こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2007年7月発行の書籍

人気の作品

      冷たい校舎の時は止まる

      辻村深月

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!

      • 辻村深月の「冷たい校舎の時は止まる」(上・下巻)を読了。

        雪の降る日に登校したのは、八人だけだった。
        校舎に閉じ込められ、外に出られなくなった高校生たちは、二カ月前の学園祭最終日に、同級生が飛び降り自殺したことを記憶している。

        しかし、その顔と名前がなぜか思い出せない。
        あの瞬間の五時五十三分で泊まった時計。
        出来事に深く関わっていたのに姿を現わさない担任教師。
        人が消えるたびに鳴るチャイム。

        死んだのはいったい誰だったのか?-------。

        この作品は、時空が歪み、異空間と化した校舎を舞台にしている。
        そのうえ、考えなければならない謎も普通ではない。

        確かにミステリとして一風変わった内容ではあるのだが、綾辻行人の「辻」の字をペンネームに入れた辻村深月(この作品のヒロインの名前でもある)のこのデビュー作は、上質な青春小説でもあった初期の本格ミステリの感覚を受け継いでいると思う。

        生活環境や性格の違う高校生それぞれが持つ強さと弱さ、クラス内の力関係などが、丹念に描かれていく。

        そして、偽った自分の心に逆襲される、一番意外なのは自分自身だった-----というような若者の心の揺れとミステリの手法としてのどんでん返しが緊密に結びつき、独特の世界を作り出していると思いますね。

        >> 続きを読む

        2019/03/01 by dreamer

    • 他9人がレビュー登録、 64人が本棚登録しています
      夢をかなえるゾウ

      水野敬也

      飛鳥新社
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 人生はもっと自由に生きていい。
        好きなことを仕事にするのもよし、遊び・趣味・家族・恋愛に生きるのもよし。 >> 続きを読む

        2015/06/21 by PEZ

      • コメント 1件
    • 他8人がレビュー登録、 34人が本棚登録しています
      サウスバウンド

      奥田英朗

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • やっぱり奥田さん面白い!主人公の二郎は少6。お父さんは昔過激派で公安から目をつけられるような人だった。お母さんも学生運動に夢中でそこで知り合って駆け落ち。二郎の家族それぞれ面白いけど友達のキャラがいいよね。特に向井がいい。物知りで何でも分かりやすく教えてくれる存在。昔からオジサンみたいな男子に心魅かれてた私です(笑)
        >> 続きを読む

        2018/05/18 by miko

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      水滸伝 - 十 濁流の章

      北方謙三

      集英社
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • ●1回目 2007.9.7

        官軍:呼延灼将軍vs梁山泊軍:晁蓋の激突

        これで10巻目。
        やばいな、あと9冊しかない。

        ここまでで、水滸伝百八星のほとんどの人物が登場したようだ。


        ●2回目 2015.1.10

        晁蓋率いる梁山泊軍と、呼延灼軍の激突を描く。

        反乱軍である梁山泊が強力になっていくに従い、体制側である宋の方でも、青蓮寺を中心に、腐敗体制を改め、官軍の力がグレードアップしてくる。最後は童貫出陣による決戦だろう。

        そういった全体のシナリオが、だいたい見えて来る巻。
        >> 続きを読む

        2017/10/08 by Raven

    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      始めよう。瞑想 15分でできるココロとアタマのストレッチ

      宝彩有菜

      光文社
      2.0
      いいね!
      • 瞑想のやり方だけ知りたければ最初の章+必要な箇所だけ拾い読みでOK。

        実際に始めてみて、無心にマントラを唱えるのが難しく、普段気にしていなかった生活音がやたらと気になる。考えてみれば、同じように他人の言動に一喜一憂し動揺する日常を過ごしているわけで、瞑想を通じて外界に反応しない訓練をしていく必要があると感じた。
        まだこの本のいう境地瞑想の域には至れていないが、頭がすっきりするので、ぜひ習慣にしていきたい。

        ただ、瞑想の効用については、少し行きすぎて開運グッズの広告的胡散臭さが漂う。そういうこともあるといいなぁくらいに捉えて、瞑想に過大な期待を寄せない方が続けられる気がする。
        >> 続きを読む

