こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)技術評論社 (ギジユツヒヨウロンシヤ)

企業情報
企業名:技術評論社
ぎじゆつひようろんしや
ギジユツヒヨウロンシヤ
コード:87408 7741
URL: http://www.gihyo.co.jp
      受託開発の極意 変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法

      岡島幸男2008/04

      カテゴリー:情報科学
      4.2
      いいね! cazaana
      • 受託開発の基本手法とともに、顧客やメンバとの気遣いまでが載せられています。
        プロジェクトの円滑な進め方だけでなく、お客様との関係で始まり、組織や仲間との関係で終わる構成になっており、
        プロジェクトは人あってのもの、ということが伝わってきます。

        また、技術の観点だけでなく、お客様の立場からプロジェクトの立ち位置を眺める必要性も述べられていました。
        プロジェクトは目的があり、その目的達成のための技術なので、大切だとわかります。
        開発者視点が長かったので、どうしても、手段である技術に目が行ってしまいがちでしたが、
        目的を忘れないで顧客視点で考えるようにしていきたいと思わせました。

        アウトプットだけではなく過程の評価も重視することにより顧客満足度の向上させると述べられており、コミュニケーション、人間同士のつながりをうまく作っていくことが大切と感じました。
        >> 続きを読む

        2016/02/18 by mattya

      • コメント 1件
    • 他9人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOKでワンランク上のWebディレクションを目指す

      林千晶 , 高橋宏祐2008/08

      カテゴリー:通信工学、電気通信
      4.3
      いいね!
      • Web製作の小さな仕事から当てはめられるマネジメント手法が
        分かりやすくまとめられています。
        マネジメント手段の方法の本は多々ありますが、それらとは異なり、どのタイミングで、どのようなマネジメントが必要かが分かり、マネジメントそのものに焦点が当てられています。

        私自身が開発者からマネジメントに関わるようになったときに、
        「マネジメント」として何をするのか見えておらず、手探り感がありました。
        体系化された本書はマネジメントに関わるようになったばかりの人に、理想通り完璧とはならずも、非常に助けになると思います。


        スコープについては「発注側は作業範囲を最大に、制作側は最小に考え、仲のいい関係だと明確化しようという意識が緩み、『こんなはずではなかった』になりやすい」とありました。自分の思い込みをよく洗い出すこと、細かくて明確化が大変な個所でも、先手を打って行動することが大切だとわかります。

        また、リーダーシップについても触れられており、「意識したうえで、(部下に)前向きなコメントを常に返せるように」とあり、自分自身に一貫性を持たせつつ、自分の意識が積極的であることで、チーム全体が前向きに進んでいけると感じました。
        >> 続きを読む

        2016/02/18 by mattya

      • コメント 1件
    • 他6人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      ニートの歩き方 お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

      pha2012/07

      4.5
      いいね!
      • なんで自分は社会に適応できないか悩んでいましたが、彼のような緩い生き方を望んでるからだときずけました。
        私はニートには向かないですが、頑張りすぎる時は彼の言葉を思い出して気楽にいこうと思える本です
        >> 続きを読む

        2016/01/28 by REOPALD

    • 他3人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界

      西田圭介2008/02

      カテゴリー:情報科学
      4.0
      いいね!
      • 仕事がシステム屋でサーバーインフラの構築も行うため、参考になるのではないかと思い手に取った。
        本書では、爆速の検索エンジンを作る上でのシステム構成、インフラ構成を紹介している。
        特に興味があった、多数サーバーを束ねるクラスタリング技術に関しては、かなり前の技術かつGoogleシステムに特化した独自のものであるため、そのまま真似できるというものではなかった。が、Googleが先駆けでこの分野の技術を切り開いたという点でGoogleの技術力、発想力には敬意を表するところである。
        本書後半ではGoogleが数万台を束ねるクラスタ構成にした運用コスト面の理由が解説されており、その意志決定アプローチは非常に参考になった。また、システム開発体制の解説では、レビューやドキュメント作成などをしっかりしているなという印象を受け、これも非常に参考になった。☆5つ
        >> 続きを読む

        2016/01/14 by koppi_i

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      プロになるためのWeb技術入門 なぜ,あなたはWebシステムを開発できないのか

      小森裕介2010/03

      カテゴリー:通信工学、電気通信
      4.5
      いいね! gavin
      • Web関係の仕事を始めたばかりの頃、わからなすぎて本当に絶望的な気分になったが糸口を見つけた後はとても楽しかった。その後また自分の実力のなさに落ち込み、また糸口を見つけて楽しくなる…。それを何度も何度も繰り返して今に至るが、最初の糸口を掴んだのは多分この本を読んだ時だったと思う。

