こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)大和書房 (ダイワシヨボウ)

企業情報
企業名:大和書房
だいわしよぼう
ダイワシヨボウ
コード:479
URL: http://www.daiwashobo.co.jp
      スタンフォードの自分を変える教室

      McGonigalKelly , 神崎朗子2012/10

      3.9
      いいね! 1212ryoko
      • 意志力について書かれている1冊。意志力は無限ではなく、限りのある力。何かを我慢すれば減っていく。しかし筋肉と同じで鍛えることができるのである。
        毎日小さなことでもいい。ドアノブを利き手と違う手で開けたり、毎日瞑想をする等、毎日簡単なことでも何かを継続して行うことで意志力は鍛えられるらしい。
        特に毎日5分の瞑想はおすすめで意志力が増加するとのこと。
        実際やってみたが、何も考えないので頭がすっきりした感じがした。

        意志力が発揮できない状況は、ストレスが溜まったり、疲れてくると誘惑に負けやすくなる、良いことや何かを達成したら、自分へのご褒美を言った名目で我慢しなければいけないことも少しくらいはいいかと思ってやってしまう等が書かれており、なるほどと思うことが多々あった。

        報酬を期待した時に脳から分泌されるドーパミンについても書かれている。ドーパミンはワクワク感を感じているときに分泌され、やる気が起こる。そのやる気を意志力を鍛えるために毎日行っていることや、単純な仕事に結び付けると継続しやすいらしいが中々難しいことだと思う。

        納得できることばかり書かれた本だったが、一番図星だったのは、「計画だけ立てて達成感に浸りそれで終わり」、「今日はできないけど明日明後日になればできるだろう」でした。結局毎日頑張らないと成長はしないということですね。
        >> 続きを読む

        2015/10/22 by shosin

      • コメント 2件
    • 他9人がレビュー登録、 39人が本棚登録しています
      ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣

      本田健2006/01

      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.7
      いいね!
      •  📖 大富豪(成功者)と自分の考えの違いを知れる本 📖

        主人公がユダヤ人大富豪に素朴な疑問をぶつけながら、自分が質問しているような感じで、楽しくどんどん読み進めれられました。

        成功者と自分の違いは何だろう?ということを知りたくて読んだ本
        ですが、この本を読んで、「成功者は考えることをやめない。
        望む物事を実現する精度を高めていく」ということを学びました。

        後半でお金の原則、自分のビジネスを持つことなどが書かれていますが、私には前半の方が心に残った内容が多かったです。

        ・ほとんどの人間は人生を良くしたいとは考えていない。

        ・自由人VS不自由人
        ・大多数の人間は、今いるところで頑張れば道は開けると考えてしまう。そこで無駄な戦いをやって、ボロボロになって力尽きてしまうのだ。(金持ちになったり幸せになるためには、スキルを高めること
        =会社に評価してもらうことではなく、好きなことをして自分らしい人生を送ると決めることだ)

        ・普通の人は、欲しいものすら考えない。そして行動に移しもしない。ランプをこすりさえすれば夢が叶うというのに。

        17全ての秘訣を実行するには理解がまだ足りないですが、
        早速できそうなことも書いてあるので、やってみています。

        ・自由人は手帳の代わりにアイデア帳を持っている
        ・達成できたこと、できなかったことのリストを作る
        ・自分の考えをともかく紙に書く

        大富豪成功者の考え方が知れて、自分も少し前進できるという
        モチベーションを与えてくれる本です。
        とても分かりやすくて読み返したいと思った本なので、
        手元でいつでも読めるように買おうと思っています。(^o^)





         
        >> 続きを読む

        2018/09/02 by coconut

    • 他8人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      本屋さんで待ちあわせ

      三浦しをん2012/10

      カテゴリー:読書、読書法
      3.2
      いいね!
      • ・書評というよりエッセイ
        ・取り上げた書籍のそれぞれの分量が少ないので、もう少し詳しく知りたかった
        ・所々に文楽の宣伝が入りファンとしては嬉しい
        >> 続きを読む

        2017/06/11 by michi2011

    • 他5人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      自分の小さな「箱」から脱出する方法 人間関係のパターンを変えれば、うまくいく!

