こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)白水社 (ハクスイシヤ)

企業情報
企業名:白水社
はくすいしや
ハクスイシヤ
コード:560
URL: (株)白水社 http://www.hakusuisha.co.jp
      ライ麦畑でつかまえて

      J・D・サリンジャー , 野崎孝1984/04

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね! harujack Minnie
      • これはだな。ホールデン・コールフィールド少年のささやかで無軌道な冒険の告白ってやつだ。
        ホールデンってゼンゼン悪い奴なんかではないのさ。
        ただ奴さん、大嘘つきだし、訳のわかんないことばかりくっちゃべるイカレた男なんで、まあ、友達に是非なりたいってタイプじゃないってことは確かだな。
        驚いたことにあいつはプレップ・スクールを4回もドロップ・アウトしてる。
        でも不良とか、そういうんじゃないんだぜ。
        だって教師たちにはお行儀よく敬語なんかも使っちゃってさ、ケンカは弱いし、女の子にもオクテな方だし、おぼっちゃま丸出しなんだよ。だからなんであいつが落第しなきゃならないのか全然わかんないな。
        低脳なのか?いや、ただ単に勉強が嫌いなんだろうな。作文はうまいんだから。さすが人気作家の兄がいるだけのことはあるな。
        それとも、勉強しないことで自己主張しているつもりなのか?
        ありえるね。
        子どものできる反抗なんてそんなもん位だからさ。
        でも普通、それってせいぜいローティーンがやることだと思うけどな。

        ホールデンのそんなとこ、実はわりと嫌いじゃないのさ。
        要するに価値があるとかないとか、そんなのを他人に決められたくないっていうかね。自分には自分の判断があって、本を読むことだったり、恋愛に心を奪われたり、そういうことが大事だっていいじゃないかって思う訳だ。
        「大人になれよ」
        周りの連中はいうけれど、そんなこと言われると余計意固地になるもんだろう?そんなもんさ。

        例えばスティーブ・ジョブズが偉い人って信じてる人に対して異論はないけどさ、誰だって彼のようになれる訳じゃないし、自分はなりたいとはこれっぽっちも思わないね。
        まあ、そっちは勝手に自己実現してくれよって事なんだ。

        そういう意味では、ホールデン、お前の気持ち、おれはわかるぜ。
        そう言ってやりたい気持ちがちょっとはある。うん。間違いなく、ちょっとはあるね。
        でも遠慮なく言わせてもらうと、あいつはガキすぎるんだ。
        え?ナイーヴ?それが青春だって?
        そう?まあ、そうとも言えるかもな。
        けどさ、ホールデンが若者一般だとか代表者だとか、そんなこと真面目に信じるのはやめといた方がいいぜ。
        ブスな女の子みると憂鬱になるとか貧乏人を見下げた発言したりさ。人の持ち物が安物だろうと、そんなことほっとけよ。だろ?
        大体親が弁護士で荒稼ぎしてようが、それは自分の金じゃないんだしさ。
        そのくせ、金を憎んでいるみたいなところもあって、スノッブっていうんだよ、そういうの。
        あとさ。奴ったら自分がゲイになっちゃうかもしれないって本気で心配してやがんだよ。
        自分じゃ、まともなつもりだけどさ。そもそも過剰反応するってこと自体がさ、そのケがあるってことなんじゃないの?って思っちまう。
        おまけに、ブラコン、シスコンもいいとこなんだぜ。
        ホールデンの尊敬しているのは作家の兄のD.Bだけだし、死んじゃった弟を神格化しているし、愛しているのは10歳の妹のフィービーだけだ。
        両親への愛が歪んで兄弟、妹に偏っているのかな?
        コンプレックスの裏返しかもしれないね。
        家族の中で自分だけが馬鹿者だと思ってる。
        まともな人間なんかどこにもいないっていう事実を思えば、その程度の異常は、べつにどうってことないよな。

        堅物の親が大騒ぎしてホールデンを精神療養だかなんだかの医療施設に送り込んだってことで、退院したらまた新しい学校に送り込まれる予定だ。現代なら確実に引きこもりになるだろうけどね。

        実はこの小説は第2次大戦後という時代を反映した小説なんだけど、今の日本人が読んだらきっと全然そういう読み方はしないだろうね。
        引きこもってる少年少女たちにホールデンってどう思う?って聞いてみたい気がすごくする。
        彼のことわかる?ってね。

        奴は周りのいろんなことにがっかりしてる。そして自分にも自信がない。
        口では嘘ばかりいうけど、自分のことが全然わからないっていうことは正直に認めている。
        本当はここが一番難しいんだけどな。

        「ライ麦畑のつかまえ役になりたい」っての、ホントのところなんだかよくわかんないけど
        子どもの夢の中にずっと住んでいたい。
        子どもとしてじゃなくて、その世界でたった一人の大人として。
        そんな願望を感じる。
        麦畑の心象風景は映画ならものすごい遠景かソフトフォーカスの映像だろう。

        その逃避の裏には徴兵制拒否の強い衝動があるんだってこと。
        日本じゃ日米戦争のあとは『戦後』なんだって?
        アメリカじゃ、戦争はずっと続いてんだぜ。
        ホールデンの場合は朝鮮戦争さ。
        18歳になっちまったらおとなしく兵隊にとられるか、徴兵拒否で終身刑か悪くすりゃ銃殺だ。
        そんで、ホールデンは「戦場に送られるくらいなら、ただちに逮捕されて、すぐに銃殺隊の前に立たされる方がマシなんだ」って言ってるだろ?
        こういうことってなかなか口にだせないだろう?たぶん本音だぜ。

        間違ってるかな?
        でもまあ、おれが言えるのは、そんなところだ。


        以上、野崎訳テイストでレビューしてみました。
        真剣にやったわけではないので、学術的な検証・批判はご勘弁。
        お遊びと思ってご容赦ください。


        再読(それも20代のころから30年ぶりの再読)なので、新鮮さがまったくなくて、逆に消化不良的な部分もあまりなくて、でも悪くない。っていう感想なんです。
        初読の当時、野崎訳の文体がすごく古臭く感じてしまってそこが好きになれなくて、16~17歳の少年の言葉遣いにしちゃなんかおっさんくさいよ。みたいな。
        なんていうか立川談志の口調みたいというか。
        1964年発表の本作
        この当時、流行っていたとは思いませんが、談志さんみたいなのが若い世代にとってのトレンドだったのかしら?

