こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2007年10月発行の書籍

人気の作品

      ゴールデンスランバー

      伊坂幸太郎

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね! fmg0202

      • 伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」を読み終えました。

        この小説は、キャラクタライゼーション、プロット、会話、読後感、テンポ、すべて申し分なしの大満足の作品で、伊坂幸太郎の最高傑作だと思いますね。

        物語の舞台は、首相公選制が存在する現実とは異なる、日本の仙台。
        絶大な人気を誇る宮城出身の首相が、凱旋パレードのさなか暗殺されてしまいます。

        ちょうどその頃、青柳雅春は大学時代の友人・森田森吾に何年ぶりかで呼び出され、驚愕の忠告を受けるのです。
        「おまえ、オズワルドにされるぞ」と-------。

        オズワルドとは言うまでもなく、ジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件の容疑者として捕まり、殺された人物だ。

        森田の予言通り、首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳の逃亡を描いて、これはスリリングかつハートウォーミングな筆致が見事な、キャラクタライゼーションよし、伏線を活かしたプロットよし、笑いと涙を誘う会話よし、読後感よし、読み出したらやめられないテンポよしの作品だと思う。

        巨大な陰謀に巻き込まれ、徒手空拳で仙台市内を逃げまくる青柳が、幾度となく口ずさむのが、この本のタイトルにもなっているビートルズの曲なんですね。

        八つのタイトルをメドレーに仕上げたアルバム「ABBEY ROAD」B面の六曲目。
        青柳は、離れ離れになったメンバーの心をひとつにしようと曲をつないでいるポールの姿を想像するんですね。

        「故郷へ続く道を思い出しながら」昔に戻ろうよと、メドレー曲に願いを託すポールの孤独な姿を想うんですね。

        そして、そんな青柳や、彼の無実を信じて陰になり日向になり、助けになろうと尽力する、かつての友人たちにとっての「故郷」とは、「ゴールデンスランバー(最高のまどろみの刻)」とは、大学時代なんですね。

        この、いい意味で感情的で感傷的な伏線が、作品全体に命を吹き込み、これを書き割りめいたお話ではなく、登場人物が、まるで友人のように思える生きた物語にしているのだと思う。

        私は、それがこの小説最大の魅力だと思っています。

        >> 続きを読む

        2018/09/24 by dreamer

    • 他6人がレビュー登録、 40人が本棚登録しています
      私の男

      桜庭一樹

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! Tukiwami
      • 桜庭 一樹さんの代名詞になる作品なのでしょうか。
        イヤ~な内容をサラッと書く方ですね。この御人は。
        どこからともなく漂う"哀しみ"があって、コレも仕方なかろう..とか思ってしまうのだ。
        時系列がだんだん遡っていくので、ついまた最後に最初の章を読みたくなって読んでしまいました。

        (Amazon)
        第138回(平成19年度下半期) 直木賞受賞

        お父さんからは夜の匂いがした。
        狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂『私の男』。
        >> 続きを読む

        2019/01/16 by motti

    • 他6人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      チーム・バチスタの栄光

      海堂尊

      宝島社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 匿名

        いくつもの伏線。不可解な事柄。心理戦だからこそ医療に詳しくなくとも面白く読めた。

        2018/04/17 by 匿名

    • 他6人がレビュー登録、 35人が本棚登録しています
      チーム・バチスタの栄光

      海堂尊

      宝島社
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 匿名

        まさかの犯人。また伏線も明らかになる。田口が心療内科医という設定だからこそ医療者の心情がフォーカスされ、より読みやすくなっている。 >> 続きを読む

        2018/04/17 by 匿名

    • 他5人がレビュー登録、 27人が本棚登録しています
      藁の楯

      木内一裕

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね! ryoji
      • 「藁の楯」猟奇連続殺人鬼は命を懸けて守る価値があるのか?!映画原作。

        レビューの続きはこちらへ↓

        http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-11-24
        >> 続きを読む

        2015/12/24 by youmisa

      • コメント 2件
    • 他4人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      硝子のハンマー

      貴志祐介

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね! Tukiwami
      • 密室ミステリの大傑作。
        もはや新しいトリックはないと思われていた密室物の新機軸。
        半は普通にストーリーが進むが後半は倒叙物になり、物語が有機的に結合する。
        トリックなどの説明が詳細で、相当な取材・下調べをしたものと推察される。
        >> 続きを読む