      Arbinger Institute. , 冨永星 , 金森重樹2006/09

      カテゴリー:経営管理
      4.4
      いいね!
      • 物事や身の回りの人間関係がうまくいかないのは自分の小さな「箱」の中に入っているから。その結果、自分の考えや価値観が絶対的に正しいという自信過剰、自意識過剰が生まれる。そうした不要な「箱」から脱出する方法をわかりやすく解説しています。
        >> 続きを読む

        2017/07/30 by 香菜子

    • 他5人がレビュー登録、 26人が本棚登録しています
      体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食

      タニタ2009/12

      カテゴリー:食品、料理
      3.4
      いいね!
      • 家庭料理風メニューが豊富です。
        全部カロリー、塩分量付きで主菜、副菜と組み合わせが自由。
        500カロリーってこんなに食べられるのかと思う賢い組み合わせのメニューに
        拍手!
        作り置き、使い回しできる料理も多いので、働くママにもやさしそう。
        もう一品何をつけるか迷った時にもお知恵を拝借しています。
        >> 続きを読む

        2013/02/05 by Hana

      • コメント 6件
    • 他4人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      30代にしておきたい17のこと

      本田健2010/08

      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.3
      いいね!
      • 恐らく、22歳ぐらいの時に本田健さんの「20代にしておきたい17のこと」を読み、とても参考になったことを覚えている。

        先日、たまたま妻の妹が私の本棚から「これ借りてくねー」と持っていった本のうち、上記の本ではないが「20代のうちに〜」と似たような本があった。

        (まぁその本は合わなかったから返さなくてもいいんだけど…)

        そういう経緯で、そういえば本田健さんの本は30代バージョンもあったな、と思い読んでみた。

        本書の内容は題名通り。彼が気付いたことや、人から学んだことをまとめた内容になっている。

        読んでみると、まだ私自身は30代歴数カ月だが、心にグサッとくるものがいくつかあった。
        グサッというのがポイント。

        こういう経験論的な本は、ただの日記みたいな物もあれば無責任に励ます物もある。

        そういう本と比べて、本書は回りくどくないし、述べている内容も理由や根拠が書かれているし、深いとこまで書かない。
        読み手が反発を持たない程度に引っ張って、後は読み手に任せる。

        そういうところが、内容と相まってグサグサッときた。

        面白かったのは「30代は希望と絶望の狭間」とか、「30代は自由が奪われていく」などネガティブ要素が含まれていること。いや、含まれるどころか半分ぐらいはネガティブ。

        ただ、そういうことも認識して受け入れていくのが30代。
        自分のことをより深く理解し、40代になるまでに生き方を決めていくことが大切だと気付かされた。

        文庫で安価でページ数もあまりないので手元に置いて人生の物差しにしたい1冊。

        本棚に眠ってる20代バージョンを起こしてこよう。
        >> 続きを読む

        2018/04/07 by 豚の確認

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      常識にとらわれない100の講義 = 100 lectures on the contrary honesty

      森博嗣2012/06

      4.0
      いいね!
      • 自分で何かに気付くヒントになることがいっぱい書かれている。

        ・そんなに不満を言うなら、どうしてまたそれを手にするのか。
        ・非常識な行動ではなく、常識を覆す理屈に価値がある。
        ・ほとんどの人がその通りだと言う言葉には商品価値がない。
        ・欠点というのは、はっきりわかっていればカバーできる。

        読んでいて面白いと思いませんか?

        この人、きっと頭良いんだろうなぁ。
        >> 続きを読む

        2013/10/29 by mahalo

      • コメント 5件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

      ちきりん2012/04

      カテゴリー:地理、地誌、紀行
      3.7
      いいね!
      • 海外の知識や情報はいくらでも得ることができるけれど、実際に現地に入ったことでわかる感覚もある。日本から出ることで、我々の日常がとても恵まれた環境にあることに気づかされる。勉強になります。 >> 続きを読む

        2017/06/25 by あいら

    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

      立花 岳志 (2014/03

      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.7
      いいね!
      • とにかく徹底して極める事が大事。「夢」のリストは幾つあってもいいから、いっぱい書き出して叶えていきたい。 >> 続きを読む

        2015/05/28 by 紫指導官

      • コメント 4件
    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      人は「暗示」で9割動く! 人間関係がラクになるコミュニケーション心理術

