こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)白泉社 (ハクセンシヤ)

企業情報
企業名:白泉社
はくせんしや
ハクセンシヤ
コード:592
URL: http://www.hakusensha.co.jp
      3月のライオン

      羽海野チカ2008/01

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.7
      いいね! kgr
      • 人間ドラマとして秀逸。
        そして将棋が分からない自分が読んでも面白いのが凄い。
        主人公だけでなく、登場人物皆を応援したくなる! >> 続きを読む

        2019/01/17 by ちさと

    • 他6人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)

      羽海野チカ (2013/09

      4.8
      いいね! kgr
      • 匿名

        中学校の先生の、「やりたい事」が見えてくれば今のその「ものすごい不安」からだけは抜け出る事が出来るという台詞に希望を持った。 >> 続きを読む

        2014/08/31 by 匿名

      • コメント 3件
    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      3月のライオン

      羽海野チカ2010/10

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね! kgr
      • 零くんがひなちゃんが、運命の人になった名作

        2016/12/25 by mbd

    • 他2人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2011/02

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.3
      いいね!
      • いよいよ核心に。

        まさかこの人が犠牲になるなんて。
        重い。 >> 続きを読む

        2020/04/19 by ちっちゅう

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      夏目友人帳

      緑川ゆき2005/10

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.8
      いいね! hrg_knm
      • 帯が全てを物語ってる。(笑)
        正に「妖しく、切なく、懐かしい。」お話。
        ひとと違う力を持った主人公が、その力故にひとならざるもの達と触れ合い、感じ、成長していくんだけど、そういったもの達とのあれやこれだけでなく人間同士との関係も少しずつ変わっていくのが良い。
        人間も妖怪も、良いヤツもいれば悪いヤツもいる訳で、処世術とは別の意味で、自分以外のものとの付き合い方を学んでいる気がする。(いや、私がです/←おぃ)
        >> 続きを読む

        2019/01/17 by ちさと

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      愛の巣へ落ちろ!

      樋口美沙緒2010/04

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 読むのは3回目。何度読んでも面白くて夢中になる。
        シリーズ最新刊が待ちに待った真耶の物語なので、その登場シーンが多い本書をおさらいも兼ねて読んだ次第。真耶の恋人となる「あの子」が誰だったのかも、やっと思い出せた。

        遠い未来、千年の氷河期を経て生き残った人類は節足動物と融合して特殊能力を引き継ぐという、STも真っ青のトンデモ設定のシリーズだが、描いているのはさまざまな愛の形で喜怒哀楽に変わりはない。ハイクラスとロウクラスという階級が明確にあって、シリーズ一作目の本書では、タランチュラ出身の澄也とシジミチョウ出身の翼の階級を越えた愛のためらいと苦悩が描かれる。
        さて、おさらいもすませたことだし、真耶の物語を読むとしよう。

        >> 続きを読む

        2018/03/27 by Kira

    • 他2人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      彼氏彼女の事情

      津田雅美1996/06

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • この本の名言をご紹介します。

        ***
        心のバランスが取れなくなるから恋愛でしょう? >> 続きを読む

        2014/05/12 by 本の名言

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シ-クレット

      清水玲子2001/12

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.7
      いいね!
      • このサイトで、本作がなかなかヒットしないのはなぜ?
        作者名とコミックシリーズ名でようやく見つかった。

        さて、、、とてつもないスケールと世界観で描かれた作品。
        1ヶ月前に一通り読んで、今度は精読している。

        読めば読むほど映画化は残念な出来だったと思ってしまう。
        これだけのスケールを2時間やそこらにまとめるのは
        よっぽど上手くエピソードをピックアップして整理しないと
        矛盾だらけになってしまう。
        貝沼にしろ大統領にしろ、ストーリー全体に濃淡織り交ぜながら絡んでくるのだから。

