こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)河出書房新社 (カワデシヨボウシンシヤ)

企業情報
企業名:河出書房新社
かわでしよぼうしんしや
カワデシヨボウシンシヤ
コード:309
URL: (株)河出書房新社 http://www.kawade.co.jp
      昨夜のカレー、明日のパン

      木皿泉2013/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ユニット脚本家?

        「すいか」「野ブタ。をプロデュース」「Q10」などのドラマが熱く支持されている、夫婦によるユニット脚本家「木皿泉」さん。「さん」付けするべきか否か(´Д`;)ユニット名なんですもんね?
        へぇ。ドラマはほとんど見ないので人気脚本家といわれてもピンとこないけど普通に「小説」と思って読んでるうちにハマったゎーコレ。
        魅力は、ひとことでいって...
        "ユーモラスで哀しい"
        ところ。
        ほかのも読んでみたくなりました!

        (amazon解説)
        悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ―。7年前、25才という若さであっけなく亡くなってしまった一樹。結婚からたった2年で遺されてしまった嫁テツコと、一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフは、まわりの人々とともにゆるゆると彼の死を受け入れていく。なにげない日々の中にちりばめられた、「コトバ」の力がじんわり心にしみてくる人気脚本家がはじめて綴った連作長編小説。
        >> 続きを読む

        2018/11/04 by motti

    • 他14人がレビュー登録、 45人が本棚登録しています
      掏摸

      中村文則2013/04

      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! KEMURINO
      • 読み終わったのに、最後が気になる……。

        2017/10/01 by あーか

    • 他11人がレビュー登録、 29人が本棚登録しています
      蹴りたい背中

      綿矢りさ2007/04

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 19歳の若さでこの作品を書き上げた著者の才能は凄いと思う。

        2019/05/13 by ねこまろ

    • 他9人がレビュー登録、 37人が本棚登録しています
      不幸な子供

      エドワード・ゴーリー , 柴田元幸2001/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.3
      いいね!
      • 狂気の絵本


        う~ん。
        ブラック!
        閉口

        カリスマですな(;´д`)
        >> 続きを読む

        2018/07/09 by motti

    • 他5人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      ハローサマー、グッドバイ

      ConeyMichael , 山岸真2008/07

      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 表紙がかわいい。

        SF恋愛小説の古典でもあり傑作だと名高いこの『ハローサマー、グッドバイ』。
        地球ではないどこかの星が舞台。
        星のなかが戦争状態にあるなか、思春期真っ只中の少年ドローヴと少女ブラウンアイズのひと夏の恋愛模様が描かれている。

        小説の中盤までと後半で内容がガラッと変わるのが印象的。
        中盤まではドローヴの心象風景を中心に少年少女たちのどこか微笑ましくなる恋心の描写がほとんど。リボンっていう女の子と三角関係的になったり。。(かと思ってたら急に官能的な展開になったりしてちょっと焦ったところもw)
        ドローヴに共感できないって言葉もネットでは目にしたけど、まぁ思春期の少年なんてだいたいこんなもんだろうなと思う。

        中盤からはSF色が濃厚に。公転軌道、自転軸、グルーム(粘流)っていう季節限定の海流にかかる現象などなど。そして事態は少年少女たちの気持ちを置き去りに、残酷なものに………

        ラストの余韻、特に最後1行が想像を掻き立てる。
        続編『パラークシの記憶』も読むしかないなぁ。
        >> 続きを読む

        2017/08/11 by ねごと

      • コメント 4件
    • 他5人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      夢を与える

      綿矢りさ2007/02

      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • 綿矢りさが「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞後の作品「夢を与える」を読了。

        ある商品のCMのチャイルドモデルに選ばれた夕子は、そのCMに半永久的に出演するという契約をかわされてしまう。

        やがて夕子は芸能人としてブレークする。期せずして彼女は人々に「夢を与える」職業についたことになる。
        ところがそれは、当人の人格が根こそぎ搾取される悪夢のような仕事だったのだ-------。

        夕子に待っているのは、悲劇的な結末だ。だが、読み終えて感じるのは、悲しみではなく、「不安」と言った方がいいかもしれない。

        夕子をはじめとする登場人物には、「理想」や「葛藤」あるいは「悩み」といった読み手が共感できるような要素が描かれていない。
        むしろ、読み手の共感を拒絶するかのように俯瞰的な視点から、この小説の語り手は、夕子の観察日記を語るのだ。

