こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


2019年9月発行の書籍

人気の作品

      極上の罠をあなたに

      深木 章子

      3.7
      いいね!
      •  誘拐、強請り、不倫、人生のロンダリングなど、人生の崖っぷちを歩む人々の元に、便利屋なる人からダイレクトメールが届きます。初めは便利屋に疑いの目を向けながら、結局は便利屋を信用して仕事を依頼し、完璧な仕事ぶりにホッとするのも束の間、別の罠が待っています。
         4話連作で、腹黒い人たちの騙し合い、そこに絡んで着々と仕事をこなす便利屋の駆け引きが面白かったです。
        >> 続きを読む

        2020/06/06 by youda

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      medium 霊媒探偵城塚翡翠

      相沢 沙呼

      4.2
      いいね! ooitee
      • 本屋さんで何度も見かけた事のある、この表紙。

        気になって、気になって、ようやく購入しました。

        霊媒師と推理作家が二人活躍して、事件の謎を解くという、この作品は、最後まで読みやすく、面白かったです。

        メインの事件を解く前に、今までの霊媒師と推理作家の活躍を振り返り、特に霊媒師の力はどれほどなのか説明するという、この進み方もまた良かったです。

        と思ったら、「あら、まさかの展開」という結末が待っていて、更に面白かったです。
        >> 続きを読む

        2020/04/15 by ゆずの

    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      僕の人生には事件が起きない

      岩井 勇気

      5.0
      いいね!
      • 岩井さんの世界観たっぷり。
        現実と妄想?想像?の入り乱れストーリー。
        なにげない日常に、こんなにもわくわくにやにやさせられてしまう。
        言葉の使い方と、話の展開がピカイチ。
        事件が起きない岩井さんの日常を、私たちは求めているんだと気付かされました。
        岩井さんの選ぶ言葉に、とても惹かれます。
        >> 続きを読む

        2020/10/03 by おかりん

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      Iの悲劇

      米澤 穂信

      3.7
      いいね!
      • すごく面白いってわけでもないのだけど、さくっと読み切ってしまった。
        序章の2ページはゾワッと気持ちが盛り上がりました。これから何が起こるんだろう?!って。
        まあ、ちょっと無理があるんじゃない?なんて思うところも途中はあったけど、最後にはそれなりにうまくまとまったのではないでしょうか。
        次回作に期待。
        >> 続きを読む

        2020/01/08 by たい♣

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

      今村 昌弘

      4.0
      いいね! akino
      • 「体でもお金でも」
        自分は厨二病なので両方望んでしまう。

        「ちゅーしてあげよう」
        「膝枕してあげる」
        もちろん自分は厨二病なのでどちらにも「ぜひ!」と答える。

        しかし王道ミステリーかと思いきや、まさかゾンビが出てくる物語とは。
        それ故の謎解きと伏線、面白かったです。
        >> 続きを読む

        2020/06/08 by いつつ

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      犯人選挙

      深水 黎一郎

      3.5
      いいね!
      • 企画は知っていたが、こうやって本になるとは予想外で面白かった。料理好き男子の主人公がいちいち馴染みのない食材で凝った料理作るのにイラッとした。粘着っぽくて、勘違いされても仕方無い。 >> 続きを読む

        2019/11/23 by tomolib

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      法月綸太郎の消息

      法月 綸太郎

      2.5
      いいね!
      • 久々の法月綸太郎の新作で、デビューから30周年を迎えた作品。

        とはいえ4編の中で推理物は2作であり、残りの2作はホームズやポアロなどの推理作家の考察という語り口になっている。
        なので読みたくなる小説は多く見つかるが、本格推理とは遠くかけ離れた内容である。

        推理の2作はどちらも安楽椅子探偵の形式。
        警視が綸太郎に相談するという形で始まる事件の概要と推理。

        遺書が2枚見つかる交換の先の「あべこべの遺書」
        そして被疑者を殺したと自首する男と、それを予言したと主張する女の謎を描く「殺さぬ先の自主」

        シリーズ番外編みたいな感じだが、個人的には長編での綸太郎が見たい。
        >> 続きを読む

        2019/11/10 by オーウェン

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ビッグデータ探偵団 (講談社現代新書)

