こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

2018年03月の課題図書

今までの課題図書

2018年03月の課題図書


2012年12月21日 読書ログ会員「atsushi」さんのレビュー(抜粋)


―――――
私も、この叔父さんのような言葉を、子どもや若い人にかけてあげられる人間になりたいものだ。

それにしても、この『君たちはどう生きるか』は、少し脚色して、ジブリかどこかがアニメにすればいいのにと思う。
きっと多くの子どもや若者の心の糧となるのではないかと思う。

なかなかアニメ化はまだまだされないとすれば、やはりこの岩波文庫の一冊、多くの人に今も大事に読み継がれて欲しい。
できればできるだけ若いうちに。
そうでないとしても、私のように、いつからでも読んだその時に、深い感動やあらためて思い出すことや教えられることが非常に多い、豊かな一冊だと思う。
―――――


「atsushi」のレビューから5年後の2017年。
羽賀翔一さんにより漫画化され、『漫画 君たちはどう生きるか』が大ヒットを記録。
さらには宮崎駿さんが制作中のアニメ映画のタイトルを、本作から取って『君たちはどう生きるか』にすることを発表。
まるで羽賀さんや宮崎監督がレビューを読んでいるかのように、「atsushi」の願いが叶いました!


時代を超えて、著者・吉野源三郎氏が読者に語りかけます
「君たちは、どう生きるか」

Book Information

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

4.2 4.2 (レビュー16件)
著者: 吉野 源三郎
カテゴリー: 人生訓、教訓
定価: 840 円

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

いいね! Moffy

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      3月の課題図書。

      少年コペル君と、亡き父の代わりに彼を見守る叔父さんとの心あたたまるストーリー。
      とてもメッセージ性の強い作品です。
      ゆっくり、時間をかけて読みたい。こんな気持ちにさえてくれた本は久しぶりでした。

      私たちはどう生きるか、どのように生きていくか。
      自分が死ぬまで延々と考えさせられるテーマだと思います。
      柔軟で選択肢の広い幼いうちから、コペル君のように考えていくことができるのは、その後の人生にどれだけプラスとなるか。
      もしこれが一人では、自分の考える範囲内だけの成長となってしまいます。
      叔父さんのような誰かと、時には失敗しながら考えていくこと。
      これが大きいのだと思います。
      漫画も出ていますし、この本に出会うことは容易です。
      しかし、人との繋がりが希薄となっている現代において、どれだけの人が彼らのようになれるのでしょうか。
      コペル君と叔父さんの関係は、とても眩しく映りました。
      >> 続きを読む

      2018/05/19 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • 読みましたー♪
      しかし近々読む宣言から、1年以上経ってしまいました汗。

      というのも実は、一度読み始めたのですが真っ直ぐすぎて、今じゃないと一回中断していました。こういう本は読むのに時期を選びますね><。

      また違ったタイミングで再読したら別の感じ方をするかもと思っています。

      読書自体に時間を割けなかったのもありますが、しばらくは少しは読書の時間とれそうなので、もうすこしペース上げていきまーす^^
      >> 続きを読む

      2019/08/27 by chao

    • chaoさん
      いやー、子育てしてると本当に時間ないですね(^_^;)
      私、現在育休中なのに、復職したらどうなることやら…
      つ、つまり!時間経ってても、宣言通り読み終えて立派!!!ってことが言いたかったのです!!←回りくどい??

      本って読む時期ありますもんねー!
      私も今読むと、違った感想になるのってけっこうあるかもです。つまらないと思ったものが、何年か後に感想変わってたらおもしろいですね。それもまた、読書の醍醐味でしょうか(*^_^*)

      読書に時間取れそうですか!?
      それは朗報朗報!!
      楽しみにしてます~☆
      >> 続きを読む

      2019/08/29 by あすか

    • 評価: 4.0

      日常の出来事で色々なことを感じるコペル君と、そのおじさんとのやりとり。

      「君たちはどう生きるか」というテーマを真正面から突きつける、
      ものすごく真っ直ぐで、とっても良い本だと思いました。

      ---

      北見君の口癖じゃあないが、「誰がなんていったって―」というくらいな、
      心の張りがなければならないんだ。
      そうでないと、僕やお母さんが君に立派な人になってもらいたいと望み、
      君もそうなりたいと考えながら、
      君はただ「立派そうに見える人」になるばかりで、
      ほんとうに「立派な人」にはなれないでしまうだろう。
      世間には、他人の目に立派に見えるように、見えるようにと振舞っている人が、ずいぶんある。
      そういう人は、自分がひとの眼にどう映るかということを一番気にするようになって、
      本当の自分、ありのままの自分がどうなものかということを、つい、お留守にしてしまうものだ。

