こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)コアマガジン (コアマガジン)

企業情報
企業名:コアマガジン
こあまがじん
コアマガジン
コード:87734 86252 86436
URL: (株)コアマガジン http://www.coremagazine.co.jp/
      無銭ひとり散歩 お金をかけずに東京珍スポット見物!

      辛酸なめ子2011/04

      カテゴリー:日本
      3.0
      いいね!
      • わかりやすい地図付き!ちょっぴり辛口東京案内─無料、激安ディープスポットを紹介
        内近郊の激安で楽しめる様々なスポットに、辛酸なめ子が約4年間をかけて
        ガチンコ潜入!この本を片手に、一味違った東京見物をしてみませんか?

        ●わかりやすい地図付き!るるぶには決して載らないディープなラインナップ!
        ●自衛隊広報センター りっくんらんど
        ●早朝ホストクラブ
        ●区役所ランチ巡り
        ●ヤンキー高校の文化祭
        ●住宅地のクリスマスイルミネーション
        ●墓場でお花見
        ●日暮里・舎人ライナー
        ●板橋区のROUND1
        ●ギャル男ファッションのバーゲン
        ●ハロウィーン山手線ジャック
        ●世田谷ボロ市 ほか
        ●「お金をかけずにエンジョイできる。それが、正真正銘(リアル)の都会人だ!
        >> 続きを読む

        2013/12/05 by books

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      六月の丘のひなげし

      深井結己2013/05

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 『情熱のイングリッシュローズ』スピンオフ作品。


        ピエールはフランスの田舎で金髪碧眼の美大生・ルイスと知り合う。
        それから8年後ピエールは有名レストランのオーナーシェフ
        ルイスは新進気鋭の画家として再会する。

        ピエールは『氷の花』って呼ばれてるけど
        不器用で好きな人にはツンデレさん。
        ピエールの方に色々と事情があったけど

        そこら辺をルイスが理解してくれるのでこれから先なんの心配もないね(^_-)-☆
        安定のハッピーエンド。
        >> 続きを読む

        2013/06/22 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      人間コク宝 ドトウの濃縮人生インタビュー集

      吉田豪2004/12

      カテゴリー:大衆演芸
      いいね!
      •  このインタビュー集の事を知ったのは又吉直樹さんの『第二図書係補佐』という本で、又吉さんの好きな本についてのエッセイ(書評でなないと思う、内藤陳さんと同じくおススメ本エッセイ)に掲載されていたからです。

         その後、映画のはしごをしていて2時間位時間が空いてしまったときにヴィレッジ・ヴァンガードで購入。
        映画を待つ間に熟読しました。
        帯には

        「本人よりもその人に詳しい芸能本史上最強のインタビュアーによる濃厚インタビュー集。(田代まさしの留置所からの手紙も掲載!)」

        不謹慎と思う真面目な方や女性向けとは思えません。

         インタビューの人選も凄いし、綺麗事をちゃらちゃら言わない人たちの濃いインタビュー集なのですが、やはりインタビューする人吉田豪さんの詳しい事、詳しい事。
        打てば響くように答えをすらりと出すし、帯通り本人ももう持ってない本なんかもしっかり持ってる。そういう姿勢で臨まれるとやはり話も深くなっていくのだろうなぁ、と思います。

         初出はBUBKA MAXという雑誌で後にBREAK MAXに移行します。2001年から2004年まで。
        この後もインタビューシリーズは続くのですが、やはり一番最初が大御所ばかりという事で、こういう本は、その人の名前と顔と何をした人かわかる範囲でないと面白くないんですね。
        だから、やはり最強の布陣はこの第一弾だったと思うのです。

         テレビなどの印象とは全く違う、物騒な過去を平気で話せる人って、器が大きいと思います。
        真実はどうだったか、ではなく、本人曰く、という本人語りを吉田豪さんがリードして上手く聞き出すという事を楽しむ本であり、暴露する本ではありません。身内やよく知っている人からしたら違うかもしれないのですが、あくまでもビックリ武勇伝なんてザラです。

         一番最初は、最近になってテレビで重宝されている坂上忍さん。かなり悪童な子役時代からですが、本人こんなこと言っていいのか、と思うくらい淡々と自分の黒歴史を語りますね。
        最後は大御所、内田裕也さん。

         最終的には原稿チェックをしてもらうそうなので、本人が嫌がれば当然カットになりますが、けろっとしている人はやはりすごいし、面白いし、悪童だったが良い大人になりました、ではなく、ああ、変わらないですねぇ、ってけろっとしてるのです。

         さすがのヤバさに吉田豪さんが自粛カットをたくさんしたチャック・ウィルソンさん、淡々とダメな自分を語る岸部四郎さんや梨本勝さん、ジョニー大倉さんなど興味深いです。
        そして、まさに逮捕寸前だった(神回と後に呼ばれる)田代まさしさん。

         ロス疑惑の三浦和義さんやカルーセル真紀さん、最後の内田裕也さんなんかは、もう大物感漂っていて、読んいでてうっとりしますね。
        三浦さんの「バイクは盗んだけど、自転車は盗んだ事はない」は名言。

         今回、再読したのは、『帰ってきた人間コク宝』という新刊が出ると知ったからなのですが、もうね、インタビューした人で知っているのは泰葉だけという状態。

         泰葉は、一年ぐらい前から観察していますから、別に読まなくてもいいし、所詮、泰葉は小物。
        吉本芸人などはあまりいなくてそれなりに選んでいると思いますが、やはりこの第一弾は人間の業みたいなものをヒシヒシと感じるし、いかに自分が小さい人間であるか痛感します。

        >> 続きを読む

        2018/05/24 by 夕暮れ

    • 1人が本棚登録しています

【(株)コアマガジン】(コアマガジン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

シェイクスピア全集