        資本に搾取され、労働に疎外される人物の物語は、数多くある。
        この作品が際立っているのは、この小説の主人公には搾取されるべき内面がもともとないという点だと思う。

        夕子は、幼少時からマネージャーである母親によってCMモデルとして育てられてきた。
        つまり、夕子の人格は、はじめから虚像として作られていたことになる。
        はじめから持っていた人格など彼女にはないのだ。
        あるのは他人が勝手に作り上げたイメージだけなんですね。

        したがって、この物語は、当然の帰結として破局に終わるほかはないのだ。
        このような状況は、個人の「意志」や「努力」によって、なんとかなるようなものではないからだ。

        この小説をただの芸能人の悲惨な物語として読むこともできる。
        あるいは、芥川賞受賞をきっかけに自身が「現象」となってしまった著者・綿矢りさと主人公を重ねて読むこともできるだろう。

        しかし「夢を与える」職業は、どこにでもあるものだ。
        自動車を売っている人は、自動車の夢を与えて、ハンバーガーを売っている人は、「スマイル」という夢を与えている。

        夢を与え続ける奴隷。綿矢りさの小説は、そのような人たちに向けて書かれているのだと思う。

        >> 続きを読む

        2018/08/30 by dreamer

    • 他4人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      憤死

      綿矢りさ2013/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 4編とも全部、趣向は違ったけれど、不思議な話。

        特に『トイレの懺悔室』は怖すぎる。
        主人公が大人になって同級生に誘われて「おやじさん」に会いに親父さんの家に行くところからが、もう心がザワついて気持ち悪かった! >> 続きを読む

        2017/07/04 by taiaka45

    • 他4人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      屍者の帝国 = The Empire of Corpses

      伊藤計劃 , 円城塔2012/08

      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 晦渋ではあるものの、設定は面白く引き込まれた。別で文庫版のあとがきを読んでみたが、円城氏の思いが伝わって良かった。概ね満足できる作品。 >> 続きを読む

        2017/05/27 by hiro2

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      想像ラジオ

      いとうせいこう2013/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね! azumijikan
      • 大震災に関わる話だけどラジオ風なのでそこまで重くない。
        でもじわっとくる。

        日本は一神教よりは八百万の神々って感じがとてもする。
        なんというか、「無念」の数が膨大な場合にその感情や心がまったく完全にすぐさま無になるって感覚がなんとなく信じられない気持ちとか。
        というか生きてる人間の感情がそれで済まないというか。

        最後の方の複数のリスナーの声がわーっと入って来るの盛り上がる!
        >> 続きを読む

        2018/02/08 by W_W

    • 他3人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      アライバル

      TanShaun2011/03

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.3
      いいね! foolman
      • 新聞で紹介され、図書館で予約して何ヶ月待っただろう。
        待った甲斐があった。
        素晴らしい本だ。
        何度も読み返したいと思うし、その度に発見もあるだろうと容易に想像できる。
        文字を一切使わず、絵だけで物語る。
        途中、いったいどうなるのだろうと思いながら、最後はほっとしたというのが本音。
        つまり、それだけ、いろいろ想像してしまうという言い方が正しいのかもしれない。
        絵だけで構成されているからだろう。
        どこに目が行くかは、その時のこころのありようで違う。
        >> 続きを読む

        2014/08/19 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      インストール

      綿矢りさ2005/10

      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 自分はなにものなのか、なにかになりたいと思う気持ち。もどかしさや不安みたいなところが、ありきたりではない表現やストーリーで書かれていて、惹きつけられます。

        読めてよかったです、気分は清々しい!
        お気に入りの一冊です!
        >> 続きを読む

        2017/10/30 by asa_chann

      • コメント 4件
    • 他3人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      推理小説

      秦建日子2005/11

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • ドラマ化もされたこの小説。

        しかも書いた人が、数々のドラマの脚本を手掛けた、秦さん

        だから、面白くないわけがない!

