こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2007年9月発行の書籍

人気の作品

      十角館の殺人

      綾辻行人

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! sss21
      •  大分県にある大学のミステリ研究会の一行は、合宿のために国東半島の沖合にある無人島を訪れる。島は半年ほど前に、主であった中村青司夫妻と使用人を含む4人が死亡し、母屋が全焼する事件が発生した、いわくつきの土地だった。大学生の男女7人が宿泊するのは、離れとして火災を免れ、建築家でもあった故人・中村氏のこだわりを窺わせる十角形の風変わりな意匠の十角館である。到着から一夜明けた二日目の朝、ホールに集合した七人はテーブルに置かれた七枚のプレートに記された文字を目にして驚愕する。
         そのころ本土では、過去に研究会を退会した一人の学生宛てに異様な告発文が届く。差出人の中村青司は、故人であり事件で亡くなったはずの、かつての角島の所有者だった。告発文の謎を解くべく行動を開始した学生は、やがて未解決とされている角島の殺人事件に直面する。

         本作を未読でアガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』をお読みでない方であれば、できれば本書よりも先に当たられることをお薦めします。本作は『そして誰も~』にオマージュを捧げた作品であり、作品名は登場人物の口からも度々言及されます。『そして誰も~』と同じく無人島を舞台にする本作は、先行する作品に対して大きくアレンジを加えて提示された作品といえるでしょう。クリスティをより楽しむためにも、参照されている作品を先に読むことをお薦めします。

         ここからは雑感です。前述の通り、無人島を舞台としたいわゆるクローズド・サークルといわれる外界と遮断された状況を扱う作品です。これに加え、並行して本土で過去の二つの出来事への調査が進行することが構造上の大きな特色として挙げられます。本作を有名にしたであろう大きな要素としては、やはり改訂版では一頁に一行として記述される有名な真相解明部分が挙げられ、ミステリ作品としての種明かしのインパクトが際立っています。キャラクターの造形に目を移すと、全般に奥行に欠ける印象を受けました。そのことも関連して無人島における展開そのものは淡泊で、事件の進行にともなう登場人物たちの心理描写も手薄に映ります。

         SNSで数多くの評判を目にしたことが読書のきっかけになりました。実際に読んでみた感想としては、ミステリの魅力として重要な一要素である、読み手を驚かせるという点において秀でた作品として読むことができました。一方、ミステリという枠にとらわれずに一介の小説作品として見ると、前述の人物造形や展開の淡泊さに加えて犯行動機なども合わせて考えれば、とりたてて深い印象を残す作品ではありませんでした。

        <登場人物(合宿参加者)>

        【エラリイ】
        男性、法学部・三回生。
        背の高い色白の好青年。饒舌で自信家。キザなところがある。ミステリ研究会の会誌の現編集長。

        【カー】
        男性、法学部・三回生。一浪。
        中肉中背で首が短く猫背。単独行動が目立つ。研究会の女性にフラれたという噂がある。

        【ルルウ】
        男性、文学部・二回生。
        童顔に丸眼鏡の小男。茶目っ気がありムードメーカー。会誌の次期編集長。

        【ポウ】
        男性、医学部・四回生。
        大柄で濃い髭を生やしている。無口だが毒のあるセリフを吐く。大病院の跡継ぎ。オルツィとは幼馴染。

        【アガサ】
        女性、薬学部・三回生。
        美しい容貌。陽気で自信に満ちあふれている。性格は男性的。研究会の女王的な存在。

        【オルツィ】
        女性、文学部・二回生。
        小柄で太めの体型。大人しい性格。劣等感が強く、とくにアガサを意識している。

        【ヴァン】
        男性、理学部・三回生。
        控え目なタイプ。両親を早くに失くしている。不動産業者の伯父が角島を所有。準備のため先行して到着。
        >> 続きを読む

        2020/12/25 by ikawaArise

      • コメント 2件
    • 他16人がレビュー登録、 99人が本棚登録しています
      対岸の彼女

      角田光代

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! KEMURINO
      •  角田さんの小説を読むのは「愛がなんだ」に続いて2作品目です。
        本屋さんでたまたま気になったので買ってみました。

         女性の気持ちがたっぷり散りばめられた小説でした。
        普段「女の子ってとっても可愛いけど、とっても面倒だな〜」と感じている部分が、そのまま小説になった感じです。
         未婚と既婚、子供がいるかいないか……女性の分岐点はたくさんありますが、場合によってはこれまでの関係を続けるのが難しくなることがあります。別に結婚じゃなくても、彼氏がいるかいないかだったり。
         女の子は「同じ気持ちを共有すること」で仲良くなったりすることが多いからか、余計に「私は彼氏いないからわかんないや……」「子供、子供って言われてもちょっと共感できね〜」となってしまい、これまでの関係性に亀裂が入ってしまうのかなと思いました。

