こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

2017年08月の課題図書

今までの課題図書

2017年08月の課題図書


原爆投下から数年後の広島を舞台に、
原爆で生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする美津江と、
そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます父・竹造とのお話。

涙あり、でも笑いもたっぷりあり。

「わしの分まで生きてちょんだいよォー」
と願う父に、娘は・・・
苦しみから立上がり、前へ!

Book Information

父と暮せば

4.3 4.3 (レビュー10件)
カテゴリー: 戯曲
定価: 357 円

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます父・竹造は、実はもはやこの世の人ではない―。「わしの分まで生きてちょんだいよォー」父の願いが、ついに底なしの絶望から娘をよみがえらせる、魂の再生の物語。

いいね!

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

       「大切な人の分まで生きるということ」

       1945年の8月6日、午前8時15分、ほんの一瞬のあいだに広島の地が焦土と化し、多くの住民が無辜の民としてこの世を去った。その三日後には、長崎がおなじ憂き目にあう。
       この戯曲はあの惨劇から三年ばかり経った広島が舞台。登場人物は、原爆に被災した父と娘のみだが、父親のほうはあの惨劇で亡くなっており、亡霊となってあらわれた証拠に、料理や掃除ができるくせに飲み食いができない。
       父親が出てきたのは娘の美津江が恋をしたからで、お相手は彼女の働く図書館に原爆の資料を探しにくる青年。娘の胸のときめきから自分の胴体はでき、娘のためいきから手足ができ、娘の願いから心臓ができたと父親は言い張る。そして恋の応援団長になって、娘の幸せを切願する。
       しかし当の本人である娘は、わたしは幸せになってはいけないと自分に言い聞かせていて、その青年と鉢合わせになることすら避ける。美津江の生き残ったことへの罪悪感はつよく、自分よりあらゆる点で優れていた同級生が亡くなったことや、その同級生の母親からのキツイ一言、生きるために父親を置いて逃げたことなどを引きずっている。いつまでも尾を引くような、このわるい影から娘を守るため、
      「わしの分まで生きてちょんだいよォー」
      と、あの地獄の炎のなかでの別れ際の、最期の言葉をもう一度二人で思い出し、
      「(ひさしぶりの笑顔で)しばらく会えんかもしれんね」
      と美津江は前向きに生きることを父に誓う。

       ヘタなあらすじでまことに申し訳ないが、この戯曲は、喜劇に重点がある悲喜劇である。もちろん涙ぐみたくなる場面もあるけれど、その涙がヘンに濁らないのは笑いのおかげだ。原爆を材にとった芝居で、どうして笑いが出てくるのか不思議に思う人もいるかもしれないが、これは原爆によって亡くなった方々の願いを反映したもので、いつまでも悲痛に沈む姿は望まないはずである(この戯曲の父親は、死者のまなざしを代表する面もある)。
       生きていくための表情に笑顔は欠かせない。
       わたしたちが被曝した人たちと約束したことは、もう二度とこんな悲劇をくり返さない(くり返させない)ことと、たとえ過去の悲しみの上に成り立っている現在だとしても、生きている者はめいっぱい生き抜くこと。そしてこの二つこそ、この芝居の主眼であり、救いのある喜劇に込められた真意なのだ。


      追記
       今日は8月5日ですよ。携帯で確認したかしら(笑)。ちなみに今日投稿したのは、本日のお昼のプレミアムシネマで、この『父と暮せば』の映画が放送されるからです。もちろん、観ることはできませんが(笑)。
      >> 続きを読む

      2015/08/05 by

      父と暮せば」のレビュー

    • jhmさん、コメントありがとうございます。
      >こちらは戯曲なのですね。戯曲は読んだことがありませんが、興味のある戦争がテーマなら読みやすそうです。

       インターネットで「小説」と紹介するフレーズもやや見受けられますが、体裁としては戯曲ですね。台詞とト書で構成されてます。
       ふたり芝居なので、旦那さまと一緒に本読みされたらおもしろいかも (≡^∇^≡)ニャハハ

      >昨日テレビで戦争を池上さんが解説されていました。まだまだ知らないこともあり、勉強になりました。
      8月のような機会に、日本人がそれぞれ考えていかないといけないですね。

       偶然目にしたり、耳にしたりすることを考えるだけでもずいぶん違うと思います。急に猛勉強はできませんから。
      >> 続きを読む

      2015/08/05 by 素頓狂

    • 澄さん、コメントありがとうございます。
      >自分の母が終戦中に生まれ、父は終戦直後に生まれました。

       あれっすね、両親の世代は、ぼくと澄さんあまり変わらないようですね。澄さんとぼくは少なくとも10は離れていそうなので、ちょっとビックリしました。

      >母も兄妹達と一生懸命混乱の中苦学して看護学校に受かり後に看護師となりました。
       以前、澄さんのコメントのなかで、澄さんのお父さんが、お母さんと結婚することで運を使い果たしたと発言されていたことを、心のなかで思い出しながら読ませてもらいました。
       お父さんのお醤油どばどばエピソードもおもしろいね。でも料理をつくる人からすれば、ちょっと困りものだけどね。しかしこういう家族の逸話があるって素敵だし、ぼくも親父やお袋ともっと話せばよかったなあ~と、むずかしい言葉でいえば風樹の嘆をつよく感じています。
      >> 続きを読む

