こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


リブレ出版(株) (リブレシユツパン)

企業情報
企業名:リブレ出版
りぶれしゆつぱん
リブレシユツパン
コード:86263 7997
URL: リブレ出版(株) http://www.libre-pub.co.jp
      長い間きみを見ていた

      野火ノビタ2011/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 再読。

        白井先生が過去を引きずるウジウジ君で
        教え子の赤石君も過去に引きずられウジウジ君
        悩み過ぎて…それも悲観的になってグルグルする
        お互い似たもの同士でいいんでないかい?とは思うけども
        ちょっと白井先生が自虐的で痛い系の話
        最後に上手く纏まるから…いいんだけどね。

        お互いに言いたい事を言えたら痛い展開にならなかったのに…とも思うけど
        絵柄に痛々しい展開とエロがピッタリ(;^◇^;)

        あッ野火ノビタだ!!って買った本…
        実はこの人の描く幽々白書の同人誌が好きだった(*^-゜)v
        >> 続きを読む

        2012/09/17 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      蜜情

      岩本薫2011/10

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • BLと書いてファンタジー小説と読む!!(≧m≦)ぷっ!
        そのファンタジー小説の完結編↓
        これは狼さんに変身する一族(8○3の息子)と普通の人間の恋バナで
        『発情』=弟が主人公
        『欲情』=お兄ちゃんが主人公
        『蜜情』=↑続編にあたる今回の作品

        はっきり言って前作を読んでないと話がわかりません!(;^◇^;)ゝ
        >> 続きを読む

        2012/04/17 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      極道は愛で縛る

      秋山みち花2011/11

      カテゴリー:小説、物語
      2.0
      いいね!
      • う〜ん、みち花先生の設定には今まであまり疑問を抱いてこなかったが、さすがにこれは受けの設定がSATというのに無理があるんじゃないかという気がする。受けがあまりにも軟弱で、普通の警察官や刑事ならまだしも、特殊急襲部隊で訓練していながら精悍ではない。失敗から何も学ばないし、快楽にも弱い。何より許せないのは、喜多村を愛しているくせに生嶋のキスを拒まなかったことだ。そこだけは毅然とした態度をとってほしかった。ぶれないのは、俺様強引攻めの喜多村だけ。でも、続きはもういいかなと。

        >> 続きを読む

        2017/09/24 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      男の花道

      木原音瀬2011/12

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 高身長・細マッチョ・お顔も整ってるが
        オネエ系ゲイでバリタチのゲイバーのマスター友晴と
        パッと見、ホワイトアスパラガスでロリの巨乳好き!!
        フィギュア大好きのオタクオーラダダ漏れの会社員、松尾。
        まったく接点のない二人なんだけど…

        結婚式の帰りに寄った本屋で万引きの濡れ衣を着せられ
        泣いているオタクを助けた友晴
        オタクの松尾の目にはその友晴が
        昔見たアニメのヒーローの様にキラキラとカッコ良く見えた(〃∇〃v)(笑)
        >> 続きを読む

        2012/04/17 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      部活の後輩に迫られています

      腰乃2012/02

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね! Fragment
      •  美術手帖という雑誌を知っているでしょうか。古代から現代までの美術、最近開催される展覧会、最新の美術動向などの情報を総合的に取り上げてきた雑誌です。最近は、マンガ、アニメ、ゲーム、音楽なども特集し、分野横断的な雑誌となってきています。

         その美術手帖の2014年12月号は、BL(ボーイズ・ラブの略称)コミックを特集していました。マンガの歴史のなかにBLコミックを位置づけ、なおかつ美術的な観点からも考察を加えることで、客観的な立場からBLコミックを評価しようという姿勢が大変印象的でした。

         さて、その特集を僕が読んだのが一週間前ほど。それからKindleでBLコミックをポチポチ購入し、中でも特に印象に残ったのが本書なのです。まずは、本書の大まかな内容を整理したいと思います。いやぁ、前置きが長い(笑)

