる「幻のスパイス売り」は原書のタイトルになっている。出てくるスパイスの香りを知らなければ、これほど感動できたか疑問に思う。古代ローマの宝を手にした「鋳かけ屋の宝もの」も楽しい。
        時の流れと不思議な世界を自由に行き来したような読後感を味わった。

        個人的には「幻のスパイス売り」が圧巻で訳書のタイトルもそうであったらと思うが、本書の対象年齢からすると、スパイスが何かわからないと読んでもらえないかなとも思った。でも、「西風のくれた鍵」はかなり哲学的だとも思うのだが。


        >> 続きを読む

        2017/09/22 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      笑いと治癒力

      松田銑 , CousinsNorman

      岩波書店
      カテゴリー:内科学
      4.0
      いいね!
      • 人間の持つ不思議さ。
        病は気からとは、よく言ったものだと思う。
        免疫細胞を活性化させるには・・・だけでなく、リフレッシュや、身体的なエネルギーまで、本当に「笑い」の持つ力は偉大なものだと再認識。

        しかし、6年半前にも一度読んでいたのだが、その時は、どうやってこの本にたどり着いたんだろうか・・。
        >> 続きを読む

        2016/04/12 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています
      私語辞典

      柳美里

      朝日新聞出版
      2.0
      いいね!
      • 何とも後味の悪い本。

        一言でいうと、「私語は慎みなさい」

        でおます。
        >> 続きを読む

        2013/09/16 by ごまめ

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      男の真剣勝負

      津本陽

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:日本
      4.0
      いいね!
      • 様々な時代、様々な立場の偉人伝。

        16名ものエピソードを取り上げているのだが、極めて内容は濃い。

        偉人達を紹介した歴史モノとカテゴライズされそうだが、示唆に富んだ自己啓発モノという側面も大きい作品である。

        興味の有る偉人達が多く含まれているという個人的な話は有りつつも、それそれ非常にキャラの立ったエピソードなので、読み物としても十二分に楽しめた。

        戦国武将、将軍、大名、不遇の浪人、大商人、剣豪、文明開化の立役者など、立場は違えど、まさに真剣勝負で人生に臨んでいる姿は、人を惹きつける。

        少し苦手意識の有る津本氏作品だが、多少読み進めるのに時間を必要としたものの、途中で何故か読むのが辛くなるという現象は起こらなかった。

        男惚れするような先人達に脱帽し、奮い立つ。。
        >> 続きを読む

        2011/12/15 by ice

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      五左衛門坂の敵討

      中村彰彦

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • 反骨の作家・中村彰彦の会津藩贔屓は、有名です。

        今回読了したのは、彼の初期の短編集「五左衛門坂の敵討」で、その中でも表題作の1編は、第一回中山義秀文学賞を受賞していて、さすがに彼の歴史に題材をとった作品は、ひと味もふた味も違う歴史の切り口で私を魅了してやまないんですね。

        勝てば官軍と言われるように、歴史の多くは、勝ち残りの者に都合よく改変される中で、勝者の歴史では賊軍と言われる会津藩の埋もれた挿話を、丹念に尚且つ、緻密に拾い出す作業を、作家の中村彰彦は続けているんですね。

        さらには、最後まで徳川家を信じた京都守護職の任にあたった、会津藩主・松平肥後守容保や藩祖でもあり、徳川家への御奉公を第一とする家訓を残した、三代将軍・徳川家光の弟、士津公の事蹟などを、残されたわずかな資料から、自分の見解を加えつつ、我々読者を魅了させる1編に仕上げる技量は、本当に見事ですね。

        さらに好ましく思えるのは、既成の事実だと思われていることに疑問を投げかける、彼の作家的な姿勢です。

        松坂三内が、築城術の参考と藩主・松平容保への土産話を持ち帰るために立ち寄った高取藩の郡山城下で、功を焦る軍奉行に挙動不審を問われて斬死する。

        彼の弟で、養子にいった原掟之進は、三内の嫡男で14歳の鯛二の介添えとして敵を討つため、旅の刀商人に化けて、閉門謹慎となった軍奉行の薮田極人に近づいて行くのだった-------。

        蛇足としてあるのですが、気になるその後が記されているのも嬉しいですね。
        時が経ち、風化された読みづらい墓石から、百数十年前の時代に刻まれた歴史を見ることができるのです。

        それは、たとえ歴史上の真実でなかったとしても、人間を描こうとする作家の気持ちが読む者に伝われば、その日からそれが歴史の真実になるのだと思う。

        >> 続きを読む

        2018/06/03 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています
      はみ出し銀行マンの乱闘日記

