こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)リットーミュージック (リツトーミユージツク)

企業情報
企業名:リットーミュージック
りつとーみゆーじつく
リツトーミユージツク
コード:8456
URL: (株)リットーミュージック http://www.rittor-music.co.jp/
      The black mages黒魔道士 featuring battle music of final fantasy

      植松伸夫 (2003/04

      カテゴリー:器楽合奏
      いいね!
      • ファイナル・ファンタジーシリーズの楽曲をロックバンド形式でアレンジしたThe Black Magesのバンドスコアになります。

        スクウェア・エニックスの現・元社員から構成されたメンバーでリーダーが実際にゲーム内音楽を制作していた植松伸夫という、FFシリーズとバンドが好きな方にはたまらないバンドのスコアになります。

        植松さんが作った曲のスコアが読めるという意味では、バンドマンだけではなくゲーム音楽に興味のある方全般にオススメできる一冊です。
        >> 続きを読む

        2013/06/03 by janet

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      メキメキ上達!究極のアコギ練習帳

      野村 大輔 (2003/08

      カテゴリー:楽器、器楽
      3.0
      いいね!
      • 最近忙しくってアコギまったく触れてません。
        不本意ながらエアギターだったりしますが、仕事の合間に読んでます。

        アルペジオ~!!!!
        >> 続きを読む

        2012/05/29 by katsu

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ ギター・マガジン

      小林信一2004/07

      カテゴリー:楽器、器楽
      4.0
      いいね!
      • 当時流行っていましてネタで購入したギターの教本ですが、最初の1ページ目からアホみたいに難しくて笑いました。

        この本を購入してから4年近く経ちますが、未だに最初のトレーニングフレーズすら弾けません、メタルでピロピロ早弾きしてる人ってすごいんだなって思います。

        いつか弾けたらいいなと思いつつ本棚に眠っている一冊です。
        >> 続きを読む

        2013/06/03 by janet

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ

      小林 信一 (2009/04

      カテゴリー:楽器、器楽
      4.0
      いいね!
      • 教則本なので、読書といえるか微妙ですが、、、
        ギター上級者に教則本としてお勧めだと教えられて購入。

        「地獄」と書いてある通り、素人には難しそうかと思いきや、各フレーズに難易度が松竹梅と設定してあり、レベルに合わせたトレーニングができそうです。
        途中に出てくる小話も面白く、おどろおどろしい表紙程は怖くないかもしれません(笑)
        >> 続きを読む

        2013/05/08 by TORAZOO

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      エンジニアが教えるミックス・テクニック99

      葛巻善郎2009/05

      カテゴリー:通信工学、電気通信
      4.0
      いいね!
      • ミックスやマスタリングについてある程度知識が付いた中級者が読むべき一冊だと思います。

        さまざまなパターンについて詳細にコンプやEQの具体的な値とともに紹介されているので、「こういうことがしたいけどどうすればいいの?」といった逆引き辞書のような使い方が出来ます。

        ただ、制作ジャンルによっては99のうち実際に使えるものはごくわずかになってしまったりと読者全員が共通に必要としている範囲が少し狭いかな?とも思いました。
        >> 続きを読む

        2013/05/30 by janet

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法

      田中イデア2009/11

      カテゴリー:言語生活
      4.0
      いいね!
      • 先輩芸人からプレゼントされた本。

        俺達はこの本で開眼することができたんだ!と熱い思いとともに譲り受けたような状態。

        とっても良い人達なのは間違いないものの、本音をいうと彼らのステージではクスリとも笑ったことがない。

        体で笑いを取りに行く芸風が好きじゃないというは大きいとは思うけれど。

        せっかく貰ったし、読んでみようという気持ちは有れど、開眼してもあの程度か・・・なんて思ってしまうので正直なかなか進まない。

        これまで読んだところまでの感想としては、お笑いのプロを目指すような人向けではなく、あくまでも合コンとかでサッと人気者になる虎の巻という内容。

        こんなん読んで芸人として開眼はないでしょ!

        いい人達だけに言いづらい・・・
        >> 続きを読む

        2013/06/01 by シュール

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています
      プログラマーが教えるDTMテクニック99

      齋藤久師2010/03

      カテゴリー:楽器、器楽
      3.0
      いいね!
      • 良い本だった!

        わたしのように、適当にDAWはいじるけど基礎も技術もない・・・という初心者にはうってつけの本。

        ちゃんと、付録の99音源のほとんどを聴きました~。その音源も、変化がわかりやすいなど配慮が行き届いていて、わたしでも理解できました。

        印象に残ったところ、列挙します。

        ★本全体に、肯定感があること: 「こんな音はダメ」というような記述は一切なく、「味」「個性」という観点がしばしば述べられています

        ★本書のいいところ:擬音がわかりやすかったです。すでに一般名詞になっているのかもしれませんが、ディスコサウンドの「ツクチーツクチー」「チッチキチッチキ」、この擬音で、ああ、あれだ~ってすぐにわかります。「ワウ」「ピューン」「ブリブリ」はよく聞く擬音ですが、「チュン」は・・・・ああ、あれかと思って感激しました。

        ★前から疑問だったのが、リズムはMIDIですべきか、オーディオループですべきかという点でした。本書では「MIDIはカシっとしたトラック作りに、オーディオはなまなましいグルーブを出したいときに」とあり、また、両者を混在させても良いとのこと(潜水艦みたいな音を合わせたものもありました)。このページを見れただけでも、読んだ価値がありました!

