こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)ワニブックス (ワニブツクス)

企業情報
企業名:ワニブックス
わにぶつくす
ワニブツクス
コード:8470
URL: (株)ワニブックス http://www.wani.co.jp
      誰とでも心を通わせることができる7つの法則 DaiGoメンタリズム

      DaiGo2011/08

      カテゴリー:社会学
      4.7
      いいね!
      • 心を通わせるために必要な7つの要素
        場面把握、観察、アセンブリ、条件付け、マッチング、マーキング、話法
        それぞれについて詳しく書かれています。

        読んでいて、すぐにでも実践したくなりました。
        >> 続きを読む

        2016/04/28 by kanetaku

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      俺は絶対探偵に向いてない

      さくら剛2013/02

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 最初は結構分厚いなと思ったが
        読書ログのレビューで興味を持ったので手に取って読んでみた。
        そしたらのっけから爆笑の嵐
        このまま本屋で読み続けると変人に思われるので即購入。

        ストーリーはひきニートの主人公がひょんなことから探偵事務所に見習いで入りそこで色々な依頼を先輩達と一緒に解決していくという物語。

        とにかく笑いと読みやすさが半端なかった。
        主人公のニートのダメダメさが最初はすこしイライラしていたものの、読み進めていくとそこがだんだん味になってきて笑いのポイントに変わっていき笑いのない会話シーンは存在しないのではないかというくらい笑わせてもらった。

        でも探偵シーンは本当によく調べているんだろうなと思うリアリティがあり、そこの軸がしっかりしているため、キャラは現実離れしていても殺人事件に巻き込まれて推理するような探偵モノよりずっと話の真実味は感じられた。




        >> 続きを読む

        2016/02/25 by くじら

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      東京百景

      又吉直樹2013/08

      4.3
      いいね!
      • 「熱い思想を、夢を語って尊敬されるくらいなら、阿呆なことを言って笑われたり馬鹿にされたりしていたい」

         昔のバラエティ番組の動画を見ていたら、そこに出ている又吉さんは「気持ち悪い」と女優やアイドルから逃げられていました。
        番組自体、又吉さんを気持ち悪いものとして作っているのでした。

         それが、芥川賞作家になったら、急に文化人になってしまって誰も気持ち悪いなんて言わないという手のひら返すような世の中。
        又吉さんはどう思っているのでしょうか。

         このエッセイ集は3回読んで、また読み返しています。
        これから何度も読み返すと思います。

         18歳で上京して、お笑い芸人をめざしている20代前半まで、下積み時代、20代後半、30歳すぎてテレビなどに出るようになり、知名度があがってきた30代と三部構成になっています。

         決しておごることなく、他人におもねることなく、不器用で、自己嫌悪に陥りながらも、血反吐をはく思いをしながら、東京で芸人をめざす、その痛々しさがこの本の後に出版されて、ベストセラーとなる『火花』の原点とも言えると思います。

         話題作『火花』だけ読んで「なんだおもしろくない」と放り出すのならこの『東京百景』もまわりくどくて「おもしろくない」でしょう。

        『火花』『東京百景』その他、又吉直樹さんの書く小説は面白可笑しい娯楽ではありません。

         芸人が本を書いて賞をもらった、ばかりが独り歩きして、本の内容になかなか触れてもらえない、とあきらめたように又吉さんが話していました。痛々しいほど自分を見つめる眼が凄い人です。

         この本を読む限り、20代の思い出だけでなく、20代の頃にかなりの頑固さを貫いており、周りが騒いで、揺れ動く事はあっても芯の部分はぶれないだろう、と思わせるものがあります。

         芸人を目指して上京した若者に、東京という街は、時に冷たく、時に無機質で、時々、ほんの少しだけ優しい。

         人は年をとるとかわっていくもの。若い時のままということはありえないけれど、20代に出来上がった価値観のようなものは残ると思います。

         そのぶれない価値観に一読者としては、すがるしかないのかもしれません。
        >> 続きを読む

        2018/06/08 by 夕暮れ

    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      世紀末の詩

      野島伸司1998/12

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね! momomeiai
      • 昔大量にかさばった本を処分する際に
        絶対にコレは手放さないと決めた本です。

