こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)角川グループパブリッシング (カドカワグループパブリツシング)

企業情報
企業名:角川グループパブリッシング
かどかわぐるーぷぱぶりつしんぐ
カドカワグループパブリツシング
コード:04
URL: http://www.kadokawa.co.jp
      夜は短し歩けよ乙女

      森見登美彦2008/11

      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! ybook niwashi 2hak1
      • これが森見ワールドなんでしょうか。
        ファンタジックで、ドタバタもあり、漫画で例えるなら、高橋留美子ワールドのような感じもあります。
        登場人物もみんな一癖も二癖もありそうな人ばかり。

        黒髪の乙女と先輩の温度差が、なんとも可笑しい。
        何とか、乙女との距離を縮めようと、あの手この手で頑張る先輩をよそに、いつも空回りしてしまうところが笑いを誘います。
        乙女の純粋さや世間ずれしていない感覚も、ホッコリしてしまうのです。
        先輩と、乙女、この後どうなってしまうのでしょうね~。
        >> 続きを読む

        2018/09/05 by taiaka45

    • 他39人がレビュー登録、 171人が本棚登録しています
      ジェノサイド

      高野和明2011/02

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! tadahiko tomato chao kuuta ice chaos makoto mahalo pq1 kissy1986 sunflower hikaru ryoh3
      • おもしろかった!
        未来のSFとしてでなく現代を舞台にした、進化した人類の登場の物語
        なかなか反響のある作品だそうですが、なかには反日、反アメリカ的etcの部分が気にくわないという意見があるようだけどそこら辺は気にならなかった。読みとばしちゃってもいいくらい。
        逆に進化した新人類目線では「国籍」も不要ではないかという後日談にも懸ってきて、現代人のチマチマした差別的性質や凶暴性との対比としてのエピソードに良いくらいじゃないですか?

        アメリカ、日本、韓国の共同出資でひとつ映画化を希望!
        >> 続きを読む

        2018/07/30 by motti

    • 他37人がレビュー登録、 134人が本棚登録しています
      栞子さんと奇妙な客人たち 栞子さんと奇妙な客人たち

      三上延2011/02

      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! niwashi chika-0305
      • 最近重い内容の本ばかり読んでいたので、息抜きになるような本が読みたいと思ったときに図書館で見つけて読んでみました。
        以前ドラマ化されていた事が印象に残っていたので、特にこちらでレビューをチェックすることもなく借りたのですが、思っていたよりしっかりとしたストーリーでした。

        重苦しいような内容ではないのでとても読みやすく、ラストの事件は想像以上に大事件で前半からは想像もできない展開でした。
        登場人物が最後までしっかりそれぞれの役割を果たしていて、無駄のないストーリーだったと思います。

        普段読んでいる本に比べると、続きが気になって仕方ない・・・というような魅力ありませんでしたが、また息抜きに他のシリーズも読んでみたいなと思う作品でした。
        >> 続きを読む

        2018/09/09 by chiiiisim

    • 他22人がレビュー登録、 102人が本棚登録しています
      キッチン

      吉本ばなな1998/05

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! fireman Erika pikapika
      • 「私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う」

         この小説が発表された時は吉本ばななさんの作り上げる、どこか寂しげで、人を責めずに自分を責めるという雰囲気がすごく話題になり、映画もとても好きでした。

         このよしもと世界はどっぷりと甘く、切なく、寂しく、清楚で安心してしまいました。3篇どれもが「ある人の死」から始まり、その喪失感を描いていますが、あくまでもじめじめしない、さらりとした乾きがあるような気がします。過激、ドロドロ、暴力に急に走らない節度が気持良いのです。
         
         最近、始まった吉本ばななさんのブログを読んでいるのですが、この方は結構、スピリチュアルなものがお好きなようです。人工的でない、何か神秘的なものがお好きなよう。

         現実をキリリと見つめるというより、こんな世界もあり、ちょっと別世界ですがすぐ近くという世界は吉本ばななさんは上手いです。
        >> 続きを読む

        2018/07/13 by 夕暮れ

    • 他21人がレビュー登録、 69人が本棚登録しています
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾2012/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! kaoru
      • 東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読み終えました。

        理系ミステリから刑事ものまで多彩な作風を持つ東野圭吾ですが、その中でも、嬉々として執筆していることが伝わってくる題材があるんですね。
        それは、この作品のような心温まる"タイムスリップ"ものだと思う。

        日本中がトイレットペーパーの買い占めに狂奔していた頃、東京近郊に浪矢雄治なる老人が営む「ナミヤ雑貨店」があった。

        その店は、近所の子供たちに「ナヤミ雑貨店」として親しまれ、いつしか恋や進路に迷う若者たちまでもが、人生相談を持ち込むようになる。

        その際の決まり事は二つ。相談者は夜、下ろしたシャッターの投函口から手紙を入れること。
        返信は店の裏手の牛乳箱に入れておくので、各自で回収すること。

