こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2010年1月発行の書籍

人気の作品

      夏への扉

      福島正実 , ロバート・アンスン・ハインライン

      早川書房
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! kimiyasu Tsukiusagi snoopo HRJNK
      • 匿名

        最初は海外物ならではの翻訳の難しさがあったけども、後半に行くに連れて面白さが勝ってきました。面白すぎて集中しすぎて、電車を二駅程乗り過ごしてしまい学校に遅れるというエピソードが作られました。 >> 続きを読む

        2017/12/27 by 匿名

    • 他16人がレビュー登録、 66人が本棚登録しています
      虐殺器官

      伊藤計劃

      早川書房
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • 生物とマシンが融合進化した近未来で、世界中の開発途上国で起こるジェノサイド(大量虐殺)。それらの国に常に関わっているジョンポールという妻子をサラエボの核爆弾で亡くした元言語学者。ジョンポールをジェノサイドの仕掛け人と判定して、暗殺を命令されたアメリカの特殊工作員との世界をまたいだ追跡劇。
        なぜジョンポールがジェノサイドを仕掛けるのか?なぜ元言語学者にそんな事が出来るのか?そしてその思想は暗殺者へも影響を及ぼしていく。
        派手で異様なSF小説にとどまらず、人とはどんな種なのか、小集団では助け合いが起こるのに、大集団になると大殺戮を起こしてしまう複雑な仕掛けなど、人間そのものを深掘る会話が面白かった。
        >> 続きを読む

        2019/04/30 by aka1965

    • 他16人がレビュー登録、 64人が本棚登録しています
      スロウハイツの神様

      辻村深月

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 伏線の回収さがハンパなかった。こんな小説が書ける辻村さんの才能がすごすぎる。読み落としているところもあったので、上巻から再読すると伏線発見連発。 環の父親の後妻と息子が訪ねて来た時、その苗字を聞いたスーが莉々亜の身内と思ったところ。ここも伏線だったのか! ダークウェルの原作者の幹永舞。ミキナガマイ→音読みでカンエイブ→can able 。can とable どちらも可能(狩野)だ! 「凍りのくじら」の理帆子さんも登場。小説と小説が繋がってるいるのも嬉しい。上巻と下巻の表紙の絵も繋がっていますね。 >> 続きを読む

        2018/08/12 by かなかな

    • 他11人がレビュー登録、 58人が本棚登録しています
      使命と魂のリミット

      東野圭吾

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 再読。

        面白かったーーー!!!!!!!!!!!!

        いやあ、さすが東野圭吾さん!
        後半からの怒涛の展開は神がかっていますね!実際一度読んではいるのですが、それも数年、下手したら十年ぶりくらい前なので殆ど覚えていませんでした。ただ、今回はそれが功を奏して楽しく、初読の時のような新鮮な気持ちで読めました。

        「人にはそれぞれ生まれ持った使命がある」良い言葉だと思います。この作品の根底にあるのはまさしくこの言葉に集約されたものだと思います。よく「宿命」という言葉は使われますが「使命」という言葉はあまり使われないと思います。ですが、人間として生まれてきたからには果たさなければならない「使命」があってそれを邪魔する「宿命」がつきまとっている。そのふたつの「命」を使い、人として真っ当に生きる…そんな、当たり前な、でも今の時代、なかなかそれを自覚できないことを執筆された時に東野さんは思われたのかな、もしかしたら警鐘を鳴らされたのかなと思いました。

        作中でも、いろいろな人達の思いや行動が重なり合い錯綜しせめぎ合っていく中で本当にやるべき事、果たさなければならないことを一人ひとりが気づき確かめ合っていく描写がありますが、そんな場面を見て自分も慌ただしい毎日に溺れ忘れていた大事な何か、「使命」を気づかせてくれたかもな、とも思いました。

        主人公の夕紀が最初は疑念、疑いの気持ちだけで医者になりその疑念を晴らすためにがむしゃらに仕事をこなしていたのが、勤める病院で脅迫事件が起き夕紀も渦中の人となった時守るべきもの、真実(ほんとう)の事を知った時、世界は変わる。そう、本当にその通り。疑いだけでは真実は見えない。曇りなき眼で見つめなければいけない…改めて思い知らされました。


