こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)明石書店 (アカシシヨテン)

企業情報
企業名:明石書店
あかししよてん
アカシシヨテン
コード:7503
URL: http://www.akashi.co.jp
      きみたちにおくるうた むすめたちへの手紙

      ObamaBarack. , さくまゆみこ , LongLoren.2011/07

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • ても親しみやすい、わかりやすいメッセージ。
        それでいて、とても奥が深いとも思う。
        どもたちは未来、そんな未来へのオバマさんのメッセージであり、基本的な思想でもあるんだと思う。
        ここに登場するのはアメリカをベースにした人たちではあるが、そこから伝わるものは全世界への思いでもある。
        次の世代へ何を伝え、何を残すのかという根本的な問いかけでもあると思う。
        >> 続きを読む

        2014/12/19 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      従軍慰安婦のはなし 十代のあなたへのメッセージ

      西野留美子1993/08

      カテゴリー:日本史
      4.0
      いいね!
      • 伊勢英子さんが挿絵を描いているということで、ふと手にとって読んでみた。
        とてもわかりやすく「従軍慰安婦」について書かれていた。

        証言をされている方々の回想談は、どれもあまりにも哀れで、胸がつぶれた。

        もう二十年前ぐらいの出版の本で、その後もさまざまな研究や議論の積み重ねがあるとは思うので、その後の議論もまたもっといろんな書籍を読んで把握したいと思うが、とても良い本だと思った。

        いろんな美名で語られても、植民地や支配・被支配というのは、結局はこういう事態を生じさせることなのだろう。
        アメリカにおける黒人奴隷制と同様に、朝鮮等の人々への「従軍慰安婦」はひどい歴史だとあらためてこの本を読んで思わざるを得なかった。

        今もって、この問題は争点になりがちのことだし、国家の関与が史料から証拠づけられるのかは議論があるようではある。

        しかし、もしイエスや法然がこの時代や今にいて、この話を聞けば、間違いなく「従軍慰安婦」だった人々に寄り添ったのではなかろうか。
        また、このような事実を見て悔い改めない人々を、もしエリヤやイザヤが見れば、間違いなく叱責したのではないか。

        福沢諭吉や内村鑑三が見れば、いかほど嘆き、血の涙を流したろうか。

        今もって、目をそむけてはならない、人間ならば人間として注視しなければならない問題なのだろう。
        私はとかくこの問題について、まだまだ認識が浅く知識も乏しいので、もっと勉強しなければと反省させられた。
        >> 続きを読む

        2013/04/29 by atsushi

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています
      刺繍 イラン女性が語る恋愛と結婚

      山岸智子 , Satrapi, Marjane , 大野朗子2006/06

      3.0
      いいね!
      • 身分の高いイラン女性の楽しみはサモワールを飲みながらの女子会。
        結婚相手は当然のように家族が決めるという時代錯誤な生活の唯一の心の換気時間。

        厳格なイスラム教の教えにより、婚前交渉が発覚すれば殺されることを恐れて、初夜にカミソリで血を演出しようとする女性。

        13歳で69歳の将軍と結婚することが決められる女性。

        憧れのヨーロッパ生活を手に入れるために西洋人と結婚して詐欺に合う女性。

        妻を持つ男の愛人になることを拒否した女性に対して夫人が語る話が印象的。
        奥さんは、汚れたシャツ、口臭、痔の出血の処理。
        愛人は真っ白なシャツ、香水のような息、楽しむために愛を語りに来る男性と上機嫌な時間を過ごすだけ。
        なるほど合理的。

        タイトルの刺繍というのは、お淑やかなお裁縫ではなく、処女を再生するための手術のお話し。
        男尊女卑の社会の中で抑圧されていると思いきや、女ってこわいのだ。

        心の換気をしなさい。しゃべるのが一番よ。
        >> 続きを読む

        2017/02/18 by tweety

    • 1人が本棚登録しています
      バングラデシュの歴史 二千年の歩みと明日への模索

      堀口松城2009/08

      カテゴリー:インド
      いいね!
      • 内容そのままにバングラデシュの歴史で、建国(独立)以降の歴史が8割以上にわたっています。
        この国は「アジアの最貧国」と呼ばれることがあります。建国以来インドおよびパキスタンの悪影響を受け、2大政党が互いに実力行使で妨害を行ってきたために社会状況が不安定であるがために経済発展できていないようです。そのように呼ばれても致し方ないとの感想を持ちました。
        また、先人が発展に協力してきたことにより親日国であることを全く知りませんでした。
        >> 続きを読む

        2012/04/15 by 6kawa

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      先生がアスペルガーって本当ですか? 現役教師の僕が見つけた幸せの法則

