こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

2014年01月の課題図書

今までの課題図書

2014年01月の課題図書


江國香織の 「きらきらひかる」。
1年のはじまり。
自己啓発書やビジネス書ではなく、あえて恋愛小説を読むなんていかがでしょう。

他人からみたらちょっと変わっている恋愛。
だけど、優しくて、切なくて、温かい。

すてきな、キラキラしたお話です。

Book Information

きらきらひかる

4.4 4.4 (レビュー12件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 420 円
いいね! chao gavin tadahiko caramel momomeiai karamomo

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      これもまた、読書ログの課題図書でなかったら
      絶対に手に取らなかっただろう1冊。
      そして素敵な作品に出会えました。

      脛に傷を持つ者同士のお見合い結婚。

      妻の笑子はアル中で鬱。
      夫の睦月は同性愛者(男性の恋人がいる)の内科医。
      世間体のために親の薦めで結婚。

      これだけ見ると、ドロドロとしたイメージですが、
      信じられないくらいピュアな恋愛小説でした。

      そもそも結婚すると「恋愛」という言葉とは離れた
      関係になってしまいがちですが、
      プラトニックであるからこそ
      痛々しいほど純粋で、傷つけあいながらも愛し合っている2人。
      切ないけれど、温かみのあるお話でした。
      >> 続きを読む

      2014/01/21 by

      きらきらひかる」のレビュー

    • >makotoさん

      世間では普通ではない形でも
      お互いが想い合っていたらそれが愛なんですね♪

      >sunflowerさん

      ほんと、人それぞれ形の違った愛がありますねー
      >> 続きを読む

      2014/01/21 by アスラン

    • >Rieさん

      >アスランさんが☆5つなら読んでみようかな~と

      こんな風に言ってもらえて、
      なんだかとっても嬉しいです♪

      ものすごく感動した、とか
      すごく面白い、というよりも、
      ★を減らす理由が見つからなかったって雰囲気なんです。
      Rieさんのレビュー、楽しみにしています♪
      >> 続きを読む

      2014/01/21 by アスラン

    • 評価: 5.0

      友達が持っていたので借りて読みました。

      表紙が違ったのですが、この真っ白の表紙の方が話と本の雰囲気にぴったりな気がします。読み終わって、また読みたいと思う素敵な本だったので、今度自分用に買おうと思います。

      読みながら、出てくる人達がみんな愛しく感じました。

      普通ではなくて、ちょっと違う。
      でもみんな普通に見えるけど、普通の人なんていなくて、本当は色々変なところがあるのが人間な気がします。

      すごく良かったのですが、全体的にとても女性的な印象で、男性はこれを読んでどう感じるのかなということが気になりました。
      >> 続きを読む

      2014/01/10 by

      きらきらひかる」のレビュー

    • きらきらって普通はカタカナで書くと思うんですけど、ひらがななところがいいんでしょうねー >> 続きを読む

      2014/01/11 by makoto

    • アスランさん
      レビュー楽しみにしています♪

      ◆空太◆さん
      そういえば同名のドラマあったような…

      makotoさん
      キラキラ☆という感じではなく、もっと柔らかなイメージなんです。
      >> 続きを読む

      2014/01/16 by caramel

    • 評価: 4.0

      めったに小説は読まないのだが、“読書ログ”の今月の課題の本がこれ。

      昨年から読みだした、江國香織さんの本なので、月はじめに買ってあったが、
      今週の九州出張で読む。


      新婚の妻はアル中で鬱、夫は医者、でもホモで恋人がいる。

      でも、不思議なぐらいドロドロしていない。
      夫と妻、夫の恋人と、医局のホモの友人ふたりの五人が集まった
      自宅でのパーティでも、違和感がない。

      人を好きになるって不思議、私たちは普段、異性へのときめきを恋としてますが・・・。


      これを読んでいて、落語の「一眼国」を思いだしました。

      それは、行商の男が噂で聞いた“一つ目小僧”を見世物小屋に出そうと捜し、
      迷い込んだ山奥で、子供の“一つ目小僧”を見つけて追いかけていくうちに、
      逆に捕えられてしまう・・・・・・周りの者を見ると・・皆“一つ目小僧”。

