こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1997年8月発行の書籍

人気の作品

      ねじまき鳥クロニクル

      村上春樹

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • この小説を読んだのは多分3回目。
        いつ読んでもすごすぎる小説。

        第1部は運命というようなものがどのように忍び寄ってくるのか、そんな話。

        例えば自分が誰かのことを好きになるとき、それは何を根拠にできるのだろうと思うことがある。

        青いティッシュペーパーと、柄のついたトイレットペーパーだけは、絶対に買ってはならない。
        牛肉とピーマンは、絶対に一緒に炒めてはならない。

        そんなことさえ知らずに、僕は彼女の何を理解できているというのだろう。
        無条件に信じろと言ったところで、誰が信じてくれるだろう。

        そして、彼女はいなくなる。


        変わった人々が現れ始め、おかしなことが起こり始め、猫が姿を消す。

        運命がささやく。

        「もっとひどいことにだってなりえたのだ」

        第1部はとにかくそんな風に、翻弄される僕らの物語なのかもしれない。

        >> 続きを読む

        2019/01/14 by lafie

    • 他6人がレビュー登録、 33人が本棚登録しています
      ねじまき鳥クロニクル

      村上春樹

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! cocodemer
      • 第3部。

        圧倒的な運命性があり、逃れられないものがある。
        過去へ戻り、記憶を旅し、歴史を遡ってまで辿らなければならないのは、呪いに他ならない。
        第2部であれほど勇気をくれた笠原メイが「今ここには居ない」という事実。(あの手紙の数々は素敵すぎるけど)

        でもだからこそ、一人で闘わなければならない。

        僕は誰を助けるために208号室へ行き、井戸の中で誰の名前を叫ぶのだろう。
        >> 続きを読む

        2019/01/14 by lafie

    • 他5人がレビュー登録、 25人が本棚登録しています
      ねじまき鳥クロニクル

      村上春樹

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 第2部。

        1−3部の中で一番好き。

        過去に2回ほど読んでいるにもかかわらず、第2部のラストは涙が止まらなかった。

        それは悲しみでも感動でもなく、誰かを強く想うこととそこにあるべき勇気が語られているからだ。

        多分僕らは何か失われたものを探し続けているからこそ、闘うべき相手と守るべき相手を間違えてはいけない。

        笠原メイの言葉が圧倒的に重くて素晴らしい。
        >> 続きを読む

        2019/01/14 by lafie

    • 他4人がレビュー登録、 27人が本棚登録しています
      タ-ン

      北村薫

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • おもしろかった。

        こちらとあちらのやりとりを通して少しづつ確認しあっていく過程がいい。

        設定もおもしろい。スキップにもある何か青春的な要素がある。とても前向きになれるような。

        ロマンチックでよかった。
        >> 続きを読む

        2017/06/24 by Matching

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      きんぎょの夢

      向田邦子

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 人が生きていく中で「親子」や「夫婦」など、近くて憎い関係はいくつかありますが、本来、人と人の関わりにそんなカテゴリーなんて必要ないよねってことを、語りかけるエピソードが3つ短編になっています。

        向田邦子さんの小説は、これまでいくつか読みましたが、この「きんぎょの夢」が一番好きな作品になりました。
        >> 続きを読む

        2021/09/12 by 寺嶋文

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      魔女たちのたそがれ (角川ホラー文庫)

      赤川 次郎

      4.0
      いいね!
      • 閉鎖的ながらどこか昔懐かしい山村が舞台。
        その小学校に赴任してきた依子は正義感の強い活発な女性だ。
        村での生活にも慣れ始めたころに、教え子が何者かに殺されてしまう。
        葬儀の際に刺殺事件が起きても村人は騒ぎになるどころか何もしない。
        村に違和感を覚えた依子は、やがて”谷の住人”と呼ばれる存在を知る。
        そしてその存在を知ってしまった依子は…。

        人間ではない異形の存在がいたら。
        どこの国でも、昔の人はそんなことを思っていただろう。
        日本では鬼や妖怪などがそれに当たると思う。
        この話では村の近くに魔女、というか吸血鬼に近いモノが住んでいる。