         また十年後に読んだら、きっと感想が変わってくる小説なんじゃないかなと思います。
         彼氏が出来たり、結婚したり、子供が出来たり……順調にいく人生なんてないですが、きっとどこかに共感できるポイントが含まれているお話だと思ったので。

         私は葵ちゃんとナナコちゃんが夏に家出をする場面が1番好きでした。
        というより、ナナコちゃんが好きなのかもしれません。
         「なんでもできるよ、あたしたち」に秘められた彼女の強さと儚さが、本当に素敵だなぁと思いました。大人が書く高校生は、等身大とは違った良さがありますよね。
         葵ちゃんがナナコちゃんを探すシーンでは、私も一緒になってナナコちゃんを探している気持ちになりました。もどかしくて、切なくて、泣きたくなるような切実な葵ちゃんの気持ちが痛いほど分かりました。

         他の方の感想だと「思っていたのと違ったかな〜」という感想が多い印象を受けましたが、私は割と好きでした。
         読みやすくて、言葉に感情が入りやすいのでまだ読んでいない方にはぜひおすすめしたいです。

         それから個人的に「小夜子」という名前がとても可愛いな、と思いました。古風で、知的で、でもなんだか可愛くて。いい名前ですよね。
        >> 続きを読む

        2020/10/02 by ゆきの

      • コメント 2件
    • 他10人がレビュー登録、 38人が本棚登録しています
      臨場

      横山秀夫

      光文社
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! ooitee
      • 図書館本。
        初読みの作家さん。面白すぎて、ページをめくる手が止まらなかった。

        八篇の中で圧巻だと思ったのが「鉢植えの女」で、自殺か他殺かに絡んでもう一つの事件があぶり出されていくのが面白かった。傲慢な捜査一課長が、いかに自分が無能であるかをさらけ出していくのも痛快だった。

        こんなに面白いものがシリーズでないとは、残念。他の作品も読んでみたい。

        >> 続きを読む

        2019/07/19 by Kira

      • コメント 1件
    • 他7人がレビュー登録、 26人が本棚登録しています
      ユースケース駆動開発実践ガイド オブジェクト指向分析からSpringによる実装まで

      船木健児 , 佐藤竜一 , 三河淳一 , StephensMatt. , RosenbergDoug.

      翔泳社
      カテゴリー:情報科学
      3.9
      いいね! aprilia ice Shimada zeroorigin suppaiman
      • 設計からテストまで工程ごとに
        詳細な手順が述べられていますが、
        良いところを見習って取り入れるための1冊という感想です。

        本書を通して改めて思ったことは、
        いかに代替コースを漏れなく洗い出すことでした。

        設計仕様から漏れ開発対象とならず、
        もちろんテストでも検出できない、
        リリース後やリリース間近にお客様から指摘されるという
        最悪のケースになりうるからです。

        ユースケース駆動開発については、
        ユースケースやロバストネス図を用いて
        設計・開発で実現していくことは、
        開発者の慣れも無く生産性が落ちかねない、
        また設計書内で図と文字の2重管理を生みやすいのでは?
        という懸念もありました。

        分かりやすく設計と実装を関連付ける方法を模索させられます。
        >> 続きを読む

        2015/01/19 by あさりん

      • コメント 1件
    • 他7人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      水滸伝 - 十二 炳乎の章

      北方謙三

      集英社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • ●1回目 2007.9.14

        玉麒麟盧俊義の危機。
        浪子燕青、渾身の活躍。


        ●2回目 2015.1.11

        原作では、盧俊義は宋江に継ぐ席次第2位。
        その盧俊義の危機に、席次36位の浪子燕青が向かう巻。

        深夜の酒場での、呼延灼、朱富、彭玘による戦死者の回顧談。
        それに豹子頭林冲と九紋竜史進が加わった、仲間たちの会話が楽しい。
        >> 続きを読む

        2017/10/09 by Raven

    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      千里眼

      松岡圭祐

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 2020年3冊目。再読2回目。新シリーズ(千里眼START)を読むにあたっての話の再確認目的での再読。スーパーヒロイン岬美由紀が縦横無尽の大活躍。美由紀がハリウッドアクション映画ばりに大活躍する姿は、フィクションだと分かっていてもやっぱり面白いというか自分の好み。エンタメとしてはとても良いと思う。時系列的にどう読むのが正しいのかわからないけれど、とりあえず旧シリーズと新シリーズを交互に読んでいくつもり。感想はこんなところです。