        元はドラマを観て感動したので買ったノベライズ本です。


        野島伸司さんの集大成かなとも思える作品だと
        思います。
        彼の他の作品(ドラマ)等を見ていると
        この本の中にある表現等が多数使われています。

        彼色々言われてますけど
        (とにかく、ドラマ等での表現がクサ過ぎるとか)

        この作品に関しては本当に素晴らしい。

        少し哲学ちっくなのですが

        結婚式当日に花嫁を連れ去られた哀れな
        新郎、野亜亘はビルの窓から自殺を図ろうと
        試みる・・が向かいの窓にも自分と同じ様に
        身を乗り出している年配の男性。

        彼の名は百瀬夏夫、賄賂をばら撒き絶対に
        勝つと思っていた大学の学長選で見事に裏切られ
        敗れ野亜と同じく自殺を試みていた。

        お互い妙な間があってダチョウ倶楽部バリに

        「どうぞどうぞ」と・・・

        そんな哀れな2人が出会い人里離れた山奥の
        小屋で妙な共同生活しながらも、出会った人々と
        愛とは何か?を問うて行く・・。

        モーゼとノアの不思議な愛の話。



        それぞれの名前にさえも意味がある。

        各話につけられたタイトルやその
        話のラストに書かれている詩・・
        全てに意味があって、心をうたれました。

        中でも私は「車椅子の恋」が一番好きです。


        本当に素晴らしい。
        心洗われる本です。

        偶々家に置いていたら86歳になる祖父も
        読んだみたいで

        「こりゃ中々良い本じゃった」

        とお墨付きを頂きました。
        どの年代の方が読んでも心に響くと思います。
        >> 続きを読む

        2014/04/07 by ♪玉音♪

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています
      大好きなことを「仕事」にしよう

      中村修二2004/07

      カテゴリー:個人伝記
      5.0
      いいね! le_vanilla
      • 青色発光ダイオードの開発で有名な中村修二さんが、自分の職業観について語ってくれる本。小・中学生にも読みやすいように、振り仮名付きのやや大きめ字で、やさしく書いてあるので、さらっと読めて手頃でした。

        大学院の頃から、実際に手を動かすことよりも、机にひたすら向かって理論に想いを馳せることが楽しいと思っている「すなおな性格」であった修二さん。企業に勤めてからも、人にいわれた開発テーマをやり続けるつまらない日々を送っていたという。

        『本当の「仕事」の喜びは、自分でやろうと決めたことが成功した時に感じるものです。他人や会社にいわれ、しかたなくやったことがたまたまうまくいっても、それはその人にとって大したことじゃないし、その人の人生にもあまり影響をあたえません。』

        第1章『「大好きなこと」はなんですか?』の中でも、このフレーズは自分の心に突き刺さりました。

        青色LEDを開発するに至った動機、そしてなぜ、当時はそのやり方では無理だと言われていた手法に固執したのか等、やさしく解説されており、工学系の学生なら読んでおいて損はないかと。

        また、近年中村氏が起こした訴訟についても彼自身の考え方を含めて説明されており、「どんな大きな成功者であっても、その前の障害が消えることはなく、戦い続けなければならない」ということがよく分かりました。
        >> 続きを読む

        2015/04/17 by ばやっしー

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      ホームレス中学生

      田村裕2007/07

      カテゴリー:大衆演芸
      2.7
      いいね!
      • 話題になっていた時にさらっと読んだ。文章が下手です。

        すべらない話でこの話を聞いた時は笑ったけど、この本はどうかな。人柄の良さなどは文章から感じられるし、色々考えさせられるところもなくはないし、ジーンとするところもあるし、これからも応援したいとは思うものの、やはり本としては文章の拙さはどうしても気になってしまう。人柄の良さと本としての面白さはやはり別問題だと思う。