        でも、注意深く読むと、文体が特におかしな言葉遣いなのは冒頭部分からしばらくと、最後の部分に顕著なだけで、
        翻訳者もずっとこの言葉遣いで書き続けるのは無理だったのかな。なんて思いました。(^m^ )
        >> 続きを読む

        2019/06/08 by 月うさぎ

      • コメント 3件
    • 他7人がレビュー登録、 42人が本棚登録しています
      キャッチャー・イン・ザ・ライ

      村上春樹 , J・D・サリンジャー2006/04

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! Tukiwami

      • 野崎孝訳の「ライ麦畑でつかまえて」を最初に読んでいて、その後、村上春樹の新訳での「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を読み終えました。

        村上春樹の新訳版が出たことで、ますます読者の裾野が広がったと言われていますね。

        私は「ライ麦畑でつかまえて」というタイトルは、洒落の効いた実に名訳だと思うので、タイトルをいじったことだけは、どうも納得できません。傲慢だとすら思います。

        だけど、村上春樹版では原書で頻出する「you」をちゃんと「君」と訳したり、野崎孝版では「おれ」と「僕」が両方使われていたのを「僕」で統一したり、基本的には今の時代にうまく合わせているなとは思います。

        ただ、個人的には村上春樹より舞城王太郎に訳して欲しかったなと思いますね。
        舞城王太郎は、明らかにサリンジャー好きだし、村上春樹より下品な感じが出せると思うんですよね。

        村上版は、ちょっとお上品すぎるというか、行儀良すぎだと思います。
        もともと、原作者のジェローム・デイヴィッド・サリンジャーと言う人はいいとこの坊ちゃんで、名門高校を成績不良で退学していて、ニューヨーク大学も一年で中退。

        戦争には行ったけど、神経症と鬱で役に立たなくて、諜報部で車の運転とかだけしてたというボンボンですからね。
        きっと、無意味な品の良さが、原文には滲んでいるのかもしれません。

        この村上版では、ホールデン少年を少し突き放した感じで書いているのが特徴かなと思います。
        あまりホールデンに没入しない訳し方になっていると思う。

        その分、この子の思い込みや勘違い、妄想めいた感情まで浮き彫りになっていて、この子が自分で言ってるよりも、ずっとインチキっぽいキャラクターだとよくわかる。
        私は、この俯瞰の視線が心地良かったし、納得できましたね。

        有名なアントリーニ先生のくだりも、野崎版では先生のホモ疑惑を濃厚に示唆しているけれど、村上版では「そうともとれる-----」くらいにしていますね。

        先生のホールデンに対する思いは、性的なものではなくて、単に愛おしいと思っただけなのかもしれません。
        その可能性だって十分あるのに、ホールデンは斜に構えてしまう。

        このあたりはホールデンとの距離の取り方もいいし、作品の面白さをビビッドに読む者に伝えているなと思います。

        私はフィービーという妹が鼻について、このこまっしゃくれた子供のどこがいいのか、全然わからない。
        映画観てても、先がわかるとネタばらしするんですね。
        こんな子が隣に座っていたら、殴ってしまいそうです。とにかく、躾が悪すぎです。

        ホールデンも、のべつまくなしに人の悪口を言っている。自分を棚に上げて、もう延々と人の批判ばかりしている。
        だけど、大人になったら嫌というほど、自分の棚卸しをせざるを得なくなるわけだから、子供のうちは許してやりたいという気持ちになってきます。

        彼はまだ17歳なのだから、私は格別嫌いではありません。なぜなら、悪口のセンスがいいんですね。
        悪口のセンスのいい人は頭がいいわけで、これだけの長篇で、他人を滅茶苦茶、斬り続けていくのも、ある意味、痛快に感じます。

        確かに、このホールデンは、知性があって感受性が鋭く、しかもまだ十分に自分とつき合えるほどには成長していない。
        そういう若い人間の感じが良く出ていて、その心象と行動を驚くほど深く描き上げていると思う。

        凄い小心者で傷つくのが怖いという人間は、まず他者の否定から始まると思うんですね。
        ホールデンが、死者や小さな子供、それに博物館の剥製や人形が好きなのは、それなんですね。

        素直な愛情を傾けても決して拒絶されないから。
        無垢だったり、時間が止まったりしたものは、自分を裏切らないから。
        若い時分には、誰にでもそういう時期というものがあると思うんですね。

        そして、そのことは突き詰めると、死者に憧れているのだと思う。
        彼が真っ赤なハンチングをやたらに被ったり、脱いだりする。
        これは、大好きだった赤毛の弟に彼がなりたがっているということなんですね。

        その弟が死んだ夜に、ガラスをぶち破ったからホールデンは右手が不自由なのだが、これも弟と同じ左利きになりたいと思っている証拠なのだと思う。
        だから、小説の構造的には良くできていると思うし、伏線もきちんと張っていると思いますね。

        読み終えてみて思うのは、イノセントが欲しいのだけど、イノセントなんてあるのかよっていうひねくれ方、凄くサリンジャーらしいそれが、私はあまり共鳴できませんでしたね。

        >> 続きを読む

        2019/05/05 by dreamer

    • 他5人がレビュー登録、 30人が本棚登録しています
      やんごとなき読者

      市川恵里 , BennettAlan2009/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      •   原題は'An Uncommon Reader'
        英国女王陛下、エリザベス2世が、80歳にして読書に夢中になったら?
        宮殿に来ていた移動図書館をたまたま知り、そこから読書の楽しみを知ってしまった女王様。

          読書に夢中になるあまり、公務をおざなりにしていく、服装に気をつかわなくなる、会話が一方的。
        読書のいい面ばかりではなく、排他的になってしまう面もちらりとのぞかせています。

         インドア的な趣味、読書などは映画は、結局1人で楽しむものなので、どうしもひとりにして、となってしまうのは自分がそうだからよくわかります。
        ただ、それが女王になるとそれは困る・・・という発想がいいですね。

         王室を知的ながらもコメディにしてしまうというのは、上流階級をからかうP・G・ウッドハウスなど歴史があります。階級差がはっきりしているからこそ、ハイソサエティを痛烈に風刺する文学がイギリスでは発達したと思います。

         ですから、日本は人種にしろ、社会的階級にしろイギリスほど、厳格かつ歴史がないので、わかりにくい部分が出てきます。

         しかし、本を読む歓びに素直に夢中になる女王様と英国文学の歴史の深さがうらやましい。ハリー・ポッターなどファンタジーはお嫌いなんですね、クィーンは。
        >> 続きを読む

        2018/06/01 by 夕暮れ

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      カモメに飛ぶことを教えた猫

      SepulvedaLuis , 河野万里子1998/05

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 猫がカモメとの約束を守ろうと奔走する。
        仲間の力を借りて。
        猫のゾルバがとてもカッコイイ。
        こんな友だち、ほしいな。
        こんな友だちに自分はなれるだろうか。

