こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)幻冬舎 (ゲントウシヤ)

企業情報
企業名:幻冬舎
げんとうしや
ゲントウシヤ
コード:87728 344
URL: (株)幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp
      阪急電車

      有川浩2010/07

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! tadahiko anko masa920 niwashi tanreinama mr-kozou kuru Tukiwami JoyTan
      • 有川さんの作品の中でも大好きな作品の一つ。
        図書館の話が好き。
        実際に阪急電車に乗る機会がありましたが、「生」の字、見事です。
        映画もすごくよかったので見てほしいなと思います。
        ただ映画のほうは図書館の話はDVDに収録されていないので注意です。
        >> 続きを読む

        2017/06/17 by keisan

      • コメント 1件
    • 他23人がレビュー登録、 161人が本棚登録しています
      置かれた場所で咲きなさい

      渡辺和子2012/03

      カテゴリー:各教派、教会史
      3.2
      いいね! ayumi
      • 『置かれた場所で咲きなさい』というタイトルに対しては、「置かれる場所は自分で決める!」派の私にはしっくりこなかったけれど、内容はメモしておきたい言葉がたくさんあった。

        特にぐっときたのは

        *子どもは親の「いう通り」にならないが「する通り」になる。

        *「私も経験したからわかるわ」と言い切るのは思い上がり。
        悲しみは決して同じじゃない。

        *100%信頼するのではなく、98%信頼する。あとの2%は相手が間違ったときの許しのために取っておく。

        この3つ。

        これは今後の人生の上で、ずっと忘れたくないこと。
        >> 続きを読む

        2018/07/25 by miki_book

    • 他16人がレビュー登録、 41人が本棚登録しています
      植物図鑑

      有川浩2012/12

      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! yoshiyoshi s1o
      • 私まで樹とさやかの散歩がいつの間にか楽しみになっていた!
        植物に興味が湧いてきた。
        樹とさやかが出会ったとき、会話が面白くて思わず吹いてしまった
        (*´∀`*)
        >> 続きを読む

        2018/07/28 by Na-chan

    • 他14人がレビュー登録、 109人が本棚登録しています
      解夏

      さだまさし2003/12

      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね! tanreinama
      • 初のさだまさし小説。
        『解夏』『秋桜』
        『水底の村』『サクラサク』4つの短編集。

        まず驚かされたのがボキャブラリーの豊かさ。
        初めて聞く言い回しをいちいち調べるほど。
        それが嫌味にならないソフトな優しい文章だった。

        冷えた家族が父の痴呆をきっかけに
        各々が向き合う『サクラサク』と、
        農村に嫁いだフィリピン女性が差別を受けながらも
        家族に支えられる『秋桜』が印象に残る。
        どちらの作品も、父・舅の温かさと切なさが沁みる。

        全編通して、家族の在り方を想い、
        日本の情景を思い描く、心地の良い余韻深い作品。
        気持ちを安らかにしたい時にはオススメ。

        読後はどこかの田舎町へ家族旅行に行きたくなる。
        >> 続きを読む

        2019/01/28 by NOSE

    • 他13人がレビュー登録、 26人が本棚登録しています
      漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

      西 加奈子 (2014/04

      4.3
      いいね! ybook Tukiwami
      • 何の予備知識もなく読み始め、ああ、いつもの西加奈子って感じやな、ちょっと飽きてきたかもなんて思いながら読んでいたけれど、あとがき、解説まで含めてひとつの作品として、涙した。
        石巻市女川の漁港をモデルに書かれたこの作品を、書き終えたすぐ後に、東日本大震災があったとのこと。
        西加奈子先生の作家としての姿勢も理解でき、価値のある一冊だと思う。

        それにしても、11歳の女の子って、こんなに饒舌なのでしょうか。ツッコミが華麗で、笑いもありです。
        >> 続きを読む

        2019/01/11 by たい♣

    • 他13人がレビュー登録、 42人が本棚登録しています
      プラチナデータ

      東野圭吾2012/07

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 原作を先に読んでしまったので、多分映画は観ない。
        この手の作品は原作の読みごたえに比べて
        どうしても映画の評価は落ちるし
        設定や登場人物まで違うようなので。

        東野作品は細部のストーリーやディテールに
        後で気付いて唸ることも多い。
        読み落としたのか伏線なのか分からず
        何度か最初から読み直した。
        しばらくしてから再読予定。