      安宅 和人池宮 伸次Yahoo!ビッグデータレポートチーム

      3.0
      いいね!
      • ビッグデータを読み解くことは我々のできる範疇ではない。
        「中の人」がそのデータを何かしている、または中の人どころかすでに人工知能が何かしてくれてるんだろうから、まだ今、現時点でのわかりやすい程度のビッグデータについて「読む」「読み解く」という感覚で紹介されたもの。それは現時点ではわかりやすいデータである。
        ほんとうは複雑な利用方法のはずだからね。
        まぁ、あっさりした読み物でした(^^;)

        (Amazon)
        ビッグデータ、という単語を聞いたことのある人は多いかもしれない。
        しかし、これによっていったい何ができたり、どんなことがわかったりするのかを知らない人は、まだまだ多いのではないか?

        私たちが本書で示していくことは、ビッグデータが、これからのビジネスを考えるうえで、また、あなたの生活をより快適なものにするために、
        こんなにも役に立つのか、という驚きと発見である。

        今後は、すべての産業が「データ×AI化」していく。ネットとリアルは別個の世界であるどころか、切り離しえないものであり、
        今後ますますその連関が密接なものとなっていくことは間違いない。

        このような時代に生きる人々にとって、変革のカギとなるデータについての皮膚感覚的な理解が欠如していることは、致命的と言わざるを得ない。
        データを正しく理解する力(=データ・リテラシー)は、リアルな現実世界を生きていくうえで、もはや「常識」として身に着けておくべき必須のツールとなる。

        データを分析し、意思決定に役立てていく「データ・ドリブン」の思考力、分析力、情報科学の基本、データの力を解き放つ力――
        これらをしっかりと会得し、応用できる人だけが、これからの社会を生き抜いていけるのだ。

        さあ、私たちが分析した新事実を読んで、データの魅力と無限の可能性を体感してみよう!

        第1部 ビッグデータは、「深層」を描き出す
        1―1 新社会人は4月に「モットーとは」、5月に「新入社員 辞めたい」、6月に「恋活」と検索する
        1―2 ママは、生後102日目にわが子をモデルへ応募したくなる
        1―3 「頭が痛い日本人」が最も多い時刻は、17時である
        1―4 矢沢永吉と郷ひろみは、双子レベルの「そっくりさん」
        1―5 日本は、「東京」と「それ以外」の2つの国からできている

        幕間劇1―6 音楽CDが売れる時、サバの漁獲量が増える――擬似相関とは何か?

        第2部 ビッグデータは、こんなに役立つ
        2―1 これからの「混雑ぶり」がわかり、移動のストレスが消える
        2―2 救援活動をスムーズに進める、「隠れ避難所」を探せ!
        2―3 リニアで日本はどれだけ狭くなるのかを、実際に見てみよう
        2―4 政治への関心が薄い日本人の注目を一挙に集めた、「令和」発表の瞬間
        2―5 検索量を分析すると、選挙の議席数予測は96%も的中する
        2―6 今の景気を予測することは、どこまで可能か?

        データは見えてこそ、意味を持つ。明快にわかる、オールカラー図解版!
        >> 続きを読む

        2019/12/23 by motti

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      わが母なるロージー (文春文庫)

      ピエール ルメートル

      3.5
      いいね!
      • シリーズの番外編。
        読みやすい、アッサリした読後感は毎度。

        そろそろ映画化どうですか?
        カミーユ・ヴェルーヴェン警部役の俳優はよ。

        (amazon)
        シリーズ累計120万部突破!

        『その女アレックス』のカミーユ警部、ただ一度だけの復活。

        連続爆破犯の真の目的が明かされたとき、残酷で美しい閉幕が訪れる。

        パリで爆破事件が発生した。
        直後、爆破犯は自分であると警察に出頭した青年ジャンは、爆弾はあと6つ仕掛けられていると告げ、金と無罪放免を要求する。

        右腕のルイとともに事件を担当することになったカミーユ・ヴェルーヴェン警部は、青年の真の狙いは他にあるとにらむが……。

        『その女アレックス』のカミーユ警部が、ファンの熱い声に応えて、富豪刑事ルイ、巨漢の上司ル・グエン、猫のドゥドゥーシュらとともに一度だけの帰還を果たす。『その女アレックス』と『傷だらけのカミーユ』のあいだに挟まる「カミーユ警部シリーズ」第2.5作。