        いかにも技術書という細かい字ぎっしりの本でないため、構えずに読めるし、人に聞きづらいような基本のキをしっかり整理できる。

        何人もの人にこの本をかしたので、ちょっとボロボロになった。
        本望だな☆
        >> 続きを読む

        2013/07/18 by gavin

      • コメント 6件
    • 他2人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      新・ANSI C言語辞典

      平林雅英1997/05

      カテゴリー:情報科学
      4.0
      いいね!
      • ソフトウェアを記述するために広く使われているC言語の表記法から標準ライブラリまでを説明した辞書。

        その昔C言語っぽい言語を処理するためのソフトウェアの一部を作っていた時に言語仕様を調べるために購入。

        この手の本は必要な時に必要な所のみ参照できればいいので全体読むわけではないのですが、念のため手元にあると安心できる本です。

        内容はC言語に関係すると思われる単語、ライブラリ内の関数名、preprocessor命令、よく宣言されているdefineマクロ、予約語等を辞書のようにアルファベット順に並べ、読み方から関数宣言、機能、返り値、注意点、使用例、実行結果等を記載しています。

        やりすぎなのではと思われるほど、辞書に形式が酷似していて、しかもしっかりと書かれています。

        網羅性と、内容の正確さ、時折マニアックさ故にお勧めです。

        /*でもこの本、普通に辞書読むように読んでみても面白いかも。ジャーゴンとかの知識の入手元として・・・*/

        今は懐かしのC言語でプログラムを書く人にお勧めです。
        >> 続きを読む

        2014/03/23 by Shimada

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      図解ネットワーク仕事で使える基本の知識

      増田若奈2009/07

      カテゴリー:通信工学、電気通信
      3.0
      いいね!
      • 先日読んだ『図解サーバー 仕事で使える基礎知識』のネットワーク版。

        被っているところもあったが、解説→図解の順がやはり分かりやすい。
        サーバーよりは難しい印象もあったが、だからこそサーバー→ネットワークの順に読んだのは個人的には良かったのかもしれない。
        >> 続きを読む

        2018/09/04 by ashita

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      鳥類学者無謀にも恐竜を語る

      川上和人2013/02

      カテゴリー:古生物学、化石
      3.5
      いいね!
      • ベースは学術書で、ユーモアを交えた文章にすることで一般人にも飽きさせずに読ませる工夫をしている、という感じ。
        こういう種類の本としてはやはり『カラスの教科書』が一番に思い浮かぶけれど、それよりも本格派という感じだ。文章の面白さよりも、内容の面白さに興味がないと、若干読みにくいかもしれない。

        しかし、めちゃくちゃ面白い。

        私が子供の頃の恐竜図鑑では、彼らは暗褐色っぽい皮膚をしていて、ゾウやサイのようなイメージでした。
        しかし最近の研究では、彼らには毛が生えていたというのは、まぁ、聞く話。そしてさらに、鳥類というのは恐竜から進化したものというのが通説になっているそうです。

        とはいえ恐竜はすでに絶滅しているし、化石から彼らの生体や外見や暮らしぶりなどを推測するしかないわけで、かなり厳しい。それでもここまで研究が進んでいるって、すごい。
        特に面白いのはプロファイリングの仕方です。現在の鳥類をはじめとする現生生物の生態から恐竜の在り方を考えるところ。
        たとえば「白い恐竜はいたか?」というテーマを掲げる。現在の生物では白い姿をもつ生物はこういう特徴がある、なぜならこういう生物学上の理由があるからだ、それなら白い恐竜というのがいたなら、こういうところに住んでいてこういう条件下でこんな姿をしていたのではないか、現在見つかっている恐竜の仲間の中ではこれが近いはずだ…などなど。

        仮説と検証の繰り返し、しかし答えは闇の中。
        ミロのヴィーナスはどのような腕を持っていたのかわからないからこそ美しいのだと書いた随筆家がいましたが、恐竜もまさにそこなのだな、と思います。著者も書いていますが恐竜の最大の魅力は「じらしてやまない究極のチラリズム」なのです。
        >> 続きを読む

        2017/09/03 by ワルツ

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      はじめてのSQL 基礎からはじめるデ-タベ-ス操作

