こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2016年7月発行の書籍

人気の作品

      コンビニ人間

      村田 沙耶香

      3.7
      いいね! Tukiwami ooitee
      • 普通の人間の感覚を持てずどうしたら良いか分からない女性が、自分の最適な居場所が全てマニュアル指示があるコンビニのバイトだと気付く。正式な就職もせず結婚もせずウソの言い訳をしてまで長くコンビニバイトをしながら出会った白羽というダメ人間に支配されていく過程と、自分の自己実現の場所はコンビニバイトだと改めて自覚して自ら呪縛をといていく展開。白羽とのやり取りが異端者同士のどうしようもない会話で面白い。
        異端者の視点を描く小説が増えているように思えるのは、実際に人のバラエティが増えているからか?
        >> 続きを読む

        2019/08/28 by aka1965

    • 他35人がレビュー登録、 76人が本棚登録しています
      陸王

      池井戸 潤

      4.3
      いいね!
      •  だいぶ前に図書館へ予約していたのを
        すっかり忘れたいたところへ届いたので読んでみました(笑)
         
         ドラマを見ていたので原作とどのくらい違いがあるのか
        そんなところに興味を持ちながら読みすすめましたが、
        思いのほかドラマは原作に忠実でした。
         
         より視聴者の気持ちを惹きつけ盛り上げるために
        2~3点 付け加えられているエピソードはありましたが、
        作品全体の雰囲気を損なわずにうまく機能していたと思います。
         
         わたしは基本的に映像化作品よりも原書の方が面白いものが多い
        と思っている人間なのですが、
        本作に関してはドラマも良い出来だとおもいます。

         と、まぁドラマとの比較ばかり書いてしまいましたが、
        いくつものピンチを次々と乗り越えて見事な着地点をむかえる
        池井戸節 全開な作品です。
        あのテイストをお好きな方の期待は裏切られることはない
        と断言して問題ありません(笑)
        >> 続きを読む

        2018/08/29 by kengo

    • 他10人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      死神の浮力 (文春文庫)

      伊坂 幸太郎

      3.8
      いいね!
      • 読んだー!
        面白かったーーー!!!

        兎に角夢中で読んだ、500頁超あるけど後半からはほぼ一気読み。
        死神の千葉と主人公の山野辺夫妻の日々、復讐の日々を追っていくのが辛くもあり楽しくもあり。千葉は死神だから人間とは考え方も違うし突然突拍子もないこと言い出すし山野辺夫妻の復讐を手助けしているのか邪魔をしているのかいまいちわからないし(まあ、作中にもあるけど千葉からしたら復讐しようが何しようが自分の仕事さえできればそれでいいと思っているから確かに関係ないのかもだけど)前半の復讐果たされるか!?の場面でのあの言動・・あれには読んでる自分も思いっきし「はあ!?」と心の中で叫んじゃったしね(笑)あと、ちょっと山野辺夫妻に感情移入していたから千葉に殺意が芽生えたりもしたね((汗)

        伊坂幸太郎節、ここに極まれり!と何度思ったか。
        本当に文章上手いよね~~。ストーリーテラーだなぁと復讐劇が繰り広げられている真っ只中にふと思うんだよね。雑味とか嫌味が一切ないあのすらすらとさらさらとした文章。この流れるような会話劇にこれが酔う、心地よい浮遊感なんだなと思ったね。時偶、あれ?今物語の世界にいるのか?あ、現実か・・と思うようになってたから伊坂さんの魔術にどっぷり浸かり魔法にかけられて気持ちよくなっていたのかもね。それくらい楽しかったし没頭していたなぁとちょっと前のことなのにある意味現実感がないなと思ったり。兎に角面白かった!それだけ!!