        信用できる人間を猫たちが選ぶところ、
        考えさせられた。
        猫たちの選択は間違いがなく、
        それによって作戦は成功する。

        猫たちから選ばれるような、人でありたい。
        >> 続きを読む

        2018/12/15 by momo_love

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      シェイクスピア全集

      ウィリアム・シェイクスピア (1983/01

      カテゴリー:戯曲
      3.5
      いいね!
      • 【あらすじ】
        リア王は煩わしい政から解放されるために退位し、三人の娘に領土を譲渡することを決める。リアは自分への愛がもっとも深いものにもっとも深い情愛を示すといい娘達を試す。長女のゴネリルと次女のリーガンは言葉巧みにリアの機嫌を取り土地を譲り受ける。一方、正直者なコーディリアは姉たちのようにごますりをしなかったことで、リアの不興を買ってしまい領土を貰えないばかりか、求婚者のフランス王の元へと実質国外追放の扱いを受けることとなる。

        リアはゴネリルの屋敷で悠々自適に過ごす。ゴネリルは不法で乱暴者なリアの部下たちと退位してなお王として振る舞おうとするリアに業を煮やして、リアの部下の半数を解雇する。これに対してリアは激昂してリーガンの元へと去っていく。期待に反してリーガンにも軽んじた扱いをされてしまい、リアは怒り屋敷を出ていく。リアは嵐の中、領土を渡した瞬間に手のひらを返す娘達に絶望する。

        グロスター伯爵には嫡男のエドガーと私生児のエドマンドという二人の息子がいた。エドマンドは相続権欲しさに計略をめぐらし、兄のエドガーが財産目当てに父親殺しを企んでいるとグロスター伯爵に信じ込ませる。グロスター伯爵は息子の裏切りに心を痛め、エドガーは追われる身となる。


        【感想】
        4大悲劇として有名な本作ですが、僕にとってはほとんど喜劇でした。というのも苦境に陥ったリアとグロスターは子に裏切られたことによって世の無常さを呪うのですが,完全に自業自得なんですね。特にリアは権力しか取り柄のない人間が自ら権力を手放したのだから、彼に起こった出来事は全て必然であり身から出た錆といえるでしょう。そのことはp35のエドマンドのセリフに示されているように思います。「人間ってやつ、ばかばかしさもこうなると天下一品だな、運が悪くなると、たいていはおのれが招いたわざわいだというのに、それを太陽や月や星のせいにしやがる」

        そして、リアの側にいる道化がナンセンスなセリフを混じえながらもリアが苦境に陥った原因を突くところが面白いです。阿呆なはずの道化が本質を見抜く一方で、大仰なセリフで天を呪うリアのほうが道化となっているように感じました。

        「ええい、必要を論ずるな。
        どんな卑しい乞食でも、その貧しさのなかになにかよけいなものをもっておる。
        自然の必要とするものしか許されぬとすれば、人間の生活は畜生同然となろう。」(p106)

        「人間、生まれてくるとき泣くのはな、この阿呆どもの舞台に引き出されたのが悲しいからだ」(p186)

        リアのセリフはいいセリフもあるんですが、この人が口にすると滑稽で笑えるようになってしまいます。とはいっても、うまくいかないことがあると何かのせいにしたくなるというのが人の心なのかもしれません。

        本作にドラマとしての魅力を加えているのはグロスター伯爵家のパートでしょう。エドマンドは未亡人となったリーガンとゴネリルの間を飛び回りさらに権力を手中に収めるために暗躍します。

        一方、おたずね者となったエドガーはキチガイ乞食のふりをして追っ手の目を逃れます。エドガーは逆境に立たされても絶望せずこう言います。
        「人間、運に見放されてどん底の境遇まで落ちれば、
        あとは浮かび上がる希望のみあって不安はない。
        悲しい運命の変化は最高の絶頂からはじまる、
        最低のどん底からは笑いにいたる道しかない」(p151)

        その直後にエドマンドの暗躍によって盲となったグロスターを目撃することでさらなるどん底に突き落とされるのですが、彼は迷わず父に手を差し伸べます。
        そして、自らの汚名を晴らしエドマンドの前に表れ、決闘を申し込むという熱い展開になるのです。
        >> 続きを読む

        2016/11/05 by けやきー

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      鍵のかかった部屋

      AusterPaul , 柴田元幸1993/10

      4.8
      いいね!
      • 「突然の音楽」に続いて読んだが、これは初期の三部作の中の一冊で、発行順にいけば「ガラスの街」「幽霊たち」「鍵のかかった部屋」となるようだ。

        順不同でも十分読み応えがあった。彼の作品は自分にあっているようで、抵抗無く世界の中に入っていける。
        簡単に言えば今時の言葉で、自分探しの話になるだろうが、彼の思索は心の深い部分に下りていく。物語で変化するシーンを語る言葉の部分が特に興味深い。

        作品ごとに舞台は変わっても、自分の中の自己(他者)というテーマが繰り返されて、そこには生きていく中にあるひとつのあり方を見つめ続けている。


        その自己という言葉で一方の自分というもののどちらかを他者にした、今ある時間。
        人生という長い時のなかの今という時間の中にあるのは、自己と他者を自覚したものが持つ深い孤独感と、それに気づいた戸惑いと、自分の中で自己というものの神秘な働きが、より孤独感を深めていくことについて、主人公とともに、時には混沌の中で疲れ、時には楽天的な時間の中で現在を放棄し、様々に生きる形を変えて語られている。

        この時期のポール・オースターの、他者と共有できる部分を持つ自己と、他者の介入を許さない孤立した自己意識の間で揺れ動く「僕」と「親友だった彼」のよく似た感性と全く違った行動力に、それぞれの生き方を見つめていく、そんな作風に共感を覚える。


        ぼくと彼ファンショーは隣同士で前庭の芝生に垣根が無く、親たちも親しいと言う環境でオムツの頃から一緒に離れずに育ってきた。だがそういったことが成長した今、遠い過去になり、お互いにニューヨークに住んでいたが連絡もしなくて疎遠になっていた。

        突然、彼の妻から、ファンショーが失踪したと知らせが来る。
        7年前だった。
        訪ねていくと魅力的な妻は赤ん坊を抱いて、ファンショーがふっと消えた話をする。待ったがもう帰ってこないことを覚悟したとき、親友だったと言っていた僕を想い出して連絡をしてきた。

        僕にとって、会わなくなったときは彼が死んだも同じだったが、今、生死が定かでない形で僕の前に再登場したのだ。
        子供の頃から書いていた詩や評論や三作の小説を残して。
        そして一応遺稿と呼ぶこれらの処理を任された。その後すぐ、突然来た彼からの便りで、「書くという病から回復した、原稿の処理や金は任せる、探すな見つけると殺す」という覚悟が知らされた。彼は失踪という形で出て行って、もう帰る意志はないことが分かった。