      内藤誼人2010/10

      カテゴリー:社会学
      3.0
      いいね!
      • 暗示コミュニケーションの手法について各所に心理実験の結果を示しながら平易に伝えるノウハウ本。人への暗示と同じくらいに自分への暗示が大事なようだ。また無意識への訴えかけが非常に重要であると説く。伝えたい事こそ直接的に伝えない、不用意な発言が人間関係をこわす、出来る人は無意識にアクセスする、無意識にパワフルに働きかけるのが暗示、人は裏メッセージを考えてしまう、NG表情や仕草に気付くか、セリフよりも表情仕草に注意する。
        以下、備忘録
        ・緊張感をほぐして安心させるコツ、ノンバーバルメッセージ(非言語)、呼吸を合わせる、息を吸うタイミングを合わせる、ボディランゲージによるペーシング。
        ・話を聞いている判定として少しオーバーに聞いている事を示す、気持ちの良い相槌、笑顔たっぷりの相槌。
        ・致命的なクセ、貧乏ゆすり、ハイを三回以上言う、腕組み、目付き、68デシベル以下の声は内気臆病と思われてしまう、86デシベル以上は攻撃的だと思われる。
        ・サブリミナル効果は短い方が効果的、説教も同じく短い方が伝わる、リンカーンのゲティスバーグ演説は2分(その前に有名な演説家が2時間話していた)
        ・相手がウキウキしている時に暗示をかける、褒めまくって快ムード状態を作る、誉め殺しは有効。
        ・何々だったろ、と決め付けて話す、自分の記憶に自信のある人は少ない、誤った記憶を埋め込む事は簡単、特にアピールしたあ暗示は3回は繰り返す。
        ・何々するなと言うメッセージは不快、ポジティブなメッセージへ、降雨予報ではなく晴天予報へ、ネガティブな感情は人を疲れさせる、ポジティブな人の方が人に好かれる、人は笑った顔を見るのが好き、経済的に裕福な人ほど良く笑う。
        ・最高の説得材料は言行一致、自分の行い以上の要望を相手にするのはナンセンス。
        ・自分が信じている事は暗示かけやすい、熱っぽく語れるか、早口の効能、自分が信じている事は熱中して早口になってしまう
        ・小さな親切こそ相手は義理に感じる。
        ・相手を説得できる4要素結果の魅力、望ましさ、満足度につながるか、重要性。
        単語記憶実験では覚えないとダメというプレッシャーを与えるよりも忘れても大丈夫と言われたチームの方が成績が良い、相手の価値観に基づく誘導。
        ・困った顔は周りに悪影響を及ぼす、人の上に立つ人はいつも笑顔とユーモア。
        ・自信のない人の負の暗示を解く、自分にも出来そうだと思うと成功率が上がる。
        ・謝罪は好意を得るチャンス、感謝の気持ちは長々と伝える、感謝は魔法の言葉、相手が怪訝な表情をしていたらあっさり言い換える、直前の情報で方向付けるクライミング効果、受けが悪かったらフレームを変える、ポジティブフレームとネガティヴフレーム、細部をリアルな語る、TV番組に殺人というワードが入ると視聴率が1%上がる、間接暗示話法、比喩を使う事で具体的に伝えるトップ営業マンやキリスト、反対の意見をそれとなく織り込む、全員が同意見だと胡散臭い、反対意見があった方が正しいと思える。
        ・自己効力感は強い、運命は自分の思うまま、自己効力感と年収の比例関係。
        ・勤勉なアリより楽観的なキリギリスで良い、明るい人に人が集まる、自分に不の暗示をかけてしまっていないか、大概のことはなんとかなる、感情的に動揺しやすい人は収入が少ないとう統計データ、動揺し始めた自覚があればこの前も大丈夫だったじゃないかと自ら声掛ける、ボヤのうちに火を消す、失敗した時は大いに負け惜しみしろ、酸っぱい葡萄の論理で良い、次から次へと目標を立てていく、たっぷりご褒美を用意しておく、赤色はアドレナリンが分泌させ生産性が上がる、緑の部屋では頭が混乱する、夢を完了しま事実として夢想するのが良い、顎を20度上げる、30度上げると尊大に見えてしまう。
        >> 続きを読む

        2018/03/24 by aka1965

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      20代にしておきたい17のこと

      本田健2011/10

      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 20代でどんな恋愛をしたかで人生が変わってくるというような事が書いてあった。