        得体の知れないものの不気味さと事件を追うスリル。
        ホラーとサスペンスの融合は少しのユーモアで胃もたれすることがない。
        >> 続きを読む

        2015/05/14 by 冷しカレー

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      魔女たちの長い眠り

      赤川次郎

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ある男は殺人事件を追っていた。
        それはとても不可解な事件で、追えば追うほどに謎が深まる。
        やがて男は人智を超えた”谷の住人”という存在に触れてしまう。
        また、ある男は待っていた。
        ちっぽけな人間がやつらに復讐する瞬間を。
        ホラーとサスペンスの混じる「魔女たちのたそがれ」から続く解決編。

        群像劇のように多くの登場人物が出てくる。
        それらの多くの視点で物語が進むが、新しく出てきた人物は敵なのか味方なのか。
        命がけの心理戦が続く中で、脅威である吸血鬼に立ち向かわなければならない。
        絶望の中で一筋の光に希望を見出す彼らに惹かれると同時に、
        希望が見えず絶望に呑まれてしまう人たちの気持ちもわかってしまう。

        前作を読まなくても楽しめるようになっているが、前作からの伏線もあるので
        両方読み終えたときの、パズルが完成したかのような気持ちはとても心地よい。
        >> 続きを読む

        2015/05/15 by 冷しカレー

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      ガラスの麒麟

      加納朋子

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 加納さん初読み。

        通り魔に殺された女子高生の安藤麻衣子。
        その彼女がいなくなったことで、クラス内は混乱をきたし、その家族や教師たちも浮き彫りにしていく。

        展開は「告白」みたいなイヤミスなのかなと思ったが、次第に犯人が誰かというよりも、そこに至る心の揺れが重要な部分に。

        解決するエピソードがあれば、余計な付けたしのように思えるエピソードもある。

        犯人像を追求せず、当事者や被害者のみで事件を見せるというのは斬新な試みだった。
        >> 続きを読む

        2018/07/19 by オーウェン

    • 1人が本棚登録しています
      バ-バパパのジュ-スづくり

      TisonAnnette , TaylorTalus , 山下明生

      講談社
      3.5
      いいね!
      • 夏休みなので久々に本を買ってあげることに。2歳の息子さんにはこれ。
        懐かしいです!
        子供たちのくいつきも良いので、シリーズ集めてしまうかも。
        親の希望で(^^;)
        >> 続きを読む

        2012/08/24 by fraiseyui

      • コメント 3件
    • 6人が本棚登録しています
      陽のあたるオヤジ

      大沢在昌

      集英社
      4.0
      いいね!
      • 週刊プレイボーイに連載されていたエッセイをまとめたもの。

        大沢氏のファン、または作家志望には間違いなく楽しめる。

        日本のハードボイルドでは第一人者で有る大沢氏のエッセイ集。

        文中でも触れられているが、同じくハードボイルド作家である北方謙三氏が、当時、ホットドッグプレスに視聴者からの相談への回答を連載しており、こちらに関してはリアルタイムで目にしたことが有った。

        北方相談室、試みの地平線は「ソープへ行け」等、回答がシュールで、全体的には、若さゆえに反発を感じることが多かったが、大沢氏のエッセイは「モテたい」とか「釣り」など、取り上げられるテーマからして万人向きで有り、少し笑いに走り過ぎている観も有るが、総じて面白い。

        とくに印象に残っているのは、作家という職業の実態についての記述。
        収入や生活パターン。作品の映画化や、作家にとっての文学賞の位置づけなど、作家という職業に興味を持っているせいも有り、大いに参考になった。

        野沢菜の爆発。ハードボイルド作家のエッセイとは思えないが、そこが魅力。
        >> 続きを読む

        2012/02/14 by ice

    • 1人が本棚登録しています
      興亡三国志〈3〉

      三好 徹

      4.0
      いいね!
      • 建安五年(二〇〇)年八月、袁紹は三十万の大軍をみずから率いて、南進を開始。顔良、文醜の勇将二名を失っているが、まだまだ人材は多く、兵力もまた多かった。江東では孫策が死に、十八歳の孫権が後を継いだ。
        南方の脅威がなくなった曹操は、官渡へ出撃する。

