こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2013年6月発行の書籍

人気の作品

      本日は、お日柄もよく

      原田マハ

      徳間書店
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! Maripon kanzo taiji KojiUehara
      • う~~ん。なんというか、良くも悪くも「笑点」の大喜利みたいな小説。
        6月の課題図書。原田マハさんの小説だわねと気軽に手に取ってしまって、困った。
        この小説でひっかかったせいで2カ月レビューが書けませんでした。

        悪い小説ではないし原田マハさんの人の好さとかユーモアとか他の小説に比べて劣るとは言いませんが…褒められない。

        スピーチライターという珍しい職業にチャレンジする若い女性のお仕事小説。
        …のようでいて、実は「政権交代劇」を描いた小説だったのです。
        要するに、自民党が負けて民主党が政権を奪取したあの時期のことです。
        今読むとかなり微妙なのですね。
        民主党政権の欠点があまりに目立ってしまった後なので、政権交代に胸躍るという気持ちに全くなれないのです。

        救急車の患者たらい回し問題も、東京では2009年に受け入れOKが取れるまで車が出発しない方針に変わっていますし。単行本出版時にすでに問題提起としては古くなってしまっていた訳です。

        これが時事問題をテーマにした小説の欠点です。

        また、オバマ大統領とか実名で出てきますので、政治家をいくら偽名にしたところで、モデルになった政治家を小泉さん・麻生さん・安部さんのミックスだなとか、ついつい思い浮かべてしまう訳です。
        しかしパロディではない。風刺でもノンフィクションでもない。
        政治を小説に取り込むにはとても大きな覚悟が必要だと思うのですが、それが全く感じられません。
        なのに作家がとても饒舌で「政治的な立場」がめちゃくちゃ表明されてしまっています。
        物語が語ってくれるのではなく、主人公を通じて作家が語ってしまっている。
        おまけにとってつけたように恋愛劇にて締めくくるという、うまくまとめすぎた作り物感ばかりを感じるエンディング。

        なんか、イントロとエンディングまとめ過ぎ!って小説が、本作に限らずですが、最近多いと思いませんか?
        だから大喜利だっていうんですよ。
        お後がよろしいようで。って言いたくなりました。

        大団円がダメと言っているのではありませんよ。
        こんな主人公の態度で恋愛が成立するのなら売れ残りってゼロだわっていうほどの非現実感が痛いのです。
        結局は主人公にとって都合のよすぎるシンデレラストーリーなのかよ。って。

        この後に描かれた「総理の夫」も政治をテーマにした似たようなコンセプトでしたが、こちらはまだ漫画チックながらも小説として楽しめました。
        政敵のモデルが小沢一郎であろうと、立ち入りと裏腹に作者の好意を感じた程、キャラクターとしてもこなれていたし。

        この小説は与党=悪、野党=善
        みたいなステレオタイプな(あまりに政治的ではない)発想で書かれてしまっていてですね。
        自民党の支持者はきっと面白くない気分になるんではないでしょうか?
        私は自民党支持者ではありませんが、それでも気になるくらいです。

        徳間書店『本とも』に2008年から連載され、2010年に刊行した作品です。
        オバマスピーチがまさに2008年。
        オバマにはスピーチライターが三人いて、その中の一人が二十八歳だと知った事がこの小説を書くきっかけになったそうです。
        連載と同時進行的にオバマは勝利、2009年9月に民主党政権が樹立します。
        このリアルタイムな展開に著者はかなり興奮しただろうな~。
        その結果がこの浮いた小説だよ。って感じです。

        主人公はスピーチライターという仕事とどう向き合うか、どう成長するかではなく
        文字で書かれる言葉と肉声で語られる言葉の力の違いという作家としての興味でもないのが不満

        このいずれかがテーマであればよかったのに、と思わざるを得ませんでした。


        ワダカマ青年はどう考えてもミッチーね。なんてそういうキャストを想像する楽しみ方はできますが…。
        しかしヒロインの初恋の男性、今川厚志を、バッシングの対象の一人であろう小泉純一郎元総理の長男、孝太郎氏が演じたらとても似合いそうな、というのがまた皮肉ですね~。(^m^ )
        >> 続きを読む

        2018/08/17 by 月うさぎ

      • コメント 4件
    • 他22人がレビュー登録、 61人が本棚登録しています
      民王

      池井戸潤

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね! 2kzzz
      • テレビドラマになった作品です。コミカルな雰囲気がいたるところにちりばめられています。二人の主人公のそれぞれの心の成長を遂げる姿に熱くなります。本当の政治に携わる人がこれを読んで国民のために何をしなければならないか、自分は何をしたいのか考えなくてはいけないなと思います。
        >> 続きを読む