        2019/01/04 by tygkun

      • コメント 3件
    • 他3人がレビュー登録、 27人が本棚登録しています
      水滸伝 - 十三 白虎の章

      北方謙三

      集英社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • ●1回目 2007.9.16

        双頭山攻防戦、勃発。
        美髯公(!)朱仝の活躍。


        ●2回目 2015.1.11

        壮絶な双頭山攻防戦。
        席次第12位美髯公朱仝の活躍

        同じく第62位毛頭星孔明の決死隊の活躍。
        >> 続きを読む

        2017/10/09 by Raven

    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      螢

      麻耶雄嵩

      幻冬舎
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ミステリの王道でもある、閉じ込められた館で起きる、殺人事件。

        犯人は、知らないうちに入り込んだ、外部者か。
        もしくは閉じ込められた、この登場人物の中にいるのか。

        誰もが疑心暗鬼になっていく中で、明かされる事件の真相と、真犯人。

        王道でありながら、作者の麻耶雄嵩さんの、読者を騙す仕掛けが幾つかあって、私もやはり騙されていました。

        そして最後。
        事件は解決したけど、微妙にまだ終わってない様な感じで終わる、このラスト。

        読んだ後、後味の残る小説でした。
        >> 続きを読む

        2019/10/24 by ゆずの

    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      生首に聞いてみろ

      法月綸太郎

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! Tukiwami
      • 【よく練り込まれた新本格ミステリ】
         いわゆる『新本格派』と呼ばれる著者による、よく練り込まれたミステリです。
         まぁ、『新本格派』と言っても、島田荘司氏がこと細かく定義したほど犯行現場などを限定しない場合も含めて、広く『社会派』の後に再生された『本格派』を総称して『新本格派』と呼んでいるようなので、その実質は基本的に『本格派』と大きな違いはないのではないかと思ってはいるのですが(この辺りの認識にはやや自信が無いので誤っていたらごめんなさい)。
         もちろん、『新』を名乗る(呼ばれる)だけあって、過去の『本格派』の弱点と言われた点についてはよく研究されており、そういう弱点を克服して再生した『本格派』だろうと思っているのですが。

         さて、本作の事件の発端は、前衛彫刻家の死にまつわる盗難事件でした。
         癌に冒されていた前衛彫刻家は、死期が近いことを知り、最後の制作として、自分の娘をモデルにした石膏像を造りました。
         この彫刻家の得意な手法は、モデルの身体を直接石膏で型取りして、それを雌型として石膏像を造るというものでした。
         この手法の弱点は、必ず目を閉じた像ができるという点です。
         目を開けたまま石膏で直接型取りしたら目を痛めちゃいますからね。
        彫刻家は、この弱点を克服しようと過去に色々やったことはあるのですが、うまくいかず、この手法を封印していたこともあるのですが、最後の作品はやはり自分の代名詞でもあるこの手法による制作を決意したのでした。

         その像は完成したようですが、完成後間もなく、彫刻家はアトリエで倒れてしまったのです。
         完成した彫刻にはカバーがかけられていたため、まだ誰も見ておらず、いや、そんなものを見ているなんていう場合じゃなく、彫刻家を病院に運び込むなどバタバタしていました。
         彫刻家はその後、間もなくして息を引き取ってしまったのですね。

         密葬等も終えて、一息ついた時、彫刻家を運び出した後、施錠されていたアトリエに、モデルになった娘が一人で入り出来上がった彫刻を見ていました。
         その後、娘により再びアトリエは施錠されたのです。

         その後、通夜、告別式なども済ませ、ようやく一段落した後、親族等が娘から鍵を受け取ってアトリエに入ったところ、何と、完成していた石膏像の首が切断されて盗まれているではないですか。
         外に通じる窓ガラスが割られており、どうやら犯人は窓からアトリエに侵入したのではないかと思われます。
         娘の話では、自分が見た時には確かに首はついていたと言うのです。
         彫刻家の遺作を毀損されたことも問題ですが、娘がモデルになっている像の首が切断されたという点から見て、単に石膏像を破壊しようとしただけとは考えられず、もしかしたら娘に危害を加えるという脅迫ではないかとも心配されました。

         そこで、調査を依頼されたのが、著者の作品でシリーズ探偵を務める法月綸太郎というわけです。
         法月綸太郎は、作者と同名の探偵役で、作中でもミステリ作家という位置づけになっています。
         父親は警視庁の現役警視であり、この辺りはエラリー・クイーンを踏襲しているわけですね(但し、著者の作品はクイーン作品とは異なり、神の視点から三人称で描かれます)。