        曹操が主役という印象が強くて好きな場面が多い、官渡の戦。袁紹は兵力も経済力も強大。そこをどう計略をもって打ち破るか、結果は知っているにも関わらず、夢中になって読み進めていきました。
        荀彧が指摘した通り、袁紹の陣営は、袁紹の意を迎えようとしておのれの互いに牽制しあったり、足の引っ張り合いをしていました。他人の不幸は己の幸福、だなんて。名門袁家には人材も多く集まっていたのに、それを生かすことができなかったのが大きな差となりました。器の差ですね。
        敵よりも同僚の思惑が気になる、常に腹の探り合いをしているところを突いた策の数々。軍師たちの活躍に胸が躍りました。

        河北を平定すると、次の標的は荊州。
        曹操の領土や兵力が盤石のものとなっていた頃、劉備は荊州で蔡瑁や蒯越に命を狙われていましたが、三顧の礼をもって諸葛亮を迎えることができ、天下三分の構想を自覚します。とはいえ劉備は新野の小城を領しているにすぎない。
        群雄は一人減り、二人減りして、いまや天下に覇をとなえんとするのは数人にしぼられています。

        次の大きな戦の場は、赤壁。呉にスポットが当たる次の巻が楽しみでしょうがないです。
        >> 続きを読む

        2021/05/15 by あすか

    • 1人が本棚登録しています
      Major Dramatic baseball comic

      満田拓也

      小学館
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 横浜リトルとの決着がつきます。ボロボロになりながらピッチングをする五郎に感動します。五郎の執念ともいえる打球がライト線を破り三塁を狙う五郎にタイミング的にはアウトになりそうな返球が返ってきますがヘッドスライディングした五郎のヘルメットに直撃してボールが転がります。その間に五郎はホームインして、サヨナラ勝ちをします。 >> 続きを読む

        2015/05/08 by tamu

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      ウは宇宙船のウ

      萩尾望都

      小学館
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 【キモチのやわらかいトコロ】
         私が敬愛して止まない萩尾望都さんの文庫版コミックです。
         収録されている作品のいくつかについて、昔読んだ記憶が残っていたのでこの機会に購入・再読です。

         原作は、レイ・ブラッドベリの同名の小説なんですが、非常に忠実に漫画化してくれています。
         レイ・ブラッドベリは、「SFの抒情詩人」と呼ばれている作家さんなのですが、その雰囲気を巧みに絵として表現されていると思います。
         漫画は詳しくは無いのですが、背景の描き方や、霧に煙る灯台の描写、雨の描写など、原作の持つ空気感のようなものがしっかり描かれているように思います。

         萩尾さんは、小説を漫画化することを他にもされていますが、原作の雰囲気を損なわず、さらにイメージを広げてくださっているように感じており、個人的に高く評価しております。

         問題は自分の頭の方でして、昔読んだ時のイメージが勝手に脳内で増殖しているのでしょうね。「こんなカットがあったはず」という思い込みが強すぎて、実際には無かったというのがいくつかありました。いえ、でもそれでも素晴らしいのですけれど。

         作品的にはどれも素晴らしいのですが、特に、以下の作品は落涙ものです。
        ○「ウは宇宙船のウ」
         宇宙飛行士に憧れる15歳の少年のお話。いつか宇宙飛行士に選抜されることを夢見ているんですね。親友や母親との細やかな愛情が描かれます。

        ○「霧笛」
         灯台守のお話なんですが、灯台を目指してやってくるものがいるという悲しいお話です。

        ○「宇宙船乗組員」
         宇宙飛行士の父親=夫の安否を気遣う母子のお話。この飛行を最後に宇宙飛行士をやめる決意をして宇宙に飛び立って行ったのですが……

