こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)祥伝社 (シヨウデンシヤ)

企業情報
企業名:祥伝社
しようでんしや
シヨウデンシヤ
コード:396
URL: http://www.shodensha.co.jp
      陽気なギャングが地球を回す 長編サスペンス

      伊坂幸太郎2006/01

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! tadahiko
      • 再読。
        楽しい時間はあっという間に過ぎる。
        読み終わった思ったのはそんな事。とにかく楽しい小説!

        4人組の銀行強盗ががちゃがちゃわいわいしながら、騒動に巻き込まれるお話。
        4人とも特殊能力を持ってて、キャラも立ってるし愛くるしい。

        ・嘘を見破ることができる人間嘘発見器。市役所勤務。係長。
        ・動物を愛してやまない天才的スリ師。まだ20歳そこそこの青年。
        ・嘘をつくために生まれてきたような男。演説が得意。喫茶店マスター。
        ・正確無比な体内時計を持つバツイチ、一人の息子をもつお母さん。

        最後の最後まで飽きさせないストーリー展開。
        どっちが上手か、騙し合い探り合い。
        伊坂幸太郎特有のおしゃれでとんちの効いた会話が炸裂するのもこの物語の特徴かな。
        主人公同士の会話シーンがいちいち面白い。

        このシリーズ、あと2作ある。
        また彼らに会えるのが楽しみすぎる。
        >> 続きを読む

        2018/05/05 by ねごと

      • コメント 2件
    • 他23人がレビュー登録、 116人が本棚登録しています
      幸福な生活

      百田尚樹2013/11

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! oasamaru misora
      • 約一年程前に読んだ。ラスト一行の衝撃!正に、鳥肌立ちました! ドキドキ、ハラハラ、一語一句見逃せない!
        とても面白かったです(^.^)
        >> 続きを読む

        2017/08/16 by misora

    • 他12人がレビュー登録、 40人が本棚登録しています
      百瀬、こっちを向いて。

      中田永一2010/08

      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • 表題作の映画版は未鑑賞。「百瀬~」の物語がもっと長いのかと思ったら、4編からなる短編集(話のつながりはないもの)だったのが意外。印象に残ったのはやはり表題作の「百瀬~」と「小梅が通る」の2編。「百瀬~」の方は恋人だと演技をしているうちに、「小梅~」の方は小梅と嘘をついてあっているうちに恋心が芽生えていく。そんな切ない気持ちに気付く過程が読んでいて感動とまではいかないけれど心に残った。感想はこんなところです。 >> 続きを読む

        2016/10/17 by おにけん

    • 他7人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      陽気なギャングの日常と襲撃 長編サスペンス

      伊坂幸太郎2009/07

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 前作に引き続いての2作目はスピンオフ的な物語。
        4人の日常を掘り下げた短編を描き、その後4人が集う長編に集約されていく感じ。

        作者自身が途中で構成を変えたという事で、多少歪になってはいるが、短編部分のアレが実はこうでという伏線が活きている。

        何より成瀬を始めあの4人に久しぶりに会った感覚がする。
        3作目ももちろん読みます。
        >> 続きを読む

        2018/01/18 by オーウェン

    • 他6人がレビュー登録、 73人が本棚登録しています
      ほかならぬ人へ

      白石一文2013/01

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 直木賞受賞作ということで読んだのですが...。
        「ほかならぬ人へ」
        「かけがえのない人へ」
        2話収録の単行本、そして直木賞受賞作。
        この作家の作品を初めて読みますが、恋愛小説だという。
        なるほど、そういえばそうです。
        こういうのを映画化、ドラマ化してもスカスカのトレンディドラマみたいになるのが目に見えてる感じ。

        最近はテレビドラマなんかは全く見なくなったんですが、そう。そういう「仕事と恋愛と」とかそういうのが嫌い見たいです、僕。
        小説では文字であるところが多少は文芸的な気分にはなるんでしょうけどね。
        >> 続きを読む

