こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)パロル舎 (パロルシヤ)

企業情報
企業名:パロル舎
ぱろるしや
パロルシヤ
コード:89419
URL: http://parol.co.jp/
      イオマンテ めぐるいのちの贈り物

      寮美千子 , 小林敏也2005/03

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • すばらしい絵本だった。

        アイヌの少年と小熊の物語。

        いのちをいただいて人間が生きていくということがどういうことか。

        現代人が忘れがちなその本当のことを、アイヌの人々は本当によく文化として伝えていたのだとあらためて思った。

        我々もまた、めぐるいのちの中で生きていることを時には思い出していかないといけないと思った。
        >> 続きを読む

        2013/04/27 by atsushi

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ギャバンじいさん

      井上洋介 , 舟崎克彦2006/10

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 良い絵本だった。

        自分の方から、狩人のギャバンじいさんの家に、うさぎとキツネと熊が自分の方からやってきて、すやすや眠る。

        狩人なので、寝ている間に銃を撃とうと思うけれど。

        こころの中のもう一人のギャバンじいさんが現れて、卑怯な真似はするなと語る。

        翌朝めざめると、三匹ともどこかにもう行ってしまっていた。

        しかし、心は、すがすがしかった。

        という物語。

        さわやかな読後感のある、良い絵本だった。
        >> 続きを読む

        2013/07/27 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      父は空母は大地 インディアンからの手紙

      篠崎正喜 , 寮美千子1995/03

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 1854年というから、南北戦争の少し前の時代。
        アメリカ合衆国の軍隊と三年の間戦ったインディアンのスクオミッシュ族・ドゥワミッシュ族は、第十四代大統領ピアスとの和睦に応じ、もともといた土地を明け渡し、白人が指定する居留地へと移動することになった。

        その時に、両部族連合の首長だったシアトル首長は、ピアス大統領に向けて、スティーブンスという人にメッセージを述べ、その場でヘンリー・スミスという人が通訳して書き留めた。

        そのメッセージが、いろんな人の手を経て、以下のようなものとして伝わったらしい。

        この絵本は、このシアトル首長のメッセージに、とても美しい絵が付されていて、素晴らしい絵本になっていた。
        (絵の一部がこのサイトに載っていた。
        http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/FatherSkyMotherEarth.htm )

        土地を追われて追い出されていくインディアンの側からの、限りない大地への愛情と、アメリカの政府が代表している近代文明への痛烈な抗議と疑問が、すばらしい英知とともに、詩のように美しく語られている。

        これは、当時の合衆国大統領のみならず、私たち近代・現代の文明に染まったすべての人間に対するメッセージとして、受けとめるべきなのかもしれない。

        すばらしい絵本だった。
        ぜひ、多くの人に読んで欲しい。



        「シアトル首長から合衆国大統領へのメッセージ」


        はるかな空は 涙をぬぐい
        きょうは 美しく晴れた。
        あしたは 雲が大地をおおうだろう。
        けれど 私の言葉は 星のように変わらない。


        ワシントンの大首長が 土地を買いたいといってきた。


        どうしたら空が買えるというのだろう?
        そして 大地を。
        わたしには わからない。
        風の匂いや 水のきらめきを 
        あなたはいったい どうやって買おうというのだろう?


        すべて この地上にあるものは
        わたしたちにとって 神聖なもの。
        松の葉の いっぽん いっぽん
        岸辺の砂の ひとつぶ ひとつぶ
        深い森を満たす霧や 
        草原になびく草の葉
        葉かげで羽音をたてる 虫の一匹一匹にいたるまで
        すべては
        わたしたちの遠い記憶のなかで
        神聖に輝くもの。


        わたしの体に 血がめぐるように
        木々のなかを 樹液が流れている。
        わたしはこの大地の一部で 
        大地は わたし自身なのだ。


        香りたつ花は わたしたちの姉妹。
        熊や 鹿や 大鷲は わたしたちの兄弟。
        岩山のけわしさも 
        草原のみずみずしさも
        小馬の体のぬくもりも
        すべて 同じひとつの家族のものだ。


        川を流れるまぶしい水は
        ただの水ではない。
        それは 祖父の そのまた祖父たちの血。
        小川のせせらぎは 祖母の そのまた祖母たちの声。
        湖の水面にゆれる ほのかな影は
        わたしたちの 遠い思い出を語る。


        川は わたしたちの兄弟。
        渇きをいやし 
        カヌーを運び
        子どもたちに 惜し気もなく食べ物をあたえる。


        だから 白い人よ 
        どうかあなたの兄弟にするように 
        川に やさしくしてほしい。


        空気は すばらしいもの。
        それは 
        すべての生き物の命を支え
        その命に 魂を吹きこむ。
        生まれたばかりのわたしに
        はじめての息を あたえてくれた風は
        死んでいくわたしの 
        最後の吐息を うけいれる風。


        だから 白い人よ
        どうか この大地と空気を
        神聖なままに しておいてほしい。
        草原の花々が甘く染めた
        風の香りを かぐ場所として。


        死んで 星々の間を歩くころになると
        白い人は 
        自分が生まれた土地のことを 忘れてしまう。
        けれど 
        わたしたちが 死んだ後でも
        この美しい土地のことを 決して忘れはしない。
        わたしたちを生んでくれた 母なる大地を。


        わたしが立っている この大地は
        わたしたちの祖父や祖母の灰から できている。
        大地は わたしたちの命によって 豊かなのだ。


        それなのに 白い人は 
        母なる大地を 父なる空を
        まるで 羊か 光るビーズ玉のように 
        売り買いしようとする。
        大地を むさぼりつくし 
        後には 砂漠しか残さない。


