こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2019年9月発行の書籍

人気の作品

      法月綸太郎の消息

      法月 綸太郎

      2.5
      いいね!
      • 久々の法月綸太郎の新作で、デビューから30周年を迎えた作品。

        とはいえ4編の中で推理物は2作であり、残りの2作はホームズやポアロなどの推理作家の考察という語り口になっている。
        なので読みたくなる小説は多く見つかるが、本格推理とは遠くかけ離れた内容である。

        推理の2作はどちらも安楽椅子探偵の形式。
        警視が綸太郎に相談するという形で始まる事件の概要と推理。

        遺書が2枚見つかる交換の先の「あべこべの遺書」
        そして被疑者を殺したと自首する男と、それを予言したと主張する女の謎を描く「殺さぬ先の自主」

        シリーズ番外編みたいな感じだが、個人的には長編での綸太郎が見たい。
        >> 続きを読む

        2019/11/10 by オーウェン

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      medium 霊媒探偵城塚翡翠

      相沢 沙呼

      4.0
      いいね! ooitee
      • 相沢さんの作品は何作か見たが、必ず付加される青春模様やジュブナイル。
        それらを外して正当な探偵もの。それも霊媒探偵という形でのミステリ。

        推理作家であり事件の解決にも協力していた香月史郎。
        そんな香月が出会ったのは死者が見え、尚且つ言葉を伝えてくる城塚翡翠。
        2人が立ち向かうのは街を騒がす連続殺人鬼。

        3章までは単独の事件を推理していき、最後の章では殺人鬼と直接対決という展開。
        なんだけど3章の終わりで衝撃的な事実が起こり、ラストではまさかのどんでん返し。

        この展開は予想できなかったし、読み終わってから2度見も楽しめるはず。

        問題はこの後シリーズを続けていくのかどうか。
        この1作を踏まえてとなるのだが、どう展開させるんだろう?
        >> 続きを読む

        2019/11/20 by オーウェン

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      無一文からのドリーム

      ラファエル

      5.0
      いいね!
      • 無一文からのドリーム。ラファエル先生の著書。元自衛官で人気YouTuberであるラファエル先生のこれまでの人生経験や人生に対する考え方、仕事をする上でのこつがまとめられている良書です。浮ついたところがなくてしっかりとした考え方を持つラファエル先生。今はYouTuberとして大成功されているラファエル先生だけれど、きっと他の道を選んだとしても成功されたのではと思わされました。 >> 続きを読む

        2019/10/23 by 香菜子

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

      鴻上 尚史

      5.0
      いいね!
      • 前にチラッと相談と回答を読んで凄い!!
        その通りだ!!と、思い
        その時から気になってた鴻上さんの人生相談。
        美輪明宏さんの人生相談も好きだけど
        今回、鴻上さんも好きだ~!!ヾ(≧∇≦)〃と思った。

        老若男女の相談者の悩みに真摯に向き合い
        優しい言葉で語りかける。
        優しい語り口だけでなく分かりやすいんだよね。
        相手に寄り添っているからこそ
        すんなりと言ってることが理解できるし、
        的を射ていて、なるほどなぁ~と、
        鴻上さんの人生経験と人柄がここに現れてるね。
        生きていくのに参考になる考えが多い。(゚д゚)(。_。)ウン


        今回特にw(*゚o゚*)w おぉ…となった回答が↓


        [ 相談2 ]
        個性的な服を着た帰国子女の娘がいじめられそうです。
        普通の洋服を買うべきですか? (38歳・女性 フォトグラファー)

        同調圧力=日本の宿痾(ながい間なおらない病気)
        敵の様子が分かると戦い方を考えだせる
        対抗する手段は二つ
        フィールドを変える。(比較的同調圧力の少ない組織に移動する)
        戦略的に戦う。(学校では地味な服。それ以外では自分のオシャレを楽しむ。)
        生き延びるために選んだ戦い方の一つなので
        ネガティブな思いにならない




        [ 相談4 ]
        鬱になった妹が田舎に帰ってきましたが、
        世間体を気にする家族が、病院に通わせようとしません。(38歳・男性 農家の長男)

        同調圧力の最も強いもののひとつが「世間」
        世間体を気にしてると
        将来(20年後、30年後)妹の人生があなたにのしかかってくるのです。
        世間体を気にして病院に連れて行くのを反対している
        父、祖父、祖母は苦労を引き受けないまま死ぬのです。
        自分の未来のために戦うか?
        うつ病は「こむら返り」であり(心の)骨折ですから
        自然治癒はありえません。