        原稿を整理して見ると確かに才能があり、ツテで編集出版する。好評で本が売れ、生活が豊かになった。
        カツカツの記者生活にも余裕が出来、彼の妻とは愛情が湧いて結婚した。自分の子供も生まれた。

        しかし、彼の原稿を読みそれに没頭して過ごすうちに、彼と自分の境があいまいになることがあった。彼の世界は常に自分の背後にあって、同じ物書き(僕は記者だったが)であり、彼の才能は彼の失踪後に花開いたが彼はその恩恵を一切うけず関係を絶ってしまった。
        僕は、いつしか彼と自分のの境界が薄く透明になっていくことに気づいた。

        ---
        考えるという言葉はそもそも、考えていることを自分が意識している場合にのみ用いられる。僕はどうだろう。たしかにファンショーは僕の頭から一時も離れなかった。何ヶ月もの間、昼も夜も、彼は僕の中にいた。でもそのことは僕にはわからなかった。とすれば自分が考えていることを意識していなかったわけだから、これは「考えていた」とは言えないのではあるまいか?むしろ僕は憑かれていた、と言うべきかもしれない。悪霊のごときなにものかに僕は取りつかれ憑かれていたのだ。だが表面的にはそんな徴候は何一つなかった
        ---

        僕は自分と言うものを考えてみる。そして死んだと決まっていいないファンショーの手がかりを探して歩く。
        ファンショーを探すことは彼から自分を解放するだろう。


        作品は、多分にミステリだ。私は様々にファンショーの行き先(生き先)を推理しながら読んだ。僕の作り出した分身ではないだろうか。ファンショーはもう自分を見失った神経病患者ではないだろうか。

        僕はついに家族を捨てファンショーに取り込まれてしまうのではないだろうか。

        しかし作者はそんなやすやすと手の内を見せてくれなかった。

        最後まで面白く好奇心も十分満足した作品だった。
        >> 続きを読む

        2016/06/18 by 空耳よ

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      変身

      池内紀 , フランツ・カフカ2006/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!

      • フランツ・カフカの「変身」を、定番の高橋義孝訳(新潮文庫)ではなく、今回は池内紀訳(白水uブックス)を読了しました。

        フランツ・カフカの凄いところは、余計な説明をしないところだと思っています。

        例えば、ザムザが変身した虫の姿を、正確にどのようなものか描写しないんですね。
        どうして虫になったのか、虫が何の象徴なのか、といった因果も一切、書かないんですね。

        そうすると、読んでいるうちに不安になってくるし、読み終えた後も、なんだか今までいた場所とは違うところへ連れ出されたような、宙ぶらりんな気持ちにさせられてしまいます。

        そこが、実にいいんですよね。最近の多くの小説のように、一から十まで言葉で説明をしている小説とは、正反対なんですね。

        考えてみれば、この小説は、アイディア自体は、それほど奇異なものではないと思う。
        だけど、実に巧いなと思うのは、虫になってましたというところから突然に始める冒頭と、虫であること以外は、すべてがリアルに進行する家庭の状況と、ラストのザムザの死後、家族が出掛けるピクニックのシーンですね。

        この過酷なまでに明るいピクニックは、衝撃的な後味を残してくれます。
        とにかく、このピクニックのところは凄くて、可哀想なザムザが死んだ後に、家族みんなで楽しいピクニックに行くなんて、どうしたら思いつける展開でしょう。

        それで、お手伝いさんが「(ザムザの死体は)片づけときましたから」と。
        この残酷さと美しさというのは、ちょっと書けないと思いますね。

        今回、池内紀訳で読み直しての最大の発見は、ザムザは自分が虫になってしまったことには、さほど驚かないのに、目覚まし時計を見て、寝過ごしたことに、もの凄く驚くところです。
        読んでいて、ザムザのその不可解な心理に驚いてしまいます。

        高橋義孝訳では「そして、用箪笥の上でかちかち鳴っている目ざまし時計のほうを見やった。『これはいかん』と彼は思った」と訳されているところを、池内紀訳では「それから時計に目をやった。戸棚の上でチクタク音をたてている。『ウッヒャー!』と彼はたまげた」と訳されているんですね。

        こんな時に、この男はなんで会社に行くことなんかを心配しているんだろうと-------。
        ここが、池内紀訳の功績なんだと思うんですね。

        高橋義孝訳で読んだ時には、まるで感じませんでしたからね。
        これは、批評的訳文の最たるものだと思うんですね。

        そして、池内さんの訳で読むと、虫以前と虫以後の時間の流れ方が、全然違うことにも気づかされるんですね。

        前は、仕事に追いまくられてアッという間に一日が経っていたというのに、虫になったら時間の流れ方が、どんどんゆっくりになっていく。
        それが、まざまざと読み手に伝わってくるように訳してあるんですね。

        そして、それとは反対に、家族の時間は、どんどん速くなっていく。
        ザムザが、働いていた頃は、おんぶにダッコでお父さんはノラクラしていて、お母さんは専業主婦、妹はヴァイオリンなんかを弾いている。
        それが、全員、働き蜂みたいになっていく。ここの対比も、すこぶる暗示的だなと思うんですね。

        それから、これも今回新たに気づいた点なんですが、この小説で大切なのは「笑えるカフカ」になっているということです。

        例えば、ザムザがだんだん虫でいることに退屈してきて、「そんなことから気晴らしのために、壁や天井をあちらこちらと這いまわるのをはじめた。とりわけ天井からぶら下がるのが気に入った。床に寝そべっているのとは、まるでちがうのだ。ずっと息がしやすい。からだに力がみなぎるようだ。ぶら下がったままうっとり」しているんですね。

        これは、相当可笑しくて、「グレゴールは這いまわりはじめた。いたるところを這いつづけた。四方の壁も、家具調度も、天井も這いまわった。やがて部屋全体がグルグル廻りはじめたとき、絶望して大きなテーブルのまん中に落下した」というところも、ほんとに可笑しいんですね。

        確かに、カフカの寓意は、どんな風にも解釈ができるところに強みがあって、例えば未来の22世紀にも23世紀になっても、その時代の「変身」の読み方が成り立つと思うのですが、また逆に、引きこもりのメタファーとか、機械文明に押しつぶされる人間の悲劇だとか、そんな一辺倒な読み解きを許さないという、深い味わいがここにはあるのだと思う。