        2019/03/16 by naaamo

    • 他12人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      島はぼくらと

      辻村深月

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! Tukiwami
      • 高校卒業という門出は、本土と離島ではだいぶ感覚が違う。同じ進学、就職でも家元、故郷を巣立つ精神的距離感がまったく違うように思える。

        島に残るという選択肢が極端に少ない環境の中、親は子育ての終わりを、子は家族との別れを、運命的な現実として受け止めなければならないタイミングが高校卒業なのではないだろうか。

        そんな離島の現実をリアル過ぎるほど克明に描出した著者の取材力に感服。観光、特産品の開発から過疎化、高齢化、後継者不足、空き家問題、Iターン、シングルマザーの活路まで社会が抱える課題の多くが、舞台の冴島に凝縮されていた。

        離島という社会の縮図を題材に地方の意味を考えさせてくれた作品。ラストシーンに描かれた希望を繋ぐ未来像に、中央集中政権が感じ取れない地域に生きる人々の誇りを感じたぜ!
        >> 続きを読む

        2019/01/03 by まきたろう

    • 他8人がレビュー登録、 33人が本棚登録しています
      オー!ファーザー

      伊坂幸太郎

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • 再読。
        これこれ、これが伊坂幸太郎!原点回帰!!って思ったのだけど、あとがきを読むとゴールデンスランバー以降の伊坂作品史でいう所謂第2期より前にも書かれたもので刊行が遅れただけ、とのこと。だからこの『オー!ファーザー』は第1期ラストの作品になるよう。

        個人的にタイトルが好きなんですよね、絶妙にダサいというかお洒落というか。(矛盾)オー!っていうところに主人公の高校生、由紀夫の気持ちが濃縮されている気がする。
        由紀夫には父親が4人いる。そうなるに至る経緯は置いておいて、とにかく1人の母親と4人の父親と1つ屋根の下で暮らす由紀夫。
        博学な大学の先生、女性にモテる遊び人、体育会系教師、ギャンブラー。
        全然違うタイプの父親たちに愛されて生きる由紀夫がなんだか羨ましく思えたなぁ。

        少し物騒な事件も起こるけれど、設定が設定だし、どこかのんびりした雰囲気が作品全体に流れてる。父親たちとのユーモラスな会話も手伝って。
        物語としてのメリハリを楽しむというよりかは、愛すべき4人の父親たちとの生活に寄り添うように読み進めた方がいいのかも。
        ラストで由紀夫が考えたことは、誰しもが思うことだけど、やっぱり切ない。
        4人いれば楽しさも4倍だけど、悲しさも4倍だ。
        >> 続きを読む

        2018/09/30 by ねごと

      • コメント 2件
    • 他6人がレビュー登録、 62人が本棚登録しています
      キケン

      有川浩

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! zunco
      • 文庫版で再読。
        いいねぇ! 電気工科大学男子の日常冒険活劇!
        無駄に全力疾走、大学という期間限定の祭りを騒ぎ尽くせ!
        祭りの後は、みんなそれぞれのステージへ。居場所も後の奴らに譲らなければいけない。感傷に浸っていれば寂しいと感じるけど、あの頃の奴らとのつながりが切れたってワケじゃない。そう思えるだけで、顔を上げて一歩踏み出せる力になる。
        理系でも創作系でもなかった、おぢさんの大学生活。でも、居場所も仲間もあったし、楽しかった。それで満足。
        >> 続きを読む

        2017/08/04 by かんぞ~

    • 他6人がレビュー登録、 60人が本棚登録しています
      四畳半王国見聞録

      森見登美彦

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね! Tukiwami
      • 自分が好きな笑いのひとつに、「本人は大真面目だけどその言動がブツ飛んでいる」というのがあります。決してバカにしているのではなく、周りの目を気にしない、確固たる自分を持っている姿にリスペクトします。でもオカシイ。王国を築きお祭り騒ぎの大学生活。大人になって「あれは若気の至りで・・・」と否定してほしくないですな。 >> 続きを読む

        2019/01/27 by かんぞ~

    • 他5人がレビュー登録、 35人が本棚登録しています
      清須会議 (幻冬舎文庫)

      三谷 幸喜

      幻冬舎
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 匿名

        現代語の話し言葉で書かれているので読みやすい。歴史の授業では想像できなかった登場人物たちの性格が面白い。
        しかし結末がわかっているので、先がどうなるかわからないというワクワク感が無かった。
        >> 続きを読む

        2019/02/04 by 匿名

    • 他5人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      教場

      長岡弘樹

      小学館
      カテゴリー:小説、物語
      3.1
      いいね!
      • 警察学校
        指導
        授業
        仕返し