        心を込めて書いているのはわかるのだけれども。
        もう少しどうにかできなかったのだろうか。
        >> 続きを読む

        2012/11/13 by mahalo

      • コメント 6件
    • 7人が本棚登録しています
      自己プロデュース力

      島田紳助2009/09

      カテゴリー:大衆演芸
      4.0
      いいね!
      • 芸能界を引退した島田紳助が当時よしもとの若手に熱く語った内容を綴った本

        人間としてはどうかわからないけど話術はずば抜けて冴えていたなという印象

        読んでいるとそれに引きこまれてしまう。悪徳商法なんかやらせたら大悪党になりそうな話術だなと思った

        為になることが書かれている箇所を抜粋すると

        努力の方法教えます

        まずは自分だけの教科書を作る
          ・面白いと思った漫才を録音し、紙に書き出した。書くとなぜ面白いのかがだんだんとわかってきた。そして教科書ができあがった



        ボケカス、お前らが間違ってる

        結果さえ出せば生意気でいられる
          ・同期の奴らがチケットを配ってきた客を、自分たちが一番爆笑させる。気持ちよかった


        本当の客を見極める
          ・自分たちの客は誰かをはっきりさせる。20~35歳それ以外のジジババには手を抜いた


        X+Yの公式の確立
          ・Xは自分の力
          ・Yは世の中の流れ
          ・Xを正しく認識しYを正しく分析する
          ・真似は絶対無理なものは置いといて、これ俺と一緒だいう漫才をいくつも発見すること。すると自分のやること、やるべきことがハッキリしてくる。今の漫才だけを見てても駄目、過去のモノも徹底的に見る、聴くどんな人が売れてどんな笑いがウケていたのか共通してるモノはあるのか徹底的に調べる
          ・売れ続けるには常にXとYがぶつかっていなきゃならない
          ・ボディビルダーがスポーツ万能でないのと同じで無駄な練習はいらない。余計な筋肉が付くだけ



        技術派と感情派
          ・ネタふりは信憑性が大事。ないやつが財布拾ったって言っても嘘だとしか思われない
          


        同じ事をやっても絶対勝てない
          ・この人には一生勝てないという分野には手を出さない
          ・できる分野を探す

        島田洋七とういうシステムをパクル
          ・パクってやろうと一挙一動に目を光らせる


        直球が駄目なら変化球

        負ける戦はしない

        テレビで絶対売れる企業秘密
          ・一分野につき一カ所を掘り下げて、全部知っているような顔をすれば良い



        東京なら藤本、大阪なら赤松
          ・清原、金本だとふーんで終わってしまう
          ・だから藤本(微妙にしか知られてないライン)何で藤本なんですか?と食いついてくる。そこで藤本を熱く語る。するとこいつめっちゃ詳しいってなる。全体を語らず細部を語るというトリック
          ・否定するテクニックも身につける。お前巨人のこと全然知らんやんけとなったら「俺巨人は全然あかんねん。全然興味ない。高橋の背番号さえ知らん。巨人は阪神をいじめる悪い奴だと洗脳教育されてきたから巨人の選手覚えたらあかんと思うてた
          ・おまえ赤松のことは熱く語るのに阪神のこと全然知らんなと言われたら「阪神に興味ない、赤松に興味あるんや。あいつが売れたら俺も売れる。ダブるんや」と言ってまた赤松の話をすれば良い
          ・音楽でも全然興味ないって言って只聴いてないだけじゃんと言われたら日本人は古来から歌を詩ととらえてた外国のロックは音で感情表現を表していた。そんなの日本人には理解できない。そんなの聴くほうが外人かぶれのバッタだろう
          ・あとはこの一分野一箇所を増やしていったら良いだけ


        頭で覚えるな、心で覚えろ
          ・20年経ってから習った数学のことは覚えてないのに、友達とあのときどんな話をしたかは忘れていない
          ・しゃべり手は心で記憶しないと駄目