        「二十五人に一人いる」・・と作中では言われている存在。
        ”サイコパス”って近年色々なところで聞くし物語の題材にもされているけど伊坂さんが描く”サイコパス”は本当に怖いし秀逸。こんな奴に目をつけられたら一巻の終わりだなと読んでて怖くなったよね。
        山野辺夫妻がなんとしてでも娘の敵を討ちたいと願って行動しているにもかかわらずいつも一手二手先を行き嘲笑うかのように攻撃してくるあの知略さ獰猛さに怖気が止まらない止まらない。でも、あの人間離れしたサイコパスに引けを取らない千葉も凄いなぁと・まあ、人間じゃないから、死神だから当然っちゃあ当然なんだけど。ただ、ラストの(詳しく書くと盛大なネタバレになるから書けないけど)あの人間じゃない!と改めて思わせてくれる千葉の勇姿が読んでいて眼の前に情景としてありありと浮かんだ時に、ああ、伊坂さん、マジ、神・・!と悟らざる負えなかったよね。。


        「死神の浮力」という言葉の意味も、あ~~、なるほどね~~と思ったし確かに日々というか人間って浮力だよね~~と痛感させられた。歯車と言われるよりかは浮力って言われた方がなんか納得できちゃうんだよね~~、不思議。

        因みに個人的に登場人物たちで一番好きなのは千葉の同僚の死神の香川かな。なんか読んでいていいなあ、可愛いなあ、人間の姿でいるとき誰に似てんのかなぁと妄想に耽りました。道路標識のことを話しているときや千葉と会って話しているときにそれまで重苦しく曇天模様の空のような物語のなかでふっと香る、漂う清涼剤の如く張り詰めた気持ちを和らげてくれる存在で瞬間的に良い意味で現実に戻してくれてそこからのまた凄絶な復讐劇にピントを合わせてくれるようなそんな感覚にしてくれる良いキャラだなぁとしみじみ思ったよね。まあ。色々と御託並べたけどぶっちゃけ可愛いなあと思ったことが好きになった理由だけど(笑)

        本当に、本当に面白かったーーー!!!!!!!
        久しぶりに小説読んだけどやっぱり読書は楽しいね!こういう気持ちを味わえるからやめられないしまた良いのないかな~~と探すんだよね。あ、でも、まずは積み読本、消化しないと(汗)


        ねごとさん、また素敵な作品を教えていただきありがとうございました!こんなに面白い、楽しい時間を過ごせて本当に嬉しかったですし良かったです!改めてありがとうございます!!


        最後に、表紙の人物って千葉だと解釈して良いんですかね?
        だとしたらぴったりすぎてなんか怖いですけどイメージ通りで素直にすげー・・・!と思います。ママチャリに乗って走る死神・・・やっぱり伊坂さんすげーよ・・・!


        今回も良い読書が出来ました!!
        >> 続きを読む

        2019/01/24 by 澄美空

      • コメント 8件
    • 他6人がレビュー登録、 29人が本棚登録しています
      アンマーとぼくら

      有川 浩

      3.7
      いいね!
      • 沖縄かぶれ!

        有川浩さんの取材力が書かせた物語ですね。
        それが見え見えでノレなかった感もありますが それは個人的感覚ですので一般的にはストーリーセラーないつもの佳作になっているところでしょうね♪

        なんせ、沖縄行ったことがない僕なんで(^_^;)
        沖縄いきたいっ!

        てか、コレ観光ガイドにもなってるねww
        >> 続きを読む

        2018/07/27 by motti

    • 他5人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      村上海賊の娘(四)

      和田 竜

      4.7
      いいね!
      • 4巻目は木津川合戦が話のメイン。海戦の描写が事細やかに文章で書かれてはいるが、自分の想像力の無さが原因で、いまいちピンと来ない。でも、泉州海賊の戦いに対しての潔さという物は伝わってくる。この辺の歴史も、日本史としては面白い所だと思う。今度は信長・秀吉・家康など覇権を取った人物の作品を読みたいなと思った。歴史って知れば知るほど面白いなと最近こういう本を読むたびに思う。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/11/10 by おにけん