      君も大人になってゆくと、よい心がけをもっていながら、
      弱いばかりにその心がけを生かし切れないでいる、
      小さな善人がどんなに多いかということを、おいおいに知って来るだろう。
      世間には、悪い人ではないが、弱いばかりに、
      自分にも他人にも余計な不幸を招いている人が決して少なくない。

      だからねえ、コペル君、あたりまえのことというのが曲者なんだよ。
      わかり切ったことのように考え、それで通っていることを、どこまでも追っかけてゆくと、
      もうわかり切ったことだなんて、言っていられないようなことにぶつかるんだね。

      ・・・

      ---

      すっごく良かったのですが、震えるほどの感動があったかというとそうではなく
      「良い本だなぁ」という感覚のまま読み終えてしまったため
      ☆4にしています。

      しかし中学生、高校生くらいの若い頃読んでたら
      それはそれで素直に読めなかった気がするんですよね。
      そう思うと、この本は私はいつ読むのがベストだったのか?
      それがちょっとわからないでいます。

      新装版や漫画版が出版されたとか、色々な理由はあるものの
      それでも1937年の本が今こんなにも売れているなんてスゴイですね。
      読んでいるのはやっぱり大人が多いんだろうな。


      なんとなく生きていても、時間はどんどん過ぎていってしまうけれど
      「どう生きるか」ということにしっかり向き合ってしっかり生きていきたい。
      >> 続きを読む

      2019/08/27 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • iceさん
      本当にそうですね!
      この内容でこれだけのベストセラーは小説を読んでなおさら意外な感じがしました。小説だけでは絶対このヒットはなかったと思うので、漫画の力ってすごいですね~

      ちなみに、小説から読んだ私からするとあの漫画の表紙、思い切ったなーと笑。インパクト大ですよね。
      >> 続きを読む

      2019/09/02 by chao

    • 月うさぎさん
      反発はないんですが、どちらかというと生き方を説く本としては「嫌われる勇気」の方が読んでいて面白いかつ刺さりました。(そもそも全然違う本ですけども。)

      >「ありのままの自分」といいますが、そもそも自我というのは他者を前提とした意識なので、他者意識を取り払った「自分」というものは少なくとも社会には存在しませんね。

      これは本当に。
      そしていまだに自分がわからない私です。
      子供の頃は、大人ってもっと色々わかっているものだと思っていたなぁ。。
      >> 続きを読む

      2019/09/02 by chao

    • 評価: 5.0

      旧制中学1年生のコペル君とその友達が繰り広げる青春ストーリー。
      その中でコペル君が感じたことをおじさんに話して、おじさんがそのことに対する助言をノートに書く。
      おじさんが書いていることは今になっても通じる。しかしおじさんが書いたその賢明な考えが今になっても理解できる人が少ない。人間が求めるものはどの時代でも変わらないんだ!

      真面目で優しくて子供のあどけなさが十分に残っているコペル君が可愛い。彼はいろんな思索をし、おじさんに伝える。おじさんは彼をいい子だと言う。私も同感だ。
      そんなコペル君がある日つまずく。この真面目で優しくてあどけない少年が、このつまずきをどう乗り越えるかが見ものだ。口だけでも、実際に直面したとき乗り越えなければ意味がないものね。

      時代を感じるが、古臭さはない。
      コペル君たちのあたたかい青春に癒やされること間違いなしであろう。
      >> 続きを読む

      2015/06/07 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • これ国語の教科書に載っていました。
      わ~懐かしいです。

      2015/06/07 by 空耳よ

    • >時代を感じるが、古臭さはない。

       本当これです。旧制中学とか、どんな学校かすらよく分かりませんが、この本の内容はそのまま現代にも通用する。

      >その中でコペル君が感じたことをおじさんに話して、おじさんがそのことに対する助言をノートに書く。

       プラトンは自分が学んだ哲学を対話形式で書物に著しましたが、吉野源三郎はそれを人の生き方に応用した。しかも未来を担う若者へ向けて。当時では、なかなか思い切った、真新しい一冊だったようです。
       