        >> 続きを読む

        2019/01/24 by ちっちゅう

    • 他12人がレビュー登録、 80人が本棚登録しています
      パレード

      吉田修一2004/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      •  都内の2LDKのマンションに暮らす4人の男女。
        良介:21歳:大学生。琴ちゃん:23歳:無職。未来:24歳:イラストレーター兼雑貨屋店長。直輝:28歳:映画配給会社勤務。

         そこにサトル:自称18歳:男娼が4人の共同生活にするり、と入り込んでくる。なれ合いのような共同生活にさざ波を起こす。

         なにがこわいといって、この若者たちに「あまりにも未来がない」ということです。
        それでいい、と達観してしまっているところが、じわじわわかってきてこわいのです。

         何がしたい、とか何ができない、といった葛藤という言葉はこの4人からは感じられません。
        自分としては当然の「ああしたい、こうしたい、これはいや、これはどうしたら?」という悩みが描かれないのがこわい。

         それぞれ干渉はしないけれど、それだけにほとんど相手のことを知らない、わからないまま話をしたりする「匿名」の世界、いわばネットの掲示板やチャットなのではないか?

         未来は、それを、「共同生活にでは皆がそれなりの演技をしている」と思う。
        しかし、人なつっこいようで、したたかなサトルは、私たち4人を上回る超役者・・・なのではないか、と危惧しはじめます。

         なんの拘束もない、いつ去ってもいい、「これからよろしくお願いします」と言うのと同時に「さようなら。元気でね」と言っているような4人の24時間、一週間、一か月・・・刹那的というより、あまりにもはかない若者たち。
         
         そして、仮面をつけて演技しているような5人のパレードは、意外な別の仮面が出てきます。
        仮面をとると顔ではなくて、仮面の下にまた仮面・・・?というこれまた、こわいのですね。

         5人は、結局、一人暮らしはできないのでしょう。ひとりは寂しい、ふたりは窮屈・・・からはじまった5人の生活。人と人との距離をこれだけ凝視した物語はあまりないと思います。

         この物語は行定勲監督で映画化されて、私はこの映画が大好き。なぜ、行定監督でこの映画の名前が出ないのかと思うくらいです。

         特にサトルを演じた当時20歳の林遣都は良かったですね。
        意地悪な妖精のようでした。
        >> 続きを読む

        2018/06/27 by 夕暮れ

    • 他9人がレビュー登録、 36人が本棚登録しています
      かもめ食堂

      群ようこ2008/08

      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね! momomeiai
      • 今でいうアラフォー世代が読むと心休まるストーリー。
        アラフォーに近づきつつある私もかなり癒された。

        38歳のサチエは、自然で素朴で心のこもった食堂を開くのが目標だった。
        オシャレなだけ、高いだけ…という日本のレストランに嫌気がさし、
        彼女が目指したのは北欧フィンランド。

        『かもめ食堂』と名付けたお店の一番の看板メニューは『おにぎり』だ。

        『おにぎり』は握る人の真心でいくらでも美味しくなる…という
        サチエの思いに心打たれた。私も祖母と母の『おにぎり』が大好きだったからだ。

        明確なビジョンがある訳でもない、
        30代後半から50代前半の3人の日本人女性が醸し出す
        温かな雰囲気の『かもめ食堂』はクチコミだけで繁盛していく。

        普通で真面目、それだけで十分なのだと、教えられた。
        向上心のために自分の本来の姿を変えなくてもいい、
        そんな肩の力が抜けた生き方ができればいいな…と思えた。

        忙しくて苦しかったり、自分が見えなくて焦り出した時には
        ほど良い精神安定剤になる作品である。
        >> 続きを読む

        2019/01/28 by NOSE

    • 他9人がレビュー登録、 25人が本棚登録しています
      暗いところで待ち合わせ

      乙一2002/04

      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 情景が思い浮かべやすく、とても読みやすかったです。登場人物に共感できる部分が多く、勇気をもらうことができました。 >> 続きを読む

        2017/05/21 by porin

    • 他8人がレビュー登録、 40人が本棚登録しています
      プラチナデータ

      東野圭吾2010/06

      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      •  天才的な頭脳が作り出したDNA分析による犯罪捜査プログラム。
        プロファイリングの精度を飛躍的に高め
        かなりの確度で犯人を絞り込んでいくことが可能なそのシステムの前では、
        従来の地道なヒューマンパワーによる捜査は
        いかにも時間がかかり非効率的で時代遅れのもののように感じられた。
         
         そんな折 そのプログラムでも犯人像を描くことができない
        連続殺人事件が発生。
        稼動を始めて間もない状況下、こうした事例は
        運用期間の短さから来るデータ不足のせいと考えられた。
         
         思うように捜査が進まない、そんな中 
        今度はシステム開発者たちを巻き込む事件が発生。
         
         なぜプログラムは犯人を絞り込めないのか?
        そこには何か欠陥、もしくは秘密があるのか?
         
