こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

2018年01月の課題図書

今までの課題図書

2018年01月の課題図書


2018年1月の課題図書は司馬遼太郎の「燃えよ剣」です。

新選組副長として最強の人間集団を作った土方歳三を描いた長編歴史小説。
剣術と組織作りの天性をあわせもち、隊内に峻厳な規律を実施して鬼の副長とも称された
土方歳三の生き様ここにあり。

日本人を見つめ続けた司馬遼太郎の作品の中でも非常に読みやすく、
司馬作品の入門編としてもおすすめの本作品。
2018年のスタートに是非いかがでしょうか。

Book Information

燃えよ剣

4.5 4.5 (レビュー11件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 780 円

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ”は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、“幕末もの”の頂点をなす長編。

いいね! chao

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      1月の課題図書。
      「燃えよ剣」は、私が初めて手に取った司馬遼太郎さんの本です。
      そして、その日の夜に司馬さんの訃報がありました。
      忘れることのない、特別な記憶です。

      課題図書を機に久々に読みましたが、やはりおもしろいですね。
      あっという間に上巻を読み終えました。
      司馬作品の中でも、一二を争う読みやすさなのは、登場人物が生き生きと描かれており、イメージがしやすいからだと思います。
      土方も沖田も、江戸末期の人物のはずなのに身近な存在に感じます。
      ページが進むほど、愛着がわいてくるんですよね。
      それだけに、山南さんの死が辛かったです。。。

      百姓あがりの近藤、土方が言葉にする、
      「武士」「士道」があまりにも純粋すぎて。
      組織が瓦解しても、それだけは変わらないのでしょう。
      >> 続きを読む

      2018/03/10 by

      燃えよ剣」のレビュー

    • 美空さん
      幾星霜の読み方がわからなくて調べました!!!
      新たな知識をありがとうございます!!!
      私、読みたいときに読まないと、そのままサヨナラしちゃうタイプなんです~~。

      >「グランクレスト戦記」はよくあるアニメ化は実は原作の販促の為…的な感じだと自分は思っています。
      えぇーーー!
      主観だとしても、そう感じてしまうのは残念なことですね。。。
      原作ファンも、ちゃんとアニメ描いてほしいって思われているのでは??

      美空さん、萌えの波っておもしろいです。笑
      >> 続きを読む

      2018/03/13 by あすか

    • chaoさん
      私も久々の課題図書でした!
      これからは頑張るぞ~って思っていたら、もう3月も半分が来そうですね・・・
      忙しい合間を縫っての読書ですから!
      ゆっくり読んでいきましょ♡

      chaoさんの初司馬も、燃えよ剣ですか!
      きっと今読んでも土方さんかっこよいですよ~。
      私はそう思いました(*ノωノ)
      ただ、お亡くなりになった年齢にだいぶ近づいてきて、なんだか複雑な気分でした。。。若いねぇ。
      >> 続きを読む

      2018/03/13 by あすか

    • 評価: 5.0

      思えば初めて司馬遼太郎の本を読了したかもしれない。
      中学生の時に龍馬がゆくを読もうとして挫折した時に以来か。。

      控えめにいって、とても面白かった。舞台は幕末。主人公は新撰組副長土方歳三。
      彼の不器用な、それでもどこか惹かれてしまう生涯に、自分の人生を重ねようとしてその差に虚しさを感じる自分がいた。

      上巻では田舎のバラガキから、出世して京を震え上がらせる新撰組副長として新撰組の最盛期に貢献してきた姿が描かれている。
      >> 続きを読む

      2017/09/04 by

      燃えよ剣」のレビュー

    • 評価: 5.0

      久々に歴史小説読みました。司馬遼太郎はやっぱり面白い!歳三かっこいい。もてるし強いし一途だし。魅力ある男です。女性がほっとかないの、わかります。主人公が魅力的だと話に引き込まれます。歳三は恐らくほんとにこんな素敵な男だったんだろうし、だからこそ未だに土方ファンは多いんでしょう。
      上巻終わりでいよいよ宿敵七里との対決かというところまで。このまま一気に下巻まで読み切ります。

      2018/01/25 by

      燃えよ剣」のレビュー

    • 下巻にまっしぐらになる終わり方ですよね!自分も一気にいきます!

      2018/02/02 by fraiseyui

    • 評価: 5.0

      私の始まりの本です。

      信念を貫く生き方

      そんな生き様を教えてもらいました。
      幕末は様々な思想、生き方がありました。
      どのように生きるか、自分で選ぶ。
      今も大切にしなきゃいけない事です。

      ~感想~

      司馬作品の中でも最も読みやすい作品だと思います。
      土方歳三が、とにかくかっこいい。
      それでいて歴史的な流れもわかります。
      幕末ものは、「燃えよ剣」「竜馬が行く」
      ここから始めました。
      >> 続きを読む

      2013/12/14 by

      燃えよ剣」のレビュー

    • 新撰組ファン(本当は沖田総司ファンですけど...)ですが、私の場合は同じく司馬遼太郎の「新選組血風録」から入りました。

      もし未読でしたら是非♪

      ◆新選組血風録 - 司馬遼太郎
      http://www.dokusho-log.com/b/4041290015/
      >> 続きを読む

      2013/12/14 by ice

    • >幕末ものは、「燃えよ剣」「竜馬が行く」

      「燃えよ剣」は大好きで、「竜馬がゆく」は今読んでいます♪
      どっちも面白いですよね!!
      >> 続きを読む

      2013/12/15 by chao

    • 評価: 5.0

      坂の上の雲以来、久しぶりの司馬先生。抜群に読みやすく、抜群に面白いです。近藤勇ってもっと凄かったんじゃないのかなと思うくらい、圧倒的な土方歳三の魅力!!!個人的には七里がなかなか良いですよねー。ライバルというか、こういう相手がいるからこそ主人公がまたヒカルと。それにしても新選組五箇条のどうあがいても切腹的な仕組み恐るべし。

      いざ、下巻へ。

      2018/02/02 by

      燃えよ剣」のレビュー

    もっとみる

    この本を本棚に入れている会員

    63人が本棚に追加しています。

    モエヨケン 
    もえよけん

    2018年01月の課題図書 - 燃えよ剣 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本