        残酷にして意外、壮絶にして美しき終幕まで一気読み必至。
        >> 続きを読む

        2020/03/19 by motti

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      メインテーマは殺人 (創元推理文庫)

      アンソニー・ホロヴィッツ

      4.3
      いいね! ooitee
      •  前作では、全く犯人の目星がつけられなかったので、今度こそ!と意気込み、読み始めました。読んでみると、初心とは裏腹に、次の展開を知りたくて、推理そこそこに読む手がとまりませんでした。それでも、自分なりに予測し、でも違っていて、ホーソーンにダメ出しされているような気分を味わえました。実に楽しめました。 >> 続きを読む

        2020/05/31 by youda

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      落日

      湊かなえ

      3.5
      いいね!
      • 楽しめました♪

        未来、物語のおわり あたりが好きですが、多少リンクする題材かな?

        このところ毎度ノミネートされては某賞を逃しとります。
        本作も先に出したタイトルに見劣りする、ピークをすぎた感を否めなかったかな(^^;)
        映画化も念頭に入れていると思しき題材です。
        商業路線です!悪いか!(笑)

        美少年美少女、天才秀才、メンヘラ。
        スターウォーズまでキーワード♪

        楽しめます。

        (Amazon))
        新人脚本家の甲斐千尋は、新進気鋭の映画監督長谷部香から、新作の相談を受けた。『笹塚町一家殺害事件』引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた。15年前に起きた、判決も確定しているこの事件を手がけたいという。笹塚町は千尋の生まれ故郷だった。この事件を、香は何故撮りたいのか。千尋はどう向き合うのか。“真実”とは、“救い”とは、そして、“表現する”ということは。絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語。
        >> 続きを読む

        2020/01/27 by motti

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      無一文からのドリーム

      ラファエル

      5.0
      いいね!
      • 無一文からのドリーム。ラファエル先生の著書。元自衛官で人気YouTuberであるラファエル先生のこれまでの人生経験や人生に対する考え方、仕事をする上でのこつがまとめられている良書です。浮ついたところがなくてしっかりとした考え方を持つラファエル先生。今はYouTuberとして大成功されているラファエル先生だけれど、きっと他の道を選んだとしても成功されたのではと思わされました。 >> 続きを読む

        2019/10/23 by 香菜子

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

      鴻上 尚史

      5.0
      いいね!
      • 前にチラッと相談と回答を読んで凄い!!
        その通りだ!!と、思い
        その時から気になってた鴻上さんの人生相談。
        美輪明宏さんの人生相談も好きだけど
        今回、鴻上さんも好きだ~!!ヾ(≧∇≦)〃と思った。

        老若男女の相談者の悩みに真摯に向き合い
        優しい言葉で語りかける。
        優しい語り口だけでなく分かりやすいんだよね。
        相手に寄り添っているからこそ
        すんなりと言ってることが理解できるし、
        的を射ていて、なるほどなぁ~と、
        鴻上さんの人生経験と人柄がここに現れてるね。
        生きていくのに参考になる考えが多い。(゚д゚)(。_。)ウン


        今回特にw(*゚o゚*)w おぉ…となった回答が↓


        [ 相談2 ]
        個性的な服を着た帰国子女の娘がいじめられそうです。
        普通の洋服を買うべきですか? (38歳・女性 フォトグラファー)

        同調圧力=日本の宿痾(ながい間なおらない病気)
        敵の様子が分かると戦い方を考えだせる
        対抗する手段は二つ
        フィールドを変える。(比較的同調圧力の少ない組織に移動する)
        戦略的に戦う。(学校では地味な服。それ以外では自分のオシャレを楽しむ。)
        生き延びるために選んだ戦い方の一つなので
        ネガティブな思いにならない




        [ 相談4 ]
        鬱になった妹が田舎に帰ってきましたが、
        世間体を気にする家族が、病院に通わせようとしません。(38歳・男性 農家の長男)