        っと、柄にもなく真面目且つ堅苦しくなっちゃいましたね(笑)

        とにかく面白かったです!
        再読だけど再読じゃない…あれ?哲学的じゃないですか(笑)

        久々に小説読了出来たので本当にホッとしています。


        明日から世間では10連休のようですが自分は殆ど変わらないのでぼちぼちとまた本を読んでいければなと思っています。

        今回も良い読書が出来ました!!!!!!!!!!!
        >> 続きを読む

        2019/04/26 by 澄美空

      • コメント 2件
    • 他10人がレビュー登録、 38人が本棚登録しています
      武士道シックスティーン

      誉田哲也

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 題名を見た時から面白そうな本だなと思っていた。
        案の定、本当に面白い青春スポーツ小説であった。
        笑って、ハラハラしてしかもちょっと感動できる。
        言う事なしですね。

        主人公は二人の女子高生剣道部員。
        この二人のライバルを軸にして話が展開する。
        (ライバルと書いたがライバル視しているのは一人だけでもう一人はそんなこと思ってません)
        二人の主人公の性格が好対照で面白い。
        一人は、父兄共に剣道をやっている剣道ファミリーで育った筋金入りの剣道少女 磯山香織。
        剣道に全てを賭け、幼いときから実戦的な激しい稽古を行う道場で鍛錬し、勝つことのみを追い求める。
        心の師匠は、宮本武蔵で「五輪書」を愛読しているという戦闘的な兵法者である。

        もう一人は、中学校に入るまでは日本舞踊をやっていたという異色の経歴を持つ少女 西荻早苗。
        性格はおっとりしており、勝負に勝つよりも自分の技術が向上することなどに喜びを見出すタイプ。
        現在家庭にちょっと問題を抱えており、名字が変わっている。
        家族は様々な才覚を持った人ばかりである。
        父は元町工場の社長の技術者、母は絵本作家、姉はティーンモズファッション誌のモデル。

        話はこの二人の主観で交互に語られる形式である。
        この構成が本当にうまくいっていると思う。
        性格の全く異なる主人公たちの書き分けが非常に巧みなので、章が変わるごとの雰囲気の変化が面白い。
        同じシーンでも二人の感じ方の落差があって笑ってしまうこともある。

        様々な思い違いやそれぞれの葛藤などを乗り越え、彼女達は人として成長していき、最後は青春スポーツ物の王道の様なエンディングとなる。
        ホント素晴らしいエンターテイメント小説をありがとうと言いたい。


        >> 続きを読む

        2017/12/28 by くにやん

    • 他9人がレビュー登録、 28人が本棚登録しています
      ワーキング・ホリデー

      坂木司

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 面白かった。読みやすくて、さらさら読めました。

        2016/01/08 by issy

    • 他7人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      楽園

      宮部みゆき

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 模倣犯の登場人物、前畑滋子の出てくる物語。彼女は連続誘拐殺人事件に負け、本も出していなかったが、そこにある悔恨の影響もあり、不思議な能力を持っていた等の真実を解明すべく、次第にのめり込んでいく。
        別荘の絵を見つけた瞬間の描写で私も鳥肌が立ってしまった。彼女がこの事件にどう向かっていくのか、続きが楽しみ。
        >> 続きを読む

        2018/10/21 by aki

    • 他5人がレビュー登録、 25人が本棚登録しています
      食堂かたつむり

      小川糸

      ポプラ社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! masa920
      • 話がうまく行き過ぎというか話の展開がヒロインにとって都合が良すぎるような気がした
        昔の馴染みだからというだけでお店作りを手伝ってくれるおじさんなんて今時田舎にもいないと思うのだが。

        そもそもヒロインはまだ男に捨てられても大失敗しても立ち直れる気力がある年齢なのに、実家に戻って隠居生活に近い人生を選ぶというのが何だかな。
        そんな女性がお店を1人でやっていけるというのも何だかな。
        都会の生活が合わなかったとか1人仕事が向いていたといえばそれまでなのだが。

        看板メニューの一つであるジュデームスープもそんなに美味しそうには思えなかった…。
        作ったこともないのに言うのも何だが。
        >> 続きを読む