        2015/11/08 by かえる

    • 他3人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      サウスバウンド

      奥田英朗

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 東京から水道も電気も無い沖縄の西表島に引っ越した二郎の家族。今までグーたらしてた父親がいきなり働きだした。畑を作ったり漁に出たりボロ屋を修理したり一日中忙しい。今まで嫌だった父への意識が少しずつ変わり始めた。納得いかなければひとりでも戦う姿勢は凛々しいよね。政治家も私達が納得できる税金の使い方をしないとダメ。森友学園の国有地売買のやり取りの安部さん全然凛々しくない。関係者は説明責任を果たすべき。
        >> 続きを読む

        2018/05/18 by miko

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      カタコンベ

      神山裕右

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 洞窟を調査する職業、ケイブダイバーの
        活躍を描いた作品。
        江戸川乱歩賞受賞作で一応ミステリー要素も
        ありますが、脱出アクションの側面が
        強いですね。
        主人公が過去のトラウマと対峙するという王道の
        人間ドラマもありますが、描写は
        アッサリ目で話のテンポを損なわない程度。
        映画を観ているような感じで
        楽しめると思います。
        ちなみに題名のカタコンベは『地下墓地』と
        いう意味らしいです。
        >> 続きを読む

        2015/02/12 by UNI

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      いつまでもデブと思うなよ

      岡田斗司夫

      新潮社
      カテゴリー:理容、美容
      3.0
      いいね!
      • どちらかと言えば痩せ型なのですが、あなたのBOOK診断の結果を、これも何かの縁と素直に読んでみました。

        食べる時は結構な量を食べるのですが、体質的に太ることはないですし、逆にもう少し太りたいくらいの私には正直あまりピンと来ることはなかったです。

        ただ、単純に痩せれば良いと言っているわけではなく、痩せることの意味に重点を置いている点は、さすが新潮新書って思いました(笑)

        痩せたら、こんなに良いことが待っているんだ♪と考えれば、ダイエットも楽しく進められるかもしれませんね。

        多くの本を読んで来ましたが、こういう出会い方をするのも面白いなって思いました☆
        >> 続きを読む

        2013/02/22 by emi

      • コメント 4件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      読むだけで運がよくなる77の方法

      浅見帆帆子 , CarlsonRichard

      三笠書房
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.3
      いいね!
      • お風呂の中で、少しの時間で、目次を見ながら 読みたい部分だけを選び、読んでいます
        昨年購入し何度も読みました。「これそうだわー」と共感を得ながら、前向きにさせてくれます。
        >> 続きを読む

        2015/10/21 by はなもも

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし

      宇江佐真理

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 超偏食の主人公が嫁いだ先は食道楽のお舅さんがいる家だった……

        漫画の「おいピータン!」とかもそうだけど
        食べ物に絡めてドラマが進んでいく方式は割と好きです
        やっぱり人間食事って基本ですもんね
        本のタイトルにもなってる「卵のふわふわ」ですが
        これ呼び方は違いますが母がよく作ってくれたもので
        なんかこう懐かしい感じがします

        ちょっとした時間潰しにと文庫版を購入したら
        お舅さんが可愛らしくてぐいぐい引き込まれてしまいました


        >> 続きを読む

        2015/01/05 by onikobe

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      不祥事

      池井戸潤

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 池井戸さんの銀行ものには珍しく、女性が主人公の作品。ショートストーリの組み合わせで軽いミステリーな感じ。もの珍しくも無いが、キャラは立っており人物像が想像し易かった。続編も予定されているようです。ドラマ化したら”狂咲”は誰でしょうね? >> 続きを読む

        2012/06/26 by yasuo

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      東京doll

      石田衣良

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 馴染みのある場所が多く出てくる、自分の好きなタイプの小説です。
        登場する場所に自分の中にあるイメージや思い出を重ねながら、一気に読んでしまいました。
        普段感じてはいるけれど言葉にはなっていない事象を見事に言葉で表現しているところが多々あり、作者の表現力に改めて感嘆すると同時に、自分の中で現実を表現する言葉が少し増えたことが嬉しく感じました。
        少し時間を置いてまた読みたい本です。
        >> 続きを読む