        2018/07/11 by motti

    • 他5人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      新釈走れメロス 他四篇

      森見登美彦2009/10

      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね! Tsukiusagi
      • 『新釈 走れメロス』

        万が一にも無いことだと思われますが、『あなたの好きな作家を一人教えてください。』などと、例えば福島駅…もしくは郡山駅にて街頭インタビューを受けてしまったら私は甚だ困ります。

        日本人特有の気恥ずかしさというのも有り余るほど持ち合わせているのですが、それよりも困るのは好きな作家を一人に絞れ切れないからなのです。

        そのため、繰り返しますが万が一にも好きな作家についてインタビューを受けてしまったら非常に困るので、どのように答えるか私は今から決めているのです。

        『二人なら挙げれますよ』と。

        だいぶ絞れてるじゃん、との声多数かと思います。
        断腸の思いで絞りに絞った二人というのが、私の場合は伊坂幸太郎さんとこの本の著者である森見登美彦さんです。

        前者の伊坂さんの件はまた別の機会に語るとしまして、森見さんについてはただただ美しく且つ圧倒的な語彙力のコラボによる文章が私のツボにどハマりしています。これは多くの人に言っていることですが、小説を読んでまるでマンガのように笑わされたのはO・ヘンリと森見さんだけです。




        本作は、そんな森見さんが我が国のレジェンド級の古典(とまではいかないかもしれませんね…)作品を、現代の腐れ大学生らを中心に据えて改変したものです。

        『芽野史郎は激怒した。必ずかの邪知暴虐の長官を凹ませねばならぬと決意した。』
        という冒頭部分なんて、もう笑うしかないじゃないですか。
        >> 続きを読む

        2017/07/29 by okusena

    • 他4人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      幸福な生活

      百田尚樹2011/05

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • H23年6月10日


        最後の一行にオチが。
        思わず「コワ〜!」と、思ってしまうオチだったり
        なんとなくこういう終わりかなと、想像できるものもありましたが
        どの話も面白かったです。

        やっぱり、うまいなぁ…って、思いました。




        >> 続きを読む

        2017/07/18 by ゆ♪うこ

    • 他4人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      陽気なギャングが地球を回す

      伊坂幸太郎2003/02

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 1回目の読了。2015.4.27
        再読2回目だが、初めて読んだ時には途中で断念した。(なぜかは忘れたが、気分が乗らなかったのかもしれない)従って最後まで読んだのは今回が初めて。映画版を先日見てある程度の結末は知っているけど、こちらの原作版の方が話の痛快さは一枚上手。赤川次郎氏のサスペンスを思わせるような読みやすさ。いや、久し振りに面白い小説を読んだ気がする。

        2回目の読了。2017.2.17
        再読3回目。「陽気なギャングの日常と襲撃」を読むためにおさらい目的での再読。やっぱり面白い。騙し騙され最後には誰が勝つのかという話の構成はよくできているなと思う。成瀬と響野のキャラの区別が混同しやすいのが難点かなと思うけど。この調子で次の「~日常と襲撃」も読んでいきたいと思う。

        >> 続きを読む

        2017/02/17 by おにけん

    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      陽気なギャングの日常と襲撃 長編サスペンス

      伊坂幸太郎2006/04

      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 再読。前半は4人それぞれの短編。リンクするのが醍醐味でもあるけど、なんて狭い世の中だと思わなくもない。今回は久遠の活躍がよかった。成瀬はできすぎ。 >> 続きを読む

        2016/10/30 by tomolib

    • 他3人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      扉は閉ざされたまま 長編本格推理

      石持浅海2008/02

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 大学の同窓中心に7名が高級住宅街のペンションに集まったところで繰り広げられる殺人劇。最初から犯人は分かっている構成だが、頭でっかちのメンバー内でのやり取りがなかなか面白い。
        現実離れした設定・展開・殺意だが、ある種の閉鎖環境ミステリーとして楽しめた。
        >> 続きを読む