        [ 相談6 ]
        兄が継いだ実家の酒蔵がうまくいかず、
        田舎に帰って手伝うよう迫られ、断る決断ができません。(32歳・女性 A子)

        家族や親せきと険悪になってもいい。
        だってA子さんの人生は誰のものでもない。
        A子さんのものなのだから。
        大人になったら、家族も捨てなきゃいけない時も来るのです。
        自分の人生を生きるためなです。
        自分の人生を差し出さなければいけないことは、
        歩み寄る必要がないのです。
        歩み寄ってはいけないのです。
        残りの人生がだいなしになるのです。




        [ 相談7 ]
        専業主婦の妻が、突然働きたいと言いだしました。
        突然の方向転換はルール違反じゃないでしょうか? (41歳・男性 きーやん)

        ゆっくりと「熟年離婚」に向かっていると感じる。
        生きがいのない母親に育てられる子供と、
        夫を深い部分で恨んでしまった妻と
        これから何十年も生活するのは、
        それ以上に大変になる可能性があります。
        怒らないでいろいろと話合って下さい。




        [ 相談15 ]
        恵まれない境遇で育った母をかわいそうと思う気持ちと
        恨む気持ちが混在しています。(21歳・女性 ナツメグ)

        お母さんの問題はお母さんの問題であって、あなたの問題ではありません。
        あなたの未来は、家を出る瞬間から始まる
        あなたはあなたの人生をいきるのです。
        家を出る日が、あなたの人生が本当に始まる日なのです。




        [ 相談19 ]
        4歳の娘が可愛くありません。怒鳴ったり、
        手をあげたりする前にお知恵を貸して下さい。(41歳・女性 ごんつく)

        理不尽を乗り越えるためには、
        ちゃんとした睡眠と共に精神的余裕が必要です。
        精神的余裕はまず、
        一人になれる時間を確保してるかどうかです。
        ちゃんと寝て、一人の時間を持って、
        グチや相談ができる相手を見つけて下さい。
        自分の楽しみも追及しながら、がんばりすぎない。
        うまく手抜きをする。




        [ 相談24 ]
        高校時代の友人A子から絶交されました。
        A子のためにと言ってきたことが恨まれていたのです。(28歳・女性 さやか)

        「相談があるんだけど」と言われた場合にだけ相談に乗ります。
        「余計なお世話」はやめる。
        アドバイスをしても、
        それを最終的に実行するかどうかは、本人の問題。
        「独りよがりのアドバイス」=相手の事情を想像しないまま、
                      自分の当たり前だけを前提にアドバイスする
        相手を「かわいそう」と思った段階で、
        対等な人間関係は結べないと思います。




        [ 相談25 ]
        就活がうまくいかず、絶望的な気持ちです。
        前向きになれるための、気晴らし方法を教えてください。(30歳・男性 ぼーず)

        口癖として「大丈夫」と意識的に言うこと
        10歳、若返って今、いるんだと考える。
        本当は40歳だったのに、30歳に戻れたらと思ったら、
        嬉しくなりませんか?
        まだまだやれるって気になってきませんか?
        0か100かと考えることをやめる。
        人生は0か100かではなく、
        48点とか78点とか54点で生きていくものだからです。
        いえ、生きていかないとしょうがないものだからです。






        情熱的に他人を説得してる人には情熱的に言えば説得しやすい。
        論理的に他人を説得してる人には論理的に言えば説得しやすい。

        回答は「できるかどうか」を基準にしている

        悩みを言葉にすることは、自分の感情に向き合うこと。





        私も何か困ったことがあったら相談したいなぁ~と思っちゃう
        ただ私の場合、
        今、困った事と言ったら顎のかみ合わせが痛い!!って事しかないや
        これは様子見て病院だよね。自分でもわかる(笑)


        >> 続きを読む

        2019/11/16 by あんコ

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      おだやかに生きるための人生相談

      美輪 明宏

      4.0
      いいね!
      • 美輪明宏さんが好きで
        人生相談の本が出るたびに買うんだけど、
        ずっと読んでて思ったの
        時代とともに相談内容も変化してるなぁ~と、
        でも美輪さんの回答ってブレないんだよね。
        やっぱり、ちゃんと自分を持ってる人って一貫してる。