         高校2年の守屋は困惑していた。部活の後輩である吉武から、気合の入った重箱の弁当をもらってしまっていたからだ。最近、吉武から熱い視線を感じていたこともあり、守屋は少し不安になる。
         とりあえず、守屋はお弁当のお礼を吉武に伝えた。守屋は、明日もお弁当を作ってきていいですかと吉武にいわれ、流れで承諾する。すると、流れに乗った吉武から告白までされる。守屋に断る暇はなかった。流れに任せて、心に少しばかりの罪悪感と違和感を抱えながら、守屋は吉武と「付き合う」ことになってしまった。
         守屋は吉武と付き合うことには乗り気ではない。でも、吉武がわざわざ料理を作ってくれたり、猛烈にアタックしてきたりするのをみると、拒絶するなんてできやしない。守屋はどうすればよいのか、相手との適切な距離をどう確保すればよいのだろうか。
         あれ、でも吉武に流されている部分はあるけれど、吉武を拒絶しないのはあいつへの好意が少なからずあるからじゃ…いや、そもそも自分のために何かをしてくれる吉武って悪く無い…むしろ…。守屋は自分の気持ちと向き合い始める。いつもは吉武が先に行動して守屋に好意を示してくれていた。けれど、今度は守屋の方からも行動をおこす。そして、2人の関係性が変わっていく。
         とまぁ、真面目なお話はこのあたりまで。関係性が変化したあとは、見ているこっちが恥ずかしいくらいにあまあまな物語が展開していく。キスしたり、抱き合ったり、料理を作ってもらったり、プールで遊んだり、花火大会に行ったり。相思相愛(ときどき吉武のアタックが強すぎるときもあるけれど)の2人は、互いに衝突するときがあっても、対話を通して互いの気持ちを再確認しながら前へと歩んでいく。2人の関係は末永く続いていくに違いない。

         大まかな内容は以上になります。次に、個人的に気になった点を述べていきたいと思います。

        ①対話と関係性
         本書の登場人物たちはよく話します。イチャイチャしたいときも、怒るときも、うれしいときも。登場人物どうしのリズムの良い対話は、同時に登場人物どうしの関係性の変化を如実に示すことを可能にしており、本書が対話を重要視していることがみてとれます。「語らずして語る」ことも面白いのですが、「語ることで語る」というのも面白いですね。登場人物たちの対話の妙は、要約じゃわからないですから、気になる方は本書に向かわれんことを。

        ②権力関係ではない愛
         登場人物2人の愛は爽やかです。支配-被支配の関係ではなく、同じ人間として対等な立場で互いを愛そうとしているからでしょう。

        ③愛を描くということ 
         ボーイズ・ラブコミックというジャンル分けは不思議です。愛を描くという点では、異性愛を描くマンガとの差異はないはず。それでも、ボーイズ・ラブコミックは「普通の」異性愛のラブコメと区別され、それを愛読する人々は「腐女子/腐男子」と呼ばれます。こうしたところに、社会の中で同性愛(者)が置かれている立場が逆照射されているのかもしれません。

        ④きっと、救われる人もいる
         本書のように、少しばかりの葛藤はあるものの、基本はあまあまのラブコメを描くボーイズ・ラブコミックには批判があるようです。同性愛が置かれている現実や同性愛者が受ける差別を描いていない、格好良い男性キャラクターを消費しているだけだ、同性愛者をステレオタイプ化しているなど。
         たしかに、現実世界で差別や抑圧に直面している人のことを考えれば、本書のようなボーイズ・ラブコミックには賛同しかねる部分があるかもしれません。でも、同性同士が当たり前のように愛しあうことができる夢のような世界に触れることで、救われる人もいるはずです。現実が厳しいのは事実だけれど、「ファンタジー」が人の心を支えたり、変えたりすることも忘れてはいけないような気がします。それと、差別や過酷な現実を直視するマンガは別個に存在しますから、様々な作品が共存していけばよいのだと思います。多用な作品があることを認識し、多用な作品に触れて思考する。こういったことを実行する責任は、読者が担っているのだということを忘れたくないものです。

         好きな人を好きになっていい。もちろん、相手の気持ちをかんがえないといけません。ただ、狭い規範(異性愛中心主義とでもしておきましょうか)にとらわれる必要はないはずです。でも、現実世界には、同性愛に対する制度的、社会的な差別構造がいまだに存在してしまっています。そうした社会の在り方を少しずつでも変えていき、みんなが生きやすい社会をつくりだしていかないといけないのだと思います。

         と、真面目な話が続いてしまいました。難しいことを考えるのも良いですが、単純に愛を描いた物語として楽しんで読むのも一興でしょう。興味のある方は、ぜひ御一読あれ。
        >> 続きを読む

        2015/03/17 by ゆうぁ

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      泣けるBL

      アンソロジー (2012/03

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね! hiko
      • 全部が泣ける作品ではない…けど。
        最初の漫画と最後の木原さんの小説が良かった…。
        すが木原さんこの後どうなるかが知りたい!!

