こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


新風舎(ティルコーポレーション) (シンプウシヤテイルコーポレーシヨン)

企業情報
企業名:新風舎(ティルコーポレーション)
しんぷうしやているこーぽれーしよん
シンプウシヤテイルコーポレーシヨン
コード:88306 7974 289
URL: http://www.pub.co.jp
      猫とフトンとゲームがあれば、今日も明日も大丈夫!

      のみねこ2006/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 友達から貰った本。其の26。

        絵日記風サイトNomineko HPを書籍化した作品

        猫とMacに囲まれて暮らす作者の何気ない日常
        ほのぼのした可愛らしい本。

        猫ちゃん好きには共感する部分がいっぱいあるんでないか?
        私には猫じゃないけどヽ▽o・ェ・o▽ノ ワンちゃんがいるので
        ペットのいる暮らしって判るよ~(≧∇≦)b OK
        日常のユルユルには私も共感する部分がある(笑)

        何気ない日常ってのがホントは幸せって事なんだと思う。
        >> 続きを読む

        2014/03/17 by あんコ

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      小さい"つ"が消えた日

      LoëStefano von , 小林多恵 , 岩田明子2006/11

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • そうそう、50音には、それぞれ個性があるよね~。

        で、小さいつの場合は。

        目立たないようでいて、実は、一番重要な存在かもしれない。

        それが、いなくなって初めてわかる。

        そんなことは、いろいろな場面である。

        これを、自分の身の回りに当てはめると、いろいろなことが見えてくるかも。
        >> 続きを読む

        2017/09/19 by けんとまん

    • 1人が本棚登録しています
      傷口にキッス

      池田俊平2007/10

      カテゴリー:詩歌
      4.0
      いいね!
      • 彼女のことが大好き。でも上手く伝えられない。
        自分のことも大好き。だからカッコつけて本音が言えない。
        そんな男の子の恋心を綴った詩集です。
        >> 続きを読む

        2012/08/27 by montitti

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      摘出 つくられた癌

      霧村悠康2006/12

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「摘出―つくられた癌」大学付属病院で医療過誤…正常な乳房を切除?!医師は信用できるのか
        詳しいレビューはこちらへ↓
        http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-05-28
        >> 続きを読む

        2015/06/27 by youmisa

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      うしろにいるのだあれ

      ふくだとしお2003/01

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 「これだーれだ?」と娘が質問してくれます。
        回答すると「ピンポンピンポーン♪」とほめてくれます。
        ちょっとわかならい素振りを見せると、耳元でヒントではなく答えを教えてくれます。
        気がつくとあっという間に終わりに近づき、
        「あっ、そーゆーことだったんだ」
        と親も思える作品です。
        >> 続きを読む

        2011/02/16 by fraiseyui

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      二十四色のクレパスポケット画集

      桑原嗣子2004/08

      カテゴリー:洋画
      5.0
      いいね!
      • 桑原嗣子さんのクレパス絵画63点が載った画集。

        表紙にもなっている「パンと文庫本」の絵が
        一番大好きだから本の本編にも収録してほしかったなぁ
        というのが残念だったけど、クレパスの
        いろんな可能性を感じるステキな画集で大好きです[*Ü*]
        >> 続きを読む

        2013/10/23 by 山本あや

      • コメント 10件
    • 1人が本棚登録しています
      きぎのふでさきみどり

      つつみ潤2006/04

      カテゴリー:詩歌
      3.0
      いいね!
      • (東京ポエケットで著者と話したりしました。)

        詩というのは、いままで見ていた景色に新たな価値や見方を与えてくれるものだと思います。

         今回のレビューは「つつみ潤」さんという詩人の「きぎのふでさきみどり」という詩集です。

         明るい緑色の装丁も美しいですが、言葉もつぶつぶとしていて、輝きとつやのある描写だなと感じました。

         言葉運びがとても巧みで、それでもけっして判りにくいということはなく、読者をセンシティブな詩世界に導いてくれます。

         わたしが印象に残った詩は「大きな森へ」という、作者が生まれ育った「大森(東京都大田区)」を描写した詩です。

         わたしが失業保険を取りに行ったときに行った(笑)大森。

         ハローワークのある、あの大森がこんなに美しく描けるとは・・・

         というわけで少し引用します。



         今日一度も 
         太陽光を浴びなかった悲人か嬉人か
         どちらにせよ
         僕の
         この指にいざ
         山手線の緑の指輪が
         するりと抜けた
         僕の
         この指とぉおまれ
         今から 
         大きな森
         へと誘う
         指輪から少し南の
         蒼い鉄の川のほとりの
         酸素度数の高い
         僕のうまれた場所は
         大きな森