        心で記憶できる人たち
          ・絶えず心で記憶できるようにいつでも感じられる心を敏感にしなければならない

        変な人になりなさい
          ・君たちは若いんだからもっと変なことをしなければなりません
          ・なにか知らないことをやってる人に声をかけ話を聞いてみたり
          ・ちょっと怖いと思っても話になるようなことを経験してみたり


        もっと必死になれ!
          ・あった出来事に嘘などを入れて料理するのがお喋り、どうおいしく調理できるか
          ・しゃべりは耳で聞いているのではなく脳で映像を浮かべている。その映像を共有するから共感できる
          ・なんでもいい。自分の行ったことのないところに行ってみよう
        5の努力をすれば5の筋力が付く
          ・その分野の才能は1でも5の努力をすれば5の筋力が付く。他の分野でも5の努力をして5の筋力を付ける。そして5の筋力を持っている奴はいつか絶対成功する
        なぜ店を経営するのか

        M-1で勝つための方法論
          ・審査員はいくつも漫才を見て感覚が飽きている。だから見た目も他との違いを出し、制限時間の最後の30秒でインパクトのある笑いを出す


        君たちには十億円の価値がある
          ・島田紳助が俺らに絶対勝てないものがあるそれは夢の多さと若さ。十億でも買う。みんなは十億円の価値を持っているということ。ただこのまま五十になったらなにもなしですよ。
        >> 続きを読む

        2016/07/31 by くじら

    • 2人が本棚登録しています
      えてこでもわかる笑い飯哲夫訳般若心経

      笑い飯哲夫2009/01

      カテゴリー:経典
      5.0
      いいね!
      • あらゆる物質や実像、自分の意識など、ことごとくなにも無い。
        この世は「空」だと、あまりにも言い切ってるので少し戸惑う
        部分があったが、読み進めていくうちに、自分が普段抱いている
        執着心や欲、目標などが本当に必要か?それらにしがみついている
        手を一旦ほどいてくれて、もう一度疑ってみる作業ができた。

        その結果、ほとんどいらないものばかりだった。
        それを知れただけで心が軽くなった。

        っていうか自分自体が、本当はそんなに欲深い人間では無いことに
        気づいた。
        本当はわかっていたけど、それを受け入れたくなくって何かに無理
        にしがみついていた気がする。
        いらないものばかり溜め込んで、自分は「中身のある人間」「自分の
        人生は高尚なもの」と自分を満たしてるフリをしてた。

        そんなことなく自分の中はわりと「無」で「空」だった。
        まさに「色即是空」だ。
        >> 続きを読む

        2018/01/09 by seinen-boy

    • 1人が本棚登録しています
      シンクロニシティー

      伊藤嶺花2009/02

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 【あらすじ】
         森の中を男が歩いている。
        「俺がみんなを殺した。俺のせいだ……。


         冬原嶺志は何度もこの夢を見ていた。
         3年前に亡くなった兄が残した3歳の息子・利明が女の子と友達になったと言うが、誰もその姿を見ることができない。
         そして利明は嶺志の家に白い鳥が見えると言う。
         嶺志が会社で任されている仕事も停滞していた。
         そのような時、兄の親友で外科医をしている新村と偶然再会する。
         セラピストをしているという瑠璃子を紹介してもらい、催眠療法を受けることになった。
         そこで見た嶺志の前世は……。

           
        【感想】      
        「必然の連鎖」というサブタイトルが表すように、最後に主要登場人物が一堂に会し、ハッピーエンドで終わります。
         ただ、ただ一人、嶺志の奥さんの親友・祥子さんの問題だけが、解決していないように思います。
         次は祥子さんが瑠璃子さんのセラピーを受けて人生を定めてほしいものです。

          
         前世催眠って、すごいですね。私にも前世はあるのでしょうか。前世催眠を受けると思い出すのでしょうか。
         私も一時、色々な催眠療法を受けに行き、テープやCDも購入しましたが、効いたという実感はないですね。催眠術にかかりにくい性格なのでしょうか。