         そもそも、ブラッドベリ自体が好きなところにもってきて、これまた好きな萩尾望都さんのコラボですから気に入らない訳がない!
         私の本棚の、ブラッドベリの「ウは宇宙船のウ」の隣に、本書を並べて置きました。
        >> 続きを読む

        2019/03/20 by ef177

    • 1人が本棚登録しています
      芽むしり仔撃ち

      大江 健三郎

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 戦争末期に集団疎開先の村で、発生した疫病を恐れて逃げ出した村人たちによって、村内に閉じ込められてしまった感化院の少年たちの一週間ほどの出来事を描いた、著者の長編第一作です。太平洋戦争末期の日本が舞台に選ばれた作品ですが、雰囲気としてはディストピア的な不吉さをもつSF小説に近いものを感じ、絶望的な状況に閉じ込められた子供たちの物語としては、『蝿の王』や後年の漫画『漂流教室』なども連想させられます。

        隔離された環境での少年たちの結束や対立をはじめとして、主人公である"僕"の幼い弟の振る舞い、疫病で死んだ母とともに残された紅一点である少女と"僕"の関係、朝鮮人集落の少年との交流、脱走兵の存在、村人たちの帰還など、盛り込まれた数々のエピソードと人物描写で、長編としては長くはないこともあって無理なく読み通すことができました。少年たちが共同体を形成する期間については、予期したより短く終わりました。

        表題の意味については「仔撃ち」は序盤、「芽むしり」は最終盤で明示されます。終り方については好みが分かれそうですが、個人的には好感を持っています。
        >> 続きを読む

        2020/09/16 by ikawaArise

    • 4人が本棚登録しています
      行きそで行かないとこへ行こう

      大槻ケンジ

      新潮社
      カテゴリー:雑著
      4.0
      いいね!
      • 行きそうだが実際には行かない場所の取材記。

        やはり文才を感じる。得るものは無いかもしれないが単純に面白い。

        謎のカレー屋、日光江戸村、ホモ映画館、浅草のストリップ劇場。

        行きそで行かないというコンセプトは有るが、実際に大槻氏が選択した取材場所を上げていくと、それだけで笑えるのが既に大槻ワールドなのだと思う。

        大槻氏の作品は、これで二冊目となるが、前回に引き続き、純粋に楽しめる作品に仕上がっている。

        随所に挿入される、上手いんだか下手なんだかという挿絵も微妙な空気を維持する役割を果たしており、意外に計算高く企画されている気がしなくも無い。

        本作では、コンセプトからして、エッセイ的にならざるを得ないのだが、彼の作風に興味を持ってしまった身からすると、一度、長編を読んでみたい衝動に駆られている。

        テレビなどで著者を見ている際は、どちらかというと好きでは無かったが、著作に触れてからは、非常に興味が有る。

        タレントというとゴーストライターが浮かぶが、大槻氏は自分で書いている気がする。
        >> 続きを読む

        2011/06/15 by ice

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      自負と偏見

      ジェーン・オースティン , 中野好夫

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • モーム曰く「大した事件が起こるわけでもないのに、ページをめくる手が止まらなくなる」、まさに。 >> 続きを読む

        2016/03/15 by one

    • 6人が本棚登録しています
      わくわくゴロリの牛乳パックでつくろう NHKつくってあそぼ工作絵本

      ヒダ オサム

      NHK出版
      カテゴリー:木竹工芸
      5.0
      いいね!
      • NHKつくってあそぼの工作絵本。私の幼少期はのっぽさんとゴンタ君のできるかなでしたが(笑)。

        乗り物や動物・ゲームなど、動きのある楽しく遊べる物が割と簡単に作れます。材料も牛乳パックとだいたい家庭にある物です。

        さっそく年長の息子がラジコンカーを作り、出来栄えに大満足。
        工作好きの私も子供達にたくさん作ってあげたくなりました。

        買った玩具ばかりでなく、空き箱や牛乳パックなどの廃材を使って親子や自分で作った物で遊ぶことは、頭や手先を使い、エコで楽しくって、ホント素晴らしい!と思います。
        >> 続きを読む