         綸太郎が調査を進めていくと、娘は過去に写真のモデルになったことがあったのですが、その際の写真家にしつこくつきまとわれ、亡くなった彫刻家の父によりその写真家が遠ざけられていたという事実も判明しました。
         どうも、この写真家、素性がよろしくなく、あちこちで恐喝めいた事件を起こしているようなのです。
         もしや、この写真家が、邪魔な彫刻家の父親が亡くなったことを良いことに、仕返しのためにこんなことをしたのではないか?とも疑われます。

         そうこうしているうちに、娘が失踪し、彫刻家の遺作展が企画されていた愛知県の美術館に、娘の切断された首が送りつけられるという事件が発生します。
         この遺作展を企画していた彫刻家と知り合いのプロデューサーのような男が、丁度愛知県の美術館に打ち合わせに出かけた日を狙ったかのように首が送りつけられ、プロデューサーが宅配便を開けて首を発見したのです。
         そして、その後、プロデューサーも行方をくらましてしまうのです。
         綸太郎の調査の結果、どうやらこの事件には娘の出生に関する秘密が関係しているかもしれないということも明らかになっていきます。

         と、まあこういうストーリーなのですが、とにかく伏線が細かく張られており、非常に練り込まれたミステリだという感想を持ちました。
         トリックらしいトリックが無い作品という点でも『新本格派』らしいと感じます。
         トリックなど無くても本格ミステリは書けるという良いお手本ですね(一応、アトリエにどうやって侵入したのかというトリックめいたものはあるのですが、これは物語の早い段階で綸太郎によって謎解きされてしまいますし、このトリックだけで引っ張っている作品では全くありません)。

         いわゆる首無し死体殺人の逆ヴァージョンのような作品なのですが、もちろん顔が残されていますので、死体の身元を偽るというトリックを狙ったものではありません。
         第一、昔の作品ならいざ知らず、現代の作品では死体の首を切断して隠しても、指紋やDNAから死体の身元は判明しますので、身元を偽るために首を切るという手口はもはや使えないのですが。
        では、何故、石膏像や娘の首を切断したのでしょうか?
         単に猟奇的な犯罪という以上の理由付けをしないことには『新本格』の名が廃りますが、この点についてはそれなりの説明が加えられています。

         一点だけ、残念に思ったのは、探偵役の綸太郎があまり賢く見えないという点なのです。
         というのも、本作においては登場人物のうち複数の者が、この事件の真相(あるいは真相にかなり近いところ)を見抜いてしまっているのですが、綸太郎はなかなか真相にたどり着けずにいるからなのです。
         巻末のインタビューを見ると、著者は頭脳明晰で快刀乱麻のように謎を断ち切って真相にたどり着くタイプの探偵役よりは、間違えながら、迷いながら真相にたどり着くタイプの探偵が好きだということですし、また、綸太郎はあくまでもアマチュアであって、本業の作家業の傍ら、頼まれて調査をしているという立場なので、そんなに名探偵としては描きにくいということもあるのでしょうけれど、『本格』の流れを汲むからにはやはり名探偵が登場して欲しいなぁと思ってしまうのでした。

         そうそう、もう一点気になった点がありました。
         それは本作のタイトルなんですね。
         私はあまり良いタイトルとは思えなかったのです。
         『生首』として登場するのは被害者の娘の首だけなのですが、この首に謎を解く鍵があるわけでもありませんし、何だかホラーじみた印象を与えるタイトルで、ここはもうちょっと何とかならなかったかな~とも思いました。


        読了時間メーター
        □□□     普通(1~2日あれば読める)
        >> 続きを読む

        2020/04/22 by ef177

    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      銀河英雄伝説 - 5 風雲篇

      田中芳樹

      東京創元社
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 「常勝」と「不敗」が再び激突する5巻。
        ついにこの時が来たか。と思ってしまう戦いが始まる。
        ただ、ヤンはさらに厳しい立場となりヤンの負けは同盟の終わりと言ってもよい。
        帝国は優秀な部下と大量の兵力、隙のない作戦で攻めてくる。
        ヤンは作戦を立てるという面ではほぼ一人で戦っていたが、帝国ではラインハルトの他にオーベルシュタインやヒルダなどの部下がいるという点も含めて、やはりヤンとラインハルトは対照的な存在なのだと思った。
        決戦の後、ラインハルトは宇宙をヤンは退役し穏便な生活を手に入れるが、果たしてこのままフェザーンが黙っているのだろうか。
        今後は大胆な戦闘より策略、陰謀がメインになっていくのかと期待してしまう。
        >> 続きを読む

