こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

今月の課題図書をみる

2018年04月の課題図書


【ミステリの女王】アガサ・クリスティが書いたミステリではない小説。
当初海外ではペンネームのメアリ・ウェストマコット名義で発表されていたが、
日本では最初からアガサ・クリスティとして登場。
アガサ・クリスティ作品を数多く訳している翻訳家・中村妙子氏が自ら見つけ、
訳し、出版社に持ち込んだとされる本作品。
最後まで殺人が起きないクリスティ小説として、私たち読者を新たなクリスティの世界へ導く本作品は、
中村さんの人生にも大きな影響を与えたのかもしれません。

読書ログ会員にも非常に人気がある作品、ぜひこの機会にいかがでしょうか。

Book Information

春にして君を離れ

4.4 4.4 (レビュー7件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 714 円

優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバグダッドからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を抱きはじめる...女の愛の迷いを冷たく見据え、繊細かつ流麗に描いたロマンチック・サスペンス。

いいね! Minnie MissTerry chao bakabonn

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      推理ものではないアガサ・クリスティーの傑作。

      主人公はイギリス人の婦人、ジョーン。
      彼女は家族を第一に考え、何ごとも冷静に判断して夫の愛情、可愛い子供たち、満ち足りた生活を手に入れた。

      その婦人が数日間、何もない砂漠で足止めを食らって何もすることがなくなり、ふと自分自身を見つめはじめる…

      読み終わった後に哀しい気持ちといったら。。。


      ※以下、ネタバレ含みます!






      全部を自分の都合の良い風に解釈して、真実を何も知らない(見ない)孤独なジョーン。

      面白い話では決してなかったけど、ジョーンの最後の選択のシーンは鳥肌もんだった。
      最後のロドニーの一言にはゾッとした。

      ジョーンは自業自得で哀れ。だけど同じくらい、ロドニーは嫌な奴だという印象が強かった。その点をあとがきで栗本薫さんがビシっと指摘していて激しく共感。

      自分だけが全てをわかっているような気になって、人を見下しているのはむしろロドニーの方なのでは?被害者みたいにしているけど、それも自業自得なのでは?相手のことを考えている風を装っているけど、ひとりよがりなのでは?

      …そんな感じで私の中では一旦落ち着いた。
      そして何気なく他の方のこの本のレビューを見ていたら、こんなコメントを発見。

      「ロドニーがジョーンに真実を言わないのは復讐なのだとしたら?」

      さらに鳥肌。。
      ずっと忘れられない本になりそう。
      >> 続きを読む

      2013/08/26 by

      春にして君を離れ」のレビュー

    • ちあきさん
      離婚とかよりもっと心の核心に近い部分を描いているんです。
      その描き方が秀逸です!

      月うさぎさん
      私もそうしないって思いますが、結末が違っていたら普通のお話になってしまいますよね、きっと。あの結末でこそ面白いというか怖い感じがします。

      あとMinnieさんへのコメントで「後からじわじわくる」と書かれていましたが、私もまさにそんな感じでした!

      別名で書いた小説だなんて。他のメアリ・ウェストマコット作品も読んでみたくなります♪
      >> 続きを読む

      2013/08/27 by chao

    • >自分だけが全てをわかっているような気になって、人を見下しているのはむしろロドニーの
      >方なのでは?被害者みたいにしているけど、それも自業自得なのでは?相手のことを考えて
      >いる風を装っているけど、ひとりよがりなのでは?

      真摯さに欠ける。そういう事ですよね。真摯さ、大事ですよね。
      >> 続きを読む

      2013/08/27 by Shimada

    • 評価: 5.0

      クリスティの本の中でも好きな本です。

      純粋なミステリーとは違います。
      この本の中では事件は起きないのです。
      自分自身を見つめるお話です。

      心がざわつくような、少し苛立つような、クリスティの心理描写の素晴らしさを思い知らされます。

      人によっては退屈だと感じるかもしれませんが、人によっては内面をえぐられるような気持ちになるかもしれません。

      人によっては「怖い本」と言います。
      それもわかる気がします。
      >> 続きを読む

      2013/08/09 by

      春にして君を離れ」のレビュー

    • >春にして君を離れ

      なんかユーミンの歌とかで有りそうな名前ですねー♪

      2013/08/10 by makoto

    • > 春にして君を離れ

      春なのにビーチサンダルって違和感有るなぁ...