        機械文明に押しつぶされる人間というように解釈しても、全然ダメで、そういう解釈をするから、カフカが哲学的だというように、通り一遍の作家みたいに言われるのだと思う。

        自分の内面と自分の外の現実と、両方を同じ重さで見ることのできた作家が、世界を記述している作品だから、可笑しいと同時に恐ろしくて、おぞましいと同時に、涙が出るほど笑える小説なんだと思いますね。

        かつて、フランスの小説家のフィリップ・ソレルスの対談集の「ニューヨークの啓示」という本の中で、「およそ人間の生命などは、ある瞬間に大きな波のなかできらりと光る泡でしかないこと、しかし、それを笑うことのできる泡であること、そういうことに人は気づくのだ。」と語られていますが、そういう自分のちっぽけさを笑えるのが人間なのだと-------。

        まさに、カフカというのはそうなのだと思う。自分も含めた、そうした卑小な人間を笑う目を持っている。
        つまり、自分を客体視する目を持っているのが、カフカの最大の美点だと思いますね。

        >> 続きを読む

        2018/07/26 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      パウル・ツェラン詩文集

      飯吉光夫 , CelanPaul2012/02

      カテゴリー:作品集
      4.5
      いいね!
      • 石原吉郎さんの詩を初めて読んだとき(全詩集でなく、どこかに発表されていた詩や代表作)シベリアに強制収容されていてその上強制労働につかされ帰還した方だと知った。
        並んでドイツの詩人、パウル・ツェランが語られることがあるということだったが、そういうことをいつどうして知ったかも覚えがなかった。

        別な本を読もうとして、そこにパウル・ツェランの詩の一節が引用されていた。それで読む前の参考にとこの本を読んでみた。
        全詩集ではなく代表作を集めたものだった。、特に、その特徴は、思いがけない災厄に出合ったこの詩人の作品のなかから、東日本大震災で被害にあった方たちの心に響く作品が選ばれたということ。
        ツェランがユダヤ人で、ナチスに両親が殺され、自分も強制労働につかされた、悲惨な過去が詩の底にあること、そういったものを集めてこの詩文集が編まれている。

        参考までにドイツの詩人はと、調べてみるとハイネが出てきた。「ローレライ」の歌詞を書いた人である。

        パウル・ツェランの詩は日本の戦後詩に当たる時期に書かれたといえる。サルトルだったか、詩人の言葉で「水車」といっても、それは現実に思い浮かべる「水車」ではない、と言うようなことが述べられていた。
        パウル・ツェランも言葉をメタファーとして使う詩人であり、言葉にどういうイメージが含まれているか、詩の中に詩人は何を現したかったのか、あるいは訴え、表現したものは何だったのか。
        読んでいるうちに深く打たれるものがある。

        パウル・ツェランの詩はその技法に慣れて、読んでいると、奥深く潜んでいる原体験、非常に深い傷跡が読み取れる、
        詩篇は不思議なリズム感があるが、悲しみと、それとともに両親への追悼の心が、悲しい響きを伝えてくる。
        読むうちに、破綻のない詩の形に偉大な詩人が死を見据えた魂の声を聞くことができる。

        解説は後部に、一編ずつつに対してつけられ、詩文集は彼の少ない講演の記録や文章も集めている。

        代表作「罌栗と記憶」の中の「詩のフーガ」が冒頭にあるが、それではなく、趣旨に沿って

        「ひとつのどよめき」を

        ひとつのどよめきーーー いま
        真実そのものが、
        人間どもの中に
        歩みいった、
        暗喩(メタファ)たちのふぶきの
        さなかに

        訳者解説

        「暗喩たち」というのは、詩の代名詞と考えていい。詩について喋々喃々している間に「どよめき」が(災厄)が持ち上がった。



        石原吉郎さんの詩も(手持ちの名詩集から)

        泣きたいやつ

        おれよりも泣きたいやつが
        おれのなかにいて
        自分の足首を自分の手で
        しっかりつかまえて
        はなさないのだ
        おれより泣きたいやつが
        おれのなかにいて
        涙をこぼすのは
        いつもおれだ

        以下略



        >> 続きを読む

        2015/04/02 by 空耳よ

      • コメント 8件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      犬は鎖につなぐべからず 岸田國士一幕劇コレクション

      ケラリーノ・サンドロヴィッチ , 岸田国士2008/01

      カテゴリー:戯曲
      5.0
      いいね!
      •  先週の出来事です。今日も今日のうちに帰れないと嘆きながら、ペットボトルのペプシコーラを一口、そして思わず
        「モスバーガーの味だ」
        と漏らしたのはいいものの、やはり帰宅する目途はたたない。ふわっと意識が宙を浮き、左手をスラックスの後ろのほう、要するに臀部に伸ばすと昼休憩での惨事、あの事件の痕跡と逢着した。あのバカ犬め、バカ犬め……。
         お昼ごはんを食べたあとの、オフィスへもどる抜け道がちょっとした住宅街に近いせいか、犬の散歩に精をだす婦人がやたら多い。ここにも犬を連れた奥さんはいるのだ。しかもこの辺りの奥さんには(にも?)不文律に縛られない人もいて、つなぎをしないでゆうゆう散歩しておられる。はじめて見たときはそれは目を疑いましたが、郷に入っては郷に従えとあるように、もしくは、じぶんも犬を連れた気分で平然とやり過ごしていました。ところが、じゃなくて案の定、うしろからガブッとやられましてね、いいえ体はまったくの無傷で、うまい具合に布地のみ痕が残りました。なにか知りませんけれど弁償するとか言ってくるもんですから、
        「それがこれは安物ではないんです」と返せば、ほのかに申し訳なさそうな表情を浮かべたので、「いえいえ、19,800円です」とその場をあとにしました。
         それでも私は声高らかに訴えたい。犬は鎖につなぐべからず。そういえば、このごろ駅から歩いて帰路に着くあいだに必ず吠えてくるあの犬を見かけていない。私が通り過ぎる手前、一目散に駆けつけてくるのだが、鎖のせいでどうしても飛びつけず、透明な壁にぶつかるように頓挫してしまう。それを見るたびに可哀想になったり、嬉しくなったり、家に帰った心地がしたりするのだ。こんなに私の帰りを待ってくれる人はついにいなかったのではないか? だからもう一度訴えたい、犬は鎖につなぐべからず。
         それでは本のご紹介。表紙に目をやると、なんだかクラリーノ・サンドロヴィッチさんの戯曲を岸田國士が訳した古い本の復刻版に見えるが、その反対で、岸田國士の原作の戯曲を、日本生まれのクラリーノ・サンドロヴィッチが読みやすく編纂した本なんですね。この劇作家の奥さんは緒川たまきさんらしいですぞ。羨ましいですね。わりとぼくのタイプです(最近の一押しはNHKの桑子アナ)。いろいろな短篇の芝居がコラージュされており、これを読めばおよそ名前しか聞く機会のない岸田國士の世界を垣間見ることができるのです。もちろん岩波書店や新潮社から全集も刊行されています。しかし、あたらしい岩波の全集は旧かな表記なので、それに慣れていない人は取っつきにくくて仕方がない。そこで奥さん、じゃなくて皆さんに岸田國士のおもしろさに触れてほしくてレヴューしました。さり気ない人間の機微がつまった澱みなく交わされる会話文には、それでいて余白もあって、読者各々のイメージがうまくテキストに投影される。たとえば「驟雨」に出てくる、新婚旅行早々に愛想を尽かされる男なんて定めし身近にいるだろう。そうやって手繰り寄せたあとに遠目からも眺められるのが岸田國士のほんとうの魅力であり、頭のなかに特設された劇場まで読者を手びきするテキストのみが本として読まれる。シェイクスピアにしてもブレヒトにしても。言うまでもなく、この劇場はペット持ち込み可。シェイクスピアの戯曲でなくても、鎖なしの犬が、何食わぬ顔して見知らぬものを拾ってくる。
        >> 続きを読む