        痛い初恋だなぁ~(>_<。)ゝ
        >> 続きを読む

        2012/07/26 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      In these words

      咎井淳2012/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 連続殺人犯×精神科医。
        サイコって言うのかな猟奇BL。
        話の内容と絵が合ってて私好み。
        外国の映画になってもおかしくない内容…但し18禁だけど(笑)

        遺体が切り刻まれた描写とかあり…
        まぁ〜内容が内容なので死体・血・グロなのは仕方ない
        元々アメリカの同人誌だったらしいので
        やはり本の雰囲気は日本のBLとは違うオオーw(*゚o゚*)w

        本の中身は表紙のイメージとピッタリで
        表紙負けする本とは全然違う!!

        間違ってもお互い愛し合ってる!!って内容じゃない
        連続殺人犯の狂気に取り込まれる精神科医!!
        >> 続きを読む

        2012/09/21 by あんコ

      • コメント 8件
    • 2人が本棚登録しています
      人こひ初めし

      あじみね朔生2012/12

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 祖父の謀叛で皇家を外れた将校ラウルと
        ラウルの監視役で副官のオリヴィエ

        オリヴィエは父親の上官ダングレー伯より監視役を仰せつかり
        逐一何でも報告。
        そんな中ラウルが謀反の疑いで公安に連れて行かれることに!!
        何も聞いていなかったオリヴィエはその時……

        話の内容だけなら重たい気がしないでもないが…
        おかっぱ頭のオリヴィエがツンデレ系でなんと言うか…可愛らしいお話(笑)
        このおかっぱさん見た目と違い中身は中々男前な性格

        あじみねさんの絵って独特の雰囲気があって好き
        そして、さすがBLイケ麺ぞろい!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
        >> 続きを読む

        2013/01/11 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      色情

      岩本薫2012/12

      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • BLはファンタジー。

        発情→欲情→蜜情→色情。と続いてるシリーズ。
        このシリーズは、なんでも来い!!
        どんと来い!!
        どんな設定でもOK!!ってな感じの作品。(笑)

        今回は前半、人間×人狼の子育て日記。
        双子ちゃんってだけで萌え設定です(笑)
        特殊な環境だからこそ家族としての結びつきが強い。

        後半のスピンオフ作品は監禁モノ。
        大神組若頭補佐・都築に拾われ監禁され犬として躾けられる久保田。お互いこの関係に依存してると思う。

        でも何だかんだで愛があるからいいのね。c(>ω<)ゞ
        >> 続きを読む

        2013/10/27 by あんコ

      • コメント 12件
    • 1人が本棚登録しています
      片思い

      木原音瀬2013/02

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 『片思い』
        ある日、三笠と3人で居酒屋で飲んでたら
        三笠から重大発表!!
        『俺、結婚するから』
        門脇は"おめでとう"と言ったが吉本は
        ふざけるな(ノ`Д?)ノ⌒ ┻┻
        今まで男に失恋し続けてたお前が何言ってる!!ヾ(*`Д´)ノ
        と、まぁ~罵詈雑言!!

        吉本は認めないとプリプリ怒ってしまったがそれには理由が…
        吉本は昔から三笠の事が嫌いで冷たく接していたが
        嫌い、嫌いがいつの間にか気になる存在に
        でも今まで冷たくあしらっていたため
        優しくするのは自分のプライドが許さない!!
        でも女に取られるのはもっと嫌《《o(≧◇≦)o》》
        モンモンと悩んだ吉本の取った行動は!?
        吉本はツンツンツンデレで三笠は直球ストレートの様な性格。

        三笠×吉本の後は親友、門脇の恋バナ
        『あのひと』
        今まで恋愛をしたことがなく恋愛についてグルグルする門脇と
        恋愛に臆病で大胆?やっぱり臆病な松下の揺れる男心(笑)

