こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)新評論 (シンヒヨウロン)

企業情報
企業名:新評論
しんひようろん
シンヒヨウロン
コード:7948
URL: (株)新評論 http://www.shinhyoron.co.jp
      ギヴァー 記憶を注ぐ者

      ロイス・ローリー , 島津やよい2010/01

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 生きるとは・・本当の意味で生きるとは。

        それを考えた。

        成長し、やがて気づく。
        >> 続きを読む

        2015/10/21 by けんとまん

    • 3人が本棚登録しています
      「昔はよかった」と言うけれど 戦前のマナー・モラルから考える

      大倉幸宏2013/10

      5.0
      いいね!
      • 「近頃の若者は…」、「昔の人は礼儀正しかった!」、「最近の若者は根性がない!」、、、

        こんなことが囁かれている現代ですが、果たして昔はそんなにモラルがあったのか?という真実を暴く作品。
        答えを言うと、実際はそんなことはない。
        今こそ海外から日本の礼儀には称賛する声が多いが、法整備が甘く途上国だった戦前の日本はとんでもない国だった!!

        ・食品偽造のオンパレード
        ・公共の場はカオス状態
        ・電車の死亡事故は飛び込みではなく、車外乗車
        ・未成年の殺人事件が常軌を逸していた


        今と昔で最も違う一例を挙げると、「電車マナー」。
        戦前は電車を待つホームに並ぶ人間などおらず、常に戦場状態。
        ドアが開くと人を押しこくって、人の服を破いて乗車する者、人を殴って割込乗車する者、車外に捕まって乗車する人々。
        そんな曲者揃いの人間が電車に乗ってくるのだから、当然電車内はカオス状態である。

        化粧をする、弁当を食べる、酒を飲む、タバコを吸う、車内にゴミを捨てる、車外へゴミを放り投げる。
        実際、乗客が窓から放り投げたものが駅員に直撃し、重傷を負った事故もある…といった今ではありえないことが、戦前の日本で起こっていたのだ。

        また長距離運行の新幹線はもっと酷い。まだ動いている新幹線の窓に飛び込む、ホームから開いている窓に荷物を放り投げて席を確保する者や、逆に席に置かれた他人の荷物を車外に放り投げて座る者もいて、荷物の持ち主と大喧嘩など…そんなのが日常茶飯事だったそうだ。


        だから今が悪い、昔が悪い、というのが一概には言えない部分がある。今も昔も良い部分もあるし、悪い部分もある。
        時代の流れで変化していくモラルの中で、どれがマナーが悪いと言えるのか、今一度考えさせられる内容であった。
        >> 続きを読む

        2017/10/31 by Liys☆

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)新評論】(シンヒヨウロン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

シェイクスピア全集