        警察学校の授業や授業風景。
        そして校内のいじめ。

        警察学校へ入校した人たちの理由。
        年齢もバラバラ、もちろん警察を目指した理由もだ。

        なんだか大人のいじめは知識を持っている為か、ひどかった。



        >> 続きを読む

        2016/07/04 by -water-

    • 他4人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

      ちきりん

      文藝春秋
      カテゴリー:労働経済、労働問題
      4.0
      いいね!
      • 国の政策ひとつでこれまで常識とされてきたことがみるみるうちに崩れて行く、そんな中で我々は生きていることを実感しています。今までの社会のあり方に固執することなく、時代に合った働き方があることを提案してくれています。一つのことを貫き通すことも大事ではありますが、一度きりの人生、時流に乗って人生を楽しむ大切さも教えてくれていると思います。 >> 続きを読む

        2017/06/25 by あいら

    • 他4人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

      曽野 綾子

      幻冬舎
      3.8
      いいね!
      • 曽野綾子さんが、人間にとって成熟とは何か。

        自分らしく、品格ある生き方とは・・・十八の提言を。

        いずれにしても、根底にあるのは、人間とは弱いもので、
        常に善と悪の間で彷徨っていると・・・・ゆえに、
        善の領域で、少しでも考え、立振る舞いできることはどれだけ尊いか。

        例えば、品というものでは、品とは多分に勉強によって身につく。
        本を読み、謙虚に他人の言動から学び、感謝を忘れず、利己的にならないこと、と。
        受けるだけではなく、与えることは光栄だと考えていると、それだけで
        そのひとには気品が感じられる・・・・と。

        といいながら「他人を理解することはできない」「人間の心は矛盾をもつ」
        「正しいことだけをして生きることはできない」など、
        各人の心に宿る正義とは何かと、聖人君主の生き方を奨めているのではない。

        ゆえに、成熟した生き方とは、羨ましいものである.
        >> 続きを読む

        2018/11/12 by ごまめ

    • 他4人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      不格好経営 チームDeNAの挑戦

      南場智子

      日本経済新聞出版社
      カテゴリー:情報科学
      4.1
      いいね! momomeiai
      • あのDeNAの会社の創業者で女社長である南場智子さんの著。

        おもしろい、一気に読んでしまった。
        実を言うとDeNAって横浜ベイスターズの会社位しか知識がなくて、
        実業は何の会社なのか一切知らなかった会社。

        1999年創業、「モバオク」「もばげー」でのモバイル事業で一気に拡大。
        2012年度には、売上2000億を超える優良企業に・・・。

        でも、ここで語られているのは、企業の成功の秘訣ではなく。
        仲間と一緒に、そのときそのときに如何に対応したか。
        まさに、各プロジェクトごとにヒーローが生まれる。

        その紹介される社員のユニークさ、南場は優秀なる人材の共通点を
        「素直だけど頑固」「頑固だけど素直」を上げている。
        他人の助言には、オープンに耳を傾ける、しかし人におもねらずに、
        自分の仕事に対するオーナーシップと思考の独立性を自然に持ちあわせている、と。


        また、ご主人の病の事や、ダイエット競争など、仕事以外も披露しながらハナシは進む。

        幼い頃からの厳しい父との確執、事業が危険水域を脱した頃、南場個人の口座はスッカラカン。
        実家への送金が滞った時、父は電話で「お金のことでだらしないのはけしからん」と説教。

        しかし、しばらくすると父から封筒が届く、中には結構な額の小切手があり、
        一緒に入っていた短い手紙が入っていた。

        陣中見舞として贈呈
        私生活の貧乏は貴重な体験としてプラス思考で真摯に処されたし。
        間違ってもお金のことで公私混同しない事。
        生き甲斐は処した困難の大きさに比例する。

        父より
        良いですな。

        私もこういう父親になりたいですな。




        そして「社長の一番の仕事は意思決定」・・・・・肝に銘じて仕事をせねばでおますな・・・・。
        >> 続きを読む

        2013/12/02 by ごまめ

      • コメント 4件
    • 他4人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      檸檬

      梶井基次郎

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 2018/1 7冊目(通算7冊目)。手に取ったきっかけは、角川文庫の夏の対象文庫になったのを見て。有名になりかけたころから病気だったためか、主人公が肺病という設定の短編が多い。印象に残ったのは「檸檬」「のんきな患者」「瀬山の話」。「檸檬」は短いながらも文章が写実的でとても印象に残る。「瀬山の話」は、作者自身がネタなのかなと思う。読んでいて一番興味を引いた。全体的に情景描写が綺麗な印象を受けた。感想はこんなところです。

        >> 続きを読む

        2018/01/13 by おにけん

    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      高校入試

      湊かなえ

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • ドラマの方を先に観てから

        2016/07/11 by ゆ♪うこ

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      宰領

      今野敏

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね!
      • 長編5作目は仕事場で議員の誘拐と、家庭では息子の受験という二つの課題が課せられる