        松下×門脇の方が心理的な葛藤があって読み応えがあったなぁ
        恋ってやっぱり突然落ちるモノなのね(〃艸〃)ムフッ
        >> 続きを読む

        2013/03/27 by あんコ

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      禁じられた恋噺

      ホームラン拳2013/03

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • サクッと立ち読み。

        メイドさん以外は「禁じられた」恋話ばかりを集めた短編集。
        禁忌モノなんだけど短編なのであっさりアサリ汁系の話が多い(-ω-;)


        きみのいいなり
        義理の弟×兄。大事にしていたものを人質に取られて、
        その間ずっと言いなりになるというお話

        おねがいお兄ちゃん
        弟が、お兄ちゃんにエロい事をする妄想で頭がいっぱい

        家庭内近距離恋愛
        兄×弟。できてる2人

        親子ふたり3LDK暮らし
        妻を亡くした男とその息子。(連れ子)
        お互いの立場ゆえ微妙、お母さんに罪悪感抱きながら悶々とする。


        よみがえる色
        ホラー色のある切ない系
        毎年夏休み田舎に遊びにくると一緒に遊ぶ友達・ショウジ。
        ショウジに会う為に田舎にくる。
        でも気付いてみればショウジの苗字が判らない…
        住んでる家も判らない…


        ぼくの恋人は2つの顔を持つ
        顔がかわいくてメイド喫茶でバイトしてる男の子のお話。
        見た目はロリ可愛そして中身は男前(笑)


        すんなり纏まってて印象の薄い作品が多いなか
        印象に残ったのがこの2編表紙にもなってる
        《よみがえる色》ホラー色のある切ない系で真相が哀しいよ~(w_-; ウゥ
        《親子ふたり3LDK暮らし》お互いの立場ゆえ微妙。進む事が出来ない。
        >> 続きを読む

        2014/01/27 by あんコ

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています
      低温ブランケット

      国枝彩香2013/05

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 大好きな国枝さん!!+.(´∀`*).+
        今回はダメっ子(&魔性の男)叔父さんホーイチと
        オカン気質の甥っ子・大輔の話。

        1人にすると自分の事は一切無頓着なホーイチと
        そのホーイチが好きで構ってしまう大輔。

        大輔はホーイチが好きで気持ちを伝えているが……反応薄!!
        ホーイチのダメっぷりに同居する事になったが
        そこに大輔の元カノが!!
        どうなる大輔!!Σq|゚Д゚|p
        >> 続きを読む

        2013/05/21 by あんコ

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      低温ブランケット

      国枝彩香2013/06

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 続けて刊行するならまとめ買いして一気に①②巻って読んだ方が良

        ダメっ子(&魔性の男)叔父さんホーイチとオカン気質の甥っ子・大輔

        大輔の両親の海外出張のため
        まだ高校生の大輔はホーイチと一緒に暮らす事に
        シスコンのホーイチは大輔の母親(姉)が大好き!!ヾ(≧▽≦)ノ 
        そのせいかどうか…大輔にはノーリアクション(笑)
        お互い干渉しないことで同居を始めたが
        高校を卒業して同居を解消したホーイチと大輔
        あれから2年(大輔はホーイチの事が…)

        ホーイチのダメっぷりにまた同居する事になったが
        そこに大輔の元カノが出現!!
        大輔がホーイチLOVEなのを知ってて邪魔する元カノ・カオリン
        カオリンのお蔭でホーイチに微妙な変化が……

        まぁ、なんだかんだでお互い相手を思いやっているので
        きっとこのまんまのスタイルの2人なんだろうなぁ。
        >> 続きを読む

        2013/06/22 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      期限切れの初恋

      木原音瀬2013/06

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 手に入れた時にサラッと読んだけど今日じっくり読んだよ。
        やっぱり木原さんの小説は読み応えがある。
        今回も木原節炸裂!!

        木原さんの小説は普通のBL(?)のようにウフフ♪って感じにはならい(。-`ω´-)キッパリ!!

