こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)キネマ旬報社 (キネマジユンポウシヤ)

企業情報
企業名:キネマ旬報社
きねまじゆんぽうしや
キネマジユンポウシヤ
コード:87376
URL: http://www.kinejun.com/
      人生に、寅さんを。 『男はつらいよ』名言集
      カテゴリー:映画
      4.0
      いいね!
      • 寅さん良い事言うなぁ。
        大袈裟ですが人生の道しるべになりそうな1冊です。

        スティーブ・ジョブズとかアインシュタインとか、ドラッカーとか海外の著名人の言葉とは全く違った良さがこの本の中にはあります。これぞ日本人の心!強く優しく、日本人の心に沁みます。

        解説などもなくて、写真と言葉のシンプルな本です。
        写真がまたとても良いのです。

        多くの人に愛されている寅さん、ありがとう!!
        >> 続きを読む

        2012/11/09 by ただひこ

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      Mの迷宮 『輪るピングドラム』論

      山川賢一2012/04

      カテゴリー:映画
      5.0
      いいね!
      • 「セーラームーン」「少女革命ウテナ」「ユリ熊嵐」の監督で有名な幾原監督による問題作・『輪るピングドラム』の考察本。筆者は前著として、まどマギ論『成熟という檻』を書いている。前作がゾンビという観点に焦点を当て続けていたのに対し、今作は「エヴァ」「ナウシカ」「ウテナ」を全体主義三部作として、5章のうち3章をその三部作の解説に当て、そこからピングドラムを読み解くという構成になっており、アニメファンにとっては前作より分かりやすい。

        解説のポイントは、「プロジェクトMとは一体何だったのか?」「ピンドラの眞悧とウテナの根室教授の相似点」「ナウシカとウテナに共通する構造」「ウテナにはなぜ2つの悪役が存在するか」「エヴァの中盤の明るい内容の意図するところとは何か」「なぜマリオにはペンギンがいないのか」「銀河鉄道の夜から読み解くピングドラムの人間関係」など盛りだくさん。

        ピンドラだけでなく、ウテナについての見方も深まるので面白い。
        >> 続きを読む

        2015/06/14 by ばやっしー

    • 1人が本棚登録しています
      宮崎駿

      養老孟司1999/04

      カテゴリー:映画
      2.0
      いいね!
      • 私は男性ですが「アルプスの少女ハイジ」も見ましたし、「ルパン三世」「未来少年コナン」も好きですし、「カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」「魔女の宅急便」も繰り返し観ました。ですから、その意味ではジブリのファンだと思います。

        でも「もののけ姫」くらいから"ジブリを観なきゃダメだ"とか"ジブリは素晴らしい"という風潮が生まれ、批判的なことも言えない空気になり、新作公開の度に有名人を声優に起用し、それがステイタス化してしまったことに疑問を抱いてから、ジブリとは距離を置いたままです。

        本書は「ハウルの動く城」が公開された頃に発売された宮崎駿の研究ガイドブックで、各作品の解説も詳しくされて資料価値も高いですが、超常現象懐疑派&唯脳論(要は唯物論信者ですがね)で有名な脳科学者が責任編集者というのが引っ掛かります。

        オマケにその脳科学者とスピリチュアルな人で知られる三輪明宏氏が普通に対談してるのも、私から見ればなんとも不思議。

        ついでに書けば、その脳科学者がスティーヴン・キングの解説をしてることも個人的には納得できないな~。

        なんか私憤を書き連ねて申し訳ありませんが・・・つまり宮崎駿氏には何度も引退宣言を繰り返して、仙人的な存在に甘んじないで、復帰するならちゃんと復帰してもらって、純粋なファンタジーや活劇を創造してほしいわけです。

        そんな私の宮崎駿氏のベストは「天空の城ラピュタ」です。

        書籍レビューからかけ離れてしまい、あらためて申し訳ありません🙏

        >> 続きを読む

        2017/10/17 by アーチャー

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています

【(株)キネマ旬報社】(キネマジユンポウシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

レクイエム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)