        白い人の町の景色は わたしたちの目に痛い。
        白い人の町の音は わたしたちの耳に痛い。


        水面を駆けぬける 風の音や
        雨が洗い清めた 空の匂い
        松の香りに染まった やわらかい闇のほうが 
        どんなにか いいだろう。
        ヨタカの さみしげな鳴き声や 
        夜の池のほとりの 
        カエルのおしゃべりを 聞くことができなかったら
        人生にはいったい どんな意味があるというのだろう。


        わたしには わからない。
        白い人は なぜ 
        煙を吐いて走る鉄の馬のほうが
        バッファローよりも 大切なのか。
        わたしたちの 命をつなぐために
        その命をくれる バッファローよりも。


        わたしには あなたがたの望むものが わからない。


        バッファローが 殺しつくされてしまったら
        野生の馬が すべて飼いならされてしまったら
        いったい どうなってしまうのだろう?
        聖なる森の奥深くまで 
        人間の匂いがたちこめたとき
        いったい なにが起こるのだろう?


        獣たちが いなかったら 
        人間は いったい何なのだろう?
        獣たちが すべて消えてしまったら
        深い魂のさみしさから 人間も死んでしまうだろう。


        大地は わたしたちに属しているのではない。
        わたしたちが 大地に属しているのだ。


        たおやかな丘の眺めが 電線で汚されるとき
        藪は どうなるのだろう? 
        もう ない。 
        鷲は どこにいるだろう?
        もう ない。
        足の速い子馬と 狩りに別れを告げるのは
        どんなにか つらいことだろう。 
        それは 命の歓びに満ちた暮らしの終わり。
        そして 
        ただ 生きのびるためだけの戦いがはじまる。


        最後の赤き勇者が
        荒野とともに消え去り
        その記憶をとどめるものが
        平原のうえを流れる雲の影だけになったとき
        岸辺は 残っているだろうか。
        森は 繁っているだろうか。 
        わたしたちの魂の ひとかけらでも
        まだ この土地に残っているだろうか。


        ひとつだけ 確かなことは 
        どんな人間も 赤い人も 白い人も 
        わけることはできない ということ。
        わたしたちは結局 おなじひとつの兄弟なのだ。
        わたしが 大地の一部であるように
        あなたも また この大地の一部なのだ。
        大地が 
        わたしたちにとって かけがえがないように
        あなたがたにとっても かけがえのないものなのだ。


        だから 白い人よ。
        わたしたちが 
        子どもたちに 伝えてきたように
        あなたの子どもたちにも 伝えてほしい。
        大地は わたしたちの母。
        大地にふりかかることは すべて
        わたしたち
        大地の息子と娘たちにも ふりかかるのだと。


        あらゆるものが つながっている。
        わたしたちが この命の織物を織ったのではない。
        わたしたちは その中の 一本の糸にすぎないのだ。


        生まれたばかりの 赤ん坊が
        母親の胸の鼓動を したうように
        わたしたちは この大地をしたっている。
        もし わたしたちが 
        どうしても
        ここを立ち去らなければ ならないのだとしたら
        どうか 白いひとよ
        わたしたちが 大切にしたように
        この大地を 大切にしてほしい。
        美しい大地の思い出を 
        受け取ったときのままの姿で
        心に 刻みつけておいてほしい。
        そして あなたの子どもの 
        そのまた 子どもたちのために
        この大地を守りつづけ 
        わたしたちが愛したように 愛してほしい。
        いつまでも。


        どうか いつまでも。
        >> 続きを読む

        2013/03/22 by atsushi

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています
      ラプンツェル

      天沼春樹 , ヤーコプ・グリム , ヴィルヘルム・グリム , 伊藤亘1996/11

      2.0
      いいね!
      • 登場人物全員に非があり、
        全く感情移入できず腑に落ちない。

        ディズニー映画がすごくよかったので
        そのイメージで見たらとんでもなくってびっくりした。
        こんな話なのね。。。

        あんまり子どもにみせたい絵本ではない。
        >> 続きを読む

        2014/01/23 by Rie

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています
      夜猫ホテル

      舟崎克彦 , 落田洋子1997/12

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 深夜に読むのにぴったりの、大人の絵本です。
        絵も文も、本当に素晴らしい。
        これを読んで、落田洋子さんの個展にも出かけていきました。見ていると吸い込まれていきそうになる、吸引力のある画です。 >> 続きを読む

        2016/04/14 by maru

      • コメント 9件
    • 1人が本棚登録しています
      夢十夜

      夏目漱石 , 金井田英津子1999/03

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • ーー自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。

        夏目漱石の不思議なオムニバス集。ストーリーがあるわけじゃないんだけど、読んでいると薄皮一枚の裏の世界にふわっと入り込むような気持ちにさせてくれます。夜寝る前になぜか2、3編見てしまうこともあり。
        文庫本も出ているけど、オススメは「パロル舎」版の装丁、上質な挿絵。高くても価値あり。
        >> 続きを読む

        2012/04/30 by mercy

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      岬まで To the cape

      味戸ケイコ , 舟崎克彦1999/04

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 不思議な、しかし、何かしら心に残る絵本だった。

        心中、なのだろうか。
        それとも、何かもっと別の、信仰のようなもののメタファーなのだろうか。 >> 続きを読む

        2013/07/20 by atsushi

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      青いナムジル

      篠崎正喜 , 寮美千子2002/10

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 馬頭琴がどうしてできたか。
        モンゴルに伝わる物語。
        いわば、もうひとつの「スーホの白い馬」。

        「スーホの白い馬」も名作だけれど、こちらはかなりストーリーが異なっていて、もっと壮大な物語。

        絵もとても美しくて、本当にすばらしい絵本だった。

        これは名作。
        多くの人にオススメしたい。
        >> 続きを読む

        2013/04/04 by atsushi

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)パロル舎】(パロルシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本