        表題作の「期限切れの初恋」は宇野目線で話が進みます

        宇野は大学の時に好きだった村上を忘れる事が出来ず
        そろそろこの想いに終止符を打とうと決める。
        村上に会って終わらせる。と、思ったが
        目の前に現れた村上は最低の男になっていた。
        今の最低な村上なら終わりに出来ると思った宇野だが
        別人の様に変わってしまった村上を見捨てる事が出来ずに……。
        どんな村上でも吹っ切る事が出来なくて受け入れてします
        今の村上なら誰も相手もしない僕だけ…
        でも心のどこかじゃ今だけの関係と…。

        ノベルズ続編『人でなしの恋』村上目線

        宇野のお蔭でどん底から這い上がる事が出来た村上。
        ある日元カノと偶然再会
        その時に村上は宇野の事は感謝はしてる、感謝はしてるけど…。
        と曖昧にしていた感情がやはりそうゆう気持ちになれないと自覚する
        元カノに気持ちが行ってしまい宇野の事が段々うとましくなる
        友達としてこのまま繋がりを持っていたい、
        でも宇野の愛情はちょっと…
        宇野はそんな村上の気持ちが判り離れていく
        宇野と離れたがっていた村上はこれで良かったと安心したが……。

        村上の心の葛藤がリアル!!

        宇野に対して燃え上がる様な愛情は湧き起こらないけど
        燃え上がるだけが愛情じゃない。

        村上は無自覚だけどちやんと心の奥で分かってると思う
        希望のある終わり方好きです。
        >> 続きを読む

        2013/09/10 by あんコ

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています
      期限切れの初恋

      糸井のぞ2013/07

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 手に入れた時にサラッと読んだけどじっくりまた読む!!
        大好きな木原さんのコミカライズ。

        さすが木原節、
        普通(?)のBLと違ってウフフッって感じにはならない。
        忘れたくても忘れられない初恋の人が
        最低の人間となって目の前に現れた。
        これでやっと自分の想いに終止符が打てる!!
        打てると思ったのに何故?
        今の村上には僕しか頼れる人間がいないんだ………
        ってなってからが…。

        宇野君は絶滅してしまった大和撫子の様だ(T▽T)
        私は小説も読んだからいいけど漫画だけなら痛い、痛い。
        >> 続きを読む

        2013/09/10 by あんコ

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      神王の禁域

      桑原水菜2013/07

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • あの『炎の蜃気楼』の作者だとは知らずに買った。道理で面白かったわけだ。
        クメール王朝をイメージした架空の王国で蛇神ナガと神王シンハの物語。契約によりシンハは毎夜ナガに精を与えて養わなければならない。はじめ口淫だけだったが、ナガに抱かれるようになったシンハは最強の王となる。だが、少しずつ運命の歯車が狂っていく。
        ラストは二人が永遠に生きていることを示すものか。
        書き下ろしでシンハはソリヤ王の生まれ変わりで、ナガとは時を超えた絆で結ばれていることがわかる。

        全体的に濃厚なシーンが多く、南方の熱帯気候そのままにむせ返るほどの熱気を帯びた物語だった。イラストも熱い感じが出ていてよかった。
        >> 続きを読む

        2016/12/02 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      Mr. シークレットフロア 砂漠の香りの男

      剣解2013/10

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      2.0
      いいね!
      • 剣さんの絵に惹かれて買った本。
        三部作って…シリーズなのね、知らなかったσ(^∇^;)ははー。

        俺様アラブの王子様と妄想爆発の花屋さん。
        内容はちょっと強引のあっさりアサリ汁。
        お互い心の葛藤と困難っていうものが欲しかった。

        BLも当たりハズレがあるし
        アラブモノも当たりハズレがある「(ーヘー;)
        >> 続きを読む

        2013/11/12 by あんコ

      • コメント 10件
    • 1人が本棚登録しています
      海とヘビースモーカー

      峰島なわこ2013/11

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      いいね!
      • ちょっとほろりとくる、でもいいお話ばかりだった。(*´ω`*)

        2014/05/31 by koh

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

      緒川 千世 (2014/03

      3.0
      いいね!
      • その場で立ち読み
        表紙に騙された本(笑)ふり幅の広いBL短編集。

        表題作の『ラクダ使いと王子の夜』は可愛らしい作品
        砂漠で倒れてた青年を助けたキャラバンの少年・カマル。
        しかし助けた青年・アルファルドに盗みの疑いを掛けられ
        傷心のまま仲間と村に帰る
        その後アルファルドが村に現れ
        助けたお礼をしたいと自分の住んでる宮殿に連れて行く
        初めて外の世界に出たカマルはワクワク(((o(*゚∀゚*)o)))
        アルファルドに優しくされ楽しい日々を過ごすが
        自分はここにいつまでも居てはいけないと思い出ていくが…。
        ふんわりと温かい作品