      2013/08/10 by ice

    • 評価: 5.0

      『あなたは少々自己満足の気味があります。
       自分のことばかり考えずに、ほかの人のこともお考えなさい。
       そして、責任をとることを恐れてはなりません。』

      物語中盤の回想シーン。
      聖アン女学院の卒業前面接で、ギルビー校長にジョーンはこう指摘されています。

      テル・アブ・ハミドのレストハウスで孤独と恐怖の中、自分自身が送ってきた人生に疑問を感じ始めるジョーン。
      根も葉もない想像なのか、それとも真実なのか。
      主人公の不安や悲しみが同じように伝わってきて、終始胸がざわざわしました。

      4月の課題図書。
      クリスティの心理描写の上手さが際立つ本書です。
      夢中になって1日で読み終えました。

      *以下ネタバレ含みます












      異国で孤独と恐怖の中でしか、自分を見返ることができないのが愚かな上に、最後の選択が結局そうなるか!というかんじで。
      すごいですよね。
      イギリスに帰り、自分の普段の生活が色濃くなってくると、ああもあっさり考えを変えるのですから。
      リアルすぎて全く否定できません。
      夫ロドニーの考え方も、そう思いながら自分を保っているのかな、と思いながらもちょっと・・・

      皆、子供たちも含めその道を選択し続けたのもまた、家族の在り方だと思います。
      ある程度満足感はあるかもしれないけど、寂しい人生だな。
      >> 続きを読む

      2018/04/18 by

      春にして君を離れ」のレビュー

    • あ、全然OKです!無問題です( ‐ω‐)b
      期待して頂けるのであれば頑張ります(笑

      その為にはこれからも色々な方面にアンテナを常に張って置かなければ…(*^^)v

      がんばるぞい( -`ω-)✧
      >> 続きを読む

      2018/04/22 by 澄美空

    • 美空さん
      快くOKしてくださり、ありがとうございます!!!
      どんな変化球もキャッチできるよう頑張ります♪
      なんて(*^▽^*)
      >> 続きを読む

      2018/04/22 by あすか

    • 評価: 4.0

      「アガサ・クリスティなのにミステリじゃない。でも、私の中ではクリスティの最高傑作!」

      知人のクリスティファンが以前から熱烈にオススメしてくれていた本です。
      海外ものはあまり読まないことも有って、なかなか読みだせなかったのですが、そろそろ春だし♪と思って読みました。

      ミステリファンのわたしとしては、少し物足りない気もしましたけど、ミステリじゃないのに読後にゾワゾワっとする感覚が有ったのは意外でした。
      ロマンスのような、とてもドライに心理を描き切った作品のような。。。

      妻として、母として、そして恋する乙女として。
      様々な立場での女性心理に触れているので、人生経験の長い方の方が胸に迫るものが有るのではないかと思います。

      ミステリの女王アガサ・クリスティが書いたミステリではない作品。
      これだけでも、読んでみる価値は有ると思いますし、女性にはとくにオススメです。
      >> 続きを読む

      2013/02/26 by

      春にして君を離れ」のレビュー

    • aimiさんに笑われてる・・・w

      2013/02/26 by makoto

    • こんにちは この本すごいですよね!!

      そのかわり、人に勧めにくいというか(笑)
      (特に既婚者の女性に渡したら、変に誤解されてしまいそうで・・・)
      上手く言えませんが、人は真実だけを求めるものでないことを
      教えてくれた作品でした。

      最初に読んだのは学生の頃でしたが、結婚してから再読した時に
      自分も彼女みたいになってないか、余計に怖くなりました。
      >> 続きを読む

      2013/06/05 by きみやす

    • 評価: 5.0

      サスペンス・・・ですか?(たしかにドキドキ最後まで引き込まれる)
      でも仏教(瞑想、悟り)のお話かと思いました。

      ジョーンは気の毒で、可哀想、、、。

      人間は誰だって「善かれ」と”思って”することが、実は”自分の思い”通りにしたかっただけ(気づかないうちに自分の都合優先)だったりするもの。だって、人間だもの。どうしても主観でしか物事を見ることができないから。「自分」(という幻想)がどうしてもなくせないから。悪気はないのよ。仕方ないじゃん。特に、家庭では家庭を”仕切る”役割の母親はその傾向になりがち(最近は毒親と呼ばれたり。でも、母親だけじゃないし、会社でも、どこでもそうだよ。結局は”エゴで思うこと”が間違いのもと)

      ジョーンは思いがけず”気づきの瞑想”をすることになったわけだね。簡単に言えば”ありのままの自分を見つめ直す”経験。偶然、一人静かな場所で自分を見つめることになる。(日本仏教では”内観”ていうのかな?)そこで、色々な真実に気づく(とかげが顔を出す)。

      けれど、それは過去の”記憶”の中から見えた真実の一部。決して、「今、ここ」の自分、人間というものの本質を発見したわけではない。

      惜しいことに、、、帰宅するとまた元の「自分」に戻ってしまった。自分に都合のいい思考で真実をまた覆い隠してしまった。

      夫のロドニーも長女のエイブラハムも冷静で理性的で物事がよく見えている。言うことはその通りだし、間違ってない。ジョーンは「自分の主観的善意」を押しつけて、家族を「管理・支配」していることに気がつかないのだね。支配される側のロドニーや子供たちの気持ちは分かる。