      ゴトウサンパチ2011/06

      3.0
      いいね!
      • 図書館にて。
        引き続き勉強の為。

        2015/09/10 by nananann55

    • 1人が本棚登録しています
      原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の言語

      安富歩2011/12

      カテゴリー:発電
      5.0
      いいね!
      • 「東大話法」とは、副題にあるとおり、傍観者の論理・欺瞞の言語のことです。筆者は東大話法の規則を20種類挙げています。煩雑ですが、面白いのですべて挙げておきます。
        1.自分の信念でなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。
        2.自分の立場の都合のよいよいように相手の話を解釈する。
        3.都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事をする。
        4.都合のよいことがない場合には、関係ない話をしてお茶を濁す。
        5.どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。
        6.自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱい批判する。
        7.その場で自分が立派な人だと思われることを言う。
        8.自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。
        9.「誤解を恐れずに言えば」と言って、嘘をつく。
        10.スケープゴートを侮蔑することで、読者・聞き手を恫喝し、迎合的な態度を取らせる。
        11.相手の知識が自分より低いと見たら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念を持ち出す。
        12.自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。
        13.自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。
        14.羊頭狗肉。
        15.わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
        16.わけのわからない理屈を使って相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。
        17.ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。18.ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす。
        19.全体のバランスを常に考えて発言せよ。
        20.「もし○○○であるとしたら、お詫びします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける。
         この本の面白いところは、実際に発表されている発言を取り上げて、これらの規則を見出しているところです。原発におけるいわゆる御用学者たちの発言と、小出裕章氏の発言との違いを取り上げながら、いかに無責任な発言がどのような構造になっているかを明らかにします。また、小出裕章氏が原発事故後ににわかに注目されたことを論じた香山リカ氏の発言の「東大話法」性をつぶさに検証します。また、震災後の東大工学部の学生向け文章や、政府への提言などの文章がいかに無責任で、「東大話法」に満ちているかを検証します。具体例の最後は経済学者の池田信夫氏のブログ「アゴラ」に書かれている震災関係の記事に批判を加えていきます。
         筆者自身言っているように、この文章は個人を中傷することが目的ではなく、「東大話法」というパターンが抽出できるような、無責任で傍観者的な話法がどうして成立したか、それがどれだけ危険かを明らかにすることにあります。また、「東大」とありますが、東大の優秀な頭脳にこの種の話法が多く見られるということであって、この種の話法は巷に満ちあふれています。そしてこの話法の成立には「立場」の選択が重要であると筆者は指摘しています。
         立場の歴史を遠く平安時代にまで遡り、立場とは、そこで「生き物が生きるための場所」のことと考えます。それが明治時代になって夏目漱石によって、英語のstandpoint position situation stanceなどの意味をミックスしていって、英語から離れた日本語独特の「立場」という言葉が成立したと考えています。筆者は日本語の立場には、personalityの意味も含まれていると指摘しています。
         「立場」の意味変遷の歴史の最後には、特攻隊の妻へ宛てた手紙を参照しながら、「立場」のために死ななければならない若者の姿を指摘し、本来「生きるための場所」であった「立場」が逆転してしまっている現象を浮き彫りにしています。ここまで来て、「東大話法」に規則にある「立場」が東大話法的話者にとって重要である所以を明らかにしたのでした。
         本書より「人間ではなく『立場』から構成される『社会』は、一方で立場に伴う義務を果たすための、異常なまでの無私の献身を人間に要請し、また一方で、立場を守るための、異常なまでの利己主義を要請しました。またここから生じるストレスを誤魔化すための果てしない消費は、弱者に対する搾取と、自然環境に対する強烈な破壊圧力をも生み出しました」
         筆者はさらに「職(しき)」から「役」そして「立場」へという歴史的な流れも指摘しています。「職」は戦国時代に「軍役(ぐんえき)」にとって代わられ、これは「家」の概念とともに発展し、家業の「役(やく)」を担う一族という考え方になっていきます。「えき」は労働を強いられて負わせられる意味、「やく」は組織の一員として役割を主体的に担うことを指します。江戸自体には身分に応じて様々な役目があり、それをこなすことが「立場」を保障するものでした。そしてこの構造は現代の企業にも受け継がれており、「立場」を守ることが至上命題になっていると言います。立場を守るために「役」が創出される(天下り!)。
         原子力業界では、ほとんどすべての論文が「我が国」で始まるそうですが、原子力推進は国(御公儀)の決定なので、御用学者はお上の命に従って「役」をこなしているだけなのだと、だから福島の事故に無責任でいられるのは、この構造故であると指摘しています。
         本書の筆者安富歩氏は、もともと経済学の人ですが、自身語っている通り、様々な分野を渡り歩いてきた人で、様々な分野に話が広がっていきます。ある意味専門家ではないからこそ、見えることがあるのだろうと思います。『文明の災禍』で内山節氏が、原発事故と専門性について詳しく書いていますが、専門家だから間違えない、一番知っているのだという思い上がりと、周囲の専門家への遠慮が「東大話法」を生み出しているのでしょう。筆者も言っているように、「東大話法」を笑い飛ばしてしまえば、それを使う人もいなくなるが、恐れ入ってしまうと、今度は自分が「東大話法」を使うようになると警告しています。
        >> 続きを読む

        2012/07/27 by nekotaka

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)明石書店】(アカシシヨテン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本