      >> 続きを読む

      2015/06/07 by 素頓狂

    • 評価: 5.0

      この本、私が高校の時にうちの母が買ってきてくれた。
      あんまり母が私のために本を選んで買ってくれるということはめったになくて、たいていは私が選んで自分で買うのに任せていたので、今考えれば珍しいことだったと思う。


      それで、一応少しは読んだ記憶はあるのだけれど、どうもあんまりしっかり読まず、ずっと忘れていた。
      それから十数年も時が経ってしまった。


      ただ、今回読み直していて、ところどころたしかにその当時読んだことを思いだした箇所があった。


      特に、


      「いつでも自分が本当に感じたことや、真実心を動かされたことから出発して、その意味を考えていく」(53頁)、


      「肝心なことは、世間の眼よりも何よりも、君自身がまず、人間の立派さがどこにあるか、それを本当に君の魂で知ることだ。」(56頁)


      という一節は、当時確かに読んでとても心に響いて、その後の今までの自分の人生でいつも鳴り響いて、ずっと大切にしてきたことだったと確かに思い出した。


      ただ、どうもこの本、きちんと最後まで当時読んだのか、最後の方は読んでいても記憶がないので、ひょっとしたら当時は途中で中断してしまったのかもしれない。


      今、しっかり読み直して、きちんと最後まで読んでみると、この本は本当に良い本だとしみじみと深く感動しながら思った。


      主人公はコペル君という旧制中学の二年の男の子で、学校の友人たちとのエピソードや、とても時宜にかなった人生についての深い洞察を話してくれる叔父さんとの対話を通じて、少しずつ世界や人生に対して目を開き、心を深めていくという、一種の教養小説である。
      戦前のちょっと良い家庭の雰囲気がなんとなく伝わってくる。


      丹念に読むとけっこう時間がかかるので、まどろっこしくなって読むのを当時はやめてしまったのかもしれないが、しかし、この本のメッセージというのは本当に深い。
      岩波文庫の末尾には、この本についての丸山真男の解説がついていて、それによると昭和初期の世相の中で、一種の自由主義的・教養主義的なこの本をあえて出すというのは非常に勇気が要ったらしく、実際対米英戦争が始まるともう出版できなかったという。
      いったいこの本のどこに問題があったのか、さっぱりわからないが、この本のような良質な本が出版できないほど、戦時下の言論統制はひどいバカバカしいものだったのだろう。


      自分の頭で考えること。
      正々堂々と生きること。
      本当に豊かな心で、自分が本当に感じたことを大切に、社会の問題を考えたり、自分の身近なところから人生や自然や社会への理解を深めていくこと。


      それらのことが、決して絵空事ではなく、実に生き生きと語られているところが、この本の魅力なのだと思う。
      「言葉だけの意味を知ることと、その言葉によってあらわされている真理をつかむことは、別のこと」(272頁)ということに誘ってくれるところに、この本の魅力があるのだと思う。


      コペル君のお母さんが、「心に思ったことをする機会は二度とないこと」の大切さを語るところ、


      「人間の一生のうちに出会う一つ一つの出来事が、みんな一回限りのもので、二度と繰り返すことはないのだということも、―だから、その時、その時に、自分の中のきれいな心をしっかり生かしてゆかなければならないのだということ」
      (246頁)


      というセリフも、とても心に響いた。


      うちの母は、あの時、私にそんなことを含めて伝えたいと思ってこの本をくれたのだろうか。


      もっと早くにしっかり読んでおけば良かったかもなぁ。


      ナポレオンに関してコペル君やかつ子や叔父さんが論じる箇所もとても面白く、英雄的気魄や男らしい気概の大切さと、しかしながら人類の進歩に役立つ人のみが本当に偉大な人物の名に値するという箇所は、そのとおりと思うのと同時に、昭和の初期に言うのはある意味勇気が要ったことだったろうなぁとも読んでて思われた。


      「人類の進歩と結びつかない英雄的精神も虚しいが、英雄的な気魄を欠いた善良さも、同じように空しいことが多い」(194頁)


      「また過ちを重ねちゃあいけない。コペル君、勇気を出して、他のことは考えないで、いま君のすべきことをするんだ。過去のことは、もう何としても動かすことは出来ない。それよりか、現在のことを考えるんだ。いま、君としてしなければならないことを、男らしくやってゆくんだ。こんなことで―コペル君、こんあことでへたばっちまっちゃあダメだよ。」
      (235頁)