        誰が見ても器量のよくない女性に対し、
        人はみな先入観を持って接してきます。
        それを裏切ればいいのです。
        暗さを全く見せずにニコニコしていれば、
        先入観を覆せて、人柄が好かれます。
        常にそういう精神でいるには、
        姿勢を良くして背筋を立てること。
        肉体をまっすぐにすると、理性が戻ってくるのです。
        精神もシャンとしてきます。不思議なものです。


        人間は、何もかも思いのまま、
        欲望のままに行動することは許されません。
        人生とは、そういうものだと私は思っています。


        現実に冷静に物を考える。


        異性も同性も暗い人には寄ってきません。


        感謝がないと永久に不幸です。
        あなたを救うのは、あなた自身です。


        人間関係は〝腹六分〟
        ただし、礼儀や気遣いなどが秩序を保つことになるので、
        それはしっかりとするべきです。


        ひどいことをされても感情的にならず相手を冷静に分析すると
        相手を理解でき、その人のことを『哀れな人』と思える
        そういうひどいことをする人は、
        劣等感にかられて人をこき下ろすことで、
        自分の立場を相対的に上げられるという錯覚に陥ってるのです。


        情念は理性で考えることで浄化されます。


        不幸の経験がある人は、だからこそ、
        ささやかな幸せも感じることができます。
        ずっと幸せな人には、
        それが当たり前だからわからないもの。


        恋は自分の欲望。
        世の中の全てが、相手を中心に回り始めるもの。
        自分のことが二の次、三の次になるのが愛。


        霊的なものは、心の問題。
        「先祖のたたり」=たたるような先祖はもう先祖ではなく、
        ただの怨霊。


        動植物にも色んな種類があるように、
        人にも色んな種類がいる。それと同じです。


        占いというものは、あくまでも参考にするべきものであって、
        それ以上でもそれ以下でもない。


        人にはそれぞれいろんな事情があります。
        他人のマナーに対して、自分自身が傲慢になっていないか。
        それを考えることこそがマナーです。
        心の中で相手を馬鹿にしながら一緒に食事をするのは、
        無教養で無作法な人間のすることです。


        亡くなった方の供養をするか、
        しないかは残された人の問題です。
        一つだけ確実に言えるのは、お墓の前で愚痴をこぼしたり、
        泣いたり、わめいたりしないこと。
        あちらの世界にいる人を
        安心させてあげるような日々を送ることを心がける。
        結局、自分を救うのは自分自身。


        人間が生きるうえではストレスや、
        つらい決断もつきものですが、
        そんな日常生活の
        とげとげしいものを和らげるために文化がある。
        美術や文学、音楽、スポーツ、
        演芸といった数え切れない文化は、
        何もぜいたくのためにあるわけではない。

        ……などなど。
        分かりやすく有難い回答(^人^)
        >> 続きを読む

        2019/11/13 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      聖剣学院の魔剣使い2 (MF文庫J)

      志瑞祐

      5.0
      いいね!
      • やっと発売日を追いかけて読むことができるようになりました。魔王転生のシチュエーションも面白いし、2巻目になって志瑞先生お得意の戦闘シーンの描写も楽しくなってきました。早く次の発売日にならないかなー。 >> 続きを読む

        2019/10/15 by Wotapa

    • 1人が本棚登録しています
      やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい (MF文庫J)

      芝村 裕吏

      3.5
      いいね!
      •  購入のきっかけがタイトルだったのだけど、内容との齟齬が気になりはした。
         未来の自分の姿を知らないとタイトルは満たさない気がするんだけど、今後帳尻が合うのか…。
         出版社サイドが勝手に売れそうなタイトルに付け替えてしまっただけかもしれないが。
         読み始めてすぐ、凡百のライトノベルと毛色が違うことが分かるファンタジーな戦記物。
         エルフに育てられた一少年が、その観察眼と発想力で、敵の動きを読み進言して戦局を変えていく戦争もの。
         ライトノベルらしくコンピュータゲームっぽい要素も混ざるがコメディ要素は希薄。
        >> 続きを読む

        2019/10/31 by 猿山リム

    • 2人が本棚登録しています
      私が失敗した理由は (講談社文庫)