        2012/05/25 by kumahachi

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      バルテュス―生涯と作品

      クロード・ロワ

      5.0
      いいね!
      • 【とっても不思議な不思議な……】
         非常にタイムリーだわん!
         現在、東京都美術館でバルテュスの作品展が開催中です(注:このレビューを書いた当時です)。
         ほら、座っている女の子のパンツ見えてる絵のポスターがあちこちに張られていますよね(この画集の表紙絵もそれなんだわ)。

         こういう絵を選ぶから、何だか誤解して見に行くおじさんとかいそうだけど。
         バルテュス自身は、結構なイケメンですよ。
         この画集冒頭にモノクロの写真が載っているけれど、スーツを着てびしっとした格好良い男性です(若い頃の写真だけどね)。

         バルテュスの絵は、実はもしかしたらこの人、下手なんじゃないかしら?と思うような絵です。
         デッサンも狂ってるように感じるし、肖像画があるのだけれど、表情が変です。
         恐いんだよねぇ。

         あのポスターの女の子の絵だけじゃなく、ロリな方はもっとそそられるような絵も沢山ありまっせ。
         でも、だけどそうじゃないんだって!

         妙にベタっとした、パースペクティブ。
         色調は相当に良い感じ。
         でも、下手っぽく見える。
         何とも不思議な絵なんですよ。

         私が好きなのは『街路』という絵です。
         ここに描かれている人物も、下手っぽい。
         何だこりゃという感じに見えるんだけれど、そこが良いんだわねぇ。
         味があるんです。

         T字路の、回りを建物で囲まれた路地みたいな所を描いているんだけれど、これがとても味があって、この絵は好きだなぁ。

         最初に見た時には「何だこりゃ?」とefも感じました。
         でも、見ている内に何とも言えない味わいがあるのに気付きました。
         決して巧い画家さんじゃないのかなと思うけれど、そういう画家さんは沢山いますし、それぞれに魅力的。
         バルテュスも、そういう一人かもね。
        >> 続きを読む

        2022/01/08 by ef177

    • 1人が本棚登録しています
      おもろい韓国人 愛があるから、ここまで言える

      高信太郎

      光文社
      カテゴリー:社会学
      3.0
      いいね!
      • 隣国である韓国人の分析。

        1997年当時と比較すると、現在では随分関係が進展しているのを実感する。

        日本人による韓国人の分析。
        韓国に関しての本は、これまでもかなり読んで来たが、本書は主張が中途半端でどうも素直に受け入れ難い。

        サブタイトルにもなっている、韓国への愛という部分。
        韓国にとって都合の悪い話に触れる際に用いる枕詞として、免罪符のような使われ方がされているように感じられる。

        冒頭とあとがきに、著者としての思いを書くのは必要なことだが、繰り返し出てくると言い訳がましく感じてしまう。

        「私は韓国が好きだけど、こういうところは嫌だよね」という論法で、感覚としては「私はあなたが好きだけど、こういうところは嫌だよね」と嫌なところを列挙されているような居心地の悪さで有る。

        韓国の身分制度的な話は知らなかったので、勉強になった。
        >> 続きを読む

        2012/08/14 by ice

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      アワビがねじれてサザエになった 生物界ふしぎ不思議

      奥井一満

      光文社
      カテゴリー:動物学
      3.0
      いいね!
      • 現代版ファーブル昆虫記/シートン動物記。

        子供から大人まで楽しめる生物の不思議な生態。

        普段、何気なく見過ごしてしまう昆虫などにも、それぞれ強烈なアイデンティティが存在することが詳細なイラストも交えた形で紹介される。

        こっけいとも思われるタイトルが示すように、進化の過程で起こる不思議な分岐や寄生や雌雄同体など、人間という生物からすると、とても不思議な特徴を持つ生物。
        しかし読み終えた後、それぞれの生物がどことなく人間臭い印象を持った。

        ファーブル昆虫記を読んだ少年時代を思い出させる作品である。
        >> 続きを読む

        2011/05/07 by ice

    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 1997年8月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本