          
         眠れない夜、一気に読んでしまいました。105分。まだまだです。
         まだ眠れなくて、というか余計眠れなくなったので、前世セラピーのCDを取り出してきて聴きましたが、見られませんでした。
         しかしこれを機会に、色々買って放置している前世催眠CDを聴いてみようと思います。


         前世催眠療法を疑似体験して考え方を変化させるような、いい作品でした。
        「実体験をベースとするフィクション」ということです。
         前世と人生の関係は、「事実は小説より奇なり」を地でいっていますね。
          http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20141105/p1
        >> 続きを読む

        2014/11/06 by 荒馬紹介

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      シルクのべっぴん塾 若顔&美BODY SUPER RECIPE

      シルク2010/07

      カテゴリー:理容、美容
      3.0
      いいね!
      • 美容については、論より証拠派です☆

        幾らキレイになれる!と言っていたところで、その人のルックスがイマイチだと、ねぇ。

        そこでシルク姉さんです。公には年齢は公開していないようですが、50歳くらいと言われているみたい。

        とても色気が有りますよね。ルックスだけじゃなくて、物腰とか話し方とかに。

        彼女場合、その脅威の美容術とともに、彼女の思想に触れてみたくて興味を持っていました。

        この本は「美顔筋トレ」など、前者には応えてくれます。
        でも残念ながら、彼女の思想については知ることができませんでした。

        自伝みたいなものが有るのかなぁ。
        姉さんみたいにいつまでもキラキラして生きていける方法を教えて下さい☆
        >> 続きを読む

        2012/12/10 by sayaka

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています
      Choukran 原史奈写真集

      根本好伸2004/05

      カテゴリー:写真集
      4.0
      いいね!
      • 匿名

        超かわいかったのにこの前テレビに出ているのを見たら太ってた!

        2012/01/06 by 匿名

    • 1人が本棚登録しています
      覚悟の言葉 悩める奴らよでてこいや!

      高田延彦2012/06

      カテゴリー:相撲、拳闘、競馬
      3.0
      いいね!
      • 高田延彦=元気だと想像していたが、ちょっと違っていた。 夢を持てなくても生きていかなくてはいけない・・・とりあえず目の前のことを考えよう・・・ >> 続きを読む

        2015/01/02 by kazenooto

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      腸をダメにする習慣、鍛える習慣 腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法

      藤田紘一郎2013/04

      カテゴリー:基礎医学
      4.0
      いいね!
      •  「腸内細菌」には、病原菌を排除し、食物を消化し、ビタミンを合成する働きに加えて、人の免疫機能の70%を担っているなど、健康を維持する要の役割を担っています。
         著者は、「病気になる、ならないの分かれ道は、腸内細菌の数と腸内バランスがいかに整っているかにある」と指摘しています。

         本書を読むと、はたして、食品添加物にまみれた無菌の加工食品や抗生物質、抗菌グッズが大量にあふれている現代の生活は、本当に恵まれていることなのか考えさせられます。
         健康に欠かすことのできない腸内細菌を増やし、腸内環境を整えるためには何を変えるべきか、ひとりひとりが真剣に考えなければいけませんね。

         詳細なレビューはこちらです↓
        http://maemuki-blog.com/shohyou/health/fujita-chodame/
        >> 続きを読む

        2013/05/24 by ヨッシィー

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      人の命は腸が9割 大切な腸を病気から守る30の方法

      藤田紘一郎2013/12

      カテゴリー:基礎医学
      3.5
      いいね!
      • 腸、腸内細菌が大事だということがよく言われます。脳が大事とも言われますが、実は人間の体は腸に支配されているというのです。生物の進化をみれば、脳ができる前に腸ができていた、つまり進化の過程においてはその8~9割の期間を生物は脳のないまま過ごしていたのだそうです。

        腸はただの消化器官ではなく、「免疫」や「解毒」機能をもっている。そこで大きな役割を持つのが腸内細菌。腸内細菌をバランス良く育てることがとても重要で、清潔にしすぎて細菌を排除する生活は万病を引き寄せてしまうそうです。