        話も普通に面白いのですが。
        私が特にこの小説が好きな理由として。

        「推理小説」というこのタイトル。

        「<推理小説>という、推理小説を読んでます。」
        誰かに紹介すると、こういう事ですよね(笑)

        このタイトルの付け方が斬新的で、私の好きな部分でもあります。
        >> 続きを読む

        2018/06/23 by ゆずの

    • 他3人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      バリー・トロッターと愚者のパロディ

      浅尾敦則 , GerberMichael2002/10

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね! u_sukumo
      • 「あなたのBOOK診断」で提示された本です。
        いわずと知れた有名な某シリーズのパロディということですが。
        でも、アレはアレ、これはこれ。
        普通にひとつのお話として読んだほうが、楽しめます。というか、普通に楽しかった。
        とはいえ、元を読んでおいたほうが、世界観とかが説明要らずで解かりやすいと思いますけども。
        >> 続きを読む

        2013/06/28 by koh

      • コメント 6件
    • 他3人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      蹴りたい背中

      綿矢りさ2003/07

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!

      • 青臭い。なのに、独善的ではない。描かれているのは、高校生の世界。
        なのに、ハイティーンだけでなく、それこそリストラ世代の胸にも届く言葉に溢れている。

        綿矢りさの第130回芥川賞受賞作「蹴りたい背中」は、"17歳の女子高生が書いた"という話題だけが先行しがちだったデビュー作「インストール」より遥かに普遍性の高い、この若い作家の明るい未来を予告するファンファーレのような晴れやかな小説だったように思う。

        主人公は、高校一年生のハツ。友達は、中学生時代から一緒の絹代ただ一人なのだけれど、その彼女も新しい友人グループを作ってしまい、ハツはクラスで浮いた存在になっている。

        ある日、もう一人のクラスの余り者、にな川に家に来ないかと誘われる。
        にな川は、ハツが中学生の頃、偶然に出会ったモデルのオリチャンの大ファンで、彼女の情報を集めていたのだった。

        「どうしてそんなに薄まりたがるんだろう。同じ溶液に浸かってぐったり安心して、他人と飽和することは、そんなに心地よいもんなんだろうか」。

        独りきりで過ごす休み時間や、昼寝タイムの居心地の悪さをつらいと感じても、ハツはだからといって無理に仲間を作りたいとも思わない。
        練習をさぼることばかり考えている陸上部の、仲良しクラブのようにぬるい雰囲気にも馴染むことができない。

        でも、中学時代にはそうしたグループの一員だったこともあるハツは「人のいる笑い声ばかりの向こう岸も、またそれはそれで息苦しい」のを知っている。
        笑いたくなくても笑って、他の人に調子を合わせなくてはならない暗黙の掟の窮屈さを知っている。

        だから、よくいえばニュートラル、悪くいえばどっちつかずの状態にあるハツ。
        それゆえに、自分より一層、他者と交わらず、オリチャンという幻想の中に閉じこもっているにな川が、気になって仕方なくなってしまうのだ。

        でも、それは"好き"という感情とは違う。
        オリチャンのラジオ番組を、「この方が耳元で囁かれてる感じがするから」と、片耳イヤホンで聞くにな川の「この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい。痛がるにな川を見たい」という欲望に耐えきれず、凄まじい力で蹴り倒すハツ。

        一緒にオリチャンの初コンサートに行き、地震が起こればいい、地震が起きたら自分がオリチャンを助けるんだという妄想を口走りながらも、しかし、絶対に地震など起こらないことも分かっているにな川が、絶望的な表情を見せれば「にな川がさびしい。彼を可哀想と思う気持ちと同じ速度で、反対側のもう一つの激情に引っぱられていく。にな川の傷ついた顔を見たい。もっとかわいそうになれ」と思ってしまうハツ。

        勉強ができるわけじゃない。ルックスがいいわけじゃない。何か特技があるわけでもない。
        だから、独りとはいっても、それは孤高の存在なんてカッコイイものではなくて、クラスのお荷物的な存在としての独り。

        ハツは、そんな自分の情けない立場をよく知っている。
        ところが、にな川ときたら、自分以上にクラスメートから異物扱いを受けているのに、意にも介さない。
        オリチャンさえいれば満足なのだ。オリチャンのグッズに囲まれていれば幸福なのだ。

        そんなにな川に対する共感と苛立ちと、ほんのわずかな羨望と-------。

        一歩間違えば陰惨な、しかも哀しいくらい低レベルないじめに向かってしまいそうな、そうした心象を、著者の綿矢りさは、簡単に決着させることなく、丁寧に、でもくどくはない、どちらかといえば軽いユーモラスな筆致で描いていく。