        物語は、浪矢老人が亡くなって33年目の真夜中、廃屋となっていた店に三人のチンピラたちが忍び込むシーンから始まるんですね。

        彼らのもとに過去から届く手紙、案外真面目な彼らが、律儀に送り出す返信。

        卓袱台、親父のステテコ姿、ビートルズのアルバム、ホンダのシビックやソニーのウォークマンなど細部の物尽くしも楽しい5話を重ね、今となっては古風にすら見える昭和の若者たちの姿を浮かび上がらせる。

        そして、ラストで、各話をつなぐ糸が明らかになる絵柄もお見事だ。

        このファンタジーの中で最も美しいのは、若き日の浪矢青年が、未遂に終わった駆け落ち相手の女性に送った手紙だろう。
        相手の魂を鎮めるかのような思いやりと祈りの気持ちに満ちたコトノハ。

        老人は、相談者のその後が知りたいと、一夜だけ相談窓口を復活するよう遺言したのだ。
        その際、彼が確かめたかったのは、自分の影響力ではなく、経年劣化しない"言葉の生命力"だったのではなかろうか。

        題名の中にある「奇蹟」に、キリスト教由来のそれではなく、東洋的なものを感じてしまうんですね。
        手紙は言霊の最たるもの。誰かの胸に落ちた言霊が、未来を切り開く羅針盤になっているさまこそ、日本人が信仰すべき「奇蹟」なのかも知れない。

        >> 続きを読む

        2018/09/20 by dreamer

    • 他17人がレビュー登録、 56人が本棚登録しています
      グラスホッパー

      伊坂幸太郎2007/05

      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! loon ooitee
      • 伊坂さんと殺し屋というのは水と油のイメージだったが、やはり本来の持つ作風なのか。
        ユーモラスなキャラが出来上がっている。

        普通の人鈴木が目撃した押し屋。
        そして鯨と呼ばれる自殺させ屋。
        さらには蝉と呼ばれるナイフ使い。

        この3人を主軸に、多くの人物が絡む。
        他にも殺し屋が多く出ており、ほとんど姿を見せないスズメバチだとかが実はという展開も。

        鈴木と槿の家族が絡む会話もユーモラスで、ブライアン・ジョーンズという名前が出てくるとこも驚く。

        シリーズはこの後3作まであるので、続けて読んでいきたい。
        >> 続きを読む

        2018/09/29 by オーウェン

    • 他17人がレビュー登録、 144人が本棚登録しています
      図書館戦争

      有川浩2011/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! kaina ukarei
      • タイトルと設定は凄い発想で、最後まで設定がぶれることなく書いていてこれまた凄いと思った。

        ただ、単純にその設定を頭に入れるのが大変だった。
        なかなか細かい内容もあり、ふむふむ読んでいったが、最終的にはラブストーリーになっていって、頑張って設定を覚えた意味があったのだろうかと自然と首を捻ってしまった。

        ラブストーリーなのか!と気付いて考え直してみると、こちらの設定はいまいち。

        郁と堂上のやり取りは面白いけど、恋愛という意味では、とりあえず今作でくっつかなくてよかったな、という感じ。

        文章とキャラがいいので読めたけど、再読や続編はだいぶ後でいいかな。
        >> 続きを読む

        2018/10/10 by 豚の確認

    • 他16人がレビュー登録、 129人が本棚登録しています
      植物図鑑

      有川浩2009/06

      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! rinel
      • 毎日自炊もせずコンビニ飯やスーパーの惣菜で済ませているOLがある日貧乏旅行中に行き倒れた青年に出会う。お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできた良い子です。その物言いがツボにはまり、うっかり拾い部屋に上げた。一泊のお礼にと出された朝食に胃袋を鷲掴みにされる。そこから彼をハウスキーパーとしての同棲が始まる。植物オタクの彼は週末ごとに彼女を連れて、いかにも雑草と呼ばれるものを採取しては見事に料理する。
        やっぱり男女間の胸キュンを描かせたら、有川浩の右に出るものはいないと思う。題名は植物図鑑となっていてその品種の多さと調理法に感心させられるが、その上にラブストーリーを被せているのが素晴らしい。
        >> 続きを読む