        >> 続きを読む

        2020/01/11 by おにけん

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      キラレ×キラレ

      森博嗣

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      •  今回は、電車で起きた連続切り裂き事件の犯人を探す依頼を受け、調査する内容です。被害者は4人おり、調べる中で同じメンタルクリニックに通院している患者だったことがわかります。
         依頼を受けた3人は、被害者や医師に話を手がかりに、事件を探ってゆきます。直感的な小川と分かっているこてから筋道を立てて考る真鍋のやり取りが面白かったです。
         切り裂き魔が犯行に及ぶ心理、この作品にも記されていましたが、もっと知りたくなりました。
        >> 続きを読む

        2020/07/25 by youda

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      朱夏

      今野敏

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 凄く暑すぎて何を読もうか迷っていたら、この「朱夏」が目に止まりかなり前に読んだがまた読む事にしました。たぶん、(夏)の文字に反応したと思います。 まず面白い、そして読みやすい、警察小説だがあまり小難しい内容では無い。ある日(樋口顕)の妻(恵子)が家に帰らない事がおきて、その内帰るだろうと思っていたが帰らず誘拐の線が強くなった。でも妻なので事件にできず、同僚の(氏家)と二人だけで捜査を始める。タイムリミットはあとわずか。何故なら別の事件の捜査本部が開始する。二人で犯人を追いつめる。このビンジョウ感は読み手をひきつけます。犯人は以外な人物だった。 そして、文中に今は兄弟が二人、一人っ子が多く特に一人っ子は親が特に母親が息子を溺愛して、父親をバカにして父親の帰る場所も無くなり会話も無くなり、そして何も出来ない(男)が出来るそうです。私の職場にも何を考えているか何も喋らない人がいます。この様な人って人とコミニケーションが出来ないんですよね。挨拶も出来ないし、声も小さいし。 最後に「朱夏」とは「青春」の次です。「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」の順です。勉強になります。 >> 続きを読む

        2017/07/16 by rock-man

    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      Rのつく月には気をつけよう

      石持浅海

      祥伝社
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね! ooitee
      • 酒の肴にこんなミステリ。
        この本にキャッチコピーをつけるならこんな感じが適当。

        親友関係の長江に夏美に熊井。
        酒の肴に料理を一品添え、誰か一人ゲストを読んでだべっと語り合う。

        料理は生ガキにチーズフォンデュ、豚の角煮にスモークサーモン等など。
        それに合わせてブランデーやビールなど酒の種類も変わる。

        するとゲストの体験話が始まり、長江が真相を突くというのが主な流れ。
        石持さんなので座間味くんのマイルド版といった感じ。

        ラストにちょっとした驚きもあり。
        >> 続きを読む

        2019/05/08 by オーウェン

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      犯人に告ぐ

      雫井脩介

      双葉社
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 数年前に児童殺害事件が起こり、その責任を取り「巻島」はある田舎に飛ばされる。そしてまた連続児童殺害事件が起こり、その上司が「巻島」を呼び寄せる。でも突破口が見つからず、テレビから情報を募る。ここまでが上巻の流れです。下巻に続く。 >> 続きを読む

        2020/03/17 by rock-man

    • 他2人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

      HicksJerry. , 吉田利子 , HicksEsther.

      ソフトバンククリエイティブ
      カテゴリー:超心理学、心霊研究
      4.5
      いいね!
      • 恋愛指南本と並んで、食わず嫌いだった引き寄せの法則に関する本。これも思うところがあり読んでみた。

        感情を頼りに正しく欲することで望む現実を引き寄せる、その方法が繰り返し説明される。逆に、突き詰めればそれだけしか言っていないのに、こんなにページが要るの?と思ったくらい。

        エッセンスとして頷ける部分もあったが、災いを含むこの世の全てが当人の思考から生じるというのは、いまいち腹落ちせず、読後にモヤモヤ感が残った。

        あと、訳が稚拙すぎて読むのがしんどい。同じような内容でもっと読みやすいものがあれば、そちらの方がよかったかもしれない。
        >> 続きを読む

        2016/10/05 by かえる

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      村上春樹にご用心

      内田樹

      アルテスパブリッシング
      カテゴリー:日本文学
      3.0
      いいね!
      • 「村上作品は結婚詐欺」
        うーん、言い得て妙。