    • 他5人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      村上海賊の娘(三)

      和田 竜

      4.2
      いいね!
      • 景ついに立つ。景の戦に対する考えは「甘ちゃん」だと否定されながらも、大阪本願寺に立てこもり兵糧を待つ一向宗の信徒のため、淡路海峡を封鎖している七五三兵衛と戦で対決する話の流れ。七五三兵衛に戦に対しての認識を痛烈に批判され、一度は故郷に帰る景。女らしく着飾って、振る舞うところの描写が見もの。景の活躍が4巻目にしてやっと見られる。戦の行方はどうなるのか?。続けて読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/11/08 by おにけん

    • 他4人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      玉依姫

      阿部 智里

      4.2
      いいね!
      • 1回目の感想 2017.12.1
        シリーズ第5弾。今回は現実サイドのお話。とはいえ、前作から間をあけて読んでしまったので、話の繋がりを思い出しながら読んだのだが、烏たちの住む「山内」という場所がどういう経緯でできたのかという点しか理解できなかったというのが正直な感想。というわけで話の評価は保留。「玉依姫」は結局山神と結ばれたのか?。色々と不明な点は多いが、次の巻を読むときにシリーズを総ざらいして読みたいと思う。感想はこんなところです。

        2回目の感想 2018.12.7
        2018/12 2冊目(2018年通算149冊目)。再読2回目。再読してみてどういう話か理解が出来たという感じ。端的に言えば、奈月彦が金烏としての記憶を取り戻す話なのだと理解。でも別の視点から見ている話なので初めて読んだ時には何が何だか分からずに終わってしまって何だかもったいない気がした。今回読んで、納得が出来たので良しとしたい。この物語、日本の昔の神話に詳しいとより理解ができるのではないかとも思った。ちょっとその辺は気になったので時間のある時にでも関係する本を読んでみたい。続きも読んでいきたいと思う。


        >> 続きを読む

        2017/12/01 by おにけん

    • 他4人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      図書館ホスピタル

      三萩 せんや

      3.8
      いいね!
      • 作品の中で紹介される本や一節に気持ちがほぐれます、
        いつも利用する図書館にも、えっちゃんのような図書館員さんがいたらな~ >> 続きを読む

        2019/07/12 by riri0615

    • 他4人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

      加納 新太

      3.2
      いいね!
      • 【あなた達はそうやって考えていたのか】糸守で生きる人々、瀧、テッシー、俊樹の視点から三葉の見え方を描いたサイドストーリー。本編を読んでからだいぶ間が空いちゃたけど、読み進めるごとに「君の名は。」の世界観が思い出されてきて改めて読むと本当に良く出来た作品だよなと再確認した。日本の古き良き文化を踏襲して、男女入れ換わりというラノベ的ルーツを押さえて、若者でも楽しんで読める。本編で?な疑問点も、第三者視点から見ると上手く相互補完されていて物語に奥行きが出ている。ラストの父の話しを読んで、イメージが変わりました。 >> 続きを読む

        2017/05/06 by ebishi

    • 他3人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      美しい距離

      山崎 ナオコーラ

      3.4
      いいね!
      • こちらの感受性の問題か夫に共感できない部分も。看る側と看られる側、取り巻く人間関係、それら距離の取り方はそれぞれで、正解なんて分からない。数多あるケースのひとつとして読んだ。 >> 続きを読む

        2019/02/25 by hiro2

    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

      わたなべ ぽん

      4.0
      いいね! momomeiai
      • なかなか家族持ちともなるとここまで出来ないけれどすごく興味深い。

        (amazon)
        累計30万部を突破した『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』シリーズをはじめ、『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』など、体を張って人生の苦手克服をし続けているわたなべぽんの実録コミックエッセイ最新刊です。
        これまで当たり前のように使ってきた道具や、こうしなきゃ・・・と思っていたこと、つい囚われてしまう考え方の癖、そういったものを1つ1つ仕分けして「やめて」みる。そんな試行錯誤を繰り返しているうちに、いつしか生きるのがラクになっていく、そんな著者のクスっと笑える奮闘を描いています。読んでいるうちに心の中からすっきりしていく1冊です。