      横田浜夫

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:金融、銀行、信託
      4.0
      いいね!
      • 銀行の支店長が、自分の権限だけで女性にお金を貸して、自分の愛人にする場面が出てくるけど、本当にそんなことできるのかなぁ(*´-`)
        できるとしたら、やってみたいなぁ(///∇///) 
        >> 続きを読む

        2013/11/08 by Wotapa

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      ブルーもしくはブルー

      山本文緒

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 「あの時、もう一つの選択をしていれば…」
        そういう経験は誰にでもあると思う。

        この本の主人公は、過去のある時点で二人の相手を同時に好きになり、一方と結婚した。しかし、思っていたような幸せな生活はやってこなかった。そんな時もう一方と結婚したもう一人の自分と出会う。どちらの自分も今の生活に満足していない。二人はお互い入れ替わる事を決意する。

        結局どの選択をしても苦悩はつきまとう。
        隣の芝生は青く見える。
        しかし、自分の環境が悪いのではない。
        環境を変えれない自分が悪いのだ。
        自分を見つめ、悪い所を反省し、改善しなければ、どの選択をしても同じような結果が待っている。
        今の生活に満たされないと後悔するなら、自分を変え今の生活を良くしていく努力が必要なのだと思う。
        >> 続きを読む

        2011/08/25 by Iris

      • コメント 8件
    • 12人が本棚登録しています
      蒼穹の昴

      浅田次郎

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      •  ん~・・・なんだかなぁ・・・
        上巻はとっても面白かったのですが、
        下巻は正直イマイチでした。

         壮大なスケールにくわえ状況設定や描写もじつに上手で
        さすがの筆力です。
        でも上巻のように読者を引き込むというか、
        乗せていく波のようなものを感じない。
        少なくとも私はそう思いました。
        読者にそう感じさせてしまっては、
        どんなに素晴らしく巧みな文章でも、
        娯楽作としては失敗です。

         下巻は読めば読むほどに
        物語の内包する不条理性が悲しくなります。
        皇帝陛下なんか かわいそ過ぎて読むのが辛くなります。

         本作には続編が2作品あるのですが、
        私が読むことはないでしょう。
        >> 続きを読む

        2015/02/02 by kengo

    • 2人が本棚登録しています
      家栽の人

      魚戸おさむ

      小学館
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 主人公は花の好きな裁判官の物語です。高校時代に読んだ漫画ですが、少年を信じ続けるというか「この子にとって裁きを与えるのではなく、再生のためには何をすればよいか」という想いが伝わってきます。最終回では「君は決してひとりじゃない」というメッセージが心に残っています。また年を取るにつれて、人間が植物を生かしているのではなく、植物に人間の早さを合わせることの大切さが少しずつわかってきたような気もします。ですから成長過程にある子どもや少年、そして青年に成年が・・・というよりも自分以外の人の時の流れの早さに合わせることが人間関係の構築にも必要なのではと今は感じます。私の原点となっているひとつの作品です。 >> 続きを読む

        2014/04/10 by tetyu

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ローマ人の物語

      塩野七生

      新潮社
      カテゴリー:古代ローマ
      5.0
      いいね! KATTS
      • 現代ヨーロッパでも英雄のカエサル、超かっこいいです。
        前作と合わせてお勧めの作品です。古今を問わず理想のリーダー像についても考えさせられます。 >> 続きを読む

        2012/05/16 by KATTS

      • コメント 1件
    • 4人が本棚登録しています
      凍える牙

      乃南アサ

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「深夜のファミリーレストランで突如、男が炎上した。数日後、ベイエリアに無惨にも咬み殺された死体が。二つの事件を追う警視庁機動捜査隊刑事・音道貴子の前に想像を超える野獣が姿を現した・・・・」

        完全な男社会である警察組織のなかで女性蔑視や偏見に耐えながらも事件を追う女刑事

        よかった。
         

        直木賞受賞作品。
        >> 続きを読む

        2013/01/21 by バカボン

      • コメント 3件
    • 3人が本棚登録しています
      天の川の太陽〈上〉 (中公文庫)

      黒岩 重吾

      5.0
      いいね!
      • 古代史を揺るがした歴史的大事件の壬申の乱。この壬申の乱を題材に、雄大なスケールと独自の史観で、その時代に生きた人間群像を渾身の筆で描いた、黒岩重吾の第14回吉川英治文学賞受賞の長編古代歴史小説「天の川の太陽」、とにかく歴史的興奮とこの中で織りなされる人間模様に魅せられて、一気呵成に読了しました。