        そして、ハツとにな川の関係性を開いたまま、物語を閉じる。
        19歳にしか書けない、けれど普通の19歳には決して書くことができない。
        まさしく、この作品は、新しい才能の開花を告げる慶賀の一冊なのだと思う。
        >> 続きを読む

        2019/02/09 by dreamer

    • 他2人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      人のセックスを笑うな

      山崎ナオコーラ2004/11

      カテゴリー:小説、物語
      2.8
      いいね!
      • 恋の最中は、太さの違う剛毛や目尻のシワやぽっこりした下腹部までも、普通は幻滅するような部分も宝物のパーツになる。
        この時期が過ぎて、空気になって、空気が当たり前であったり、重苦しくなって辛くなったり、場合によっては毒が混じったり。
        途中で終わると切ないけれど綺麗なまま。
        磯貝くんは途中で一方的に断ち切られこの状態。
        ユリは空気を既に持っていて、少しその綺麗なモノが欲しくなったんだろう。
        ズルい。
        でも羨ましい。
        恋の終わりはなかなか癒えない傷。
        そうだね。「会えなければ終わる、そんなものじゃない」
        >> 続きを読む

        2017/11/12 by ももっち

    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      異性

      穂村弘 , 角田光代2012/03

      4.0
      いいね!
      • 角田光代と穂村弘の往復書簡。
        男と女の認識の違い。そこから生じる勘違い。
        ふたりのやりとりが面白すぎて、読み終わるのが惜しかった。
        なんとなく、男女間のもやもや感じていたことが、文章でスパッと書かれていて、ほんとスッキリ!
        私はもう恋愛しなくていい立場なんだけど、恋愛中にこの本に出合っていたら、冷静にふんふんと男を見ることが出来たかも。
        …なーんてことないか。
        >> 続きを読む

        2015/11/02 by shizuka8

      • コメント 3件
    • 他2人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      スタッキング可能

      松田青子2012/12

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 「ウォータープルーフ嘘ばっかり!」
        という強烈なタイトルにしかり、内容にしかり、
        感できるキーワードが多く、愉快な気持ちで読みました。
        表題作よりも「マーガレットは植える」が好きです。
        働くってたいへん。
        >> 続きを読む

        2015/08/28 by カルシウム

    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      ひとり日和

      青山七恵2010/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 高卒&中途採用でも正社員になれる話。

        青山七恵さんの本はとてもいい。
        こういうのは男性が書いてるのは飽きた。
        どう考えてももう村上春樹さんの新作にはときめかない。
        青山さんの文章には反応する。とても。
        文学とは青春だよね。若い時に書いてないと嘘なんだよね。
        もちろんフィクションなんだから嘘ではあるけれど感情のダイレクトさが大御所とは違うホンモノさがあると思うんだ。
        この物悲しさはホンモノですよ。
        >> 続きを読む

        2018/07/28 by motti

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      銃

      中村文則2012/07

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 芸人で作家の又吉さんがよくオススメしてる作家さんでとても気になっていたので買いました。
        本書は中村さんのデビュー作で海外でも評価の高い作品であります。デビュー作とは思えない冒頭の文章。そして、人の心の中にある闇の部分が鮮明に描かれており、今まで読んできた作家さんの中でも異色の作家さんだと感じました。まだ読み始めて途中ですが、色んな方に読んで欲しい作品だなと思いました。
        >> 続きを読む

        2018/02/18 by GLAY

    • 他2人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      夢を与える

      綿矢りさ2012/10

      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! KEMURINO
      • 本作は、芥川賞作家・綿矢りさの最高傑作である。
        チャイルドモデルの成長物語だが、綿矢の持ち味であるホラー的要素が効果的に織り込まれている。
        綿矢は、次作の「勝手にふるえてろ」以降、刊行ペースは順調ながら、不自然な恋愛物が多くなっていき、少し残念に思っている(恋愛物も、そこそこ面白いのだが)。
        しかし、綿矢はもしかして編集者から「この場面で、キスシーンを挿入してください」などと指示されているのであろうか。
        もしそうだとしたら(失礼だが)かなり笑える、というか泣ける話である。
        綿矢にホラー小説の執筆を依頼する真っ当な出版社は存在しないのだろうか。
        >> 続きを読む

        2019/06/27 by tygkun

    • 他2人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています

【(株)河出書房新社】(カワデシヨボウシンシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