こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

今月の課題図書をみる

2018年11月の課題図書


2018年11月の課題図書は、フレドリック・ブラウンの「さあ、気ちがいになりなさい」です。

記憶喪失のふりをしていた男の意外な正体と驚異の顛末が衝撃的な表題作、
遠い惑星に不時着した宇宙飛行士の真の望みを描く「みどりの星へ」、
手品ショーで出会った少年と悪魔の身に起こる奇跡が世界を救う「おそるべき坊や」、
ある事件を境に激変した世界の風景が静かな余韻を残す「電獣ヴァヴェリ」など、
意外性と洒脱なオチを追求した奇想短篇の名手による傑作12篇。

ショートショートの神様・星新一の軽妙な訳も必読!

是非、この機会に。

Book Information

さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: フレドリック ブラウン
定価: 994 円
いいね! momomeiai

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      さあ、気ちがいになりなさい。フレドリックブラウン先生の著書。奇妙だけれどとても面白くて最後までハラハラドキドキしながら楽しめる短編小説の数々。翻訳はショートショートで有名な星新一先生。星新一先生のファンの皆様には、ぜひ読んでほしい一冊です。

      2018/09/03 by

      さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)」のレビュー

    • ああ。文庫になってたんですね!最愛の1冊です。
      祝!課題図書♡
      星さんの翻訳が実に素晴らしくて。
      作家の文章って「翻訳」を越えていますね!
      >> 続きを読む

      2018/11/07 by 月うさぎ

    この本を本棚に入れている会員

    今月の課題図書をみる - さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本