        658年11月初旬、南紀の湯につかる大海人皇子は、今頃は兄の中大兄皇子に抱かれているであろう、かつての恋人、額田王に想いを馳せ、自分の不甲斐なさに腹をたてていました。

        中臣鎌足と共に蘇我蝦夷、入鹿父子を倒し、権力を握った中大兄皇子は、次々と政敵を葬り、権勢を維持していきます。この非情な兄に警戒心を抱く大海人皇子は、兄に追従し、律令国家建設に尽力する中臣鎌足らに協力する一方、自己保身のため、地方豪族との結束を強めていきました。

        その後、百済からの要請に応じて参戦した白村江の戦いに敗れた中大兄皇子は、唐の襲来に備えて近江への遷都を決意し、即位して天智天皇になります。

        一方の大海人皇子も皇太弟として認められますが、天智天皇の実子の大友皇子を次代の天皇へと目論む天智天皇に、次第に疎んじられるようになっていくのでした----。

        この歴史小説が書かれた1970年代の半ば頃というのは、戦後の高度経済成長がそろそろ方向転換を強いられつつあった時で、ちょうどその頃、"古代史ブーム"が訪れ、民俗学の柳田国男の再評価や、ディスカバージャパンという流行語が生まれていった、そんな時代でした。

        その"古代史ブーム"の口火を切ったのは、昭和47年、奈良県明日香村の高松塚古墳における、"彩色壁画"の発見だったと思います。

        そして、実は、かつてその高松塚の上で戦時中に軍事教練を受けていたのが、この「天の川の太陽」の作者である黒岩重吾だったのです。

        この不思議な因縁のある事実に強い衝撃を受けた、黒岩重吾の古代史ものは、彼が語っているように、「まず七世紀までの歴史が曖昧模糊としている先進国がどこにあろうか」と自らに問いかけているところから始まっているような気がします。

        そして、この古代史ブームは、本当の意味で我が国古来の歴史や文化など、この時代から生まれた人々の英知を知ろうとする日本民族独特の"知的欲求"の所産ではないかと思います。

        そうした一方で、彼は、「人生四十五年であった古代の人々は、絶えず死と接しており、その意味において、古代人はしらける、などということを知らず、生きている間は全エネルギーを生に向けていた」と、現状批判を込めた発言もしているのです。

        作者の黒岩重吾は、同支社大学の予科を卒業後、法科に進むと同時に学徒出陣で北満に送られ、国境地帯でソ連軍と戦い、決死の逃避行の末に帰国しますが、重病に冒されてしまいます。以後、彼は闘病生活をよぎなくされ、その闘病生活の中から、自ら人間の赤裸々な姿や生命力の凄まじさを体験していくことになるのです。

        彼の直木賞受賞作の「背徳のメス」に代表される主人公が、"人間の恥部や欲望"をバネにして生きる姿は、このような作者自身の苛酷な体験に裏打ちされているのだろうと思います。

        したがって、黒岩重吾の古代史ものには、古代の人々の闘争の中に、人間が本来持っている、"生のエネルギーの原点"を見据えよう、という発想があるのだと思います。

        そしてまた、戦後の皇国史観からの解放によって、"人間の根源的なエゴイズムやバイタリティー"を、それまでタブーとされてきた古代の歴史の中に"普遍化"する事も可能になったのだと思います。

        そして、この作品の注目すべきだと思う点は、日本国内の壬申の乱を扱っていながら、"大陸への視点"をしっかりと描き出している事だと思うのです。

        この当時は、倭国と百済、新羅、高句麗という朝鮮三国との交渉が、密接に行われており、特に百済との関係が深く、その百済の滅亡後、再興の動きが起こり、救援を求められるも、白村江の戦いで敗北し、その打撃が国内政治にも影響を及ぼすというように、外部からの視点が、実にうまく生かされている点も画期的だったと思います。





        >> 続きを読む

        2016/10/02 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています
      星界の紋章

      森岡浩之

      早川書房
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • アニメの商材を扱っていたときに気になっていたタイトル。アニメも未鑑賞。図書館でふと本を見つけて読んでみようと思ったのが動機。1巻目はふとしたきっかけで貴族となったジントと帝国の王女でありながら、兵士として軍艦に乗っていたラフィールとの出会いが主な話の筋。SF小説らしく、ルビの入った単語は始め非常に読みずらいが、慣れてくると読みやすくなった。脱出中に立ち寄った貴族の館(惑星)で思わぬ足止めをくらったジント達。どう惑星から脱出するのか?。続きも読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/09/21 by おにけん

