こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

2017年04月の課題図書

今までの課題図書

2017年04月の課題図書


アメリカ合衆国は火星探検隊をのせた宇宙船を打ち上げる。
しかし第一次から第三次までの探検隊はいずれも火星人の攻撃によって絶滅してしまう。
武装を整えて火星に乗り込んだ第四次探検隊は廃墟と化した都市を発見する。
先行した探検隊の持ち込んだ伝染病によって火星人はほぼ絶滅してしまっていたのだった。
やがて地球から火星への植民が本格化し、大勢の人々が移住してくる。
彼らのほとんどは火星人や古代文明には関心を持たず、
地球の価値観をそのまま火星に持込み、地球人の街を作っていく。
ところが、地球で核戦争が勃発し、ごく一部の例外を残して人々は地球に戻ってしまう。
核戦争は長期化し、地球上の街は壊滅していく。
長い時が経ち、地球からなんとか脱出して火星にたどり着いた家族が、新たな「火星人」として生活を始める。


古典SFファンなら必見の本作。
SFの巨匠レイ・ブラッドベリの世界を是非この機会にいかがでしょうか。

Book Information

火星年代記

4.2 4.2 (レビュー4件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 987 円

火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊を、彼らなりのやりかたでもてなしたからだ。つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒涛のように火星へと押し寄せた。やがて火星には地球人の町がつぎつぎに建設され、いっぽう火星人は...幻想の魔術師が、火星を舞台にオムニバス短篇で抒情豊かに謳いあげたSF史上に燦然と輝く永遠の記念碑。著者の序文と2短篇を新たに加えた新版登場。

いいね!

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      2030年、地球から火星へ最初のロケットが飛んで失敗に終わった。
      続く、第二探索隊、第三探索隊も失敗に終わった。
      第四探索隊が訪れてからは地球人が続々と火星へ移住し、そしてまた地球に帰っていった。
      そんな人類の顛末。

      初のブラッドベリ。

      1940年代に数紙に発表していた短編を集めたものにいくつかのエピソードを加えたものらしい。短編集だけど年代順で話は続いているので最初から順番に読むのがオススメ。ちなみに元々は第一次探索隊が2030年ではなく1999年。改訂版では31年ずつズレた年代になったとのこと。

      詩的で美しい幻想的な話があったかと思えば、世にも奇妙な物語のようなシュールでブラックな話があり、ホラーのような話があり…全体的にSFというよりもおとぎ話という方がしっくりくるかもしれない。面白いけど怖い。最後に残るのは物悲しさと少しの希望。

      これを1940年代とかに書いているというのだから驚く。ほとんど古さを感じない。どれほど発展したように見えても人類の本質は変わらないんだなぁと思わされる。

      私が好きだったのは「地球の人々」と「第三探索隊」。
      ちょっと不気味なブラックな話が特に面白かった。

      私が読んだのは新版。
      旧版から収録作品が少し変わっているようで、旧版も読んでみたいなぁ。
      >> 続きを読む

      2015/06/15 by

      火星年代記」のレビュー

    • 〉面白いけど怖い。最後に残るのは物悲しさと少しの希望。
      さすがchaoさん。ブラッドベリ1作目で彼のテイストをばっちり理解してますね。
      彼はSF作家とくくられるのが好きじゃなかったらしいですが(いいのにねえSF)
      共通して描かれているのは心の底に潜む恐怖を呼び覚ますというテーマです。

      火星年代記はベストにあげる人がいるほど愛されている作品です。
      私もこの作品の火星人の設定にはとても驚きましたし、大きな影響を受けました。

      新版が旧版と違うのは初耳です。どうなっているんだろう?
      >> 続きを読む

      2015/06/15 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん
      月うさぎさんにオススメしていただいた「何かが道をやってくる」を最初に読む予定だったのですが、実家にこれがあったのでこちらが先になりました。次は「何かが道をやってくる」予定です♪

      それにしてもこれをベストにあげる人はすごいなぁと思っちゃいます。かなり楽しい読書であったのは事実なのですが、難しいというか、簡単に評価できない世界観でした。多分私の想像力をはるかに超えた作品なんだと思います。そういう本は読んでいる時よりもあとからジワジワきますね。

      >新版が旧版と違うのは初耳です。どうなっているんだろう?

