こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ごま書房新社 (ゴマシヨボウシンシヤ)

企業情報
企業名:ごま書房新社
ごましよぼうしんしや
ゴマシヨボウシンシヤ
コード:341
URL: http://www.goma-shobo.co.jp
      日本一心を揺るがす新聞の社説 それは朝日でも毎日でも読売でもなかった

      水谷謹人2010/10

      5.0
      いいね!
      • 読みながら感じたこと。
        明日・希望・ひと・喜び・息づかい・ふれあい・思いやり・・・などなど、上を向いて歩めそうな言葉がたくさん浮かんだ。
        そして、市井の人々の暮らし。
        自分たちと、そんなに距離感がなく、身近なところにありそうで、気づきにくいことが取り上げられている。
        だからこそ、響くものも大きいのだ。

        それも、じんわりとくるのがいい。
        心の漢方薬のようなものだ。
        >> 続きを読む

        2015/09/23 by けんとまん

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      行為の意味 青春前期のきみたちに

      宮沢章二2010/07

      カテゴリー:詩歌
      5.0
      いいね!
      •  以前CMで流れていた
        「心は見えないけど心遣いは見える。
        思いは見えないけど思いやりは見える」
        という優しく素敵でありながら鋭い一言。
        この一言を生み出した宮澤章二さんの詩集です。
         
         宮澤さんは過去30年にわたり
        埼玉の中学生に向けて毎月 詩を書いており、
        本書はそれをメインに納められたものです。
         
         「青春前期のきみたちに」という副題があるように、
        中学生にも理解しやすい言葉で
        共感しやすい自然や日常の風景を取り上げながら、
        たくみに伝えたいメッセージを織り込んだ
        まさに詩人らしい丁寧で濃密な仕事だと思います。
         
         ちなみに、本書は故人となった宮澤さんの作品を
        できるだけ多くの方に読んでもらいたいと
        息子さんがまとめたもののようです。
        お父さんとお父さんの仕事をとても大切に思っていることが
        なんとなく伝わってきて、
        そんなところからも感じさせられる部分のある一冊です。
        私も是非 多くの方に読んでいただきたいと思います。
        >> 続きを読む

        2015/02/03 by kengo

    • 1人が本棚登録しています
      この本読んで元気にならん人はおらんやろ 熱い三人とゆる~い一人、アホ四天王からの入魂メッセージ

      てんつくマン , しもやん , 中村文昭 , 水谷謹人2013/10

      カテゴリー:人生訓、教訓
      5.0
      いいね!
      • 本当に元気になった!
        みやざき中央新聞・魂の編集長・水谷もりひと氏が贈る
        アホ四天王からの講演からの入魂メッセージ。

        4人に共通するのは、挫折から立ち直り。
        その立ち直った体験を活かしたいという想い。
        私欲はない。
        挫折した人たちを、自信を失ったこの国を、
        元気にしたいという熱い想い。 

        「与える者は与えられる」という言葉があるが、
        それは、まさに彼らのことだ。
        熱い彼らのメッセージに、人が集まってくる。

        人を惹きつけてやまない彼らから学ぶこと、
        それは「人から好かれるには素直であること。」
        それも、めちゃくちゃ素直に。
        好かれるには、しもやんの教えにある3つ言葉を口癖にすることだ。
        「すごいですね!」「なるほど!」「おもしろいですね!」

        4人のどの言葉も感動、掲示しておきたいものばかり。
         0.2秒の返事
         頼まれ事は試され事
         いい言葉を書き、いい本を読み、いい話を聴いていたら、いい人と出会う。
         ピンチピンチ、チャンスチャンス、ランランラン
         能力を最大限に引き出すには、ワクワク感と明るさ


        中嶋文昭氏の「わざと指を無くして教師を目指した父」の話と、
        大嶋啓祐氏の「17歳の店員が話すわずか15分の講演
        『不幸な家庭環境から立ち直り、夢を語る姿』」に最も感動した。

        やる気のスイッチ。
        それは感動した瞬間に入る。

        全国を回って講演している4人の活動が、
        大きな流れとなり、日本を明るくしてくれるに違いない。
        >> 続きを読む

        2014/09/02 by てるゆき!

    • 2人が本棚登録しています
      藤田元司の情のリーダー学

      藤田元司1996/05

      カテゴリー:球技
      5.0
      いいね!
      • プロ野球の監督で尊敬する人物を
        一人挙げろと言われたら、
        この人になります。

        リーダー、指導者はどうあるべきか、
        人への接し方が中心に書かれています。
        足踏みしていた斎藤をエースへと押し上げ、
        西武からトレードできた大久保を再生した
        ところなどは藤田氏の人間性によるものが
        大きいと思います。
        (日本シリーズで近鉄に勝てたのは
        大久保の活躍があったからとか、大嘘も書いて
        ありますが。対近鉄は89年、大久保入団は92年)
        現在の原監督の采配は藤田氏の影響が色濃く
        出ていますね。
        >> 続きを読む

        2015/08/30 by UNI

    • 1人が本棚登録しています

【ごま書房新社】(ゴマシヨボウシンシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本