こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)三交社 (サンコウシヤ)

企業情報
企業名:三交社
さんこうしや
サンコウシヤ
コード:87919
URL: http://www.sanko-sha.com
      カバラQ&A ユダヤ神秘主義入門

      林睦子 , BischoffErich1995/05

      カテゴリー:ユダヤ教
      4.0
      いいね!
      • 原書は百年ぐらい前に書かれた本だそうだけれど、けっこう面白かった。
        Q&A形式で、わかりやすくカバラ、つまりユダヤ神秘主義について解説してあった。

        カバラは、形而上学・人間学・文字神秘主義の三つから成り立っていること。


        一者は万物ではないが、他のあらゆるもののために存在する。

        ツィム・ツム(神の自己限定)。神が自らを修正すること。

        無限なるものが有限なものへ移行するために、わずかに劣った光として、セフィロトの過程を経ること。

        カバラにおいては、物質界は、純粋な存在が欠けた、原初エネルギーが弱まっただけのもので、いわばオフの世界というだけで、一者が流出してできているという点では、一者と断絶しているわけではない。

        人間は倫理的自由を持っており、より良い行いを選択することで、より高い精神的領域へ上がっていくことができる。

        などなどのカバラの理論は興味深かった。

        また、ホクマーは理論理性、ビナーは実践理性と整理してあり、なるほどと思った。

        また、カバラにおいては、輪廻転生を信じているそうで、完全を求めて、霊魂は輪廻転生すると考えるそうである。

        また、主霊魂と準霊魂という考え方があり、他の人の霊が準霊魂となって、今生きている別の主霊魂の持ち主に、助けたり、あるいは邪魔する形で、一緒になる場合があると考えるそうだ。

        さらに、賢者や偉大な人の魂は、閃光となって、いろんな人の魂に入っていく場合があると考えるそうである。

        ゾーハルでは、父・母・子の三つの原理で弁証法を考えているという話も面白かった。

        デカルトやスピノザ、ピコデラミランデラ、ロイヒリンやローゼンロート、パラケルススやベーメなど、西洋の思想家に大きな影響をカバラは与えたそうである。

        ゲマトリアやノタリコンやテムラと呼ばれる、文字遊びや暗号解読の手法も興味深かった。

        カバラは本当に奥深い、不思議な領域だと思う。
        >> 続きを読む

        2013/07/28 by atsushi

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)三交社】(サンコウシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