        2016/11/13 by 素頓狂

      • コメント 20件
    • 1人が本棚登録しています
      文盲 アゴタ・クリストフ自伝

      堀茂樹 , アゴタ・クリストフ2006/02

      5.0
      いいね! kentoman
      • 淡々と綴られているようであって、その奥にあるものは濃い。
        自伝。
        自分の経験に根ざしているからこそなのだと思う。
        著者独特の言い回しというのか、ちょっと違うところに視点をおいて見ているというのか、そのあたりが特徴的でもある。
        今の自分の置かれた環境が、ある意味において、とても恵まれているとも思うし、違う点で言うと、果たしてそうなのか?と思うこともある。
        そう思えること自体が、恵まれているのだろう。
        文盲・・・いろいろな意味に捉えられるな。
        >> 続きを読む

        2014/08/17 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      ボクの先生は山と川

      矢口高雄1988/06

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 結構前の本で久しぶりの再読
        矢口高雄の文書は読みやすく、ちょっと昔の田舎の生活が面白く書かれている。人生の楽園とか世間では田舎の良さが色々言われている部分もあるが、自分としては田舎生活チョットと思っていまう。
        近所付き合いetc色々・・・
        >> 続きを読む

        2015/01/25 by kazenooto

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      インド夜想曲

      TabucchiAntonio , 須賀敦子1991/01

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      •  二、三年まえの雑誌『ユリイカ』に、わたしをウキウキさせる特集があった。アントニオ・タブッキの特集である。殊に、作家の堀江敏幸さんと、タブッキの翻訳も手掛ける和田忠彦さんの対談がおもしろく、それを読むあいだに多くの記憶が甦ってきた。
         わたしが最初に読んだ堀江作品は『熊の敷石』で、堀江さんはこの作品で芥川賞を受賞した。『熊の敷石』を読んでいるとき、わたしはタブッキの匂いを感じていた。もちろん、堀江さんは、わたしが名も知らぬフランスの小説を多く読んでいるはずなので、堀江さんとタブッキを結びつけることは性急にすぎた。しかし、この『インド夜想曲』と『熊の敷石』はじつに通い合うものがあるのだ。その謎がこの対談ですこし明らかになった。
         タブッキを読むとき、いや大抵の小説を読むときにいえることだが、あまり初読をあてにしてはいけない。たぶんナボコフの言葉にこんなのがあった。
         「小説を読むことはできない。小説は再読されるものだ」
        初読ではどうしても筋を追う読み方になるし、すぐれた小説の見るべきところは、いかんせん恥ずかしがり屋で、それを味わうためには再読が必要なのだろう。タブッキもそれを要求する。
         『インド夜想曲』も初読の段階では、インドを巡る幻想めいた冒険という印象を受ける。が、筋を忘れない程度に時間をあけてまた読むと、かなり違った読書体験になると思う。用意された容器に神秘的な水が注がれるように、タブッキの世界を味わうことができる。登場人物たちのやりとりや、たくさん出てくるホテルの情景に魅了される。幸い、この小説は短い。150ページだ。気になった人は是非、タブッキの本を手に取ってほしい。
        >> 続きを読む

        2015/02/18 by 素頓狂

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      フロベールの鸚鵡

      BarnesJulian , 斎藤昌三1989/10

      4.0
      いいね!
      • 本書著者のエッセイ『文士厨房に入る』が面白かったので、小説も読んでみました。分類としてはポストモダンになるらしいのですが、ポストモダンがどんなものなのかいまいちよくわからず…しかし従来の小説の構造とは違うなというのは感じました。かといって幻想怪奇系でもなく、内容は非常に現実的なのですが、小説としての構造がだいぶ違う感じです。こういう書き方もあるのか、と。最初は戸惑いましたが、演出として非常によかったので、好きです。かなりしっかり取材をして書く人らしく、これ小説なの?と最初は思いましたが、小説でした。

        フロベールは19世紀フランスの小説家ですが、私は『ボヴァリー夫人』しか読んでいません。でも『ボヴァリー夫人』だけでも読んでいてよかった。他のも読んでいたもう少し違う楽しみも感じられたかもしれません。元ネタの知識があるとより面白そうな。後出しになりますが、後日『紋切型辞典』は読むつもりです。

        フロベールの年表からはじまって、彼の足跡を訪ね、作家の姿に迫り、しかしこれはフィクションなのです。「純然たる実話」の章(少なくとも他の章は丹念な調査に基づいたフロベールに関する話題なのに、実話と称したこの章で小説っぽさを出してくるとは…!)が、かなりぐっときました。

        「僕は妻を愛していた、僕らは幸せだった、妻がいないのがつらい。」

        これまでぐだぐだと(失礼。)作家フロベールについて調べ、分析し、書いていたのはこのためだったのか、というのが、もう!その後の「試験問題」の章もそうですが、語り手の男性の状況をこういう風に描き出す方法があるのか、というのがいい意味でショックでした。やられた。


        そういえば少し勘違いしていたのですが、著者のジュリアン・バーンズ、御歳70なんだとか。まだ50か60かそこらだと思っていました。
        今年に入って『アーサーとジョージ』が刊行されましたが、wikiによれば、これは英国では2005年に刊行されたものですね。
        ちなみにブッカー賞を受賞したのは英国で2011年に刊行された『The Sense of an Ending』で、これは新潮クレストブックスで翌年に訳されていました。読まないと。『イングランド・イングランド』も面白そうです。
        ところでブッカー賞についてよく知らなかったので調べてみたのですが、これはその年に英国籍の著者により出版されたもっともすぐれた長編小説に与えられる、というものらしくて、作家ではなく作品に対して贈られるんですね。選考委員のバランスの良さに定評があるのだとか。へぇー。
        >> 続きを読む