        ★いきなり最初のほうで「適当打ち込み」「偶発フレーズ製作」のお言葉!・・・ランダム打ち込みはわたしもやってましたが、そうか、そういうことみんなやっていたのか、と嬉しくなりました。
        ハンドクラップによる予定調和・・・を崩すテクニックも面白かったです。自分がいかにリズムの整合性みたいなものにとらわれていたのかを痛感します。

        ★ボコーダー:もともと軍事利用だったのですね。使ったことなかったのですが、そろそろ挑戦したくなりました。

        ★生活音16個によるループサウンド:これも本の最初のほうで出てきて、すごい、面白すぎます!感動しました。

        ★ブレイク:キック抜き、小節の頭1拍を抜くのがヒップホップではよく使う。自分の音源でも良くブレイク使いますが、抜くものは何でもいいのかもしれません。

        ★ブロックからブロックにつながるところにオカズのSEとして・・・ホワイトノイズの上昇、など・・・なるほど・・・わたし、この音好きです。

        ★キックを重ねて重みを出す、スネアの分解能を高めることでフランジング効果が出る、リバースシンバルを自分で作る←やってみよう。

        ★リアルなストリングスのような倍音は出せないが、シンセらしい音は、「暖かく」「柔らかい」こともある・・・というのは、表現としては意外なようですが、わかる気もしました。ブリブリなノコギリ波のシンセベースの暖かさ。そして本書では、荒々しく前に出る効果のあるディストーションもときに「暖かみが出る」と書かれていました。

        ★チョップで切り刻み、部品を使ったり、切り刻んだ感じを楽しんだりする・・・楽しそうだなあ。本書では「白玉」を切り刻んだりするテクニックがいくつもありました。

        ちょっと書きすぎてしまいましたが、本当に良い本で、よしやってみようというテクニックがたくさんありました。
        そして、前書きを見たら「ダンスミュージックに特化したテクニック」だそうでした(笑)

        わたしのPCのDAWソフトは、なんか知らないけど波形を編集するとフリーズしてしまうことが多かったのですが、この良い本にめぐりあえたことをきっかけに、アップデートしちゃおうかしら、などと思いました。
        >> 続きを読む

        2016/07/11 by みやま

    • 1人が本棚登録しています
      スグに使えるEQレシピ DAWユーザー必携の楽器別セッティング集

      角智行2011/07

      カテゴリー:通信工学、電気通信
      5.0
      いいね!
      • 初めてミックスをする人でEQ処理が分らない、という人にオススメできます。

        音域の処理のテンプレートとして使っても問題がないパターンが数多く紹介されているので、どうしようと迷った際にEQ調整の方向性を定めることができます。

        この本で基本を理解してから自分なりに少しずついじってみるとよいかと思います。
        >> 続きを読む

        2013/05/31 by janet

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      メンタルケア専門ナースが教える「相手の心を開く」ビジネスコミュニケーション術

      日本精神科看護技術協会2011/08

      カテゴリー:経営管理
      4.0
      いいね!
      • 表紙の萌え絵に騙されてはいけない。 一つ一つが具体的に書かれているが、しっかりしたカウンセリング理論を正しく応用していると思う。理論の解説ではなく、それを現場のケースに落として実践的にわかりやすく解説していることは結構すごい。 Kindle Unlimitedならタダで読めますよ。 >> 続きを読む

        2017/10/27 by lafie

    • 1人が本棚登録しています
      限界を超えるハイ・トーンが出せる本

      小野正利2012/04

      カテゴリー:声楽
      4.0
      いいね!
      • chibadebu的にはクリエイターを目指しているので、文章と声のどちらも伸ばしていこうと考えているんだな。

        文章に関しては書きためたシナリオが有るので継続して機会を待つつもり。

        声に関しては正直何をして良いかわからないので、まずは情報収集。

        わかったことは、声優になるにも歌手になるにも、音域の広さが重要で有るという現実。

        自分の声だし、普段意識する機会はないけれど、chibadebuボイスは結構ハイトーンらしく艶があると言われたことも有るんだな。
        そんな長所を生かしつつとレーニングできそうだったので購入してはみたものの・・・

        付録のCDがいけない。いや、いけなくじゃなく、むしろいけてるのだが、最初からあまりにもレベルの高いものに触れると委縮してしまうっていうアレなんだな。

        ちなみに著者は(chibadebuは知らないのだが)昔「You're the Only…」なる曲で大ヒットを飛ばしたことが有る歌手である模様。
        >> 続きを読む

        2012/08/31 by chibadebu

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)リットーミュージック】(リツトーミユージツク) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本