        同調圧力の最も強いもののひとつが「世間」
        世間体を気にしてると
        将来(20年後、30年後)妹の人生があなたにのしかかってくるのです。
        世間体を気にして病院に連れて行くのを反対している
        父、祖父、祖母は苦労を引き受けないまま死ぬのです。
        自分の未来のために戦うか?
        うつ病は「こむら返り」であり(心の)骨折ですから
        自然治癒はありえません。




        [ 相談6 ]
        兄が継いだ実家の酒蔵がうまくいかず、
        田舎に帰って手伝うよう迫られ、断る決断ができません。(32歳・女性 A子)

        家族や親せきと険悪になってもいい。
        だってA子さんの人生は誰のものでもない。
        A子さんのものなのだから。
        大人になったら、家族も捨てなきゃいけない時も来るのです。
        自分の人生を生きるためなです。
        自分の人生を差し出さなければいけないことは、
        歩み寄る必要がないのです。
        歩み寄ってはいけないのです。
        残りの人生がだいなしになるのです。




        [ 相談7 ]
        専業主婦の妻が、突然働きたいと言いだしました。
        突然の方向転換はルール違反じゃないでしょうか? (41歳・男性 きーやん)

        ゆっくりと「熟年離婚」に向かっていると感じる。
        生きがいのない母親に育てられる子供と、
        夫を深い部分で恨んでしまった妻と
        これから何十年も生活するのは、
        それ以上に大変になる可能性があります。
        怒らないでいろいろと話合って下さい。




        [ 相談15 ]
        恵まれない境遇で育った母をかわいそうと思う気持ちと
        恨む気持ちが混在しています。(21歳・女性 ナツメグ)

        お母さんの問題はお母さんの問題であって、あなたの問題ではありません。
        あなたの未来は、家を出る瞬間から始まる
        あなたはあなたの人生をいきるのです。
        家を出る日が、あなたの人生が本当に始まる日なのです。




        [ 相談19 ]
        4歳の娘が可愛くありません。怒鳴ったり、
        手をあげたりする前にお知恵を貸して下さい。(41歳・女性 ごんつく)

        理不尽を乗り越えるためには、
        ちゃんとした睡眠と共に精神的余裕が必要です。
        精神的余裕はまず、
        一人になれる時間を確保してるかどうかです。
        ちゃんと寝て、一人の時間を持って、
        グチや相談ができる相手を見つけて下さい。
        自分の楽しみも追及しながら、がんばりすぎない。
        うまく手抜きをする。




        [ 相談24 ]
        高校時代の友人A子から絶交されました。
        A子のためにと言ってきたことが恨まれていたのです。(28歳・女性 さやか)

        「相談があるんだけど」と言われた場合にだけ相談に乗ります。
        「余計なお世話」はやめる。
        アドバイスをしても、
        それを最終的に実行するかどうかは、本人の問題。
        「独りよがりのアドバイス」=相手の事情を想像しないまま、
                      自分の当たり前だけを前提にアドバイスする
        相手を「かわいそう」と思った段階で、
        対等な人間関係は結べないと思います。




        [ 相談25 ]
        就活がうまくいかず、絶望的な気持ちです。
        前向きになれるための、気晴らし方法を教えてください。(30歳・男性 ぼーず)

        口癖として「大丈夫」と意識的に言うこと
        10歳、若返って今、いるんだと考える。
        本当は40歳だったのに、30歳に戻れたらと思ったら、
        嬉しくなりませんか?
        まだまだやれるって気になってきませんか?
        0か100かと考えることをやめる。
        人生は0か100かではなく、
        48点とか78点とか54点で生きていくものだからです。
        いえ、生きていかないとしょうがないものだからです。






        情熱的に他人を説得してる人には情熱的に言えば説得しやすい。
        論理的に他人を説得してる人には論理的に言えば説得しやすい。

        回答は「できるかどうか」を基準にしている

        悩みを言葉にすることは、自分の感情に向き合うこと。





        私も何か困ったことがあったら相談したいなぁ~と思っちゃう
        ただ私の場合、
        今、困った事と言ったら顎のかみ合わせが痛い!!って事しかないや
        これは様子見て病院だよね。自分でもわかる(笑)


        >> 続きを読む

        2019/11/16 by あんコ

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      新・リーダーのための教養講義 インプットとアウトプットの技法 (朝日新書)