        何かあると思わせる村上春樹。
        なんでだろう。
        >> 続きを読む

        2016/06/24 by one

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      疲れすぎて眠れぬ夜のために

      内田樹

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.3
      いいね!
      • Ⅰ 心耳を澄ます 
        Ⅱ 働くことに疲れたら
        Ⅲ 身体の感覚を蘇らせる
        Ⅳ 「らしく」生きる
        Ⅴ 家族を愛するとは

        引用 & ( )は私の心の声

        Ⅰ 心耳を澄ます

        自分の可能性を信じることはとてもよいことです。でも、可能性を信じすぎて、できないことをやろうとするのはよいことではありません。だって、ずっと不充足感に悩み、達成できないというストレスに苦しみ続けることになりますから。
        どこかで自分の持っている知性的な、あるいは身体的な資源の限界を知って、それを優先順位の高いものから順番にうまく配分するということを覚えなくてはいけません。

        自分の可能性を最大化するためには、自分の可能性には限界があるということを知っておく必要があります。

        愛情は「試す」ものではありません。「育てる」ものです。

        ほんとうに「利己的」な人間であれば、どうすれば自分がもっとも幸福に生きられるか、どうすれば自分が今享受している快適さを最大化し、できるだけ持続させることができるか(短期的には自分に不利な選択をすることだってありえる)…というふうに発想するはずです。・・・・・「利=己的」とは言えません。むしろ「利=むかつき的」・・・

        「真の意味で利己的にふるまう」ことを怠った人間には「逃げる先」がありません。逃げ場を見つけられずに、そのまま不愉快な人間関係の中にとどまっているうちに、やがて「耐える」ということが自己目的化し、「耐える」ことのうちに自己の存在証明が凝縮されてしまったような人間ができあがります。
        世に言う「中年のオヤジ」というのは、この「耐えること」が劇的に人格化されたものといってよいでしょう。

        「我慢すること」こそ人間的な器量のあかしだという誤った思想を、子供をもつようになる前の段階で、自分に刷り込んでしまっている ・・・・これが悲劇の始まりです。
        「我慢すること」、「不愉快な人間関係に耐えること」を人格のコアとするような人間の次世代はこのような家庭の産物です。まことに不幸な再生産というほかありません。

        (面白いね~。その通りですよ。「我慢」なんてしちゃいけません。それはムカついているということ。明るく気楽に機嫌よく、どうすれば自分もみんなも幸せになるかな~、って考えることですよね。不快な人間関係には改善するか、離れるか、どっちかしかない。我慢なんてしちゃいけない。「我慢」の反対は「我が侭」ではありません。どっちもダメ。日本語は深いね~)

        Ⅱ 働くことに疲れたら

        「ビジネス」の愉しさはは、お金が儲かることではなく、何か新しいことをすると、その結果がすぐに出る、その「反応の速さ」にあります。・・・自分自身が変化したり工夫したりしたことの結果がすぐに評価される。自分自身の仕事のクオリティがとりあえずすぐに検算できる世界です。
        ほかの人間関係はこれほどには分かりやすくはありません。

        「レイバー」はそれとは違います。この二つは別物です。
        ・・・今の若い人たちの多くは、「仕事」というとレイバーしか知りません。
        暮らしていける最低限のレイバーだけして、お金を稼いで後は好きなことをして暮らしたい。それなら、働くのは時間の空費であり、苦役でしょう。(教育は、ビジネスでも、もちろんレイバーでもありません)

        ビジネスとレイバーとの差は・・・その人が「リスクを取る」(負わされるではなく)という決断をできるかどうか、その一点にかかっています。
        (責任を取らない人はただのレイバー。政治家にも経営者にもいるね)

        Ⅳ 「らしく」生きる

        反対者や敵対者を含めて集団を代表するということ、それが「公人」の仕事であって、反対者や敵対者を切り捨てた「自分の支持者たちだけ」を代表する人間は、どれほど規模の大きな集団を率いていても「私人」です。

        節度というのは、平たく言えば、無用のリスクは回避する、ということです。

        アイデンティティというのは、まるごと「作り話」なんです。もともとそんなものが確固としてあるわけじゃない。・・・逆なんです。・・・「前未来形」において語り出してゆくものなんだから。
        (なりたい自分を作っていく。「ほんとうの自分」なんてあるわけじゃないのですね。変わるのですから。)

        ・・・引用してたらキリがなくなりそうなので、この辺にしときます。

        面白~~い。  そして、深い。
        私は、幸いなことに疲れすぎて眠れないという経験はない(疲れて気絶するように爆睡、てのはしょっちゅうだった。今は疲れることもストレスもありません)けれど、忙しい人、精神的にまいってしまう前に読んだ方がいいと思う。(面白くて眠れなくなるかも?)
        >> 続きを読む

        2014/03/25 by バカボン

      • コメント 6件
    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      ザ・シークレット

      山川紘矢 , ByrneRhonda. , 佐野美代子 , 山川亜希子

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:超心理学、心霊研究
      3.3
      いいね!