      けれど、家族なら母親への「やさしさの絆」を断ち切ってしまわないでほしかったなあ。母親を冷ややかな目で見るだけでなく、あきらめてしまうのではなく、ジョーンのために真実に気づかせてあげる努力は必要だと思う。一緒に暮らす夫婦ならお互いのため。子どもならそれが親への恩返しでもある。(そのためにはロドニーや子どもたちがジョーンを乗り越え、悟る必要がある。難しいね^^;)

      いや、ロドニーは努力したんだ。
      でもジョーンの人生なんだから、ジョーンが自分で悟るしかない。人をどうこうすることは無理なこと。ロドニーはジョーンのように押しつけることはできない。

      だから、ただ「かわいそうな・リトル・ジョーン」と言うしかなかったのか。

      >君はひとりぼっちだ・・・・気づかずにすむように。

      いやいや、自分の人生を歩くのは自分ひとりだけだけれど(ひとりぼっち)、互いの人生に寄り添って一緒に歩くことはできるよ。人は一人一人ちがう人生を生きているけど、ひとりぼっちじゃない。人間は繋がっている(それが慈悲喜捨の心であればいいのだけど)。

      (もっと深い思いがあったのかもしれない。深いあきらめ。でも、ジョーンは生きてるしまだ若いし、これから変わることができると思うのだけど…)

      ひとりぼっちだけど、ひとりぼっちじゃない。
      このことは、きちんと気がついた方が絶対にいい。
      ありのままに気づいて、幸せをめざす方がいい。

      悟り切れない人間の哀しさ。
      子供たちは離れるだけで、乗り越えることができていない。
      ロドニーはレスリーに憧れていた(愛ではないと思う)。
      一番悟っていたのは、レスリーだったんじゃないかな。悟った人への憧れ。悟った人はすっきり明るく生きるのです。

      見方によっては、小説はみんな悲劇です。「この世は苦」をまざまざと見せてくれる。でも、それを学びにして幸福への道を歩きたいと思います。

      自分を静かにじっくりと見つめる時間をもった方がいい。慈悲の心を育てた方がいいと思います。苦だけど無常。


      久しぶりに一気読み。名作です。
      >> 続きを読む

      2018/04/18 by

      春にして君を離れ」のレビュー

    • これはまさに心理サスペンスですね。名作です。
      でもさすがバカボンさん!この小説にも「仏教」を発見してしまうなんて!!
      クリスティが主張していた「人間性」ってものが分かった気がしました。
      心の奥底に幾重にも人は言わなかった本音や思い出したくない過去を押し隠しています。
      それを含めて人を描くことが小説の使命なのだと彼女は考えていたことでしょう。
      ひょっとすると人は「悟り」たくないのかもしれないです。
      自分にとって都合のよい世界を自己像を手放すのが怖いから。
      >> 続きを読む

      2018/04/21 by 月うさぎ

    • 世の中や自分自身をありのままに見ると、苦(問題)が見える。でも苦なんて見たくない。だから苦に目をつむる。自分の見たいように見る(見える)、聞きたいように聞く(聞こえる、解釈する)。それで、苦がなくなったような気になる。でも、苦はなくなったわけではなく、そのままある。人は人生という苦の激流の中でもがいているだけ。苦をありのままに見て、それをうまく乗り越えた人だけが幸福へたどりつくことができる。

      人は悟り(幸福、涅槃)の方法、道がわからないんですね。わかってもやりたくない。苦(自分は…という意識、自我が原因)を認めたくない。悟りたくもないのでしょう。本能(自我)のまま好き勝手に生きるのが楽だと思って逆に苦しんでいる。不幸になるようなことは楽々できてしまう。本能(自我を守りたい)にやられている状態ですね。自分かわいさのために自分を苦しめる。逆、逆。かわいいなら、ちゃんと苦を見ないと。

      ・・・みたいなことばっかりですね、この世は。人間って。
      ああ、人間のワタシ。

      でも、仕方がないのです。「だって人間だもの・・・」(相田みつをさんの気持ちがわかるわ~)
      だから、人間に生まれてきたんです。悟ってたら人間に生まれてないです。悟ること、今ここのありのままを見ること(瞑想)、過去の妄想(間違った記憶や感情など)に執着しないこと、、、できそうで、なかなかできないものですね(だって人間だもの・・・しつこい?)^^;

      クリスティもこんなこと考えてたんでしょうかね^^
      >> 続きを読む

      2018/04/21 by バカボン

    もっとみる

    この本を本棚に入れている会員

    21人が本棚に追加しています。

    ハルニシテキミオハナレ 
    はるにしてきみおはなれ

    今月の課題図書をみる - 春にして君を離れ | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本