      萌木尨1996/08

      カテゴリー:情報科学
      4.0
      いいね!
      • 実はSQL弱者だったりするのでお守り代わりに持っています。

        2011/02/08 by aprilia

    • 2人が本棚登録しています
      C++デバッグ技術 Visual C++プログラマーのためのトラブルシューティング

      PappasChris H , MurrayWilliam H , スリーエーシステムズ2000/12

      カテゴリー:情報科学
      3.0
      いいね!
      • 今となっては古の昔のコンパイラかもしれないVisual C++ Version6のデバッグ技術の解説本。持っているのは原著"Debugging C++"の方。原著の方はシリーズもので他にもDebugging ASP等がありました。Visual C++のIDEとしての基本機能はVC6辺りで決まったと思っているのですが、この本はその基本のソフトウェアデバッグ機能を説明しています。ブレークポイント(条件停止を含む)、ステップ実行、ウォッチ、コールスタック、アセンブリ命令表示。でもこの辺だけなら実はこの本の冒頭の1章で説明できてしまいます。この本はさらに知る人ぞ知るVC用のAssertマクロの解説等、基本のデバッグの方法が記載されています。ここまでであればなんで今更この本を・・・、と思われるかもしれませんが、この本、VC++6のコンパイラ(vcc6)が行う最適化手法に関しての(簡単ではあるものの)説明も記述してあるのです。コンパイラにおける最適化技術というのはコンパイラ技術に輪を掛けて奥深くマニアックな物です。私も一般的なさわりの部分ぐらいしか知りませんが、コンパイラの行うコード最適化技術への橋渡しとしての情報を知る事はできるかもしれません(もっと専門的な本がありそうですが・・・)。基礎的なデバッグ技術を押さえておきたい人、もしくはデバッグ技術を教える立場に立たされた人にお勧めかもしれない本です。 >> 続きを読む

        2012/11/30 by Shimada

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      ASPポケットリファレンス

      西沢直木2001/04

      カテゴリー:情報科学
      3.0
      いいね!
      • いまさらであるがASPを取得したいと思い購入した。

        リファレンスと言う名前の通り、
        様々なサンプルが掲載されていてためになった。

        しかし、
        各サンプルプログラム実行時の処理結果が掲載されていないので、
        初心者には内容が理解し難いと思った。
        特にDB操作処理ではテーブルの定義情報・格納レコード情報が
        まったく掲載されていないので、頭の中で想像するしかない。
        >> 続きを読む

        2011/10/07 by nsr250r

    • 1人が本棚登録しています
      星がとびだす星座写真 フルカラー3D・立体視

      伊中明2003/09

      カテゴリー:恒星、恒星天文学
      4.0
      いいね!
      •  これは素晴らしい本です!!
        星が好きな方は是非 手にとってみてください。
        なにがスゴイって、
        写真の星空が立体的に見えるんです。
        星、星座、星雲などが奥行きをもって
        そこに再現されるのです!
        このアイデアはかなり素敵です。

         裸眼立体視でも見ることは可能なのですが
        本書が秀逸なところは、
        誰でも簡単に立体的に見られるように
        専用のレンズが本と一体化されていることです。
        これならいつでもどこでも誰でも楽しむことが出来ます。
        赤青のあやしいメガネではないので、
        きちんと天然色で立体化されるところがイイですね。

         自分がほしくて、
        ず~っと探していたのをこのたび入手しました。
        小1の娘にはまだ早いようですが
        下の息子も含め、もう少し大きくなったら
        この本を手に天体観測にでも出かけようかなぁ。
        初山別村の天文台なんかも気になるスポットです。
        >> 続きを読む

        2015/02/02 by kengo

    • 1人が本棚登録しています
      WebDAVシステム構築ガイド Apache/IIS/Subversion/Jakarta Slide

      山田泰資 , 渡邊剛 , 宮本久仁男2003/12

      カテゴリー:通信工学、電気通信
      3.0
      いいね!
      • ソフト開発業界の方々には、そこそこメジャーではないかと思いますが、一般にはほとんど知られていないように思われるWebDAVについての解説書になります。

        当時なんで3,480円も出して購入したのかと言うと、WebDAV「Web-based Distributed Authoring and Versioning」訳「WWWにおける分散オーサリングおよびバージョン管理プロトコルの用件」で言うところの「バージョン管理」に面白みを感じたからでした。

        「リヴィジョン」とか「版」とか違う言われ方をする場合も有りますが、当時はCVS。商用ではVSSなどが主流。
        現在ではSVNやGitが主流になっています。