      2015/08/05 by 素頓狂

    • 評価: 4.0

      被爆した見津江とその父親とのやりとりの戯曲。
      100ページほどのとても短い本だったけど、胸がいっぱいになった。

      広島に原爆が落ちたのは1945年8月6日午前8時15分。
      今日はその日から1日1日と、積み重なって続いている1日。
      たった70年しか経っていないのに、私たちは忘れかけているのではないか。

      小さなことで不平不満を言ってみたり、イライラしたりしてしまうこともあるけれど、自分も大切な家族や友達たちも元気で笑って生活できている、それがどれだけ幸せなことか。

      あらすじも読まずに読んだので、見津江が原爆が落ちたその日のことを思い出してしゃべるシーンはホント泣けた。
      おとったん、そういうことだったんだ、と。

      この本がもっと多くの人に読まれて欲しいと思った。
      >> 続きを読む

      2017/08/21 by

      父と暮せば」のレビュー

    • あすかさん
      井上ひさし作品も初だったし、戦争ものということで私も重めの作品を想像したのですが戯曲ならではの読みづらさはあったものの、予想外の明るい雰囲気で意外でした。でも途中からじわじわくるんですよね(T T)

      「赤毛のアン」も読まれているんですね~♪「赤毛のアン」とっても良い本なのですが、なかなかの厚さですからね笑。どちらもレビュー待ってます♪
      >> 続きを読む

      2017/08/22 by chao

    • 月うさぎさん
      戦争はよくない。誰がなんと言おうとよくない。ずっとそう思ってはいますが、娘が産まれた今ほど真剣に平和を願ったことはありません。

      亡くなった方がどれだけ無念だったろうと思うと考えるだけでも言葉になりませんが…生き残った人が罪悪感に苛まれて生きるということもまたなんて悲しいことでしょうか。

      >当時を知る方が戦争の風化を危惧して重い口を開いていますね。

      その方たちの言葉に耳を傾け、2度と同じ過ちを繰り返さないようにしたいです。
      >> 続きを読む

      2017/08/22 by chao

    • 評価: 3.0

      『あの二個の原子爆弾は、日本人の上に落とされたばかりではなく、人間の存在全体に落とされたものだと考えるからである。
       被害者意識からではなく、世界五十四億の人間の一人として、あの地獄を知っていながら、「知らないふり」することは、なににもまして罪深いことだと考えるから書くのである。』

      上記は本を開き、一番はじめに目を通す「前口上」から抜粋したものです。
      この言葉一つ一つに打たれる思いでした。
      知らないふりをすることはできない、だから書く。
      井上さんがそんな思いを込めて形にしたこの作品は本当に素晴らしいものだと思いました。

      8月の課題図書。
      原爆をテーマにしていますが、登場する親子の会話が可愛らしく、明るい雰囲気がなのが良かったです。
      娘を絶望からよみがえらせようとする父と、自分は幸せになってはいけないという娘。
      お互いがなぜそう思っているのかがわかったとき、心にじわっときます。

      レビューを★3にしたのは、序盤からこんなにも気持ちが入っていたにも関わらず淡々と読んでしまったからです。
      戯曲だからでしょうか。
      設定を除けば、どこかで聞いたことのある話ばかりだと思いました。
      平和教育を受ける機会が多かったからでしょうか。
      そのような機会を多くいただきながら、そう思ってしまうことに虚しさを感じます。


      だからこそ井上さんの言葉に感銘を受け、それと同時にどきっとしてしまった自分がいるのかもしれません。
      >> 続きを読む

      2017/08/29 by

      父と暮せば」のレビュー

    • そうですね!
      無事に去ってくれて何よりです。ただ、昔みたいに狂ったようにというと語弊があるかもですがあの頃のようなスピードや頻度では読めないかなとは思います。まあ、それはそれであすかさんが仰っていた通りゆるーく楽しく読書していければいいなぁと思っています。

      あ、それは・・・違いますともそうですねとも言えないのがそれこそ心苦しいです・・・笑
      >> 続きを読む

      2017/09/07 by 澄美空

    • 美空さん
      そうそう、そのペースがベストだと思いますよ(^_-)-☆
      お互いゆるーく読書を楽しみましょう! >> 続きを読む

      2017/09/11 by あすか

    • 評価: 5.0

      一昨年、広島に行きました。原爆ドーム、原爆資料館へももちろん行き、広島の平和教育が今もしっかり行われている事を心に刻んで参りました。
      子供の頃より8月の度に戦争の悲惨な話を読み聞きし、原爆の話も何度も聞き、新しい衝撃はないと思っていましたが、肝心の「広島の人の心」に寄り添っていなかった事がわかりました。
      生き残った人の、原爆について語りたくない気持ちが「罪悪感」を伴っていたとは…。
      それはあまりに辛く悲しいことではないでしょうか?