         登場人物たちがなかなか魅力的で
        ぐいぐい読ませる力があるお話です。
         
         映画化もされておりキャストを見ましたが、
        個人的には主要キャストはなかなか良い人選なのではないかと思います。
        ただ、本作の中でとても重要な役どころだと思われる
        スズランのことがまるごと描かれていないそうで、
        それはひどく残念な感じがするので私は見ないと思います。
         
         それはそれとして
        娯楽小説としてはそれなりに楽しませてくれる本なので、
        東野圭吾が好きな方は読んでみて損はないのではないでしょうか。
        >> 続きを読む

        2018/04/22 by kengo

    • 他7人がレビュー登録、 27人が本棚登録しています
      心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

      長谷部誠2011/02

      カテゴリー:球技
      3.8
      いいね! tadahiko tomato
      • 大分昔の本に感じるが、今でも日本代表やブンデスリーグで活躍している長谷部の本。
        んなストイックなところがあるので、まだまだ第一線で活躍できているのだろう。

        成功するためには才能もあるのだろうが、こういった真面目さが重要なんだろうな。
        >> 続きを読む

        2017/06/16 by yakou

    • 他6人がレビュー登録、 43人が本棚登録しています
      去年の冬、きみと別れ

      中村 文則 (2013/08

      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • 映画の方を先に見たけど、原作はかなり省略化されたものであり、映画は分かり易くするため肉付けされた部分が多い。

        200ページにも満たない中で、独白や対話が中心となるミステリ。

        大まかな仕掛けは分かった状態で見ているので、当然驚きはない。
        でもカポーティの「冷血」などを例に出し、他人の人生に関わるという事はどういうことかを端的に描き出している。

        中村さんの手腕からしたらもっと複雑に出来るのだろうが、敢えてシンプルな復讐記に仕立てたらしい。
        長編というより中編ぐらいの感覚なので、素早く読み終えられる佳作という印象。
        >> 続きを読む

        2018/07/04 by オーウェン

    • 他6人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      階段途中のビッグ・ノイズ

      越谷オサム2010/05

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 近くの古本屋さんが閉店セールをしていて見つけたので読みました!
        超、青春という感じです。
        軽音楽部廃部の危機を救うためにいま、再び軽音楽部が動き出す!、という感じのお話でした。
        越谷さんの小説を読んだのは「陽だまりの彼女」以来だったのですが、越谷さんの小説は生活描写が多くて
        世界観を想像しやすいというか、後味も爽快でした( ´∀` )
        伸太郎が私の友達に少し似ていて、なんだか親近感も湧いたりしました。小説のキャラクターに親近感が湧くと、なんだか嬉しい気分になりますね。
        そしてこの小説の中で決して忘れてはいけないのが、カトセンの存在。
        カトセンがいるから、軽音楽部は廃部の危機を逃れることが出来たんです。
        最後の最後にライブでカトセンがギターを弾くところは本当に圧巻でした!
        息を吸うのも苦しいくらいの青春小説というか、少しの恋愛要素も入っていて
        あぁ、青春だなぁとすごく思いました。
        読めてよかったなと思います。この後、小説内に出てきた曲も調べて聞いてみようかと思います( *´艸`)
        >> 続きを読む

        2017/06/29 by minase86

      • コメント 1件
    • 他6人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      モンスター (幻冬舎文庫)

      百田尚樹2012/04

      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね! oasamaru misora
      • これは醜い女が整形して
        高校時代に憧れた人と結ばれるシンデレラストーリー…ではない

        これは醜い女が整形する過程を通して、
        現代社会の外見至上主義(笑) とも言うべき、
        女のヒエラルキーを題材にした物語である。

        外見によって許される行動や言動が決まるーーー
        このレビューを見ている人も経験があるだろう。

        かく言う私も外見至上主義者の1人だ。
        顔より性格だとか言う奴は、
        自分の顔に自信がない者か偽善者だと思う。

        外見がいい、またはそれなりの人は、
        性格を知ってもらえるチャンスがあるが、
        醜いものにはそのチャンスすらないのだ。
        何かのきっかけがない限り。