        2017/08/12 by aka1965

    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      蜩ノ記

      葉室麟2013/11

      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • 葉室麟の時代小説で第146回直木賞受賞作。

        直木賞受賞にふさわしい優れた小説という印象を持った。
        良く練られたストーリー、読者の興味を掻き立てるシチュエーション、魅力的な登場人物、そしておそらく葉室さんの得意とする読者の心に染入る様な美しい風景描写。
        物語の初めから終わりまで、本当に良く作り上げられていて、ある種の芸術品の様な美しい作品だと感じた。

        職場で友人との喧嘩から刃傷沙汰を起こしてしまった檀野庄三郎は、切腹を赦免される代わりに向山村に幽閉され家譜編纂を命じられている戸田秋谷の監視を命じられる。
        戸田秋谷は七年前に前藩主の側室との密通の容疑がかけられており、10年後の切腹が命ぜられていた。
        庄三郎は、戸田家の人々と一緒に過ごすことで秋谷の人柄を知り、彼の罪に疑問を持ちはじめ真相を調査する。
        「蜩ノ記」とは秋谷が日々の出来事を記録している日記の事である。

        この作品は、心に残る台詞が多い。
        庄三郎が真相を調査する過程で人の心の闇に嫌気がさし、遠くの田畑を眺めながら
        「ひとは、稲のようにまともには生きられぬものなのでしょうか」
        と相手に問いかけるシーンは、非常に印象深かった。

        戸田秋谷の犯した罪の真相がこの作品のキーポイントであり、その謎に迫ることは危険を伴う為、緊迫したシーンが続きスリリングな楽しさがある。
        また、庄三郎が戸田家の人々と交流する事で、人を愛おしむ心が彼の心に生じてくる様の描写も美しい。
        それと庄三郎の秋谷の娘 薫に対する恋愛の様子がいかにも不器用で微笑ましかった。

        物語のクライマックスからエンディングも感動的で、この美しい物語にふさわしい。
        ここでは、庄三郎の人間としての成長が如実に出ていて本当に素晴らしいシーンであった。

        非常に完成度の高い良い小説だと思う。
        ただ物語が美しければ美しいほどいかにも作り話という感じがしてしまうので、その部分のバランスさえ良ければ満点だ

        >> 続きを読む

        2018/01/28 by くにやん

    • 他3人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      でーれーガールズ

      原田マハ2011/08

      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 女の友情って、いいなぁ。
        青春時代を転校先の見ず知らずの土地で過ごすことになった主人公。そして友達と、特別な人と…。

        現在と過去の話がうまく絡み、自分も思い出の場所に行って物思いに耽るような、くすぐったい感じがした。
        そして、始まりそうな恋よりも、友情を選んだあゆがとても苦しくて、長いため息が出てくる。

        ラストは、なんとなくひっかかっていたものが急に、残酷に現れる。


        でーれー、ええ夢見せてもろうたが。


        本書の中で好きな文章があった。

        「そう。あの頃、私たちは誰もが光の中にいた。おかしなものだ。光の中にいる時は、光を意識することなんてめったにない。そのくせ、その場所から一歩踏み出すと、どんなにまぶしい光のさなかにいたのか、初めてわかるのだから。」


        昔の光も忘れてはいけないけど、それ以上に今この時の光をしっかり噛みしめないといけないなぁ、と感じさせられる本だった。
        >> 続きを読む

        2018/02/21 by 豚の確認

    • 他3人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      Puzzle 推理小説

      恩田陸2000/10

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!

      • かつては石炭で栄えたが、今は無人島と化している廃墟の町。

        そこで三つの死体が発見される。それぞれの死因は、餓死、墜落死、感電死。
        さらに、死体からは奇妙なコピーが何枚かみつかった。

        「さまよえるオランダ人」の伝説を説明したもの、映画「2001年宇宙の旅」製作発表の古い記事、元号制定に関する新聞記事、はたまた料理ブックの文章や、地図の作り方など。

        他殺か事故かも不明の死体たちと、奇妙な手掛かりたち。
        いったい、ここで何があったのか?

