こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)日本工業新聞社 (ニホンコウギヨウシンブンシヤ)

企業情報
企業名:日本工業新聞社
にほんこうぎようしんぶんしや
ニホンコウギヨウシンブンシヤ
コード:8191
URL: (株)日本工業新聞社 http://www.business-i.jp
      文・堺雅人

      堺雅人2009/08

      カテゴリー:演劇
      3.0
      いいね!
      • なかなか手にすることがなく、一年ほど机に積まれていた本。
        盆休みにと、ソファに寝ころびながら読みはじめる。

        月刊TVnaviで連載(2004年12月~2009年1月)したエッセイ、全50回に加筆したもの。

        その時々の芝居やテレビでの心境や、役者としての心構え
        昔に戻っての思い出に、今の自分がどう影響されているかとか、

        今と昔を行き来しながら、堺雅人という役者の心情がみえてくる。

        即興(インプロ)とよばれるお芝居があるらしい。
        落語でいう三題噺ではないが、お客さんからお題をもらい、
        それをキーワードにして、その場で一時間ぐらい作品をつくるというもので。

        でも、落語家は一人で思いのまま進行できるが、お芝居では役者全員が絡むので、
        あるときは一人ではとても思いつかない展開になり、
        上手くいけば最高におもしろいものができるが、
        逆に上手くいかなかったら、おそろしくひどいものになるらしい。

        「トゥルース・イン・コメディ」という、即興の入門書があり、
        心得みたいなものがあるのだが、堺さんが常々心がけている即興の基本は、
        「イエス、アンド」であると・・・。相手の提案を否定せず、「そう、それでね・・・・」と、
        受け入れながら、物語をつむいでいくのとか・・・。

        ああ、反省しますな。いつも「でも・・・」「ええ、そういうても・・・」とか
        人の意見を受け入れることもせず、すぐ自分の思いを語ろうとする私。


        しばらくは「YES、AND」を胆に銘じて会話してみようと思う
        今日この頃で、おます・・・・・。

        >> 続きを読む

        2015/08/17 by ごまめ

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      プロ野球経営が破綻するこれだけの理由

      江本孟紀2011/03

      カテゴリー:球技
      4.0
      いいね!
      • これだけの理由があって、どれももっともなんだが、何ひとつ実現しがそうなのが寂しい。野球面白いんだけどなぁ... >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

    • 1人が本棚登録しています
      呆韓論

      室谷克実2013/11

      3.0
      いいね!
      • いっとき話題になった本だったので図書館で予約し3か月くらい待ってようやく私の手元に届きました。

        4章の途中までで読むのを止めてしまったので最後まで読んだなら違った読後感かもしれないですが....

        ソースを明記した第三者の意見と著者の思いがごちゃまぜになっており、また表現がオーバー(恐らくは意図的なんでしょうね)で私にとっては非常に読み辛い。

        最近では慰安婦問題にも動きがあり、この本に書かれている内容のいくらか(あるいは全ては)真実であろうが、稚拙さに対し稚拙で対抗している感があり残念。
        >> 続きを読む

        2014/08/13 by あっ!いち

      • コメント 2件
    • 4人が本棚登録しています

【(株)日本工業新聞社】(ニホンコウギヨウシンブンシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本