        心にしんどいものがあるときに読むと
        なんかもういろいろ考えちゃう作品である。
        >> 続きを読む

        2020/04/05 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2003/05

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 映画の中にもでてきた絹子のエピソード。
        映画での絹子は理解不能な嫌な女だったけど
        作ではきちんと背景が描かれている。

        表紙の薪さんの綺麗さ…たまりませんな。
        >> 続きを読む

        2020/04/06 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2007/02

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 真実と、一人の人間の自尊心を守るための嘘。
        どちらも重い。他人がそれをジャッジすることは可能なのか。
        復讐することで正気を保っていた佳人。
        その後嫌がらせを受け裁判を起こされる佳人とその両親。
        あまりにも哀しい結末。
        >> 続きを読む

        2020/04/08 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2008/01

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 読み終わった日付が修正できない…

        ---

        社会でつまはじきにされた人間のおこす犯罪と
        見て見ぬふりをするその他大勢の小さな罪

        誰が誰を責められるのだろう
        >> 続きを読む

        2020/04/12 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ベルセルク

      三浦建太郎1990/12

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.7
      いいね!
      • ベルセルク 第1/第37巻(未完結)

        謎の存在ゴッド・ハンドを追い求める、黒い剣士ガッツ。

        少なくとも、この第1巻だけで言えば、とても面白いと言える作品ではなかった。

        あちこちで高評価を耳にする作品だけに、非常に期待が大きい状態で手に取った。

        とても実用に耐えるとは思えない、鉄塊と表現されるほど大きな剣を振り回すベルセルク(狂戦士)ガッツ。
        きっと、ファイナルファンタジーシリーズで出てくるバーサーカーと同じ語源なんだろうと思う。

        何やらゴッド・ハンドと呼ばれる謎の存在を追い求める戦士で、そこに辿り着くまでに、道中のモンスターとの戦いに明け暮れるストーリーのようだが、戦闘に必然性が無いと言うか、現時点では余りにも説明不足で、読み進めるのが辛い。

        絵も好き嫌い以前に上手いと思えない。

        福笑いみたいに顔のパーツがアチコチに飛び散っているベヘリットと言う存在がラストシーンに登場。
        緊迫感が必要なシーンのようだが、絵に迫力が無いため、何だか締まらない感じで終わっている。

        結構グロい描写も存在するので、ソッチ系が苦手な方は避けた方が良いかも知れない。

        とは言え、これほど評判の作品。今後期待に応えてくれると信じて読み進めて行こう。
        >> 続きを読む

        2013/08/02 by ice

      • コメント 10件
    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      ホーリーランド

      森恒二2001/06

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.5
      いいね! Tukiwami
      • おびただしい数の漫画がある中で、本当に心に残る作品というのは、たぶんあんまり多くはないと思うのだけれど、この『ホーリーランド』はその数少ない作品と思う。

        何が心に残るのかは、うまく言葉で一口に言うことはできない。

        ただ、たぶん、主人公のユウや副主人公のマサキらの気持ちが、若干わかる人には、その必死さがぐっとくるということなのだと思う。
        そういう人にとっては、単なる漫画の域をこえて、何か心に響く作品なんだと思う。

        最終巻の十八巻で、何のために闘ってきたかということについて、「過去から自由になるため、新しい自分を得るため」ということをユウたちが述べていることに、私は別に路上で闘ったことはなかったけれど、別の意味で、ああそういえばそういうことだったんだろうなぁととても共感させられた。

        多くの人に勧めて良いかはちょっとよくわからない、少々ディープな暗い格闘技系漫画ではあるのだけれど、根底にあるメッセージは本当に良い作品だったと思う。
        >> 続きを読む

