こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)致知出版社 (チチシユツパンシヤ)

企業情報
企業名:致知出版社
ちちしゆつぱんしや
チチシユツパンシヤ
コード:88474 8009
URL: http://www.chichi.co.jp/
      すごい仕事力 向き不向きより前向き

      朝倉千惠子2011/09

      カテゴリー:人生訓、教訓
      2.0
      いいね!
      • この本の名言をご紹介します。

        ***
        評論家であり、
        他をうらやましがってばかりいる人は究極の依存型。
        >> 続きを読む

        2014/04/25 by 本の名言

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      死ぬときに後悔すること25 1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた

      大津秀一2011/08

      カテゴリー:医学
      3.0
      いいね!
      • 一言で言うと期待外れであった。
        死ぬときに後悔すること、というタイトルから向き合った患者の体験談や考え方を紹介するのを期待していた。
        が、内容としては患者の愚痴をかみ砕いた筆者のエッセイのような中身だった。
        内容の一つに、患者ですらない酒の席での発言が取り上げられていたのを見ると、ただ書きたいことを書いているだけのように感じを受ける。
        ハッとするエピソードも無かったし、あまりオススメは出来ない。
        >> 続きを読む

        2019/09/05 by ショック

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      人生の大則

      藤尾秀昭 (2014/02

      3.0
      いいね!
      • 自己啓発類の本は読みこみ過ぎると、「こうしなければ、ああしなければ」とつい考えてしまい、かえってプレッシャーとなってしまっているので、いつもパラパラ見です。
        多くの項目の中で一番きらめいたポイントだけを学習するようにしています。
        なのでこういう分類の評価はほぼ全3評価です。^^


        この一冊で心に残ったもの:

        ①「どんな人と一緒になっても、どんなことに出くわしてもつぶれない人格をつくり、幸せに楽しくいられるような人になりたい」

        ②「遠洋の漁場に出ようと決めると、風が起き、帆がざわめき、波が立ってくる。だが、まだ覚悟が決まらない船には風が起きんのよ」
        >> 続きを読む

        2017/12/14 by deco

    • 1人が本棚登録しています
      小さな人生論 「致知」の言葉

      藤尾秀昭2003/09

      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.5
      いいね! Tukiwami
      • 「この本には人生を変える言葉があふれている」

        ちょっと、やる気が起きないときに、適当に開いて読むと、
        ふつふつとやる気が湧き上がってくる。

        人間学を追究する出版社・月刊『致知』の創刊25周年記念本。
        6つの視点から、どう生きるべきかを考える。
        「人生の道標」「己を尽くす」「生を深める」「人物を磨く」「運命を創る」「小さな人生論」

        著者の人生観
        「どんな仕事でも、いのちを込めて打ち込めば、天は無限の宝を与えてくれる」
        そんな風に生きるための参考になる偉人たちから学ぶ挿話集。

        各挿話は、読み切りサイズ。
        時間が空いたとき、適当に見てもいい。

        学ぶことは、謙虚、感謝、勤勉。
        人は何のために生きるのか。
        どう生きたらよいのか。
        人生へ贈る熱きメッセージがあふれている。
        >> 続きを読む

        2014/09/02 by てるゆき!

    • 3人が本棚登録しています
      「成功」と「失敗」の法則

      稲盛和夫2011/08

      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 稲盛 和夫が、如何にして成功したか、
        彼のこれまでの人生を振り返ることで、
        成功の秘訣を説いています。 >> 続きを読む

        2011/05/26 by nsr250r

    • 2人が本棚登録しています
      自分を育てるのは自分 10代の君たちへ

      東井義雄2011/09

      カテゴリー:人生訓、教訓
      5.0
      いいね!
      • 10代に限らず、全ての人に読んでもらいたい
        感動の連続で、人前では読む場合は気をつけて >> 続きを読む