        2017/06/15 by konil

      • コメント 4件
    • 他15人がレビュー登録、 73人が本棚登録しています
      アイの物語

      山本弘2009/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 内容紹介-------------------------------------------------
        人類が衰退し、マシンが君臨する未来。食糧を盗んで逃げる途中、僕は美しい女性型アンドロイドと出会う。戦いの末に捕えられた僕に、アイビスと名乗るそのアンドロイドは、ロボットや人工知能を題材にした6つの物語を、毎日読んで聞かせた。アイビスの真意は何か?なぜマシンは地球を支配するのか?彼女が語る7番目の物語に、僕の知らなかった真実は隠されていた―機械とヒトの新たな関係を描く、未来の千夜一夜物語。
        --------------------------------------------------------

        豊崎由美のあとがきに共感する。
        山本弘は物語で世界を変えようとしている。
        『アイの物語』は強いメッセージのこもった本だ。

        あらすじの通り、アイビスが読み聞かせるのは6つの物語。

        「宇宙をぼくの手の上に」
        「ときめきの仮想空間」
        「ミラーガール」
        「ブラックホール・ダイバー」
        「正義が正義である世界」
        「詩音が来た日」
        「アイの物語」

        こうして並ぶからこそ多少の差は出るが、すべて☆5でいい作品たちだ。
        書き下ろしは最後の2作品だけだが、その他は初出の時期がバラバラで、それを一冊にまとめてひとつの物語を紡ぐという構成力がすごい。

        一つ一つの物語を見ても、構成の上手さが光る。
        SFなので都合の良い設定を生み出しやすいとはいえ、それをどう使うかは力量次第。
        この作品では設定されたものは使いつくされる。
        情報に無駄がない。

        構成をいじって、山本弘がよりうまく伝えようとしたものは何か?
        それは「i」だよ「i」。
        人間というものは、とにかく自分のものさしではかろうとする生き物だと考えさせられる。

        作中にある通り、「フィクションは『しょせんフィクション』ではない」。
        現実の言葉だろうがフィクションの中の言葉だろうが、その言葉自体の重みは変わらない。
        それどころか、物語の方が現実より正しいことは往々にしてある。
        『アイの物語』には真実が書かれている。
        たくさんの人に読んで欲しい。

        >> 続きを読む

        2015/10/02 by ともひろ

    • 他14人がレビュー登録、 29人が本棚登録しています
      ビブリア古書堂の事件手帖

      三上延2014/01

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 匿名

        ついに母親との対峙の時。母親と似ている自分もいずれ母親と同じ道を辿って、愛する者の前から姿を消すのではないかと恐れる栞子。だがその気持ちは母親から父とのなれそめを聞くことで少しずつ変化していく。 >> 続きを読む

        2018/04/17 by 匿名

    • 他14人がレビュー登録、 68人が本棚登録しています
      クリムゾンの迷宮

      貴志祐介1999/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • 貴志佑介氏の出世作。ホラー度は高くない。ゲームブックって、そういえばRPG以前にそんなのあったなぁと思いました。 >> 続きを読む

        2018/07/28 by motti

    • 他13人がレビュー登録、 54人が本棚登録しています
      四畳半神話大系

      森見登美彦2008/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! niwashi 2hak1
      • 2018/2 8冊目(通算26冊目)。再読2~3回目ぐらい。何回も読んでいるけれど、今回初めて話の全体像がつかめたような気がする。4編の話が全部並行しているというギミックにも初めて気が付いた。(それなら今まで何を読んでいたのだとツッコミを入れられそうですが、読んでいくうちに訳が分からなくなってしまうのです。)アニメ版もあるが、アニメは確か11の平行世界なので見ていてちょっとくどかった記憶がある。機会があればアニメも見返したい。感想はこんなところです。

        >> 続きを読む

        2018/02/16 by おにけん

    • 他13人がレビュー登録、 81人が本棚登録しています
      ペンギン・ハイウェイ

      森見登美彦2012/11

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! niwashi 2hak1
      • 森見さんの作品は有頂天家族以来。アニメ化する前に電子版を手に入れてたけどアニメ見る前に読んでおこうと。有頂天家族の時はアニメ見てから小説を読んでみたので、その逆をやってみた。有頂天家族と比べたら文体がややジョブナイルを連想させるぐらいに読みやすく、徐々に物語の謎に引き込まれる主人公との一体感は楽しめた。アニメが楽しみだ。 >> 続きを読む

        2018/09/26 by 次郎(風)

    • 他12人がレビュー登録、 68人が本棚登録しています
      栞子さんと二つの顔

      三上延2013/01

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 匿名

        ついに栞子と母親が出会うー。本に携わる二人が、何年ものときを経て出会ったとき、何かが動き出す。母親のことを憎みながらも母親の血を濃く引く栞子と母親はどうなっていくのか? >> 続きを読む