            「大きな森」より

         知っている場所の詩、というのは、とても親しみを感じさせてくれるものですね。このような優れた詩に出会うことで、なじみの地に新たな風が吹いてきたように感じられました。
        >> 続きを読む

        2016/07/18 by みやま

    • 1人が本棚登録しています
      返品のない月曜日 ボクの取次日記

      井狩春男2003/10

      カテゴリー:図書の販売
      5.0
      いいね!
      • これぞ、買って一週間で読み終えた本。

        何の予備知識もなく、手にしたことが嬉しくなる

        でも、初版は1985年11月に筑摩書房から刊行されている。
        30年も出会えなかったことは、反対に残念だったりして、

        出版社と書店の間を結ぶ、取次店に勤めながら、業界の裏バナシを、
        本を愛する目線で、懇切丁寧に説明してくれる。

        当時、毎日取引先の書店に送る手書きの「日刊まるすニュース」が注目、
        その担当者が著者。

        その、「日刊まるすニュース」が箸休めのごとく随所に表れるが、
        その中身の濃いこと、毎日就業後2時間から2時間半かけて書き上げていたとか、

        生の情報、気持ちのこもった情(なさけ)入りの報告だけに、当時話題になったらしい。

        息子はもう30過ぎになっていますが、昔「何になりたい」と聞くと
        「古本屋」と言っていましたが、この本を見せていたら、なっていたかも、
        本屋を開業するには、ちょっとした所で、最低1000万は必要。
        一等地なら一億かかる場所もありぃの、儲からない割には
        今、大手の書店が牛耳るし、コンビニで雑誌は買われるし、
        町の書店がどんどん消えていきますな・・・・。

        出版社の社名の由来のところはおもしろく、各社思いをのせて社名にしているが、
        そう思って日曜日の書籍案内の下の出版社の広告をみると、
        いかに知らない出版社が沢山あることか、
        その一つ一つの本をじっくり目にしたところです。

        もうひとつ、雑誌のハナシをされていて、著者がオモイロイと思うのは、
        「本の雑誌」「話の特集」「流行通信」「ダカーポ」などとあげられている。

        「流行通信」だけはファッション雑誌の思いしかないのですが、
        「ダカーポ」すべて読んでいたし、
        「話の特集」は表紙が外れても一冊だけ所有していたのですが
        三年前の断捨離ブームの時に捨ててしまったようで・・・・・
        この歳まできたら、あまり急いで処分するのも考えものですな。


        本好きの方、必読の一冊でおます。

        (堂々の五つ星)

        >> 続きを読む

        2015/11/18 by ごまめ

    • 1人が本棚登録しています
      海からきたチフス

      畑正憲2004/02

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • (あらすじ)
         生物学一家である木谷一家は、毎年8月に大島の別荘で過ごしている。
         今年も親戚のとも子を伴ってやって来た。
         しかし今年はいつもと様子が違う。
         海辺からは魚や貝が消え、その代わりに、白いぶよぶよした塊が大量発生していた。
         ケンの兄による徹夜の分析により、その塊は生物学的な新発見だと判明。
         そうこうしているうちに、島では謎の病気が流行し、島は封鎖された。
         その後も食糧が消えたり、銀行から金が盗まれたりと不思議な事件が続く。
         さらに、斎藤さんやとも子も病気にかかる。
         木谷一家は科学の知識を武器に、この謎の解明に取り掛かる!

        (感想)
         少し日常性を離れた非日常を描いていて、『ウルトラQ』や『怪奇大作戦』などを思わせます。
         内容も、生物学や分子生物学の知見が反映されていて、少年少女向けの良質な“サイエンス・フィクション”となっています。
         一つ一つの謎を研究し、その解明がつながっていって結論を導き出す過程は、ミステリー小説のようであります。
        それは科学研究の過程をなぞったものでもあるのですね。
         物語の内容は、執筆当時、すごい勢いで発展していた分子生物学をテーマにした、少年少女向けの良質なサイエンス・フィクションです。
         科学の骨格は基本的なもので、今でも通用するものです。
         現代の中学生や高校生が読んでも違和感ない、夢中になれる物語だと思います。 


         映像化しても面白い作品だと思います。
         畑正憲さんの小説デビュー作として本作品が出版されたのが1969年。
         今年・2014年は45年目になります。
         畑正憲小説デビュー45周年記念として、TVドラマ化しても面白いのではないでしょうか?
         今年が無理なら50周年記念にでも。いや、半端な数字でもいいじゃありませんか。
         しかるべき立場の皆様、一度企画検討よろしくお願いします。
          http://sfclub.sakura.ne.jp/21csf05.htm
          http://sfkid.seesaa.net/article/402352050.html
        >> 続きを読む

        2014/07/23 by 荒馬紹介

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています

【新風舎(ティルコーポレーション)】(シンプウシヤテイルコーポレーシヨン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本