        2016/06/13 by zenchan

    • 2人が本棚登録しています
      スイッチ・オンの生き方 遺伝子が目覚めれば、人生が変わる

      村上和雄2011/09

      カテゴリー:遺伝学
      3.0
      いいね!
      • 遺伝子に秘められた物語でもあり、遺伝子から見えてくる生命の尊とさも伝わってくる。
        宇宙の歴史が、遺伝子の中になり、それが生命の源になっている。
        だからこそ、ポジテイブに生きることに意味がある。
        そんな気持ちにさせてくれる生き方の本でもある。
        >> 続きを読む

        2015/06/25 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      女性のための修身教授録

      森信三 , 寺田一清2011/09

      カテゴリー:倫理学、道徳
      2.0
      いいね!
      • 女性のための「修身教授録」。昔に書かれた内容なので仕方ないのかもしれないけれど、男女平等、男女同権を目指さなくてはいけない現代社会には時代遅れ。でも、男性、女性といった性別問わず身に着けたほうが良い共通の価値観として学ぶべき内容はあったかな。 >> 続きを読む

        2018/01/28 by 香菜子

    • 1人が本棚登録しています
      心に響く小さな5つの物語

      片岡鶴太郎 , 藤尾秀昭2010/01

      カテゴリー:人生訓、教訓
      5.0
      いいね!
      • 人生と言う、与えられた時間、場、環境を、それぞれの立場で使うことを学ぶ5つの物語
        短い物語に、心震え、揺り動かされ、感動し、生きる勇気をもらう。

        第1話 夢を実現する
        第2話 喜怒哀楽の人間学
        第3話 人の心に光を灯す
        第4話 人生のテーマ
        第5話 縁を生かす

        特に、ある少年と小学校担任教師との感動エピソード「第5話 縁を生かす」
        は、涙が止まらない。

        母を亡くし、暴力の父のもとすさんだ心の少年を
        癒した女性教師のささやかな変化。
        人との交流、縁とはこういうことだ、感じた。

        子どもから大人、学生や指導者にこそ、読んで欲しい1冊。
        >> 続きを読む

        2014/09/04 by てるゆき!

    • 1人が本棚登録しています
      死ぬときに人はどうなる10の質問 あなたは考えたことがありますか?

      大津秀一2011/09

      カテゴリー:医学
      いいね!
      • 207ページ: 私も、人生には意味があると思う。しかし、考えても考えてもわからないのではないかと思う。意味を求める限り、それは出会わないものではないか。人生で遭遇すること、それらに真剣に向き合うことで、おのずとその人の人生とその意味が浮かび上がってくるのではないかと思う。探して見つかるものではけしてなく、今を一生懸命生きる中、「そこにある」ことを見つけるのが、その人にとっての人生の意味なのではないかと思う。「Not doing but being(何かをするのではなく、ただそこにあること)」であるのだろう。 >> 続きを読む

        2015/03/19 by Neo*

    • 1人が本棚登録しています
      誰も教えてくれなかった運とツキの法則

      林野宏2011/09

      カテゴリー:人生訓、教訓
      5.0
      いいね!
      • 誰も教えてくれなかった 運とツキの法則。クレジットカード会社の経営者として大成功された林野宏先生の著書。タイトルは運とツキの法則だけれど、林野宏先生のように才能があって努力されてきた方だからこそ運とツキを引き寄せることができたのはと思いました。努力もしないでただ待っていても運とツキはやってこないのかもしれませんね。 >> 続きを読む

        2018/07/29 by 香菜子

    • 3人が本棚登録しています
      夢を実現する発想法

      山中伸弥 , 川口淳一郎2012/12

      5.0
      いいね!
      • まさに現代日本を代表する知と行動の巨人の対談。
        知の巨人はいても行動の巨人はそうはいない。
        しかも、想像したとおり共通点が多いことが納得できた。
        三日坊主のススメはいいなあ~。
        二日間は眼一杯やってみてという前提があってこその三日坊主。
        無駄に固執するのではなく、いろいろやっていく中で自分のテーマを見出していくということ。
        基本には、教科書にとらわれずにやってみるということ、それが研究。
        そして、川口さんの「この国はますます全てが近視眼的になってきている」という危惧の言葉が沁みる。
        それでは新しいものはできない。
        >> 続きを読む

        2014/12/24 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【(株)致知出版社】(チチシユツパンシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本