        2014/05/03 by atsushi

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      ベルセルク

      三浦建太郎2011/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.5
      いいね!
      • これもきっかけはパチンコで、レンタル屋さんにあったから読み始めたのですが、最初の4巻は別に普通で、4巻以降、ガッツとグリフィスの出会いから、めっちゃ引き込まれました。
        グリフィスからキャスカのお話へ・・・。
        もう面白くて面白くて、寝る間を惜しんで読んじゃいました。
        このマンガの何が好きって、ストーリー展開もすごく面白いんですが、絵がすごく魅力的で好きなんです。
        特に女性陣!
        最初から出てくるキャスカも絵が可愛いな。と思っていたのですが、フォルネーゼちゃんが出てきた辺りから、すごく絵がかわいらしくて、安野モヨコさんの絵みたいだなって思ってて。
        魔女っ子出てきたら、ドキューン!
        完璧、その絵に惚れちゃったんです。
        ガッツみたいにあんなガサツな慶次とか北斗ばりの絵から、どうして、こんなに可愛いらしい女性がかけるんでしょうか?
        女性陣がかわいらしく見えるのは、キレイな人は唯一無二グリフィスだからかな?
        ちなみに、パチンコで見たかぎりではグリフィスは女だと思ってました。

        さて、物語の方は、ガッツの暗くて重い一人旅ではなく、仲間が出来、さらに復活のグリフィスと来た所で、いきなりファンタジー路線全開になり、ちょっとビックリ!
        いや、私的には、暗くて重いあの雰囲気が好きだったものですから、魔法全開モードにちょっと面喰ってしまった。
        鎧が暗い雰囲気持たせてくれてるけど、作者は、最初からこっち路線に行きたかったのか?仲間をパワーアップさせるためには、こっちに行くしかなかったのか?よく分かりませんが、今の状態じゃ、絶対、ガッツ(達)は勝てないワケで・・・。
        で、私、30巻すぎて、気付きました。
        これ、読み切り(最終巻)じゃないって。
        まだ連載中だったんですね・・・。
        なんでも、このマンガ出るのすっごい遅いらしくて、こんなに面白くて次早くみたいのに、読めないのが超切ない。
        きっとこれ、何年もかかって50巻とかまで行って終わるかどうか?って感じなんだろうなぁ・・・。
        読者は、気長に待つしかないのです。なので☆4つ。
        >> 続きを読む

        2013/11/26 by 私の本棚

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      3月のライオン March comes in like a lion

      羽海野チカ2012/12

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.3
      いいね! kgr
      • 匿名

        宗谷名人との記念対局で聞いた駒音がどうしても鳴り止まず、ぼーっとして車にひかれそうになる描写に、零君が受けた衝撃が伺える。 >> 続きを読む

        2014/08/30 by 匿名

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2008/07

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.5
      いいね!
      • 一つの告白から見つかる二つの事件

        兄の妹を想う気持ちに胸が締め付けられる。

        子を持つ母として、一人残された老婆の行動に賛同せずにいられない。


        事件化するかどうかはともかく
        このような苦しみの中で生きている人は実際にいるのだろう
        二つの哀しい事件
        >> 続きを読む

        2020/04/12 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2009/02

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.5
      いいね!
      • 薪さんと岡部警部の出会いのエピソード。

        「こんな現実ならもういらない」
        危うい均衡、ギリギリの日常
        そのうえ生きづらさを抱えていたら
        そうなるのはむしろ当然のことだ
        一線を超えるか踏みとどまるか
        その違いはどこにあるのだろう
        >> 続きを読む

        2020/04/14 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2009/10

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • この表紙の薪さんが一番カッコいい^^

        複雑に入りくんだ事件
        淡路の復讐がかなった瞬間

        何も知らずに生きてきた子供たちが真実を知った瞬間の気持ちを考えると
        大臣の罪の重さが分かる
        >> 続きを読む

        2020/04/17 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2010/07

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 地震のエピソード。

        それぞれの辛い事情
        山本さんの過去


        こんな感情、知っている。
        そんな人がたくさん出てくる物語。
        >> 続きを読む

        2020/04/19 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      秘密 トップ・シークレット

      清水玲子2011/12

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • この辺りを読んでいる段階では分からないことが多い
        読み落としたことがあるのかと不安になりながら読み進める >> 続きを読む

        2020/04/21 by ちっちゅう

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています

【(株)白泉社】(ハクセンシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本