        この難問に挑むのは、同じ恩田陸の「象と耳鳴り」にも登場した関根多佳雄の長男で、検事の関根春。
        父親譲りの好奇心と想像力で、廃墟に転がるパズルならぬパズルを組み立てていく。

        パズルだから断片があるのではなく、断片が転がっているから全体像を組み立ててみずにいられない-----。

        実はこれは、「象と耳鳴り」や「木曜組曲」にも共通して流れている考え方ですが、そもそも恩田陸の最初の長篇小説「六番目の小夜子」に出てくる「サヨコ」のゲームにしてからが、同じ原理で成り立つゲームであったとも考えられますね。

        >> 続きを読む

        2018/06/18 by dreamer

    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      未踏峰

      笹本稜平2012/05

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ビンティ・チュリ(祈りの峰)僕ら3人が出会った山小屋「ビンティ・ヒュッテ」から名前を取って命名した。未だ名前の無い未踏峰。7000m満たない目立たぬ頂きだが、僕らを残し亡くなったパウロさんと僕らの希望の頂だ。パウロさんと僕らは4人のチーム、必ず彼と共に祈りの峰に辿り着こう。胸にはパウロさんの遺骨と、彼が僕らに残してくれた希望を抱いて・・・。

        元敏腕システムエンジニアだった裕也は、万引きにより逮捕され職を追われた。
        派遣社員として先の見えない仕事に明け暮れる毎日の中、ふと目にした北八ヶ岳の山小屋の募集に応募する。
        山小屋「ビンティ・ヒュッテ」のオーナの蒔本(パウロ=洗礼名)は裕也を即決で雇い入れ暖かく遇した。
        パウロは世界的に名の知れたクライマーだったが、現役を退き登山用品店経営を経て、北八ヶ岳で山小屋を経営するに至った。
        ビンティ・ヒュッテのスタッフには、卓越した料理の才能が有りながら、アスペルガー症候群であるが故に職場に馴染めずなかったサヤカ。
        知的障害はあるが頑強な体と繊細なスケッチ能力を持つ慎二が働いていた。
        彼らはパウロの大木のような魅力の下で伸び伸びと仕事を続けていた。
        4人は共通の夢を見るようになる。それはエベレストに有る名も無き未踏峰に挑み4人で頂きを踏む事。
        具体的に実現する為4人は冬の富士山で訓練を繰り返し着実に実力を伸ばしていった。

        山小屋はシーズンオフは働く事が出来ない。3人はそれぞれ違う職場でシーズンインの日を夢見て仕事に勤しんでいた。
        そんなある日、山小屋が火事になりパウロは焼死してしまう。
        彼らは嘆き悲しんだが、弁護士を通しパウロから3人に遺言が届く。
        その遺言にはパウロの生きてきた足跡、そして遺産を彼らに譲り各々の人生に役立てて欲しいという記載が有った。
        サヤカは言った「パウロさんを連れてってあげようよ・ビンティ・チュリへ」
        分かった。登ろう、ビンティ・チュリに。パウロさんと僕らの夢を実現する為に・・・


        この本を山岳小説と読むか、成長小説と読むかで正反対の評価になります。
        評判があまりよろしく無い本ではありますが、僕はこの本とても感動しました。
        山に夢中でしがみつく事で生きている喜びを全身で感じて、新たな人生の扉を開く原動力にしていく姿を頭に描いて、自分も頑張らなくっちゃと高校生みたいな安直な感想を抱きました。
        朝読了したので今日はやる気満々ではつらつ会社員でした。おかげで今日はなんだか疲れた・・・。
        >> 続きを読む

        2015/06/04 by ありんこ

      • コメント 14件
    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      ダークゾーン

      貴志祐介2013/09

      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • 擬似の世界で、2チームに別れて戦い、相手の将を殺すと勝ちってゆうゲームに参加させられる話。
        なんだか怖い。
        >> 続きを読む