        2015/04/24 by 冷しカレー

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      文章のみがき方

      辰濃和男

      岩波書店
      カテゴリー:文章、文体、作文
      5.0
      いいね!
      • 文章を書くことがあまり得意ではないので、図書館で見つけたときは思わず手に取ってしまいました。

        どのような表現を心掛けるか、文章を書くことだけではなく感性を磨くことも大切である、、といったことを様々な作家等の言葉を交えつつわかりやすく説明してありました。
        とても読みやすく、為になる本であると思います。

        この本を読んで、文章を書いて人に見ていただく機会を少しでも増やそう、と思ったこともこのサイトに登録した理由の一つであったりします。
        >> 続きを読む

        2016/10/21 by yadon

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      二十四の瞳

      壷井栄

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • この作品を単なる反戦小説ではないと言う人がいる
        これが反戦小説でないなら、反戦小説とは何?
        庶民の心や暮らしを描いたものが反戦小説であってはいけないの?

        子供のころ、この本を与えられて、何度か読み始め、でも読み通せなかった作品
        子どものための本なのに、子ども心に響かない。
        悪いけれどその意味で☆5にはできませんでした。
        新米教師の大石先生と分教場の教え子たちとの心温まる物語、と、思っている方が多いのでは?
        ところが先生と小学生の子供たちのエピソードは小説のホンの触りの部分でしかないのです。
        子どもとしては、肩透かしな気持ちがして、先を読む気が失せてしまったのでした。
        島の外れの岬の村社会というのが都会の子供だった私にとってあまりに遠い、想像できない設定だったこともあります。
        しかし大人として改めてこの本を手にすれば、戦禍に巻き込まれる庶民のリアリティが実によく伝わってくるのでした。

        誰も戦地になんか行きたくない。
        でも誰も抗えない。
        国の強制もある。
        でもそのほかに人々の思考の中に「忖度」があり、それが実は一番危険な「強制力」なのだ。
        大石先生の言動は別に明らかな反体制でも共産主義でも何でもない。
        若い女性の自然な感情の発露さえ、事なかれの大人たちが圧殺すること、それこそが最大の強敵なのだ。
        極端な恐怖。行き過ぎた自粛。自由な行動に対する集団バッシング。

        ここにある問題は、現在の日本に似ていないか?

        コロナ禍にある現在の日本。
        政治が何もしないから?
        何もしなくても、人は恐怖に駆られれば勝手に犠牲者を見つけ出す。
        本当の恐怖から目を逸らすため、より単純な犯人を罰することで、自分のわずかな安全を担保しようとして。
        無駄な努力に過ぎないのに。

        どこかの首相がコロナは戦争だ、と言った。
        大袈裟な、と、思ったけれど、それは真実かもしれない。
        普通の生活、普通の幸せ、未来を夢見ることを奪う。
        そして本来死ななくていいはずの、身近な人の死。

        コロナはウィルスで不可抗力なものかもしれないけれど、戦争は人のなす行為です。
        世界がせめて共通の脅威に立ち向かうため、共に手を取り合えますように。
        戦争で殺し合いをしている場合じゃないと、気づいてくれますように。
        戦争が繰り返されるこの世界では、この話は過去のものではない。
        もちろん日本にとっても、過ちを繰り返さない保証はない。
        強い意志と、柔らかな心を持ち続け、他に迎合し流されないことを誓うこと。

        幸せとは、大切な人が幸せでいてくれることなのだと
        この本は教えてくれる。
        >> 続きを読む

        2020/08/15 by 月うさぎ

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      引き寄せの法則

      石井裕之 , LosierMichael J.

      講談社
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 私を変えてくれた本。これを読んでリストアップするとポジティブでしかない自分になれる!引き寄せ関連の本は沢山あるけど、これはわかりやすくて書き方も偉そうじゃないから好き(笑) >> 続きを読む

        2015/03/03 by miku

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      暗黒館の殺人

      綾辻行人

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 綾辻行人さんの、館シリーズで、過去最大の長編小説が、この暗黒館です。
        その原稿用紙、なんと2600枚!
        執筆年数、8年!

        そんな長編が、文庫4冊になりました。
        しかも、どれもなかなかの分厚さ。

        それでも、読み応え抜群の面白い小説です。

        九州の山奥に建つ、「暗黒館」
        その名の通り、外壁も内装も、全て真っ黒。

        そんな奇妙な館を訪れた青年「中也」は、この館で毎年行われるある<宴>に特別参加する事に。

        しかし、その<宴>は楽しいものではなく、奇妙で、不気味なものだった。

        暗黒館は、まだまだ始まったばかりです。
        このままあと、3冊も読破したいです。
        >> 続きを読む

        2017/12/10 by ゆずの

    • 他1人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      暗黒館の殺人

      綾辻行人

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • まだまだ続く、暗黒館!