        『溺れる魚』
        チャラ系男子高校生・宇佐美とキレイ系水泳部・岸
        お互い家庭に問題があり宇佐美は屈折してる感じ
        岸はすべてにおいて諦めてる感じ、ただ岸は水の中で
        自分の気持ちを吐く
        そんな2人が距離を近づけ…

        『いびつな欠片』
        痛いし病んでる兄弟の話☆⌒Σ(≧д≦)
        自分より優れている弟に妬み嫉み僻みを持ってる兄と
        それでもそんな兄が好きで兄からのご褒美が欲しくて
        兄の云う事を何でも聞いてしまう弟
        歪んでるよ~∑( ̄ロ ̄|||)

        『くさった螺旋』
        これも痛いし病んでる話…但し、父と息子
        痛々しい過去がありソレに苦しむ人気俳優・金井秀(父)と
        自分の体で父を支える息子・小金井

        演技と息子でストレスを発散させてる金井だけど
        息子との歪んだ関係にどっぷり嵌ってるので抜け出せない
        また息子の小金井も父には自分しかいないと思ってる


        この病んでる話2編に全部持って行かれた感が…Σq|゚Д゚|p
        あまりにも病みBLが印象強くて表題作の内容を忘れてしまいそう…
        ホント病んでる病みBL
        でもメリバなのでこの人達はこれでいいんだろうなぁ…



        メリバ=メリーバッドエンド
            周りから見れば不幸でも当人たちは幸せ!!っていう結末。
        >> 続きを読む

        2014/05/07 by あんコ

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      箱庭 (ビーボーイコミックスデラックス)

      国枝 彩香 (2014/04

      3.0
      いいね!
      • 大・大・大好きな国枝彩香さんヾ(≧▽≦)ノ 
        私の中のBL御三家の一人。
        今回本の帯に↓こう書いてある。

        この本を読もうかどうか迷っているあなたへ
        □透明感のある北欧系美青年が、超ゲスな性格だなんて「なにそれ萌える! 」
        □結末に度肝を抜かれたい!
        □鬼の子、無機物、チビデブハゲ、トンデモBLだってどんと来い!
        □枯れた中年の色気、悪くない!
        □美形セックスドールと聞いて、テンションがあがる!
        □「不細工の方が線が多くて描くのが面倒くさいんですよ! 」
         と言いながらも全力投球でブサメンを描く作家に好感を覚える!

        上記ひとつでもチェックがついたら、Let's Reading!

        【収録作品】
        「箱庭」
        愛を知らない不老不死の鬼の子と、逃げてきた男の行くあてのない恋。
        「秘められた花」
        遭難し目を覚ますと、傍らには痩せ細った全裸の男がいた。彼は一体…?
        「Doll」
        容姿も痴態も全てが自分好み…最高の人形とのミステリアスエロス。
        「君よ知るや南の国」
        ゲスな性格の北欧系美青年が選んだのは、不細工なくせにツンデレな聖処女。
        「5月の奇跡」
        頭のアンテナがピカピカ光る不思議な男の出現で、幼い頃の思い出が蘇り…。


        あらすじのまんま。
        詳しく書けば即ネタバレになってしまうσ(^∇^;)ははー


        今回、表紙を見てこれは私の好きな暗めのシリアス耽美漫画と思いきや…
        ホラーもどき、
        擬人化、
        不細工、とシリアスだけでなくギャグもテンコ盛り。
        不細工さんの不細工度はあまりにも酷い!!(゚Д゚;)
        『Doll』
        『5月の季節』のまさかの展開にも驚いたけど、
        私はやはり表紙にもなってる表題作の『箱庭』が好き。
        白髪の美人さん(♂)美しすぎハスハス(*´Д`*)
        >> 続きを読む

        2014/04/14 by あんコ

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

【リブレ出版(株)】(リブレシユツパン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本