      同志社大学新島塾佐藤優

      3.0
      いいね!
      • ロシアに関する難しい記述があったけど、あそこでめげる人も結構いるんじゃなかろうか
        個人的には佐藤ワールドにどっぷり浸らせてもらったけど。
        それにしても同志社ってこんなレベルの高い講義設けているんだ。
        生徒が羨ましい。
        >> 続きを読む

        2019/12/19 by キトー戦士

    • 1人が本棚登録しています
      おだやかに生きるための人生相談

      美輪 明宏

      4.0
      いいね!
      • 美輪明宏さんが好きで
        人生相談の本が出るたびに買うんだけど、
        ずっと読んでて思ったの
        時代とともに相談内容も変化してるなぁ~と、
        でも美輪さんの回答ってブレないんだよね。
        やっぱり、ちゃんと自分を持ってる人って一貫してる。



        誰が見ても器量のよくない女性に対し、
        人はみな先入観を持って接してきます。
        それを裏切ればいいのです。
        暗さを全く見せずにニコニコしていれば、
        先入観を覆せて、人柄が好かれます。
        常にそういう精神でいるには、
        姿勢を良くして背筋を立てること。
        肉体をまっすぐにすると、理性が戻ってくるのです。
        精神もシャンとしてきます。不思議なものです。


        人間は、何もかも思いのまま、
        欲望のままに行動することは許されません。
        人生とは、そういうものだと私は思っています。


        現実に冷静に物を考える。


        異性も同性も暗い人には寄ってきません。


        感謝がないと永久に不幸です。
        あなたを救うのは、あなた自身です。


        人間関係は〝腹六分〟
        ただし、礼儀や気遣いなどが秩序を保つことになるので、
        それはしっかりとするべきです。


        ひどいことをされても感情的にならず相手を冷静に分析すると
        相手を理解でき、その人のことを『哀れな人』と思える
        そういうひどいことをする人は、
        劣等感にかられて人をこき下ろすことで、
        自分の立場を相対的に上げられるという錯覚に陥ってるのです。


        情念は理性で考えることで浄化されます。


        不幸の経験がある人は、だからこそ、
        ささやかな幸せも感じることができます。
        ずっと幸せな人には、
        それが当たり前だからわからないもの。


        恋は自分の欲望。
        世の中の全てが、相手を中心に回り始めるもの。
        自分のことが二の次、三の次になるのが愛。


        霊的なものは、心の問題。
        「先祖のたたり」=たたるような先祖はもう先祖ではなく、
        ただの怨霊。


        動植物にも色んな種類があるように、
        人にも色んな種類がいる。それと同じです。


        占いというものは、あくまでも参考にするべきものであって、
        それ以上でもそれ以下でもない。


        人にはそれぞれいろんな事情があります。
        他人のマナーに対して、自分自身が傲慢になっていないか。
        それを考えることこそがマナーです。
        心の中で相手を馬鹿にしながら一緒に食事をするのは、
        無教養で無作法な人間のすることです。


        亡くなった方の供養をするか、
        しないかは残された人の問題です。
        一つだけ確実に言えるのは、お墓の前で愚痴をこぼしたり、
        泣いたり、わめいたりしないこと。
        あちらの世界にいる人を
        安心させてあげるような日々を送ることを心がける。
        結局、自分を救うのは自分自身。


        人間が生きるうえではストレスや、
        つらい決断もつきものですが、
        そんな日常生活の
        とげとげしいものを和らげるために文化がある。
        美術や文学、音楽、スポーツ、
        演芸といった数え切れない文化は、
        何もぜいたくのためにあるわけではない。

        ……などなど。
        分かりやすく有難い回答(^人^)
        >> 続きを読む

        2019/11/13 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      聖剣学院の魔剣使い2 (MF文庫J)

      志瑞祐

      5.0
      いいね!
      • やっと発売日を追いかけて読むことができるようになりました。魔王転生のシチュエーションも面白いし、2巻目になって志瑞先生お得意の戦闘シーンの描写も楽しくなってきました。早く次の発売日にならないかなー。 >> 続きを読む