      などの叔父さんのセリフは、本当に良いことばだと思う。
      私も、この叔父さんのような言葉を、子どもや若い人にかけてあげられる人間になりたいものだ。


      それにしても、この『君たちはどう生きるか』は、少し脚色して、ジブリかどこかがアニメにすればいいのにと思う。
      きっと多くの子どもや若者の心の糧となるのではないかと思う。


      なかなかアニメ化はまだまだされないとすれば、やはりこの岩波文庫の一冊、多くの人に今も大事に読み継がれて欲しい。
      できればできるだけ若いうちに。
      そうでないとしても、私のように、いつからでも読んだその時に、深い感動やあらためて思い出すことや教えられることが非常に多い、豊かな一冊だと思う。
      >> 続きを読む

      2012/12/21 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • ジブリでアニメ化賛成ー。

      2012/12/21 by kemumaki

    • <chaoさん

      コメントありがとうございます^^
      ぜひぜひ^^w


      <makotoさん

      ゲド戦記も岩波から出ていたんですね!
      たしかに、一見意外のようで、実は案外マッチしそうな気もしますよね^^


      <iceさん

      チェスターフィールドの本ですよね!
      気になりながらしっかりまだ読むことができていないので、ぜひ読んでみたいです^^
      御紹介ありがとうございます!


      <kuutaさん

      ありがとうございます^^
      そうですよね、私も高校の頃を振り返ると、いろいろ反省させられます(^^;w
      でも、それもまた、良い思い出かもしれませんよね^^


      <kemumakiさん

      御賛同ありがとうございます^^w
      ぜひいつか実現したらいいですよね!
      >> 続きを読む

      2012/12/21 by atsushi

    • 評価: 5.0

      結論から言ってしまえば、もっと若いうちに、できれば中学生あたりで読みたかった。今だから大切な事だったと理解できるのかもしれないが。
      受験や就職の為に勉強をやらされるのではなく、自分がどう生きるか、その為に、親のせいでも教師のせいでもなく、自分自身の為に、自分で自分を鍛え、自分で自分を育てていく自覚や覚悟をもっていく事。世の中や世界に、純粋に心からの好奇心・関心を持って、広く見ていく事。そういう大切さに子供の頃気づいていたら・・・。

      ここからはちょっとネタバレ。

      上級生が、愛校心がない物は非国民の卵である、そういう奴は痛い目を見せてやる必要がある、と下級生を自分の思い通りにならないという身勝手な理由で暴行を加える。これは自分の物差しで人をはかって、自分勝手な正当性を人に押し付けているだけだ。お前何様。少なくとも学生の分際で、人を裁く権利など無いと思い、怒りを覚えた。でも、こういう他罰傾向って今でもあると思う。結局屈せずに立ち向かった少年に、友人達が知恵を絞って、自分達も少年を庇う約束を交わすけれど、主人公のコペル君は、身がすくんで、動けなかった。その事に苦しみ、言い訳をあれこれ考えるけれど、他の誰かが知らなくとも、自分は自分が卑怯者だという事を知っている。それで更に苦しむ。やってしまった事は、取り返しがつかない。しかし、それを本当に心の底に刻み付ける事によって、これからは同じ思いをしない生き方を選んでいこうと、過去の失敗から学ぶ事によって、コペル君はまた一つ、成長し、これから大人になっていこうとしていく。叔父さんがまた深い助言をしてくれるのだが、そちらも大いに考えさせられる。

      これも図書館で借りた本だけど、買いますわ。どうしても手元に置いておきたい。そんな本ばかりたくさんあって、もう本棚もクローゼットもぎゅうぎゅう。あぁ書斎が欲しい。4畳半で良いから。
      >> 続きを読む

      2017/11/20 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • コメント有難うございます。真正面から突き付けてくるタイトルですが、読みやすい本です。自分の力で考え、行動していく力を身に付ける事。そういうサポートを親や身の回りの大人達ができているか、なかなか難しい所ですが、チャレンジしていく事は可能ではないかと。これが絶対正解というものが無いなか、試行錯誤して自分なりのベストを尽くしていくしかないのかもしれませんが。chaoさんのお嬢さんの人生が素晴らしい未来を手にしていく事を願います。 >> 続きを読む

      2017/11/27 by チルカル

    • 私もchaoさんのお嬢さんの幸せを願います。

      2018/12/30 by 月岩水

    もっとみる

    この本を本棚に入れている会員

    29人が本棚に追加しています。

    キミタチ ワ ドウ イキルカ 
    きみたち わ どう いきるか

    2018年03月の課題図書 - 君たちはどう生きるか (岩波文庫) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本