        奇妙な<ダリアの宴>に参加した、青年「中也」
        その翌日、彼を待ち受けていたのは、館内で起こる殺人事件だった。

        使用人と、浦登家の一人が、何者かに首を絞められて、殺されていた。

        また、中也は18年前の同じ<ダリアの日>に起きた、事件の内容を知る。
        初代当主が何者かに撲殺され、その犯人と思われる人物は、自殺を図っている。
        しかも、その事件には、<人間消失>事件まで起こっているという。
        それを目撃したのは、当時の記憶が全くない、玄児だった。

        まだまだ、浦登家の謎は、深まるばかりです。
        あと2冊、頑張って読みます!!
        >> 続きを読む

        2017/12/22 by ゆずの

    • 他1人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      φは壊れたね

      森博嗣

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • 途中までは、面白くてドキドキしながら読みましたが最後の詰めが良くない。タイトルのφの謎が解かれていない。モヤモヤが残って気持ち悪い。次に期待しても良いのかな? >> 続きを読む

        2017/10/03 by rock-man

      • コメント 6件
    • 他1人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      いま、会いにゆきます

      市川拓司

      小学館
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 久しぶりの恋愛小説。

        はっきり言って感動します。

        静かで優しくて温かな家族。
        映画では泣けませんでしたが、本ではよく泣きました。


        雨の降る季節にまた読んでみようと思います。
        >> 続きを読む

        2013/12/04 by ゆきんこ

      • コメント 8件
    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      世界ぐるっと朝食紀行

      西川治

      新潮社
      カテゴリー:食品、料理
      4.3
      いいね! Moffy
      • こういう類の本は大好き、好き過ぎる。
        一冊読んだだけで、まるで世界旅行したような気分になれる。

        にしても、世界中にはなんとバリエーション豊かな朝食があるのだろう。
        同じ国であっても、地域によって味付けが全然異なる。これも面白い。

        昔、それぞれの地域の名産品や食習慣は、その地域で育つ人々の体質に合っているからそのようになったと聞いたことがある。
        なるほど、だから暑い地域はエネルギーが必要な糖分、寒い地域は身体温まる脂肪分……といった具合に、身体がその地域で一番健康的になる栄養分を中心とした食事が出る。

        今では「身体に悪い」「太る」「ダイエットに良くない」と言ってある栄養分を悪者扱いをするような考えもあるが、とんでもない。
        体質に合わない食事こそが毒なのだ。

        今一度、本当に身体の声にかなった食生活を送れているかどうかを見直してみたい。
        >> 続きを読む

        2020/08/10 by Moffy

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      くだものだもの

      俵万智 , 日本ペンクラブ

      武田ランダムハウスジャパン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 果物の味、香り、手触りまで
        余すことなく味わい尽くしたようなお話たち。
        甘いもの、酸っぱかったり、苦かったり、柔らかくて、硬いもの
        がぎゅっと詰まっていた
        >> 続きを読む

        2020/04/22 by kotori

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践

      勝間和代

      光文社
      カテゴリー:金融、銀行、信託
      3.3
      いいね!
      • 本書は2007年に出版された金融に関する基礎知識をまとめた本。
        いわゆる金融リテラシーと言うものが知れる本。

        本書は2007年に書かれた本であるが今読んでも十分価値があると思った。
        それはこの13年と言う歳月の間にリーマッショック、東日本大震災、アベノミクス、オリンピックと経済に大きく影響した大波が本書の実効性を証明してくれている。
        この本はそれら大波に一喜一憂しない資産管理のノウハウを教えてくれている。
        つまり個人投資家の投資に失敗するパターン→高いとに買って、値が下がると売ってしまう、または売りそびれて機会損失を出すというお決まりのパターンをいかに回避するかというセオリーを語ってくれている。

        勝間さんのセオリーは
        ノーロードまたは運用手数料の低いインデックス型の投資信託商品をドルコスト平均法で複利運用すること。
        またインデックスは国内国外の債権と株式にそれぞれ分割投資すること。
        となる。

        「複利運用の知識」は知っているのと知らないのとでは、搾取する側される側みたいに雲泥の差が出そうだ。

        >> 続きを読む

        2020/02/20 by masahiro

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています

出版年月 - 2007年10月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本