        2016/04/17 by ワルツ

    • 1人が本棚登録しています
      初版グリム童話集

      吉原素子 , ヤーコプ・グリム , 吉原高志 , ヴィルヘルム・グリム1997/05

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      •  5歳になる娘の読み聞かせに使えればと思って買いましたが、
        幼稚園児には難しすぎたようです。
        かえって大人が読んだ方が面白いと思います。
        きっとコンセプトもそんな本です。

         現行もっとも知られており、
        一般的に「グリム童話」として認知されているものは、
        初版に様々な手を加えられた第7版だそうです。
        それまでに子供向けではない表現が削除されたり、
        文章や描写が洗練されたりしてかなりの変化があったようです。

         本書を読むと、そのことをすごく実感します。
        文章に飾り気がなく、とても純朴で、
        ある意味 粗野な印象を受けるのです。
        まさに磨かれる前の素材のままの昔話です。
        シンデレラやラプンツェルとかの原型は、
        だいぶ今つたわっている物と違い興味深かったです。
        各ストーリーの後の注釈で、
        それぞれの話の変遷などが分かるのも面白かったです。
        >> 続きを読む

        2015/02/01 by kengo

    • 1人が本棚登録しています
      切り裂き魔ゴーレム

      池田栄一 , AckroydPeter2001/09

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!

      • 今回時間をかけて読了したのは、読みやすいポストモダン小説の作家ピーター・アクロイドの「切り裂き魔ゴーレム」で、ヴィクトリア朝時代のロンドンを舞台にした、巧緻な犯罪小説です。

        この物語は、主に四つの語りによって成り立っている。
        第一章で、夫を毒殺した罪によって処刑されてしまうエリザベスが、その半生を物語るパート。
        エリザベスの夫クリー氏の日記のパート、エリザベスの公判記録のパート、殺人鬼ゴーレムが引き起こす連続殺人事件に怯えつつも、興奮を隠せないロンドンという街を活写したパート。

        切り裂きジャックを彷彿とさせる殺人鬼ゴーレムの正体とは?----と、趣向を誰がやったのかというフーダニットにもっていくのは、よくあるパターンなんですね。

        ところが、この作品は、それを早々に明らかにしてしまうのだ。
        クリー氏に日記の中で、嬉々として自らの行為を告白させることで。
        だが、しかし-------。

        ミステリ好きとしては、考えずにはいられなくなるんですね。
        彼は信用できる語り手なのだろうか、と。
        そして、その疑いは読み進めるほどに深まっていくんですね。
        あたかもロンドンの街を覆う、濃い霧のように-------。

        だが、この小説の面白さは、切り裂きジャックのみならず、当時のロンドンで起きた有名な殺人事件の幾つかをモデルにした、殺人鬼の正体探しだけにあるわけではないんですね。

        母親に死に別れたエリザベスが、飛び込んでいくミュージック・ホールの愉快で明るい世界と、犯罪の巣窟だった貧民街の物騒な暗がりの対比の鮮やかさ。

        チャールズ・チャップリンも畏敬した大衆演芸のスター、ダン・リーノや、「資本論」で有名な思想家カール・マルクスといった実在の人物が、虚構に華を添えていると思う。

        ユダヤ神秘主義カバラの秘法によって粘土から生まれると信じられていたゴーレムという怪異が、殺人事件に振りかけるオカルティズムの怪しい香り。

        そうした要素を四つのパートに巧みに織り込み、様々な伏線を張り巡らせながら、作者のピーター・アクロイドは、ゴーレムの謎に迫っていくんですね。

        ゴーレムとは一体何者なのか?
        ゴーレムが殺害したのは、本当は何人なのか?-------。

        史実と虚構を渾然一体とさせた、久し振りに読み応えのあった"知性派歴史ミステリ"であったと思う。

        >> 続きを読む

        2018/06/08 by dreamer

    • 2人が本棚登録しています
      越境

      BarkerPat , 高儀進2002/09

      カテゴリー:小説、物語
      いいね! misako
      • 10歳のダニーは本当に女性を殺したのか。ダニーに責任能力ありと判断して、成人扱いで裁かれるきっかけを与えた心理学者トムの、住まい近くの川に身投げしたのも偶然だったのか。この辺りは、読者を引っ張る主要テーマになっていると思う。でも実は、これらの答えを知ってる、読者はみんな。トムの離婚の流れはメインストーリーではないものの、興味ある展開になってる。それにしても以前、就労支援してた学生に、ダニーはそっくり。だぶって困ってしまった。 >> 続きを読む

        2015/02/10 by 紫指導官

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      猫に名前はいらない

      小竹由美子 , WilsonA. N2004/09

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 老いぼれ猫が孫猫に語り聞かせる一代記、自叙伝すなわち猫語の物語を人間語に訳したという実験小説・・・としては大失敗の駄作であろ。(凡愚の人間を嗤いのめしてみせた「吾輩は」で始まる日本の名作を知らないのだろうか。)
        ・・・と見せかけて、そんな批難も百も承知の人情話ならぬ『猫情話』なのでありました。

         * * *

        主人公(といってはいけないのか「主猫公」か?)は人間から押しつけられた名前は幾つもあるのに猫には不要と「名無し」を決めこんだ雄猫です。
        記憶力だけは抜群で、幼少期からの、とりまく二本足どもの会話を再現してみせる。

        ただし猫は猫らしく、テレビのことをあっさりテレビといわずに、ながたらしい説明付きの「函」と表現してみせるあたりは可愛かった。でも、そんな調子で語り続けたらとんでもないことになるのは眼に見えていた。案の定、猫らしい遠回しなことばは申し訳程度に「たまに」登場するばかりで、「テレビ」は言えないのに「番組」は言える。「医学」がわかる。

        「名前はいらない」と所有物扱いを嫌いながら、ほかの猫を語るときには、便宜上だかなんだかしらないが堂々と「二本足の奴からつけられた名前」を使う。(そりゃそうだ、落語の寿限無寿限無になってしまうからね。)

        猫の気持ちを解さない二本足を愚弄しているのに、町の野良として、食いものは結局人間のおこぼれに与って生きている。

        人間の言葉は理解し記憶するが、犬のことばもインコの声も鳴き声としか聞こえないあたりは、なんとも人間臭い猫様なのです。

         * * *

        そうなんですよ。「人間臭さ」がいいんです。猫なのに、孫猫に一代記を語る。
        聡明そのものかと思ったら、とんでもなく智慧が抜けていたりする。
        生きている限りは愛も哀しみもある、まさに人生いやいや猫生。
        読んでいて、初めは難癖ばかりつけて「駄作?」と読み進んでいくのですが、気が付けば、
        気楽に見える猫生に「おまえらは呑気でいいなあ」と間抜けな台詞を吐いてきた自分らの愚かしさが見えてきます。