        2015/05/03 by Jun2

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      私が語りはじめた彼は

      三浦しをん

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • ターニングポイント。あるいは階段を一段上がること。
        かけだしの小説家が生涯小説家であるために挑まなければならない時期を迎えた時
        自分の殻を破り、新たな一歩を踏み出す決意をした時。
        そんな瞬間を読めるのがこの『私が語りはじめた彼は』だ。
        そういう点で三浦しをんの文学を評価するには欠かせない作品。

        なかなか面白いエッセイを書く、新鮮な世界観を持った若い女性作家。
        こんな地位は賞味期限が知れているから。

        実際に、この作品は三浦しをん自身の思いのつまった自信作であったらしいです。

        彼女は脱皮の方法として、美しくない恋愛と魅力のないおじさんと
        味気のない性愛の末路を、
        短篇仕立てで語り手をとっかえひっかえして、視点と文体を変えて、
        文章にも技巧を凝らして描いて見せた。

        どう?私にはこれだけの引き出しがある。そんな具合に。
        でもそれは、ヴァリエーションのサンプル帳みたい。

        読み終わって達成感とかある種のカタルシスが得られない。
        視点の違いから「恋愛の本質」をあぶりだす。というものでは全くないからか。
        愛の遍歴者でありかつ女たちの獲物であった「彼」は
        その男として人間としての魅力を全く見せてくれない。
        私にとって少なくとも魅力0%のおっさんで終わってしまった。

        なんか伝わるものが貧しい。
        「愛を求めていた」「ロマンチスト」とあるけれど、自らが人を愛せないなら愛は得られませんよ。
        当然じゃないですか。

        作者はどうやら「愛」を信じられないらしい。
        愛を糾弾するという視線でこの小説は貫かれている。
        そこに救いはほとんどない。
        愛ではなく理解を下さい。
        そんな陳腐な結論で終わる。

        なるほどなるほど、「ごっこ遊び」にそれは象徴される。
        何も生み出さない愛情ごっこ。彼女がBLにハマったのはそれと親和性がある。

        けれど、人を理解しようとすること、人を信頼しようとすること
        それだって愛だよ。と教えてあげたい。
        いや、多分、今の彼女ならもうそれを知っているんだろう。

        「結晶」「残骸」「予言」「水葬」「冷血」「家路」

        この中では、私は「予言」が好きかな。
        彼女少年期の男の子を描くのは巧いと思う。
        逆に「結晶」の三崎は全然男じゃない。ゲイであることを匂わすため?わざと?

        各章、文体を故意に変えているのだけれど、私にわかったのは
        三浦しをんが村上春樹のファンであったらしいということくらいです。
        よほど処女作「月魚」のほうが個性的に思えました。
        >> 続きを読む

        2013/12/05 by 月うさぎ

      • コメント 8件
    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      雪沼とその周辺

      堀江敏幸

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 『雪沼とその周辺』(堀江敏幸) <新潮文庫> 読了です。

        雪沼という山間部の町を舞台にした七つの短編集です。

        心を揺さぶられる作品もいくつかありますが、ほとんどは淡々と日常が語られているだけです。
        それにもかかわらず、登場人物には深く共感でき、その日常を共に楽しむことができます。
        以前読んだ『熊の敷石』と作風はまったく変わりませんが、一作一作を丹念に読んでしまいます。

        堀江敏幸の作品は、すっきりとしつつもやや癖のある文体が気持ちいいです。
        「何気ない日常」「読ませる文体」がお好きな方にはぜひともおすすめしたいです。
        >> 続きを読む

        2017/07/23 by IKUNO

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      リバース

      石田衣良

      中央公論新社
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • お互いの素性もわからずSNS上で気持ちが通じ合い互いに惹かれていくというストーリーは、ありそうですが新鮮(キーボードたたくときは、確かに素直になれますね)。お互い性別を偽るという一ひねりに、今後のストーリー展開に興味が惹かれて、一気に読めました。 >> 続きを読む

        2011/06/28 by slope

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      輝くもの天より墜ち

      浅倉久志 , ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア

      早川書房
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!