      Wikipedia情報によると年代がズレたのと、「空のあなたの道へ」が削除、「火の玉」「荒野」が追加されたみたいですよ。
      >> 続きを読む

      2015/06/15 by chao

    • 評価: 5.0

      4月の課題図書。
      終始、寂しく、物悲しい雰囲気が漂っていました。

      アメリカから火星への探検隊は、第一次から第三次までは火星人の攻撃を受けて全滅。
      それでも人類は諦めませんでした。
      武装を整え乗り込んだ第四次探検隊が着陸したとき、今までとは明らかに様子が変わっていました。


      人間性とは一体何だろう。
      本作を読んでずっと考えていたことでした。
      第四次探検隊のスペンダーは、正しいことという観念を述べます。
      「大きい美しい物を損なうことにかけてはわたしたち地球人は天才的なのですよ」
      自ら破壊せずにはいられないのが人間、わかっているのに滅びの道を選ぼうとしています。
      第三、四次探検隊も頭ではわかっていながら地球で得た考え方を否定することができませんでした。
      すべてを破壊し、すべてを台なしにすることをきっぱりやめた火星人のようになれれば良いのに。
      一つ一つのエピソードが、ずしんと心に響いてきます。

      星新一さんが「火星年代記」に感銘を受けたのがよくわかりました。
      星さんならこう書くだろうなと結びつくようで。

      それにしても、火星人の容姿は衝撃的でした!
      絶滅の理由も。
      この辺りが読んでいて一番、感情揺さぶられたような気がします。笑
      >> 続きを読む

      2017/04/24 by

      火星年代記」のレビュー

    • 月うさぎさん
      >とても腑に落ちる感覚があったんです。
      私もです!!!!!!
      こんなにも自分の感覚と馴染むというか、すっと入ってきたことにびっくりしました。

      火星人の設定が良くてすらすら・・・とまではいきませんが、順調に読むことができました~♪
      久々にSF読みたい気分だったのも相乗効果。
      良い本に出会うことができました!
      さすが読書ログ課題図書~♪♪
      読む価値十分、大満足です♡
      >> 続きを読む

      2017/04/25 by あすか

    • chaoさん
      今月の課題図書、クリアできましたよー!!!!
      chaoさんのレビューに続くことができて嬉しいです♪
      あとは「ペスト」だ・・・!
      亀のようにトロい読書ですが、だいぶ慣れてきました~( *´艸`)

      余韻が心地よい本ですよね。
      抒情的で、じわじわとくるかんじ。
      探検隊の話だけでなく、その後の短編が多く収録されていましたが、星さんがショートショートにするならこんなかんじかな・・・と、想像力がかきたてられました~☆彡
      >> 続きを読む

      2017/04/25 by あすか

    • 評価: 4.0

      Kindleで読んだ。

      結構面白かったというかこの先々本当にこのように
      なるのではないかと心配になった。

      人間が壊れてきているような
      昔からそうだったのかもしれないし
      何とも言えないが
      地球が私たちの戦争によって破滅するなら
      とても残念なことだし好戦的な現在の政治を見ていても
      そうなりかねないように感じる。

      そして本当の人間の不幸を見た気がして
      私たちのこの平和の中で感じる不幸とは
      比べ物にならないくらいのもののように感じた。

      本当にこの先どうなるのだろう…
      >> 続きを読む

      2017/06/15 by

      火星年代記」のレビュー

    • 地球はもう後戻りできないので、なるようにしかならない。と、しか言えない。悲しいけれど・・・。 >> 続きを読む

      2017/06/18 by rock-man

    • 評価: 4.0

      面白かった。いつかこの物語のように人間が火星に移住する日が来るのかも。と思うとちょっと悲しいようなしみじみとした気持ちになってしまった。
      印象に残ったのは『 イラ』『 火星の人』『長の年月 』『百万年ピクニック』

      ブラッドベリは「バビロン行きの夜行列車」を読んで好きになった作家さん。他の作品も読みたいと思いながら読めてなかったので、課題図書になっていてうれしかった。


      >> 続きを読む

      2017/05/10 by

      火星年代記」のレビュー

    この本を本棚に入れている会員

    カセイネンダイキ 
    かせいねんだいき

    2017年04月の課題図書 - 火星年代記 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

    会員登録(無料)

    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本