こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)小学館集英社プロダクション (シヨウガクカンシユウエイシヤプロダクシヨン)

企業情報
企業名:小学館集英社プロダクション
しようがくかんしゆうえいしやぷろだくしよん
シヨウガクカンシユウエイシヤプロダクシヨン
コード:88305 7968
URL: http://www.shopro.co.jp/
      シェヘラザード 千夜一夜物語

      ToppiSergio2013/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • イタリア漫画界の巨匠セルジオ・トッピが描く千夜一夜物語の世界。

        素晴らしく美しい作品だと感じた。
        重厚な表現、斬新なキャラクターのデフォルメ、ユニークなコマ割りと作品の持つ独特の雰囲気。
        コミックを読んでるという感じは微塵もしなかった。
        絵本というかストーリーのあるイラストを鑑賞しているような気分であった。
        作品の雰囲気をどう表現していいかなかなか難しいが、砂漠の硬質で無機質な所とそのえも言われぬ人間の常識を超えた神秘的な雰囲気を根底に持つ幻想的な美しさというのだろうか。

        著者は、イタリアの幻想小説作家ブッツァーティの作品が好きだと言っていたが、以前私もブッツァーティの「タタール人の砂漠」を読んだことがあったのでなんとなく雰囲気が似ている所もあるなと納得させられた。

        作品は、ほとんどモノクロで表現されていて、著者もモノクロの描写が好きだとコメントしているが、本書の彩色された二編の作品「千年待った男」と「ヤジィオの財宝」の色彩が醸し出す妖しげで幻想的美しさは格別であった。

        作品中で千夜一夜物語のエピソードを忠実に再現しているものは一篇だけだそうなので、純粋に千夜一夜物語を読みたい人にはちょっとお勧めでないかもしれないが、ちょっと趣向の違う千夜一夜物語を求めている人は一読の価値があるだろう。

        これまでいくつかの海外グラフィックノベルとかコミックを見てきたが、この作品のレベルに到達しているものは見たことが無い。
        今後、蔵書の一冊として末永く残していく本になると思う。
        >> 続きを読む

        2018/02/18 by くにやん

    • 1人が本棚登録しています

【(株)小学館集英社プロダクション】(シヨウガクカンシユウエイシヤプロダクシヨン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本