        2017/01/21 by kikima

    • 他4人がレビュー登録、 32人が本棚登録しています
      楽園

      宮部みゆき

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 模倣犯の続編?スピンオフ?
        なぜ能力者を…とは思ったけれどそれがそこまで気にならないぐらい、人物の描写が丁寧だった。影の主役は敏子さん。その事件そんな終わり方する?といきなり存在感増してきて笑った。
        楽園は最後の希望。得難くて、手にしてもすぐ失ってしまって幻だったかと肩を落としたり。望めば望むだけ苦しくなるのなら、無欲のほうが結局強いんだな、と最後に的はずれな感想をひとつ。
        >> 続きを読む

        2018/10/26 by aki

    • 他3人がレビュー登録、 20人が本棚登録しています
      カッコウの卵は誰のもの

      東野圭吾

      光文社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 東野圭吾さん作品を連続して読みました。最初から最後まで要素を詰め込んでいる感が強く、話をトントン拍子に進めることで、多少無理矢理な部分に気づかせず結末まで引き込んでしまおう、という意図があるのかなぁと思いました。
        物語の筋よりも、企業が行う研究の質について考えさせられる内容でした。運動関連の遺伝子パターンが同じ親子が一組二組いたくらいで科学的根拠になるのでしょうか。

        前回読んだ東野さん作品が気に入ったので、今回は少し合わなかったかなという感想です。とはいえ、様々に繋がりあっている人々の様子の描かれ方はさすがだな、と思いました。脳みそこんがらがらないのでしょうか。すごいです。

        タイトルについて、風美親子に関しては妥当かと思いますが、鳥越氏の場合は托卵になぞらえるのは不自然な気がしました。
        >> 続きを読む

        2015/08/01 by pechaca

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 30人が本棚登録しています
      コンビニたそがれ堂

      村山早紀

      ポプラ社
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 旧の表紙画像で反映されてないが、こよりさん画の新装版が発売されたので、改めて購入。再読となるがやはりコンビニたそがれ堂の物語は温かくなる。 >> 続きを読む

        2019/02/11 by aki0427k

    • 他3人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      ココロコネクトヒトランダム

      庵田定夏

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • (登録前に読んだ本)

        購入して読了。アニメは下らないケチがついたせいで評判が落ちてしまったけど、話は読んでいて中々面白かったと思う。 >> 続きを読む

        2016/09/27 by おにけん

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      考えない練習

      小池龍之介

      小学館
      カテゴリー:法話・説教集
      4.0
      いいね! watawata momomeiai
      • 思考にとらわれずに、五感を感じるためにはどうしたらよいのか。
        その方法が仏道の観点から書かれた本。

        そもそも我々は普段から五感を意識して感じることは少ない。
        例えば食事をする際にはテレビや新聞を見ながらだったり、スマホもいじりながらの「食べる」時間になっていることが多いのではないだろうか。
        そうなるともはや味覚をフルに感じることはできないであろう。
        そういった普段意識していないことを意識することで「今」と言う時を生きているんだと実感できる。

        この本の中で「捨てる」という行為が印象に残ったので記しておこうと思うが、物に執着することで苦しみが生まれる仕組みから出来る限り持たない、もしくは執着しないというのは人生をしなやかに生きるヒントになると感じた。
        近年はやった「断捨離」にも通じるところがあるだろう。
        >> 続きを読む

        2015/12/13 by PEZ

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      乱鴉の島

      有栖川有栖

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 日頃の疲れを癒すため、旅行に出かけることと
        なった火村とアリス。
        しかし、手違いから鳥島(とりしま)に行くはずが
        烏島(からすじま)にたどり着いた二人。
        迎えの舟を待つまで、島に隠棲する老詩人の別荘に
        厄介になることになるが、そこに集まった人間たちは
        秘密を抱えており、それが殺人事件を起こすこととなる。

        作家アリスシリーズ、初のクローズサークルもの。
        実は子供に優しく扱い方にも長けているという
        火村先生の意外な一面が見れます。
        アリスは自作のちびっ子ファンと出会い、テンションが
        上がる。
        もの悲しい事件の背景の中で無邪気な子供二人の存在が救いと
        なっています。

        事件の発生までページ数を要しており、被害者の数は
        少なく、トリックも単純なのがマイナスですね。
        犯行動機も伏線・ヒントが全くなく、犯人の
        突然の告白というのも残念でした。
        >> 続きを読む