      • 「秘密」という名の"引き寄せの法則"

        信じるか、信じないかは個々の自由として、ややオカルトチックに書いてあるので、受け付けない人は受け付けないのだろう。

        精神的に前向きであることの重要性。

        目的意識を持ち毎日を生きること。

        自分を愛し、周囲に感謝し生きること。


        読んだだけでは、効果はないだろうが、自分なりに受け入れて行動に置き換えることに意味は生まれてくるだろうと思う。
        >> 続きを読む

        2015/02/01 by Sji

    • 他1人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      ホテルジューシー

      坂木司

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 主人公ヒロちゃんがてーげーになっていく物語。登場人物も個性的で、ここでのバイトもヒロちゃんのように楽しめるかもって思えてきます。『シンデレラ・ティース』のサキちゃんとのやり取りで、ヒロちゃんがこう思ってたってことが見えて来て両方読んで2度美味しい♪(10.7.13読了) >> 続きを読む

        2015/08/22 by のこ☆

    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      普通じゃない。 Extraordinary.

      原田マハ

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 数時間で読了。

        偶然の出会いから、大手都市開発会社で働くことになった主人公・しいな

        目の前に矢継ぎ早に出される課題を解決していく中で、
        老舗花火屋の祖父のことを誇りに思うようになったり、
        チームで協力することや目標に向かって努力することを学んでいく。

        憧れる社長の夢を叶えることが自分の夢、それが仕事だなんて最高じゃないか。
        自分ひとりではできないことも、先輩や友人に恵まれてなんとか達成し、しいなもほかのチームメンバーにはないセンスで貢献する。

        そういうことって新人がいきなり得られるものじゃないと思うから、現実味はなかった。

        それでも「人が変わらないと環境は変わらない」というメッセージには共感したし、後半は何度かジーンとする場面もあった。

        mixi公式企画ということで、独特の携帯小説っぽい文体がちょっと苦手。
        >> 続きを読む

        2014/10/05 by lilli

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      フジコ・ヘミング画集 青いバラの夢

      F. ヘミング

      4.5
      いいね!
      • ピアニストのフジコ・ヘミングの画集。
        若いころから描き溜めて大切にとっておいた作品が1冊の本に。
        作品数も充実しており、カラーのページも結構あるので、色彩や幻想的なフジコさんの世界が伝わってきます。
        絵の1点1点に、その絵にまつわる話やフジコさんの回想などがコメントされていますが、格言のような達観した感じの胸に響く言葉が沢山ありました。
        ロマンチストで、数奇な運命をたどり、晩年成功するまで苦労も多かったであろうフジコさんの生活風景、人生背景が絵やコメントを通して垣間見ることができました。
        >> 続きを読む

        2018/11/02 by taiaka45

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      天使の梯子

      村山由佳

      集英社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 再読2回目。「天使の卵」の続編。夏姫の恋人古畑慎一から見た夏姫、歩太の再生と過去への訣別の物語と言える。本を読んで色々な事が頭に浮かんできて感想に表すのは難しいが、愛する人に置いていかれる寂しさを消化して前に進むというのは、とても苦しいことだと思う。残された人たちは現実に生きていて、どこかでその辛さを乗り越えていかなくてはいけない。「卵」であれだけ打ちのめされた歩太にも、その機会が訪れたことは良かったなと思った。同じ物語を夏姫の視点から見たヘブンリーブルーや続編の天使の柩も読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/02/04 by おにけん

    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      センセイの鞄

      川上弘美

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ごく自然な 流れの中の、ゆっくりと流れる小川みたいな恋愛でした。
        山に行くにもきっちりした服装と鞄、読みながら色々なシーンを頭の中で考え、楽しませてもらいました。
        >> 続きを読む

        2016/06/01 by はなもも

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      警官の血

      佐々木譲

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • この小説
        ほんとすき。

        昔映像化してるそうですが
        キャスト見たら私のそれぞれのイメージと
        なぜかぜんぜん違う

        私なら誰でみたいかなーと考えるだけで
        ゾクゾクするような。

        そして早瀬を誰にするかがだいじ。
        >> 続きを読む

        2017/02/13 by 自由じゃん

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています

出版年月 - 2007年9月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

観なかった映画