        これから読む人は、タイトルから察しの付く想定内の物語にぶつぶつイライラしながらもラストまで読んでください。案外、読後はさわやかです。
        >> 続きを読む

        2016/01/20 by junyo

    • 1人が本棚登録しています
      おわりの雪

      田久保麻理 , MingarelliHubert2004/12

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 【トビを買いたいと思ったのは、雪がたくさんふった年のことだ】

         「ぼく」は、養老院に通い、一人では散歩ができなくなったお年寄り達から声をかけられると手を貸してあげて、一緒に散歩をすることで、お年寄り達からいくらかのお金をもらっていた。

         そのお金は半分に分け、半分を家に入れていた。
         父さんは病気で伏せっていて、「ぼく」の家は、父さんの年金と「ぼく」が養老院からもらってくるお金の半分とでやりくりしていた。
         もしも、父さんが死んでしまっても年金というのはもらえるものなのだろうかと考えたこともあった。

         ブレシア通りの道端に古道具屋のディ・ガッソが、ナイトテーブルやらラジオやらと並べてトビを置いた時から、「ぼく」はその鳥、トビが欲しくてしかたなかったのだけれど、ディ・ガッソはとんでもなく高い値段をつけてしまった。
         養老院でもらうお金の半分を貯めても到底届く値段じゃなかった。
         それでも「ぼく」は、いつかお金を貯めてそのトビを買いたいと思い、養老院の仕事を終えると、いつもディ・ガッソの店に、トビに会いに行った。

         こんな始まりの作品です。
         静かで、悲しい作品です。
         その後、「ぼく」は、トビ取りだと思い込んだ男を見つけその男の後をつけました。
         その男は、公園の水飲み場で水を飲んで歩き去って行きます。
         「ぼく」は、彼と一言も言葉を交わすことはできなかったのだけれど、それでも、その人はトビ取りの人で、どうやってトビを取るのかを教えてくれたって思い込みます。

         家に帰り、病床の父親に、「父さん、今日ね、トビ取りの男の人に会ったよ。どうやってトビを取るのか、ぜーんぶ教えてもらったんだよ。」と話しかけます。
         
         夜毎……父親や「ぼく」が眠ったと思われる時間に、母さんは外へ出て行きます。
         しばらくして……「ぼく」が起きていないだろうと心配しながら、そっと家に戻ってきます。
         それは、食べていくために仕方なく母さんがしていたこと。
         でも、「ぼく」は眠ったふりをしていたんだ。

         もう、長くはない父さんは、「ぼく」が、「トビ取りの男の人の話をしようか?」って言うと「うん。話してくれ。」っていつも言った。
         だから、「ぼく」は、どうやってトビを取るのかをたくさん、たくさん、繰り返し話した。
         父さんは、いつも面白そうに聞いていた。

         作者は、児童文学のジャンルで知られているそうですが、この作品は大人が読むべき本だと思います。
         静かな夜に、泣いても良い夜に、読んで頂けたら良いかなと思います。
        >> 続きを読む

        2019/02/12 by ef177

    • 1人が本棚登録しています
      悪魔の文化史

      Minois, Georges, 1946- , 平野隆文2004/07

      3.0
      いいね!
      • 悪魔って神とセットなので、宗教的な所から出ることはない印象。信心深い方ではないので、一番なじみ深い悪魔はやっぱり閣下ってことになるかなぁ。 >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

    • 1人が本棚登録しています
      シェイクスピア全集

      ウィリアム・シェイクスピア (1983/01

      カテゴリー:戯曲
      4.0
      いいね!
      • タイタス・アンドロニカス

        管理社会モノのアニメ「PSYCHO-PASS」の登場人物、芸術家であり女子高生であり猟奇殺人者でもある王陵璃華子が好んでいた作品。その理由はシェイクスピアの悲劇の中でも特別に残酷だから。

        とりわけ残酷な被害を受けるのはタイタスの娘ラヴィニアだ。彼女は強姦されたあげく、口止めに舌を抜き取られ、両手を切られる。そのうえ最後は実の父親の手によって殺されるのだ。父親が娘を殺した理由を語るセリフが「いま殺した娘は私を涙で盲にしたのです(後略)」。他の場面でもタイタスは嘆いてばかりで(それも無理からぬことではあるが)、両手と舌を奪われ辱めを受けた娘への思いやりは感じられない。だから僕はタイタスを好きになれない。

        一方であらゆる悪事を好み実行したアーロンは好きだ。悪の権化でありながらどこか小物臭さがあるところがいいし、悪党でありながら息子に対して、我が身に変えても守ろうとするほどの深い愛情を抱いているというギャップもよい。そして何より悪役として全くぶれないところが気に入っている。

        彼は罰として生き埋めの刑に処される時に「……赤ん坊じゃないぞ、おれは、卑劣な祈りをあげて犯した悪事を悔いるなんて子供じみたことはしないぞ。(中略)おれの生涯にただの一度でも善いことをしていたら、おれは魂の底からそいつを悔やむだろう。」と嘯く。ぶれない心や信念というものはその中身がなんであれ、格好いいものだ。ディズニーアニメ「ヘラクレス」の登場神物ハデスを連想したから、というのも彼に惹かれた理由かもしれない。



        ところで戯曲って読むのが少し難しいですね。心理描写がほとんど描かれないので想像に依るところが大きくて……なんだか唐突に感じるシーンもあったわけです。例えば、タイタスが息子を殺したシーンでは、最初に剣をとったのはミューシャスだし、家名を汚す許しがたい行為をしたかもしれないけれど、一瞬の迷いもなく息子をやっちゃうの!?と驚きました。

        そんなわけで僕はストーリーよりも登場人物の会話やセリフを楽しみました。シェイクスピアが各所で引用される理由がわかった気がします。気の利いた言い回しが多くて使ってみたくなるんですよ!なんなら役者のような迫真の演技で音読したくなります。

        PSYCHO-PASSの王陵璃華子編でも「タイタス・アンドロニカス」が度々引用されてるので、僕と同様にこのアニメで興味を持った人はぜひ読んでみることをお勧めします。ちなみにとあるサイトによると、ちくま文庫版の松岡和子訳のほうが作中で引用されたセリフに近いそうですよ。
        >> 続きを読む

        2016/05/29 by けやきー

    • 1人が本棚登録しています

【(株)白水社】(ハクスイシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本