        ●第一章 家の中から、やめてみた
        第一話 炊飯器の巻
        第二話 テレビの巻
        第三話 そうじ機の巻
        第四話 ゴミ箱の巻

        ●第二章 身の回りのもので、やめてみた
        第五話 メイクの巻
        第六話 服の巻 その1
        第七話 服の巻 その2
        第八話 コンビニの巻
        第九話 スマートフォンの巻

        ●第三章 心の中も、やめてみた
        第十話 もやもや人間関係の巻
        第十一話 お詫びの巻
        第十二話 「充実させなきゃ」の巻
        >> 続きを読む

        2018/10/25 by motti

    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

      久賀谷 亮

      3.8
      いいね!
      • 「脳のすべての疲れやストレスは、過去や未来から生まれる。
        過去や未来から来るストレスから解放されることこそがマインドフルネスの目的」

        だから、〝いま〟に注意を向けることが必要で、マインドフルネス呼吸法はそのためにあるとのこと。

        納得させられる内容で、

        マインドフルネス呼吸法を読み終えてからすぐ為してみました!


        自己啓発本とか読むの好きなのですが、あれもこれも大事だなって、何から始めればよいのかとかわからなくなってしまい、それだけでなんだか疲れてしまったりすることもあるのですが、
        この本のやることは7つだけで、あとは、実際行なっていたことが書かれているので、わかりやすく、読んでいる最中から、やってみたい!と思わせるものでした。
        また、やることは7つなので、必要なものからゆっくり始めていこと思えるもので、とてもよかったです!!
        >> 続きを読む

        2017/08/02 by asa_chann

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      東京會舘とわたし(下)新館

      辻村深月

      3.8
      いいね!
      • 「直木賞の時に帰ってきます」
        あの日、この場所で交わした約束があった。渾身の感動長編、堂々の完結。
        辻村深月が本当に書きたかった物語!

        なるほど。
        これは石ノ森章太郎の「ホテル」みたい。
        そして実際のノンフィクションとフィクションを織り交ぜた「いい話」

        ページ数のわりに上下巻に分けるところなど「儲け主義」と思って読んでみたらコレは上下巻に分けた意味も納得。
        面白かったです。
        >> 続きを読む

        2018/07/27 by motti

    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      櫻子さんの足下には死体が埋まっている 八月のまぼろし (角川文庫)

      太田 紫織

      3.0
      いいね!
      • 昔のこととはいえ、親友が殺人犯ってどんな気持ちだろう。

        2016/12/20 by tomolib

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      はなとゆめ (角川文庫)

      冲方 丁

      4.0
      いいね!
      • ハードカバーの時から気になっていた本。カドフェスで遂に購入。一気読み。面白い。
        れを機に枕草子を愛する人が増えるといい。
        清少納言の人気も上がるといい。

        さらにいうなら清少納言からの繋がりで、紫式部も人気になって、源氏物語ももっとメジャーな読み物になりますように。

        海外のように古典がもっと身近なものになりますように。
        >> 続きを読む

        2017/07/22 by あーか

    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      ずうのめ人形

      澤村伊智

      3.5
      いいね!
      • 呪いの根本に対する理由付けがなく「ぼぎわん、が来る」にくらべ物足りなかった。

        2016/09/15 by seri

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      私が失敗した理由は

      真梨 幸子

      3.7
      いいね!
      • この本を読むうえで失敗したことは1日で読み切らなかったことだ。
        そのせいで、最後の畳みかけるところでだれかわからないところが出てきてしまった。
        上記の理由でいくつかわからない部分があったが、それでも面白く読めた。