        元来仕事人間の竜崎は家庭で対応に四苦八苦。
        そして現場では管轄区の違いによって生まれる軋轢が大きな見所。

        具体的には神奈川県警との縄張り争いが繰り広げられる。
        県警がでしゃばるなだとか、警視庁に任せられるかといった押し問答が竜崎を介して話を盛り上げる。

        伊丹との関係性も深くなった印象がありで、後のシリーズも更に楽しみになった。
        >> 続きを読む

        2018/01/29 by オーウェン

    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      泣き童子 三島屋変調百物語参之続

      宮部みゆき

      文藝春秋
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! yana
      • 文庫になるのを待っているうちに4巻も出てしまい、どうするかなと思っていた所に、運よく図書館に在庫があったので、とりあえず読んでみた。
        面白かった!そして結構怖い。でも読まずにいられない。2日で3回も読み直した。特にまぐる笛。やっぱり駄目だ。宮部みゆき、面白すぎる。この先何度も読み返したい。図書館に返すのが惜しい。買うしかないのか。文庫が出てるのを今日知りました。でもハードカバーの方が絵が良くて、悩み中。そして4巻も早く読まねば・・。
        >> 続きを読む

        2017/05/02 by チルカル

    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      すばらしい新世界

      黒原敏行 , HuxleyAldous Leonard

      光文社
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 人間も工場で大量生産され、生まれる前から条件付けされて、完璧な階級社会が作られている。人々は自分の立場を疑うことなく、思考することもなく、無害な娯楽と薬物とセックスの自由を与えられ、何の不満もなく生きているユートピア。
        一方、信仰や儀式のために血を流し、充分な医療もない貧しいインディアン達の生活。

        どちらかから見ればどちらかが異常だけど、実際に我々の生活から見ればどちらも極端で、どっちも正しくは思えない。そうゆう中立な立場から見る事ができるからとても面白かった。資本主義国家と共産主義国家を比べるみたいな。
        万人に共通の正義や幸せなんてないってことだな。
        >> 続きを読む

        2018/08/09 by REM

    • 他3人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      パラダイス・ロスト

      柳広司

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 英国秘密諜報機関の人間が殺された。
        架空の人格に、架空の経歴。誰かに恨みを買うはずもない。
        なぜ彼は殺されなければならなかった?


        初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む5篇が収録されています。
        シリーズ3作目。
        最初に収録されている「誤算」は主人公が記憶をなくしている設定上、詳しい説明が書かれているので、初めて読まれる方もわかりやすいと思います。

        D機関は日本帝国陸軍内に極秘に作られたスパイ養成機関。
        生え抜きの軍人を尊ぶ日本陸軍の常識をあざ笑うかのように、一般大学を優秀な成績で卒業した軍外の者たちばかりが集まった組織です。
        鮮やかな伏線回収、二転三転する緊張感は変わらないのですが、D機関の人たちが凄すぎて何でもありになっているような気がします。
        前作までは特殊な設定に期待感を抱きましたが、3作目ともなると食傷気味。
        それから、登場人物をもっと掘り下げた長篇が読みたいと感じました。
        前後編150頁の「暗号名ケルベロス」が良かったので、1冊使って彼らを動かしてもおもしろいと思うのですが・・・。

        次作「ラスト・ワルツ」も中篇と短編の組み合わせのようなので、読むのは遠い先の未来になりそう。
        >> 続きを読む

        2016/12/22 by あすか

      • コメント 11件
    • 他2人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      妖琦庵夜話 その探偵、人にあらず

      榎田尤利

      角川グループパブリッシング
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 面白かった。
        この作者のBLがよかったので、他のジャンルはどうなのだろうかと思って買ってみたが、始めの部分はあまり面白さがよくわからなかった。
        それが、妖人の悲哀みたいなものを感じ始めてから一気に面白くなった。座敷童が亡くなったくだりは、もらい泣きしそうになった。
        おバカな脇坂に辛辣な言葉を浴びせながらも、しだいにほだされていく洗足のあたたかいクールさに魅かれた。シリーズの続きを読みたい。


        >> 続きを読む

        2017/08/30 by Kira

    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      ゴーン・ガール

      FlynnGillian , 中谷友紀子

      小学館
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 下巻はどう続くのか?

        2016/01/15 by ゴンズイ

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      星のかけら

      重松清

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 小学生が生きるということについて考えるお話
        「毎日毎、昨日とは違う一日が待っているなんて、本当にすごい。」この一文が心に残った‼当たり前の事だけどこれができるのは生きているからこそだと思う‼ 日々いろんな経験をしながら生きていく、当たり前だけど気付きにくいことを思い出させてくれた。 >> 続きを読む

        2015/07/21 by future

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています

出版年月 - 2013年6月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本