こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)千倉書房 (チクラシヨボウ)

企業情報
企業名:千倉書房
ちくらしよぼう
チクラシヨボウ
コード:8051
URL: http://www.chikura.co.jp
      まってる。

      Bloch Serge , Cali, Davide , 小山薫堂2006/11

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.7
      いいね!
      • 良い本だった。

        人生のさままざまな場面での「待つ」姿。
        実はそれは、楽しみでもあり、あるいは生きることそのものなのかもしれない。

        この本で、「まってる」と訳されている“J’attends”(原形はattendre)は「待つ」という意味と同時に、「期待する」(expectation)の意味もある。

        人生というのは、期待や希望によってつくられ、そうして流れていくものなのかもしれない。

        いかにもフランスの絵本らしい、面白い、良い絵本だった。
        >> 続きを読む

        2012/12/21 by atsushi

      • コメント 10件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      パリのおばあさんの物語

      岸恵子 , Bloch Serge , MorgensternSusie Hoch2008/10

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • とても良い絵本だった。

        ユダヤ系のパリに住むおばあさんが、若かった頃や、大変だった第二次大戦の頃や、その後のことを思い出すことや、今の生活の様子が語られる。

        ひとつの人生の物語をしみじみ感じさせられる。

        若さや平和というものが、ごくありふれたものと今の日本で感じられている私を含めた多くの人間にとって、いかにそれらが貴重でかけがえのないものか、教えてくれる。

        また、どの人生もいかに厳しく、いかに尊いものかを教えてくれる。

        岸恵子さんが翻訳しているのだけれど、さすが絵本のチョイスも翻訳もすばらしかった。
        >> 続きを読む

        2012/12/23 by atsushi

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      いのちのかぞえかた

      Bloch Serge , 小山薫堂2010/10

      カテゴリー:雑著
      5.0
      いいね!
      • 人ひとりが生まれ、生きているということが、どんなにすごいことか。

        生まれる確率や、生まれてからのさまざまな行為の一生を通じた量や統計が面白おかしく、そしてとても考えられるものとして、描かれている。

        ちなみに、この絵本と同じものは、以下でも動画で見ることができる。

        http://kazoekata.com/movie/

        この絵本の主人公は女の子だけれど、男も似たようなもので、どちらのいのちも、あらためて、本当に奇跡的な、すごいもんだと思う。

        どの女性も大切にしないといけないし、どの人も、奇跡的なものだとよくよく心得て、大切にしないとなぁとあらためて思った。
        >> 続きを読む

        2012/12/21 by atsushi

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【(株)千倉書房】(チクラシヨボウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本