        赤ちゃんが「はいはい」しながら色んな物をなめるのも、本能的に細菌を腸内に取り込もうとしているのだそうです。生後1年の間に、多種多様の腸内細菌を取り入れ育てることがその後の健康に大きく関わっているとか。部屋を消毒しまくって、何でも「ばっちいばっちい」ていって育てたらアレルギーやアトピーになってしまった、ということですね。

        ・・・便秘をしないこと。食物繊維をとること。キレイにし過ぎないこと。腸内細菌を育てること。乳酸菌(日本人はヨーグルトより味噌や納豆などの発酵食品がいい)をとること。白米やパン、砂糖たっぷりの甘いものは食べないこと。トランス脂肪酸(マーガリンやショートニングなど)や(ショートニングや悪い油を使っている)フライドポテト、レトルト食品やコンビニ弁当は食べないこと。パソコンやスマホは電磁波過敏症の元になり腸にも悪影響。水は天然の鉱水がいい。などなど・・・

        食前キャベツもすすめられててますが、よく噛んで水溶性の食物繊維もしっかり摂らないと便が硬くなると思います。一日3食にこだわらず「グ~」とお腹が鳴ってから食事をするのがいいそうですが、食べる時間は家族いるとなかなか自由にならない(朝食は抜いてますが)。個々の体にあった食事をとるのもなかなか難しい。要工夫です。

        薬用石けん、うがい薬、殺菌剤、抗菌剤、除菌剤は使わない(必要なときのみほどほどに)。ボディソープ、シャンプーを使わないというのは肌断食に通じますね。むやみに薬を飲まない、下痢止め、下剤、抗生物質は極力飲まない、というのはだんだんと言われるようになってきましたね。

        ストレスと腸は大きく関係しているそうです。深呼吸やゆっくり入浴して、なんでも気にしすぎない気楽な暮らしがいいですね。



        また勉強になった^^
        >> 続きを読む

        2017/10/03 by バカボン

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      じつは怖い外食 ~サラリーマンランチ・ファミリー外食に潜む25の危険~ (ワニブックスPLUS新書)

      南 清貴 (2014/03

      いいね!
      • 外食はせず肉を控えめに→もうベジタリアンになるしかないな→日本の野菜には硝酸態窒素がたっぷり→どうしろと(´・ω・`) >> 続きを読む

        2017/11/12 by takameturi

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      真・政治力

      石破茂2013/06

      カテゴリー:政治
      4.0
      いいね!
      • 平易な文章で、誰が読んでもわかりやすく書かれています。こういう部分にも、石破氏の伝えることを大切にしている姿勢を感じました。特に憲法改正の必要性については、十分に納得いく説明が記載されていました。 >> 続きを読む

        2017/05/06 by yano

    • 2人が本棚登録しています
      共感する力 カリスマ経営者が横浜市長になってわかったこと

      林文子2013/04

      カテゴリー:地方自治、地方行政
      4.0
      いいね!
      •  著者は、訪問販売員としてセールスの現場で実績を重ねてきた、いわば“叩き上げ”の経営者です。
         当時は、今とは比べ物にならないほどの男性中心の社会。その中でもキャリアを築いていくことができたのは、“共感”と“おもてなし精神”を大切ににし続けてきたからだ、と述べています。

         “共感”と“おもてなし精神”とは、相手の気持に寄り添うことであり、ビジネスの世界だけではなく、すべての人間関係において欠かせないものだと強調しています。

         本書は、一般企業の社長と大都市の市長として、役割も風土もまったく異なる組織を変革した「共感する力」とはどんなものなのか、自ら経験した具体例を交えながら解説した一冊です。

         「人間はひとりでは何もできない」。それが著者の“共感”の原点です。
         強引に自らのカラーに染めるようなやり方をせず、対立よりも協調を重んじて、社員や職員のやる気を促したことが成功の秘訣なのでしょう。