      真梨 幸子

      3.0
      いいね!
      • 大ファンの作家「真梨幸子」文庫新刊になり購入。
        イヤな女性たちを描き、そしてやたら殺す、相変わらずの展開。この展開は天才ではと?私はハマる!そして嫌ミス特有の読後感の悪さ。ファンであるくせに人に勧められない...
        マンション一家殺人事件を背景に登場人物の「失敗」が語られる。たくさんの登場人物が出てくるがどいつもこいつも不幸て結局殺される笑。
        先日読んだ「真梨幸子 猫を飼う」から作者自身の自虐ネタが多く、この作品でもかなりの自虐ネタが登場する。
        真梨さん大丈夫ですか?と思っておりますが、いいんです。大ファンの私だけはウケてますから、、、
        >> 続きを読む

        2019/09/21 by わくさん

    • 1人が本棚登録しています
      犯人選挙

      深水 黎一郎

      3.0
      いいね!
      • マンション大泰荘に住む8人の大学生。
        その中で1人が部屋の中で殺されていた。
        残りの7人の中に犯人はいるのだが、それを読者に選ばせるミステリ。

        選ばせるというのは7つの回答が用意されており、それによって殺し方や動機が用意されている。
        つまりはどうとでも解釈できる推理。

        深水さんは前に「ミステリー・アリーナ」で、作中の人間に選ばせるというやり方だったが、今作はそれが読者に移った形。
        事前に投票も行って、その結果が巻末に添えられている。

        企画としてはありかなと思うのだが、やはりミステリとしてはどこかに着地しなければいけないわけで、その意味で消化不良感が残る仕上がりだった。
        >> 続きを読む

        2019/11/02 by オーウェン

    • 1人が本棚登録しています
      ホームズの娘 (講談社文庫)

      横関 大

      3.0
      いいね!
      • 次から次へ…。本編よりホームズの変人ぷりが印象的。

        2019/10/27 by tomolib

    • 1人が本棚登録しています
      絞首商會

      夕木 春央

      3.0
      いいね!
      • 場面場面で面白くなったり、さっぱり頭に入らなかったり差が激しいから全体的にのれない。苦労して読んだわりに犯人の動機が…。そんな話だったっけ?と拍子抜け。再読したら面白かったので、なんだか残念。。 >> 続きを読む

        2019/11/06 by tomolib

    • 1人が本棚登録しています
      高次元空間を見る方法 次元が増えるとどんな不思議が起こるのか (ブルーバックス)

      小笠 英志

      4.0
      いいね!
      •  細かい理屈は抜きにして、直感的に高次元を見るための考え方が示されていて、実際に見ることができた。分かってしまえば非常に簡単で、どうしてこんなことに気づかなかったのかと思うほど。そしてトポロジーで出てきた「切断」の意味もようやく分かった。まさにこれが次元を1つ上げる操作だったとは。これでトポロジーが理解できたかといえばそんなことはない。そもそも本書は高次元を見ることに特化していてトポロジーそのものを説明しているわけではないし、理論のかなりの部分も端折られている。しかし、高次元を見ることができたことで、トポロジーの理解へ一歩進めたのは間違いないと思う。
        >> 続きを読む

        2019/10/07 by 夏白狐舞

    • 1人が本棚登録しています
      ビッグデータ探偵団 (講談社現代新書)

      安宅 和人池宮 伸次Yahoo!ビッグデータレポートチーム

      3.0
      いいね!
      • yahooでさえこれだけのビックデータを活用してるのだからグーグルやフェイスブックはさぞ凄まじいのだろうな、と率直思った。
        内容自体は、コアとなる情報や技術は伏せていた感が強いな。
        >> 続きを読む

        2019/11/12 by キトー戦士

    • 1人が本棚登録しています
      だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人 (集英社文庫)

      水谷 竹秀

      5.0
      いいね!
      • だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人。水谷竹秀先生の著書。もちろん自ら望んでバンコク、コールセンターで働く日本人も少なからずいるはずだから、独り善がりで高慢な意見は言えないけれど、マイノリティーやいろいろなきっかけで一度や二度道を踏み外してしまった人を受け入れるだけの器が日本社会には無いという情けない現実があるのかな。 >> 続きを読む

        2019/09/28 by 香菜子

    • 1人が本棚登録しています
      ゴールデンカムイ 19 (ヤングジャンプコミックス)

      野田 サトル

      3.0
      いいね!
      • ひとまずアシリパさんと杉元が再会できてよかった。あと鯉登少尉がすげえカッコよかった。 >> 続きを読む

        2019/09/19 by 室田尚子

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      MAO (1) (少年サンデーコミックス)