        2014/08/21 by bob

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      蜩ノ記

      葉室麟2011/10

      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! tadahiko emi
      • はじめましての著者である。また時代小説は久しぶりである。江戸屋敷で側室と密通し、そのことに気づいた小姓を切り捨てたとして戸田秋谷は、本来なら家禄没収のうえ切腹のところ、取り組んでいた御家の家譜作りが途中だったので、10年後に切腹するとしてそれまで家譜編纂のため家族とともに幽閉されていた。そこへ城内で刃傷沙汰を起こし、切腹を免れた庄三郎が秋谷の監視役としてやってくる。家族と起居を共にするうちに、庄三郎は秋谷の切腹を回避できないかを考え始める。
        読んでいて季節の移ろいや景色の描写がうまく、まるで一枚の絵を見るようだった。また人々の性質が味わい深かった。
        >> 続きを読む

        2017/10/30 by konil

    • 他2人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      発達障害に気づかない大人たち

      星野仁彦2010/01

      カテゴリー:内科学
      4.0
      いいね!
      • 今話題?の発達障害について書かれた本。著者である精神科のお医者さん自身も発達障害らしい。

        発達障害については良く分かったが、対策方法には無理がある気がする。
        星野先生のようにお医者さんであれば職場の人達に色々と助けてもらえるんだろうが、これといった才能も無いわ社会的地位も無いわという人が1人の時間を作ってもらうとか1人のスペースを設けてもらうとかいうのは無理すぎると思う。
        企業からすれば、そんなことをするくらいなら発達障害のある人をクビにして新しい人を雇った方が明らかに得だもの。
        こういう考え方はよろしくないんだろうけど、現実的に考えたら替えの効かない人材にでもならない限り職場で特別扱いされるなんて無理だよと。
        >> 続きを読む

        2017/12/01 by kikima

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか スペイン サン・セバスチャンの奇跡

      高城剛2012/06

      カテゴリー:観光事業
      4.0
      いいね!
      • ゆるキャラとB級グルメでは、……。その通り。

        グローバル化の中で際立ったり、生き残ったりできるのは、自立した個と町だけなんだろう。 >> 続きを読む

        2014/06/06 by junyo

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      カナリヤは眠れない 長編推理小説

      近藤史恵1999/07

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • とても読みやすく、すいすい読み進められました♪
        人間ドラマ・・と思っていたら、最後はミステリー。
        コテコテのミステリーはちょっと苦手なので、このぐらいの軽いタッチが私には合うなと思いました。
        整体師の合田先生が、奥田英朗さん作の『空中ブランコ』の伊良部先生とちょっと重ねてイメージしてしまいました(笑)
        「人間は身体がいけるところまでしかいけない」
        私も身体のメンテナンスを大事にしないと・・。
        >> 続きを読む

        2014/09/03 by もんちゃん

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      茨姫はたたかう 長編推理小説

      近藤史恵2000/06

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 合田力シリーズ第2段。前作同様、すぐに世界に入り込めて、すらすら読めた。

        「恋愛って、心を無理に軋ませて寄り添うことなんやろうな。そうやって、心を軋ませても、そばにいたい、と思うことなんやろうな」

        「自分の身を守るために、臆病でおるのは悪いことやない。悪いのは、臆病でおれば、誰かが守ってくれる、と思い込むことや」

        「人間、一本筋はとおしつつ、柔軟なんがいちばんええで」

        「飛び抜けて幸福な人間も、不幸な人間も、ほんまはそんなにおれへんで。みんなどんぐりの背比べや。自分を不幸やと思う奴は、自分を不幸にしているんや」

        力先生の名言が沢山でした。
        私も心と身体、まっすぐにしてもらいたいなぁ…。
        >> 続きを読む

        2014/09/10 by もんちゃん

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています

【(株)祥伝社】(シヨウデンシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本