         「次の世代の人たちによりよい日本をバトンタッチする」という使命に支えに、市長として、日々の激務をこなす著者のこれからのご活躍に期待したいです。 

         詳細なレビューはこちらです↓
        http://maemuki-blog.com/shohyou/business/kyoukanryoku/
        >> 続きを読む

        2013/04/09 by ヨッシィー

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      便活ダイエット 便秘外来の医師が教える、排便力がアップする11のルール

      小林弘幸2011/09

      カテゴリー:内科学
      4.0
      いいね!
      • 女性の大敵、便秘。
        前にテレビで紹介されていて気になって読んだ。

        著者である便秘外来の医師の診療は2年待ちなんだとか。
        世の中には便秘で悩んでいる人って多いのね、と思う。

        ダイエットというよりも便秘のメカニズムと解消法がメイン。
        意外にも良かったのがレシピ。
        こういう本に載っているレシピという時点で全く期待していなかったもののけっこう美味しく満足。

        便秘に悩んでいる方にはおススメ。
        >> 続きを読む

        2012/12/26 by mahalo

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      師匠、五代目文枝へ

      桂三枝2012/03

      カテゴリー:大衆演芸
      4.0
      いいね!
      • 落語会にて、三千円で高かったですが、三枝さんのサイン入りなので、購入。

        早くから売れて、内弟子時代も少なく、師匠のことは知らなすぎるし、親密という言葉も使えないと。
        売れれば売れるほど遠のく、師匠と弟子。後ろめたさと感じる弟子、扱いかねる師匠。
        古典がうまくいかず、自然と創作の道へと、相談すれば「好きにやったらええやないか」と言われるのは分かっていたが、
        直接聴いたわけでもない。

        自分自身が知らな過ぎる溝を、五代目文枝を、弟弟子とのインタビューで埋めようとする。

        最初は、三枝さんの得意の聞き役に徹した、「文枝の弟子、いらっしゃい」で、あまり興味は湧かなかったのですが、
        トリを締める文珍さんとの芸に対する話は面白く、「しっかり、うっかり、ちゃっかり」の三人も
        外から思う以上に結束は強そう。

        読み通すと、文枝師匠の、多種多彩に自由に個性を持って育て上げた、懐の深さを感じる。
        師匠は、細かいテクニックを説明するのが苦手で、名コーチではなく、
        細かいことは言わず、根っこの部分だけいうと落合型監督だと。

        三枝、きん枝、文珍、文太、小軽、文福、文喬、文也、小枝、枝女太、枝光、あやめ、坊枝、文昇、枝曾丸、文華、こけ枝、文三、かい枝、阿か枝。
        が、五代目文枝を語り、六代目を全員で支える、一門にとって大事な襲名でおますな。
        >> 続きを読む

        2013/06/24 by ごまめ

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています
      元気回復足もみ力 身体がみるみる改善克服出来ない病はない

      近澤愛沙2012/02

      4.0
      いいね!
      • 少しでもキレイに見えるようにと、通勤中はいつも高め&細めのヒールを履いています。
        勤務中は座り仕事なので楽な靴に履き替えているのですが、血行が悪くなりやすくてむくんでしまいます。

        とくに飲み会の後なんかは最低で、足の裏がズーン・・・と。
        なんか夢がない話になっちゃいました☆

        いろいろと器具は試してみたのですが、台湾で行った足ツボマッサージが(痛さでホントに泣きましたけど)すっごく効いたので良さそうな本を探していてこの本に出逢いました。

        効果を実感していたことも有って、ほとんど毎日続けているのですが、プロには全く及ばないものの、少しずつ体が軽くなって来たみたいに感じています。

        ただ、家で力みながら足の裏をグイグイやっている姿って、恥ずかしくて他人には言えません・・・
        なので、女子にはオススメしますけど、好きな男性の前ではやっちゃダメよ☆
        >> 続きを読む

        2012/09/20 by sayaka

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)ワニブックス】(ワニブツクス) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

ドイツ語のしくみ《新版》