      • 「たったひとつの冴えたやりかた」で興味を覚えた作家ジェームズ・ティプトリー・ジュニアの「輝くもの天より堕ち」を読み終えました。

        銀河系の周縁部にある惑星ダミエムに、多数の観光客がやって来ます。
        ノヴァ化した恒星のガス殻が通過する様子を見物しようというのだ。

        カメラマンと俳優たち、惑星の王位継承者、光彫刻家、水棲人など13名の客を、行政官夫婦と医師の三人が出迎える。

        ノヴァの通過を背景に、原住民虐待を巡る陰謀とノヴァの裏に隠された驚くべき秘密を描く、壮大なドラマの幕が切って落とされる-------。

        息をもつかせぬスピーディな展開、登場人物一人一人の丁寧な性格描写、ダミエム人の儚い美しさ、そのどれをとっても非の打ちどころのない出来栄えであり、あまりの読みやすさに、かえって物足りなさすら感じてしまうのは贅沢な悩みかもしれません。

        >> 続きを読む

        2018/07/01 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      武士道シックスティーン

      誉田哲也

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 剣道に打ち込む二人の少女のお話‼

        ストーリーの途中で主人公の一人が自分の剣道する理由について悩むようになるなど、ストーリーは青春小説の王道中の王道だと思う。だがつまらないと感じる事なく最後まで読むことができた。作品の持つテンポのよさがそういうのを感じさせなかったのだと思う。

        主人公の二人もラストで変わってないようで変わってるなど変化もしっかり感じられて面白かった。
        >> 続きを読む

        2016/02/25 by future

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      どうして君は友だちがいないのか

      橋下徹

      河出書房新社
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.5
      いいね! Moffy
      • 友達・友情は永遠に続く訳ではなく、互いの立場が変われば、離れていく事も当然あり得る。例えば子供を産んだ女性はママ友との交友が増えていくし、仕事優先の女性は同じような同士の方が話が合う。変化していくものだという部分には、それもそうだ、という感じ。親友がいない・・とか悩む年頃の人には、親友という言葉に過剰に夢見て、自分はダメだと思わなくても別にいいんじゃない?一緒にいて苦痛じゃない人がいれば、いいんじゃない?ともう少し軽く考えてみたら?という部分に救われる人もいるのかも。
        でも、いじめられない為にジャイアンについていくスネ夫になる・・というのは、一つの処世術かもしれないけど、付いていくのがジャイアンじゃな~とも思う。
        参考になるって程ではなかったが、メディアで見る橋下氏の感情的な物言いとかを見ると、この方には友達が少なく敵も多いのも何となく分かる感じ。人間関係をマメに耕して、長く友情を保つ人もいるし、切り捨てる人もいる。人それぞれ。
        >> 続きを読む

        2017/10/02 by チルカル

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      色即ぜねれいしょん

      みうらじゅん

      光文社
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • ヤンキーとは違った危険なオーラを放つ憧れの兄貴の原点を読む。

        サブカルをポジティブに変換して出力する感覚を教えてくれた兄貴は、モヤモヤした八方ふさがりの青春に向かってギターをかき鳴らし、己の道を切り開いた色即是空のパイオニア♪

        エロも宗教も童貞もぶっ飛ばしたロックな兄貴の後光がまぶしいゼ!
        >> 続きを読む

        2018/06/24 by まきたろう

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      渋谷ではたらく社長の告白

      藤田晋

      幻冬舎
      カテゴリー:広告、宣伝
      5.0
      いいね! ice
      • 今や若者の入社したい企業の上位に必ず名を連ねるサイバーエージェント社長の藤田晋氏の著書。

        「21世紀を代表する会社をつくる」という夢を掲げてから、友人への裏切り、起業、上場、ネットバブル崩壊、業績回復、そして成功を手に入れた藤田氏のノンフィクション・ドキュメンタリー。

        夢に向かって突っ走るエネルギーには非常に刺激を受け、読み終わったときにはモチベーションアゲアゲの自分がいたりする。

        荒んだ大学生活の反動で入社後にがむしゃらに働く様は、私も似た経験あり(笑)。
        >> 続きを読む

        2013/01/09 by tak

      • コメント 5件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています

出版年月 - 2007年7月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

この世にたやすい仕事はない