      「何じゃ、こいつ、目が二つあるではないか……見世物(みせもん)にいたせ」

      世間の常識は、誰が決めたの・・・・そんなハナシ。


      この本、読んでいて、一般的には異常なる夫婦の関係であるのに、
      これも良しかと思わせる、爽やかな風が吹いているのが不思議です。

      愛する人への気遣いが満ち溢れているからか、羨ましい恋愛にみえてくる。

      江國さんの他の小説も、おもしろそうでおます・・・。

      (お奨めの本、ご推薦ください。)
      >> 続きを読む

      2014/01/24 by

      きらきらひかる」のレビュー

    • > 「何じゃ、こいつ、目が二つあるではないか……見世物(みせもん)にいたせ」

      この話、うっすら記憶に有りました。
      きっと小学生の頃だなぁ...(遠い目)
      >> 続きを読む

      2014/01/25 by ice

    • 私もこの落語言われて思い出しました~。

      もしも常識にとらわれないのなら睦月は紺と生きるべきです。
      睦月は究極的には笑子も紺をも大事にしていないと私は思います。
      だからこの小説はピュアではないと判断しました。
      >> 続きを読む

      2014/02/01 by 月うさぎ

    • 評価: 5.0

      年末年始の休みの間にまったりと読書を楽しんだ。
      本の中にお酒が沢山出てくるのでお酒飲みながらほろ酔い気分で。

      みなさんのレビューにある通り綺麗な文章でさらっとしてた。
      江國香織の本を楽しめるか不安だったけど、すごくよかった。

      「結婚」についても考えさせられた。
      恋愛も結婚も色々なカタチがあって、みんな苦しみながら大切にしようと一生懸命生きているんだなぁと。
      >> 続きを読む

      2014/01/05 by

      きらきらひかる」のレビュー

    • お酒が沢山出てくるというのがちょっと面白そうですね。

      2014/01/05 by Shimada

    • > 本の中にお酒が沢山出てくるのでお酒飲みながらほろ酔い気分で。

      お酒を飲んだらすぐに眠くなってしまうので難易度が高い技です... >> 続きを読む

      2014/01/06 by ice

    • 評価: 3.0

      課題図書だったことを思い出して再読。

      う、うーん。
      若かりし頃(笑)はこの設定だけで
      お腹いっぱいになっていたのですが
      今、それなりに、抵抗なく読むことができるのは
      何故なんでしょう。

      『真昼なのに昏い部屋』のヒロインにも
      個人的に好きな『間宮兄弟』にも言えるのですが

      “幸せ”なんていうものは他人の尺度で決めるものではなく
      自分がどう思うかが重要・・・なんだけど

      やはり、社会的な動物である以上は
      そこも完全に否定はできないんだよなぁ・・・とか
      思った次第でした。
      >> 続きを読む

      2014/01/31 by

      きらきらひかる」のレビュー

    • 〉“睦月”と“紺”の姿には男性読者は「う~~ん」となっていると思います(笑)
      まあそれはそうですよね。そうでなければコワイというか(^^)

      〉女性作家さんで、女性をここまで酷く描けるのは、すごいと思います。
      あ、これ、酷いと思っていないですよ、女性はきっと。
      こんなにめちゃくちゃでわがままでも許してもらえて大切にされて、
      医者だから金はあるし。「笑子って羨ましい」これが睦月の「愛」よね。
      程度のキレイな酷さだと思います。
      自殺未遂してるわけでもないし。嫉妬に苛まれている訳でもないし。
      お子様的にはユートピアなんです。この家は。
      >> 続きを読む

      2014/02/05 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん こんにちは
      >お子様的にはユートピアなんです。この家は。
      一刀両断、ありがとうございました(笑) >> 続きを読む

      2014/02/05 by きみやす

    もっとみる

    この本を本棚に入れている会員

    54人が本棚に追加しています。

    キラキラヒカル 
    きらきらひかる

    2014年01月の課題図書 - きらきらひかる | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    疾走

    最近チェックした本