        そもそも実装ではなく仕様なので、そこまで期待するのはどうかと言う話は有るものの、見事なまでに普及せず、ファイル共有プロトコルとしてのみ現在も生き残っていると言った状況のように思います。

        技術者としては、やはり息の長い技術を学びたいと言うことを前提としつつ、「面白い」と思うものも探求して奥行きを深くすることも大切かも知れませんね。

        シャチの表紙が可愛かったことから注目したと言うのは実話です(笑)
        >> 続きを読む

        2013/08/29 by suppaiman

      • コメント 5件
    • 2人が本棚登録しています
      やっぱり欲しい文房具 ステイショナリー評論家がえらんだ普段使いの傑作たち

      土橋正2005/11

      カテゴリー:その他の雑工業
      2.0
      いいね!
      • Webコンテンツの書籍化なので、Webを見ても良いかもしれない

        2011/06/26 by 妹尾忍

    • 2人が本棚登録しています
      最速攻略VBScriptサンプル大全集

      結城圭介2006/02

      カテゴリー:情報科学
      5.0
      いいね!
      • VBSに最近興味をもったので購入した。

        図解を多用した説明となっており、
        すんなりとVBSを理解することが出来た。

        「CSVファイルを読み込み、DBへ登録する」
        「DBからデータを取得して、CSVファイルを作成する」等の
        業務レベルでも使用できそうなサンプルが豊富に収録されたCDが
        同封されており、中級者でも役に立つ本だと思う。
        >> 続きを読む

        2011/10/02 by nsr250r

    • 1人が本棚登録しています
      VBScriptポケットリファレンス

      アンク2006/04

      カテゴリー:情報科学
      5.0
      いいね!
      • VBSを取得したいと思い購入した。

        テキスト操作、ファイル読み込む・書き込みなど
        様々な処理が掲載されていて、充実の内容だった。
        サンプルプログラムがセットで掲載されているので、
        初心者でも理解し易いと思った。
        >> 続きを読む

        2011/10/05 by nsr250r

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      JavaScriptポケットリファレンス

      古籏一浩2006/10

      カテゴリー:情報科学
      4.0
      いいね!
      • 初めてJavaScriptを触るときに買った本で、
        基本的な使い方が書いてあり、当時は役立った。
        だが、今となっては情報も結構古いのであまりおすすめはできない。

        このポケットリファレンスシリーズは、ちょっと調べるときなどにはとても重宝する。
        >> 続きを読む

        2012/01/11 by ◆空太◆

    • 1人が本棚登録しています
      Apache Maven 2.0入門 Java・オープンソース・ビルドツール

      横田健彦 , 野瀬直樹2006/11

      カテゴリー:情報科学
      4.0
      いいね!
      • AntよりはMavenかなぁ。くらいの気持ちで購入。

        読んでビックリするくらいの高機能さに驚いた。

        .jarファイルの依存関係管理とは自動収集とかは目から鱗。

        まだ、とても使いこなしているというレベルには至っていないものの、機能を俯瞰出来ただけでも手に取った価値は有った。

        私は「メイヴン」派だが、周囲には「メイヴェン」とか「マーヴェン」とか言う人もいる。

        実際主流なのは、どんな発音なのだろう。
        >> 続きを読む

        2011/07/22 by aprilia

    • 1人が本棚登録しています
      バカ日本語辞典 全国のバカが考えた脳内国語ディクショナリー

      谷口一刀2006/12

      カテゴリー:日本語
      4.0
      いいね!
      • 表紙の吹き出しになっているところだけを拾ってみた。

        ・「食中毒」を食べることをやめられないことだと思っていた。

        ・「まっすぐ帰る」は、途中一度も曲がらないで帰ることだと思っていた。

        ・「親子水入らず」を。親子で水をガマンすることだと思っていた。

        ・「台風一過」を台風一家だと思っていた。

        まぁそんな本です。。ネタだな。。
        >> 続きを読む

        2013/03/04 by コネタン

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      マインドマップから始めるソフトウェアテスト

      鈴木三紀夫 , 池田暁2007/05

      カテゴリー:情報科学
      3.0
      いいね!
      • ソフトウェアテストエンジニア向けではあるが、マインドマップとは何かを簡単に書いてあるのでとっつきやすいかもしれない。 >> 続きを読む

        2011/02/17 by hirokoshi

    • 3人が本棚登録しています

【(株)技術評論社】(ギジユツヒヨウロンシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