      高橋 留美子

      3.0
      いいね!
      • 妹が高橋留美子作品の愛読者でおすすめされて読みました
        他の作品は漫画では読んだことがなく、「犬夜叉」と「境界のRINNE」のアニメを少し見たことがある程度です

        個人的に妖かしや陰陽師のような話が入っていけないタイプなのもあり、めちゃくちゃ面白いとは思えませんでした…なんだか残念…
        もっと楽しんで読みたいんですけど、いつも和風ファンタジーが苦手で…克服したい…
        ただ、高橋留美子さん特有の女の子のキャラクターのかわいさは健在で、時代設定が大正時代ということもありレトロな背景は魅力的だと思いました😊
        特に喫茶店のシーンで出てきた女の子の着物に洋風エプロン姿なのはかわいいなぁと思いました、和風と洋風が混ざり合ってるのってとっても素敵じゃないですか?

        最後のほうで出てくる鐘呼さま、すごい綺麗だなぁと思いました
        静かで知的で美しい謎の多い古風な女の子ってかわいいですね、すきです
        >> 続きを読む

        2019/09/19 by ゆきの

    • 1人が本棚登録しています
      チコちゃんに叱られる! (2) (てんとう虫コミックス〔スペシャル〕)

      住吉 リョウ

      2.0
      いいね!
      •  雑学番組のコミカライズ版。
         生活の中で、疑問にも思わず見過ごしているところにチコちゃんが現れて、質問し・・・「ボーっと生きてんじゃねーよ」な流れ。

         雑学番組の漫画化ではあるが、語られる雑学が番組で紹介されたものばかりなのは、かなり残念。
         ページ数の関係ではあろうが、解説もかなり端折っているのでわかりにくい。
         観たテレビの内容をそのまま書いているネットニュースを読んでいるようで・・・。
         オリジナルの雑学を仕入れて、チコナイズするのも大変だけどね。
         もう一歩、学習漫画寄りに踏み込んで、由来なんかを詳しく紹介した方が、子供の興味も引けるのかな・・・と、子供のころ学習漫画好きだった身としての感想。

         対象年齢が低めなことで、あまり凝った演出もできない制約もあるんだろうけど、普通の人がチコるシーンとかあったらいいのに。
        >> 続きを読む

        2019/10/04 by 猿山リム

    • 1人が本棚登録しています
      あさドラ! (2) (ビッグコミックススペシャル)

      浦沢 直樹

      3.0
      いいね!
      • 早速、浦沢直樹氏の作品らしい物語の飛躍と謎の広がりがとんでもない2巻目だが、どうまとめていくのが心配しながらも面白く読めるのは確かです。

        1巻目を読んだ時にも書いたけど、前作を途中挫折してしまったのを多少公開しているので「あさドラ」は最後まで(なんとか)お付き合いしたいと思っております。
        >> 続きを読む

        2019/10/05 by アーチャー

    • 1人が本棚登録しています
      神とさざなみの密室

      市川 憂人

      3.0
      いいね!
      • 敵対する政治団体の団員それぞれが、2つの繋がった部屋の密室に閉じ込められる。
        そしてそこには1つの死体が。
        お互い主張で対立するが、次第に脱出の方法を探っていく。

        これまでの市川さんのシリーズ3作とは概念が違う1作。
        密室状態になるまではもちろん伏線もあるが、ひたすらに政治談議。
        ここが流れを削いでいるというか、もう少し詰めてもらいたいところ。

        密室の中でも議論が始まるのだが、答えを出すための積み上げはよく出来ている。
        何のために2人は監禁されたのか。
        また実行犯の目的もそう。

        政治ミステリとでも言えばいいのか、密室ものなのか。
        シリーズ4作目も楽しみだ。
        >> 続きを読む

        2019/11/16 by オーウェン

    • 1人が本棚登録しています
      僕の人生には事件が起きない

      岩井 勇気

      5.0
      いいね!
      • 僕の人生には事件が起きない。岩井勇気先生の著書。何気ない日常生活の中のちょっとした出来事をどのようにとらえるか次第で人生は楽しくもなり退屈にもなる。事件が起きない人生と事件ばかりの人生のどちらが良いかは価値観によるのかもしれないけれど、どんなことでも楽しく前向きに明るくポジティブにとらえることが幸せにつながるのかな。 >> 続きを読む

        2019/10/23 by 香菜子

    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 2019年9月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本