        2018/04/17 by 匿名

    • 他12人がレビュー登録、 69人が本棚登録しています
      アルケミスト 夢を旅した少年

      山川紘矢 , CoelhoPaulo , 山川亜希子1997/01

      カテゴリー:ポルトガル文学
      4.2
      いいね! SAI
      • 主人公の少年はいくつもの試練を乗り越え、運を味方につけ、前兆に従い、宇宙の全てが協力してくれる。
        それまでに出会った人との出会いに感謝し、自分の夢、目的を見失わないようにいつもイメージしている。
        日々の忙しさから、自分自身の幸せや夢を見失ってしまうが、この本を読んで、それをいつも考えることがいかに大切かを感じた。

        ・誰も皆、他人がどのような人生を送るべきか、明確な考えを持っているのに、自分の人生については、何も考えを持っていない。
        ・若い頃は全てがはっきりしていて、全てが可能。夢を見ることも。時が経つうちに、不思議な力が、自分の運命を実現することは不可能だと、思い込ませる。
        ・人は早いうちに生まれて来た理由を知るが、早い時期に諦めもする。
        ・結局、人は自分の運命より、他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方が、もっと大切になってしまう。
        ・幸福の秘密は世界の全ての素晴らしさを味わい、しかもスプーンの油のことを忘れないこと
        ・人は自分の必要と希望を満たす能力さえあれば、未知を恐れることはない。
        ・秘密は現在にある、もし現在によく注意していれば、現在をもっとよくすることができる。
        ・勇気こそ、大いなる言葉を理解するために最も重要な資質である
        ・学ぶ方法は一つしかない。それは行動を通してだ。
        ・人は、自分の一番大切な夢を追求するのが怖い。自分はそれに値しないと感じているか、それを達成できないと感じている。永遠にさってゆく恋人や、楽しいはずだったのにそうならなかった時のことを考えてしまう。傷つくのがこわい。
        ・真剣に自分の宝物を探している時、毎日が輝いている。それは一瞬一瞬が宝物を見つけるという夢の一部だと知っているからだ。
        ・愛は、大いなる魂を変え、より良いものにしようとする力。
        >> 続きを読む

        2018/09/03 by sammy

    • 他11人がレビュー登録、 55人が本棚登録しています
      マリアビートル

      伊坂幸太郎2010/09

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! ooitee
      • 殺し屋シリーズ第2弾は、全編新幹線の車内でのみ展開する。

        子供が重傷を負いその復讐のため乗る木村。
        その木村を束縛する中学生の王子。
        そして任務を請け負うため乗り込む双子のような檸檬と蜜柑。
        更にはツキがまるでない七尾。

        この5人を主軸に殺し屋たちが社内を行き交う。
        普通に考えれば一方通行なので逃げる場所などないのだが、そこはアイデアによってユーモラスな殺し合戦が始まる。

        檸檬と蜜柑の強烈な個性は、まさかのトーマス機関車。
        そしてサイコパスの権化のような王子もまた強烈。

        序盤から張られた伏線も最後にはきれいに回収。
        3作目も楽しみだ。
        >> 続きを読む

        2018/09/30 by オーウェン

    • 他11人がレビュー登録、 38人が本棚登録しています
      青の炎

      貴志祐介2002/10

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 青春小説としても読めるので、切なかったです。特にラストの場面では秀一にはもっと別の未来もあったのでは…と感傷的な気分になりました。 >> 続きを読む

        2017/06/19 by yano

    • 他10人がレビュー登録、 57人が本棚登録しています
      シアター!

      有川浩2009/11

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 友人にDVDと一緒にかりました。
        テンポ良く読みやすく、人情味あるキャラクターたちに愛着がわく。

        各々が複雑な思いを抱えていたり、多少「お金」関連に対し辛口な部分はありつつもほのぼのとした雰囲気。
        この作品のモデルとなった劇団主宰からのお言葉(「解説にかえて」)がとても好きです。
        >> 続きを読む

        2017/08/21 by snowball

    • 他10人がレビュー登録、 51人が本棚登録しています
      ビブリア古書堂の事件手帖

      三上延2011/09

      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! niwashi
      • 匿名

        大輔の同級生宅で起こる古書をめぐる話、古書店女主人の母親の影が見え隠れする話、過去が少しずつ紐解かれていく。 >> 続きを読む

        2018/04/17 by 匿名

    • 他10人がレビュー登録、 73人が本棚登録しています
      夜明けの街で

      東野圭吾2010/06

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 恋愛ものは好きではなかったのですが、恋愛とミステリーとで、
        普段読書をしない人に貸した時もすらすら読んでたから、読みやすいく、面白い! >> 続きを読む

        2016/09/24 by asa_chann

    • 他9人がレビュー登録、 53人が本棚登録しています

【(株)角川グループパブリッシング】(カドカワグループパブリツシング) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本