      そしてこの作品に出会いました。

      井上ひさし氏といえば「ひょっこりひょうたん島」の脚本家、時々テレビでひょうきんな顔を見せてくれる人。そんな認識でした。被曝者でもないですよね。
      しかし、その彼が「ヒロシマとナガサキ」とを書くという決意をしていたのですね。
      私もまた、核兵器の使用は人類に対する大罪だと考えています。日本人は人類代表で物申す権利がある。地球上で唯一の核兵器の犠牲者であり、それがなぜ罪なのかを語る資格を持つ国民なのです。

      「父と暮らせば」の素敵なところは、この断固とした決意を秘めながらも、親子の愛を軸にユーモアを基調にした温かいストーリーに仕上げているところです。
      親が子を思う心に昔も今もありません。戦火に引き裂かれた父と娘ですが、心の中にはいつも父が生きているのです。そして父もまた、いつも娘を見守っているでしょう。
      少なくともこれが日本人の死生観なのです。
      だから流す涙は透明で温かい涙です。
      人の親となって初めて実感できる部分もあるかと思います。
      「わしの分まで生きてちょんだいよォー」
      先に逝く親の心からの願いであり叫びではないでしょうか?
      戦争によって絶たれた夥しい命の一つ一つ全てにこの思いがあったはずです。
      命を奪われた人々が求めたのは、アメリカ人の命を奪う復讐ではありませんでした。
      この父のように、生き残った人が幸せに、しかし、悲劇を受け止め無駄死にをさせない事。そう望むのではないでしょうか?

      今年になってからようやく明らかにされた原爆投下後の広島の写真を新聞で見ました。
      アメリカは戦争資料としてずっと保管していたのです。次の核兵器使用の為の極秘資料だった事でしょう。
      本作に占領軍が、日本人が原爆資料を収集する事、原爆を語る事を厳しく取り締まっていたという記述がありました。その話は初めて聞きました。
      なるほど、だから広島のデータはアメリカから出てくるのか。
      そうか。それが戦争というものなのです。
      だから、忘れてはいけないのです。
      見て見ぬふりをしているのは誰?
      それが政治のトップだとしたら、これほど日本人の心に離反した事はないのではないでしょうか。
      >> 続きを読む

      2017/08/27 by

      父と暮せば」のレビュー

    • 原爆ドーム、必ずこの目で見なくてはとずっと気になっていて、私も数年前、広島に行きました。資料館なども見て、知識としてではない肌で感じた色々なものに、とてもショックで言葉が見つかりませんでした。

      >「わしの分まで生きてちょんだいよォー」

      子供の幸せをただただ願う親がこんなカタチで命を奪われるなんて…。そしてその子が幸せになることに罪悪感を持つなんて。本当に哀しいです。

      「父と暮らせば」とても良い作品でしたね。月うさぎさんのレビューも拝見できてうれしいです!
      >> 続きを読む

      2017/08/29 by chao

    • chaoさん
      二人芝居なんですね〜。いい作品でした。
      演劇の舞台を想像しながら読みました。
      レビュー書いてて泣けてきちゃって困りました。
      阪神大震災でも東日本大震災でも、生き残った人の罪悪感というものがあったと聞きます。
      せっかく生かされた命。
      幸せになっていただきたいと心より思います。
      >> 続きを読む

      2017/08/31 by 月うさぎ

    • 評価: 5.0

      久しぶりのレビューです。
      会社の仲の良い先輩がとても良い本だと言っていたので、私も読みました。

      被爆した主人公のふとした日常を切り取った戯曲ですが、主人公のことを思うととても泣けてきました。ドラマチックなエピソードとかでなく、日常に染み込んだような苦しみ、悲しみだからなおさらです。原爆で亡くなった方々だけでなく、生き残った方がその後を考えるとやるせない思いでいっぱいです。

      戯曲をほとんど読んだことがなく最初は戸惑いましたが、慣れたら全く気になりませんでした。

      とても薄い本でしたが、忘れられない一冊になりました。
      >> 続きを読む

      2015/04/18 by

      父と暮せば」のレビュー

    • >月うさぎさん
      言われて気づきました
      私もひさしと靖、間違ってたみたいです

      2015/04/19 by ki-w40

    • fraiseyuiさん
      そうですね。先輩に感謝です。

      ki-wi40さん
      本当に台本みたいなんですよ。舞台設定や表情の指示も書き込まれていて。初めてだったので新鮮でした。

      月うさぎさん
      井上ひさしさんの本は初めてでした。そういえば靖さんと似ていますね。靖さんの本も読んだことないので、やすしさんの本を読んだくせに私も今の今までごっちゃになってました…
      >> 続きを読む

      2015/04/19 by caramel

    もっとみる

    この本を本棚に入れている会員

    15人が本棚に追加しています。

    チチトクラセバ 
    ちちとくらせば

    2017年08月の課題図書 - 父と暮せば | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    伊藤くん A to E

    最近チェックした本