        2017/04/11 by UNI

    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      しずく

      西加奈子

      光文社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! taiji
      • 短編集だけど、どれも切り口が違って興味深い。それぞれの物語に登場するふたりの女性が、どんな対比の象徴になっているのか、あるいはいないのか、考えながら読んでたけど、どんどん読んじゃってそんなことも忘れちゃう。西加奈子先生の作品の中では、オススメな方に入ります。 >> 続きを読む

        2018/06/15 by たい♣

    • 他2人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      かのこちゃんとマドレーヌ夫人

      万城目学

      筑摩書房
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • 自分の小学1年生の頃を思い出した。
        かのこちゃんや夫人は今頃どうしているかなって想いを馳せる。
        (10.4.22 読了)
        >> 続きを読む

        2015/05/08 by のこ☆

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      四十九日のレシピ

      伊吹有喜

      ポプラ社
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 「四十九日のレシピ」って聞くとまず「法要で出る会席のレシピ?」って思ってしまって、まさかこういうあったかい内容の話しとは思わなかった。


        熱田家に後妻に入った乙美が71歳で心臓発作で亡くなった。

        妻を亡くしてまともにご飯も食べられないほど悲しみに暮れる夫の良平。

        生きているうちは乙美に素直になれず、今は結婚しているがその結婚生活にも翳りが見えてきた百合子。


        乙美が亡くなり沈みかえった家にやってきたのが金髪で真っ黒に日焼けした女の子、井本。そしてブラジル青年のハルミ。


        この2人のおかげで落ち込んでいた良平や夫の不倫で離婚危機にあった百合子もだんだんと元気を取り戻していく。


        「四十九日の法要は宴会のように賑やかに。」と望んでいた乙美の願いを残された者たちはどう応えるのか、と思ったらとてもあったかい法要となりきっと乙美も空からその様子を嬉しそうに見ていたんだろうな、と思う。


        子どもが欲しくても出来ない百合子や子どもを作らず先妻の子の百合子だけに愛情を注いだ乙美、それを見守る良平の想いも愛に満ち溢れていた。


        こんな想いのこもった四十九日法要を少し羨ましく思った。


        私にも子どもはいるが、うーんそこまで
        考えてくれないだろうなぁ。
        >> 続きを読む

        2016/02/17 by kaori

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      呼吸の本

      加藤俊朗 , 谷川俊太郎

      サンガ
      3.3
      いいね!
      • 仕事をしていると、呼吸が浅くなっている事に、ふと気が付きます。首や肩や背中に力が入って、疲れます。深く呼吸をする事で、自律神経がうまく働いて、実際に血圧が下がったり、そういう医学的な面はあると思いますが、何より文全体がゆる~いので、難しく考えず、お金もかからないし、いつでもできるので、やってみてみようかな、と素直に思えます。
        深く吐いて、吸う、それだけなので、ちょっとしばらくの間、チャレンジしてみようと思います。せめて1日1回くらい、力を抜いてリラックスする時間を持つ、その事にも意味があるような気がします。
        >> 続きを読む

        2017/11/28 by チルカル

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      ユニコーンの日 機動戦士ガンダムUC 1

      福井晴敏

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ガンダムシリーズの小説は始めて読む。アニメ版はOVAのみ1-4、7話鑑賞済み。上巻はオードリーがビスト財団の当主カーディアスと会う所まで。アニメを見たのがだいぶ前なので、どんな話だったかなと思い出しながら読んでいた。話を思い出しながらの読書なので、特に感じた点はない。余談だが、ユニコーンが希望の象徴として描かれているタペストリーは数年前、東京の美術館で実物を見たことがあり、その時に6枚で一組だということを始めて知った。ユニコーンのアニメを見るとそのことを思い出す。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/09/25 by おにけん

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      Gosick

      桜庭一樹

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね! niwashi
      • (登録前に読んだ本)

        図書館で借りて読了。ここまでは以前に読了済み。今後二人に絡んでくる人物もちらほら登場し、どのように話が進んでいくのかが楽しみ。 >> 続きを読む

        2016/09/27 by おにけん

    • 他1人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています

出版年月 - 2010年1月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

Good Luck
  • Good Luck
  • アレックス・ロビラ (著)