        2019/10/15 by Wotapa

    • 1人が本棚登録しています
      やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい (MF文庫J)

      芝村 裕吏

      3.5
      いいね!
      •  購入のきっかけがタイトルだったのだけど、内容との齟齬が気になりはした。
         未来の自分の姿を知らないとタイトルは満たさない気がするんだけど、今後帳尻が合うのか…。
         出版社サイドが勝手に売れそうなタイトルに付け替えてしまっただけかもしれないが。
         読み始めてすぐ、凡百のライトノベルと毛色が違うことが分かるファンタジーな戦記物。
         エルフに育てられた一少年が、その観察眼と発想力で、敵の動きを読み進言して戦局を変えていく戦争もの。
         ライトノベルらしくコンピュータゲームっぽい要素も混ざるがコメディ要素は希薄。
        >> 続きを読む

        2019/10/31 by 猿山リム

    • 2人が本棚登録しています
      氷川先生はオタク彼氏がほしい。1時間目 (ファンタジア文庫)

      篠宮 夕

      5.0
      いいね!
      • 教師と生徒のラブコメ。
        いやぁー、ハラハラドキドキの展開で、毎日読むのが楽しかったよ(^^♪

        基本ね、今の時代、教師と生徒がLoveな関係になるのは良しとされていないけれども、そこは創作物!なので、現実では宜しくないことを小説という媒体を通して思う存分堪能させていただきましたよ!

        女性教師とひょんなことからオタクトークになり話に花が咲いて好きです!付き合ってください!と告白した男子生徒が主人公。もちろん、告白された女性教師がヒロイン(25歳 独身)

        その2人が教師と生徒という関係の中で、本当は付き合ったりしたらダメだよな、バレたら2人とも多大な罰を負うことになるよな、などなど悩み時にはすれ違っていき、その中で愛を育んでいく様を時にシリアスに時にコミカルに描かれていて本当にハラハラドキドキしながら読みました!

        学生の頃って、なんであんなに女性教師に憧れるんでしょうね。自分も若い女性教師に好意を持ってた時期ありましたね〜。その先生と会うために学校行っていたと言っても過言じゃなかったりもしますね〜(笑)

        この作品では、女性教師が学校ではしっかりとした教師なんだけど、主人公くんの前ではポンコツでデレてるんだよね。そのギャップに主人公くんも読者の自分も一喜一憂、右往左往してしまって。ただ、その姿がめっちゃ可愛いの!
        確かに、こんな先生がいて、オタクトークに花咲いちゃったら恋しちゃうよ!わかる!すげーわかるよ!!笑

        男子の夢もとい欲望と妄想を本当に細やかに描写してくれていて、凄く楽しい読書時間を過ごせました!

        やっぱり、読書って良いもんですね〜。

        2巻が出たら迷わず買いますよ、はい!

        自分もオタクトークが出来る彼女、欲しいっす…(笑)

        今回も良い読書が出来ました!!!
        >> 続きを読む

        2020/01/10 by 澄美空

    • 1人が本棚登録しています
      そして誰も死ななかった

      白井 智之

      3.0
      いいね!
      • もちろんこのタイトルは「そして誰もいなくなった」に懸けているのだが、島に行くまでにしっかりと伏線が敷かれている。
        島に上陸する5人の男女が次々と殺されていくのは一緒だが、中盤である変化が。

        白井さんなのでいつものようにエログロ満載。
        とくに今作はグロ描写が多いが、登場人物の名前までグロい難読という凝りよう。

        ある変化というのはミステリでは禁じ手の気もするが、それを逆手に取り多重解決へと結びつけていく。
        推理が出てはそれを否定するという繰り返しで出る答え。

        5人の中の職業がヒントになっている部分があるが、真相が圧巻の謎解き。
        そこまで仕込むかというやり方に、執念を感じる動機。
        やはりこの作者は癖になる。
        >> 続きを読む

        2019/12/03 by オーウェン

    • 1人が本棚登録しています
      怪盗探偵山猫 深紅の虎

      神永 学

      3.0
      いいね!
      • 人の上に立てるのは腕っぷしじゃなくて人間力。チーム力が痛快。

        2019/11/30 by tomolib

    • 1人が本棚登録しています

出版年月 - 2019年9月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本