        読んでいて、ハッとしたところは、

        何気ない日をどれだけ楽しむか。
        愛は与えるものである。
        尊敬できる人といる時間をつくる。

        などが、これ必要なことだなぁ〜
        と思いました;^_^A


        とくに、相手に与えるテーマでとおもしろかったところは、


        面倒くさいな、しんどいな、と思っていても、相手に対して与えることが出来るかどうかが、愛のレッスンです。
        「リモコン取って」に対して、「じゃぁ、変わりにお茶入れて」
        と返すのは取引です。
        恋愛は、取引になったらおしまいです。


        って、いう文章にはちょっと笑った(笑)
        >> 続きを読む

        2014/05/07 by oriedesi

      • コメント 6件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      買ってはいけないお菓子買ってもいいお菓子

      渡辺雄二2011/12

      3.5
      いいね!
      • この本を読んでから、パッケージ裏の添加物を見るようになった。
        買うのを止めてしまった。
        健康的でいたいなら、できるだけ食べないことだ。

        科学ジャーナリストが警告するお菓子の本。

        日持ちさせるためや、見栄え、食感を良くするために、
        いろいろな添加物が入っている。
        健康にいいと思っていたものまであって驚きだ。
        安心して食べられるお菓子の方が少ないということ。

        ただちに健康被害は起きない。
        しかし、長年食べ続ければ、蓄積されるかもしれない。
        さらに、複数の添加物を同時摂取した場合は、もっと未知の世界。

        自分はともかく、家族のことを考えると、できるだけ避けた方がいい。
        贈り物をするときにも参考になるだろう。

        巻末には、原材料や添加物の解説。
        消費者も勉強して損はない。
        >> 続きを読む

        2014/09/02 by てるゆき!

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      死にカタログ

      寄藤文平2005/12

      カテゴリー:人間学
      2.7
      いいね!
      • 死について、ふつうのくらしの中で当たり前の顔して考えるための絵と本。
        「死がわからないのではなくて、死から逃げていた。」
        と語る著者の真摯な部分がさらりと出てくる。一人でも多くの人に、気軽に、大事なことをきちんと考えて欲しい。
        >> 続きを読む

        2014/08/28 by junyo

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      全国飲食チェーン本店巡礼 ルーツをめぐる旅

      BUBBLE-B2013/07

      カテゴリー:商業経営、商店
      4.0
      いいね! chibadebu momomeiai
      • 全国飲食チェーンの本店巡礼、ルーツをめぐる旅と称して48店舗の創業の地を訪れる。

        発祥の店の味は、ウマい気がすると、でも現在本店と呼ばれている店舗にも違いがある、
        【1号店】フードチェーン店、まさに最初の店、個人であれば狭くて立地条件が悪かったり
        【本店】旗艦的意味合いで、本当の創業店舗は近くにあったり、東京本店、大阪本店とよぶところも
        まさに、他の業種の事業拡大で本店ビル建設とかで、よくあるタイプ。
        【ルーツ店】まさに創業者が修行して個人店舗などで、資本関係がなくてもチェーン展開の礎となった店。
        色々な形を、著者は分類しながら、本店めぐりを繰り返す。

        何れか店で利用したことがあるチェーン店は33店舗。

        その中で、この本に載っている本店、1号店と称している店が2店舗。

        共に学生時代であり

        、一つは京都の四条大宮にある“餃子の王将”
        中国4000年、餃子一日100万個の店である。
        「コーテル、リャンガ」などと和製中国語か何か解らぬまま聞いていた、
        今では懐かしさのある、安い、早い、腹いっぱいと大いに学生時代にお世話になった店である。

        もう一つは、“ミスタードーナツ”の一号店があの、箕面の店。
        ダイエー前にあって、車での待ち合せ場所でもあった様な、
        初恋の彼女もこの辺りで、今この店に行くと、胸がキューンとしそうな思い出の店である。

        そうか、私が未だに“マクド”より“ミスド”が好きなのは、
        潜在的に初恋の思い出があったのか・・・。

        一度、「0001 THE FIRST MISTER DONUT SHOP IN JAPAN」のプレートを
        見にいかなければでおます・・・・。

        でも、大阪万博の一年後に、マクドナルド、ミスタードーナツ、ロイヤルホスト
        モスバーガー、ロッテリアなどが創業、万博というのは食の世界にも変革の年だったんですな。