    • 2人が本棚登録しています
      猫弾きのオルオラネ 完全版

      夢枕獏

      早川書房
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 楽器として「猫を弾く」という爺さんに驚きました。
        そんなイマジネーションに感心したもんです(懐)
        たぶん中学生のときに1980年代初頭に初めて読んで感激した本でした。
        宮沢賢治どころではないと思った。

        (amazon)
        ぼくが初めてオルオラネ爺さんに会ったのは、初雪が降ったある冬の晩のことだった。酒の好きな三匹の猫を連れ、もしゃもしゃっとした髪も、長いあごひげもまっ白なその老人は、猫たちを楽器のようにつま弾き、美しい妙なる調べで、人々の心を魅了してゆく―不思議な老人と猫をめぐる物語を抒情感豊かに描きあげ、夢枕獏の原点とも称される、ロマンチック・ファンタジイ全七篇を収録する『オルオラネ・シリーズ』完全版。
        >> 続きを読む

        2018/11/17 by motti

    • 2人が本棚登録しています
      集中治療室 (ハヤカワ文庫NV)

      リチャード ドゥーリング

      4.0
      いいね!

      • リチャード・ドゥーリングの「集中治療室」を読了。
        ミステリの味わいはやや薄いが、とびきり面白い、病院を舞台にした医学小説だ。

        主人公のワーナーは、大学の集中治療室に勤務する内科の研修医。
        二日おきの当直日には、何時でも患者の異変に対応するために、寝ずの晩を務めなければならないのだ。

        夜が明けても、あと12時間働いて、ようやく家に帰り、ベッドに倒れ込むといった生活。
        慢性的な寝不足状態のそんなワーナーの眠そうな目が、パッチリと開く日がやってきた。

        ある日、回診していると、ベッド5の患者を見舞いに来た娘のフェリシアと出会う。
        とびきりの美人だ。女好きのワーナーは、たちまち彼女の虜になってしまう。

        女好きを天職とも心得ている彼は、ごく自然に彼女に接近し、彼らはすぐに恋仲になる。
        しかし、一つ困ったことが起きる。フェリシアが植物状態の父親の安楽死を願っていることを知ったのだ。

        ワーナー自身も、人工呼吸器や様々な器械で、治る見込みもないままに生かされているだけの患者を見て、果たして本当にそれが幸せなのだろうかと疑問を持っている。

        だが、彼の上司は、植物状態の患者を生かしておけばおくほど金になるんだといって、取り合ってくれない。
        これに対し、ワーナーも研修医の身で彼の一存ではどうにもならないのだ。

        一方、フェリシアの姉コンスタンスは、あくまで延命治療を望み、安楽死には反対だった。
        両者の間に入って右往左往しているうちに、問題は訴訟にまで発展してしまい、ワーナーは姉妹の骨肉の争いにまで巻き込まれ、悪戦苦闘を強いられる羽目になるが-------。

        このあたりから、ミステリ的な味が出てくるが、この小説の本当の面白さは、ストーリーのそれもさることながら、研修医ワーナーを通して観察し、彼の口を借りて語られる病院内の人間像、医療の世界だ。

        医者も患者も看護婦も、彼の冷めた目で描写されると、思わず笑ってしまう。
        著者のリチャード・ドゥーリングは、弁護士だそうだが、病院の集中治療室で実際に働いていたことがあるという。

        死と隣り合わせの病人ばかりが集まり、ともすれば暗く、シリアスになりがちな題材を、ある時はシニカルに、痛烈にウィットに富んだ描写でグイグイと読ませるんですね。

        >> 続きを読む

        2018/07/20 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています
      エッセイを書きたいあなたに (文春文庫)

      木村 治美

      3.0
      いいね!
      • BOOK OFFで買う
        108円
        中々難しい
        これを読んでも
        私はエッセイを
        書けないだろう
        >> 続きを読む

        2016/02/28 by 孝志 松元

    • 1人が本棚登録しています
      歴史の活力

      宮城谷昌光

      文藝春秋
      4.0
      いいね!
      • 歴史とは、ケース・スタディのためのテキストである。まさにその通りでそうするつもりで宮城谷作品を読んできたのだが、一朝一夕で実践できるようになる訳ではない。常に学び続けて人生に活かせるようにしなくては。 >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 1996年4月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