        オープンエンドというか、結局犯人は誰なのかわからなかった。あの人が黒幕で、黒幕がそのまま犯人ということでいいのかな。でもそうすると最後のシーンはどうなるのか…。

        この作品を孤虫症の後に読めてよかった。
        読み直したいが、とりあえずほかの作品を読んでから。
        >> 続きを読む

        2018/10/01 by tnp

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      ジニのパズル

      崔 実

      3.0
      いいね! Tamako
      • 本当に力強い物語です。力強く、そして儚い。

        在日朝鮮人のティーンエイジャーのストーリーです。
        私たちは彼女たちのことを、ほとんど知りません。

        だからこういう話を読むと、本当に日本で起きている出来事なのだろうか、と考えてしまうし、
        その一方、日本人も在日朝鮮人も(その悩みの原因や根本的な問題は大きく異なるのですが)、10代の多感な時期に「世界VS自分」とう図式の中でもがき苦しむという意味で、同じではないかとも考えてしまいます。

        主人公のジニは小学校では「在日朝鮮人」として同級生から冷たい視線を浴びます

        日本語しか分からないまま朝鮮学校に入学すると、今度は「異物」として浮いた存在になり、いじめの対象となってしまいます。

        アメリカにホームステイしても、それはおそらく同じ。

        余談ですが、ジニがMDウォークマンで聴く音楽がレディオヘッドの「ザ・ベンズ」というのは、それだけで色々なことを説明できていると思いました。
        かのアルバムは、阻害され、世の中にツバを吐きかけたい衝動に動かされる人たちを優しく包む音楽なのですから。

        朝鮮学校の教室に掲げられる、北朝鮮の書記長の肖像画をジニが外し、校舎から投げ落とすところに、まったく意図は異なりますが、三島由紀夫の金閣寺を重ねてしまいました。
        金閣寺に火を放った男は、そこから「生きよう」と決心しますが、ジニの心にはどんな感情が芽生えたのでしょうか。

        その後、ジニは「空が落ちてくる」のを受け止めることにしました。
        逃げ場のない自分の人生を受け止めること。

        この圧倒的な物語は、私達にもいろいろな感情を突きつけます。

        ジニは、自分は「社会のゴミ」だといいます。
        ステファニーは、「そんなことはない、誰でも輝くのだ」と答えます。

        いや、ジニはゴミなんかじゃないよ、私も思いますが、ジニにとっては「大きなお世話」でしかないのかもしれません。
        >> 続きを読む

        2018/07/02 by 中国女

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)

      出井 康博

      4.0
      いいね!
      • ルポ ニッポン絶望工場。出井康博先生の著書。日本の外国人労働者の実態を解説した良書。外国人移民問題は日本人労働者の都合で語られることが多いけれど、立場の弱い外国人労働者を守るための制度が不可欠です。せっかく日本に来て絶望な日々を過ごして、日本絶望工場だなんて揶揄されてしまうのは日本の恥。 >> 続きを読む

        2018/11/29 by 香菜子

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      撫物語 (講談社BOX)

      西尾 維新VOFAN

      3.0
      いいね!
      • 【今が幸せならわざわざ夢なんて追ってない】撫子づくしな今巻。久々に、本の世界に入って没頭して読めた。今回は発展途上で成長中で迷走中な撫子の式神騒動を通じて成長していく物語。内面の駄々甘さや内気な所が自分に重なって、凄く胸に刺さった。過去の自分と向き合いながら、少しずつ前に進む感じが良かった。含蓄がありながら、ユーモアも適度に加えられ読みやすい。過去の自分の黒歴史に迷いながら立ち向かう。余接も良い仕事してくれた。言葉尻だけを絶対視せずちゃんと相手を見る事が大切だな。誰しも昔の自分に言ってやりたい事あるよね。 >> 続きを読む

        2017/02/14 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています

出版年月 - 2016年7月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本