        大阪には、これ以外にもミニチェーン店の、本店、発祥の店も多く、意識して食べ歩こうでおます。
        >> 続きを読む

        2013/09/04 by ごまめ

      • コメント 9件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      「思考」を育てる100の講義 = 100 lectures for fostering thought

      森博嗣2013/08

      4.0
      いいね!
      • こういう本をたまに読んで、自分の言動を振り返ったり、自分が今どう考えているかを改めて認識したりした方がいい。

        森さんは本書の中で、まず100個タイトルを時間をかけて考えて、100本の内容を書くのは数時間で済んでしまうらしい。
        これだけでも頭いいと思うし、物書きのプロって凄いと思う。

        今回改めて自分の方針を変えないでいいと思ったこと。

        ・どんな本をどれだけ読んでも無駄なことはない(時間はかかって非効率かもしれないけど)
        ・子供に厳しく教育することは必要なことである
        >> 続きを読む

        2014/10/11 by freaks004

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      本・子ども・絵本

      中川李枝子2013/03

      カテゴリー:読書、読書法
      4.0
      いいね!
      • 本が子どもにとってどれだけ心のよりどころになるか、想像力を育てるか、遊びの工夫に力を貸してくれるかが良く分かりました。
        大人は絵を見て絵本を選んだりもするけれど、子どもにとっては絵柄ではなく、内容が大事なんだとも思いました。
        確かに昔から読み継がれている本は、大人の今になって読んでも面白いと感じるものが多いです。
        子どもの世界(社会)についても語られていて、ほのぼのとした気持ちになります。
        様々な絵本も紹介されていて、まだまだ知らない本もたくさんあり、これらを手に取る日が楽しみです。
        >> 続きを読む

        2016/04/12 by taiaka45

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100

      日垣隆2008/05

      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • 短い時間で大きな成果を出すための100の考え方が詰まっている。1.仕事の定義とは、「条件をクリアして期限まで納品すること」どのようなアウトプットにするかゴールをイメージし、必要なものをインプットしていくのが基本。2.仕事のおいての人間関係で大切なのは、「相手にとって、自分の優先順位が高いこと」あなたを優先順位の高い相手として扱ってくれる人が、一緒に成果を生み出せる相手。3.いかに「独創性のある仕事」をし、どれだけ成果を出していくかが、個人の生きがいにもなるし、収入の差となってあらわれてくる。 >> 続きを読む

        2014/12/14 by カカポ

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      ハーバードの人生を変える授業

      成瀬まゆみ , Ben-ShaharTal.2010/10

      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.5
      いいね!
      • 時間をかけて一個一個のステップを実施していけば効果が得られそうだと思う。
        でもそれが中々難しいのが現実。
        >> 続きを読む

        2014/12/28 by あさむ

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      ハーバード流宴会術 WORLD ENKAI STANDARD

      児玉教仁2012/10

      カテゴリー:人口統計、国勢調査
      3.7
      いいね!
      • 「宴を仕切るうえで大切なことが、ハーバード・ビジネス・スクールの教えにある」という考え方のもと、宴会は人やチームの力を引き出すことができる場だとしてハーバードでの学びを宴会幹事としての振舞い方に落とし込んで紹介している。確かに!こんなに場を考えて行動する幹事になれたらきっと楽しい夜になるだろう。でも内輪でこれだけ尽くしたら逆に引かれそう??何はともあれ筆者が幹事の宴会に一度参加してみたいと思った。
        >> 続きを読む

        2015/09/27 by kaa

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      Q次の2つから生きたい人生を選びなさい

      成瀬まゆみ , Ben-ShaharTal.2013/07

      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.3
      いいね!
      • 選択すること。
        生きることは、選択することの積み重ね。
        何かをする・しない、上から・下から、右から・左から、動く・動かない、前向き・後ろ向き、走る・歩く、動く・止まる、過去・未来などなど、その積み重ねだよなと再認識。
        と言うことは、必然的に、どう選択するかの積み重ねで、大きく結果が違うということだ。
        結果的に同じであったとしても、そこに至るプロセスが違う。
        と、思いつつ、それを続けられないのが、凡人たる所以か。
        でも、続けるしかないよな。
        そこに希望がある。

        知人からの紹介をうけて読んでみた本。
        正解^^
        >> 続きを読む

        2014/07/28 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています

【(株)大和書房】(ダイワシヨボウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本