        しかし、高校時代からずっと続いて大学卒業して結婚。
        というカップルは本当に互いに愛し合っているのだなあと思う。

        高校生なんて、まだ地位も名誉もない時代だ。
        男や女が名家の生まれであるとかを除いて、
        これだけは計算も何もないと言えるだろう。

        結論を言おう。
        可愛い子と制服デートしたかった…

        >> 続きを読む

        2017/05/20 by pe-pe

    • 他6人がレビュー登録、 64人が本棚登録しています
      往復書簡

      湊かなえ2012/08

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね! ryoji
      • 「二十年後の宿題」がちょっとイイ

        2018/07/21 by motti

    • 他6人がレビュー登録、 41人が本棚登録しています
      阪急電車

      有川浩2008/01

      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • あー、また有川浩の本を選んでしまった。私にとっても身近な阪急電鉄今津線の駅ごとにまつわるストーリーを綴った小説です。有川浩が得意とする胸キュン話だけじゃなく、高級ランチを食べに行くうるさいおばちゃんたちや孫とケージに入れたミニチュアダックスフントを連れたおばあちゃんなど登場人物も多彩。実際この沿線に住むという有川浩のリズミカルな話の展開に私の目はもう釘付けでした。 >> 続きを読む

        2017/07/05 by konil

      • コメント 2件
    • 他5人がレビュー登録、 36人が本棚登録しています
      空飛ぶ広報室

      有川浩2012/06

      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね! shoko44n
      • ブルーインパルス搭乗メンバーの内定まで受けていたのに不慮の事故によってパイロット罷免になり、航空幕僚監部広報室に配属された自衛官の奮闘ぶりを描いた物語。と同時に自衛隊という存在が誤解やマスコミによる偏った報道により、一般市民に認知されにくい状況にあることを訴えている。広報室のメンバーはとても個性的でおもしろく、何とか航空自衛隊のプラス面をマスコミなどを通じてアピールしようと懸命に働く姿に共感を覚えた。決して自衛隊を美化することなく最初から認められていないことを前提に活動していることを伝えているところがいいと思う。今ちょうど安倍首相が自衛隊の存在を憲法に書き加えようとしている状況の中で著者はどのような意見を持っているのか興味深い。 >> 続きを読む

        2017/05/23 by konil

      • コメント 2件
    • 他5人がレビュー登録、 39人が本棚登録しています
      55歳からのハローライフ

      村上 龍 (2012/11

      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • なんか知ってる内容だと思ったら、
        NHKのドラマで見たんだった。
        最近、こんなのばっかり(涙) >> 続きを読む

        2015/11/04 by なおみ

      • コメント 1件
    • 他5人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      Q&A
      Q&A

      恩田陸2007/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • こういう話が自分は好きなんだなと思った。
        この作品は想像の余地が多く残されていて、非常に面白かった。

        ”何が起こったのか”原因追及する質問者と事件の関係者の答えで進んでいく前半と、事件にかかわる人周辺での問答で、事件をどう捉えるかを描く後半。心理描写などはなく、すべて会話形式。会話の端々から想像することしかできないのに、その情景は鮮明に浮かんでくる。

        徐々に立場が明らかになっていく回答者と質問者。断片的には明らかになるけれど最後まで分からない事件の原因。同じ事件の被害者でも、事件をどう捉えるかはその人の背景に依存する。何が引っ掛かりを生むか?それはその人にしかわからないし、言葉にするのはとても困難だ。人間みんな違っていて、他人のことなんか理解できないという事実をわからせてくれる。

        個人的には原因がわからないことよりも、最初の方に質問していた人たちが怖かった。なぜ調査するのか明らかにしないのに、目撃証言があっただけの人の調査までするという熱意はどこから来ていたのか?終盤の運転手は元調査員で、彼が語るようにただの実験が想定を超えて起きてしまっただけなのだろうか。

        読了後、この作品が2000年代初頭(2004)に出ていることに驚いた。
        もっと最近の話かと思った。
        >> 続きを読む

        2018/12/21 by tnp

    • 他5人がレビュー登録、 21人が本棚登録しています
      有頂天家族

      森見登美彦2010/08

      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! niwashi s1o shoko44n
      • 狸と天狗と人間の住む京都のお話。

        赤玉先生が飲む赤玉ポートワインがとても美味しそうで、読了後スーパーで探して飲みました(笑)


        2017.9.29
        再読。
        あれ、有頂天家族って泣けるお話なんだっけ?という具合に所々泣きました。
        狸の家族の話なのに泣けるのか、狸の家族の話だから泣けるのか、なんなのか。。

        それから、随所に出てくる擬音語や擬態語がステキです。
        >> 続きを読む

        2017/08/08 by マチ子

    • 他5人がレビュー登録、 52人が本棚登録しています

【(株)幻冬舎】(ゲントウシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本