こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)角川春樹事務所 (カドカワハルキジムシヨ)

企業情報
企業名:角川春樹事務所
かどかわはるきじむしよ
カドカワハルキジムシヨ
コード:89456 7584
URL: http://www.kadokawaharuki.co.jp
      八朔の雪 みをつくし料理帖

      高田郁2009/05

      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね! kaina
      • これは引き込まれる物語だ。
        ひたむきさと暖かさと切なさに、胸が熱くなる。
        上方の、料理屋で修行したなら、江戸との嗜好の違いは大変な困難だろう。
        今の料理の技の礎とも言える、澪の試行錯誤に、つる屋での奮闘に一喜一憂しワクワクする。
        災害で家族を喪い、恩ある奉公先は焼け出され、頼った江戸の分店は人手にわたり、苦難続きの雲外蒼天の相。
        才能と努力と根性で切り開く蒼い空への道がなんとも清々しい。
        ご寮さんや種市との関わりに幾たびも泣きそうになる。
        生き別れた親友とは会えるのか?
        小松原?源斉?胸キュンの展開になるか?
        沢山の人が嵌まってしまう訳だ!
        >> 続きを読む

        2017/11/09 by ももっち

    • 他7人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      三国志 時代小説文庫)

      北方謙三2001/05

      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 2016年に半年くらいかけて全巻読了

        吉川三国志と比べて、男臭さが濃かった。ウイスキー片手にバーカウンターで氷をからからさせるような男臭さ。

        心理描写も多く、難しい言葉も少ないので、読みやすさは良かった。
        >> 続きを読む

        2017/09/23 by ymk

    • 他4人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      キャベツ炒めに捧ぐ

      井上荒野2011/09

      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! hisagon momomeiai
      • 書店で見かけて気になっており、読書ログのレビューが面白そうだったので、いよいよ読みました。ご飯がおいしそう過ぎて困ります。
        惣菜屋さんのおばちゃん3人それぞれ事情があって、という話ですが、とてもよかったです。ええ、とてもよかったです!

        3人の一人の元旦那・白山がかなりの曲者だと思いました。自覚のない罪な男というか、こういうの一番性質悪いですね!悪者になりたくなくて、優しさを振りまいて元妻の気持ちをキープして、今の奥さんと元妻のどちらも苦しめるタイプだ。
        幼馴染に恋するひとりのかわいらしさは好きでした。うんと年上の女性にかわいらしいも何もないのですが、ツンデレがデレたときの破壊力たるや。しかしこの幼馴染も甘えた坊ちゃんである。
        もう一人が一番まともなのかと思いきや、彼女も彼女でなかなか。まともな顔をして闇が深いのか。

        誰もがそれぞれ歴史を持っていて、振り返れば引っ張り出す過去はひとつやふたつじゃ済まないものだなぁ、というのがわかってくるのはハタチすぎてしばらく経ってからです。振り返ることが多いのは基本的にいいことだ、と思います。いい思い出であれ、悪い思い出であれ。年を取るのも悪くはなかろう。

        60なんて、まだまだこれからですけどね。
        ちなみに私は、キャベツ炒めは塩派です。
        >> 続きを読む

        2016/06/05 by ワルツ

      • コメント 4件
    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      紙の月

      角田光代2012/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 相手の微妙な言葉の使い方でさえ悟ってしまう女たち。寂しくて繊細な女が何人かでてくる。夫婦関係がうまくいかないと思っている男性は読んでみたら参考になるかもしれない。 >> 続きを読む

        2017/12/10 by nya

    • 他3人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      サファイア

      湊かなえ2012/04

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 市議会議員の選挙アルバイトを始めたことがきっかけで、議員の妻となった私は、幸せな日々を送っていた。
        激務にも関わらず夫は優しく、子宝にも恵まれ、誰もが羨む結婚生活だった。
        だが、人生の落とし穴は突然やってきた。
        所属する党から県義会議員への立候補を余議なくされた夫は、僅差で落選し、失職。
        そこから何かが狂いはじめた。
        あれだけ優しかった夫が豹変し、暴力を振るうようになってしまった。
        思いあまった私は…。
        絶望の淵にいた私の前に現れた一人の女性――有名な弁護士だという。
        彼女は忘れるはずもない、私のかけがえのない同級生だった…(「ムーンストーン」)。

        湊かなえさんが角川春樹事務所の月刊誌『ランティエ』に2010年から2012年の間に発表した短編を纏めたものです。
        タイトルをすべて宝石で統一した、それにまつわる物語の数々。
        短編集としては、珠玉の逸品です。
        さすが湊さん、ストーリーテラーぶりは抜群で、後半3作はため息とともに読み終えました。
        素晴らしい出来ばえです。

        短編7本。
        前述したようにタイトルはすべて宝石名です。
        特に印象深かったのは、冒頭であらすじを引いてきた『ムーンストーン』。
        それから『ダイヤモンド』。

        愛する美和の為に、高価なダイヤモンドの指輪を贈った古谷治は、レストランを出た瞬間にゴンっという鈍い衝突音を聞きます。
        足元には、レストランの綺麗なクリアガラスに誤ってぶつかってしまった雀が一羽。
        後からでてきたオバサン連中に蹂躙される前に雀を救い上げた治は、優しく雀を蘇生させ、ハッと我に返ったその雀はまた慌てて飛び去っていくのでした。
        治はつつましい暮らしを送っていました。
        家賃4万円の狭い部屋にひとり暮らし、仕事は薄給の自動車整備工で、楽しみといえば寝る前の安酒での晩酌。
        そんな毎日を変えたのは、ほんの軽い気持ちで出かけたある婚活パーティーでの運命的な出会い。
        山城美和は、まさに治の理想の女性でした。
        パーティーの席上から意気投合するふたりは、すぐに交際をする約束を交わします。
        聞けば美和は日中は仕事、夜は苦学をしながら栄養士をめざし学校にかよっているとのこと。
        だから、夜はふたりのデートはなし。
        「たくさん美味しいお料理を治さんに食べさせてあげたい、それまでの我慢」と言われ、治は苦しい美和の学費を援助してあげることにしたのでした。
        そして、今日はダイヤモンドの指輪。
        徐々に具体的に“結婚”を意識し始める治でしたが、ある夜半、ドアチャイムを鳴らす訪問者が。
        「寂しいから来ちゃった…なんて、ないよな~」と、期待半分で安普請のドアを開けると、そこには見知らぬおかっぱ頭の少女が。
        「私はあなたに助けてもらった雀です。お礼がしたくて人間の姿になってやってきました」。
        頭のおかしい女だと思った治は、適当にあしらって帰らせようとするのですが…。

        鶴の恩返しならぬ、雀の恩返しという設定も愉快です。
        登場する雀の化身が、湊さんの登場人物らしくなくかわいらしい。
        茶色いワンピースと黒いズックのおかっぱの少女です。
        治がたのみごとをすると、胸を張ってニッとわらい、右の親指をグイッと立ててみせる。
        最後は湊さんらしくダークなラストですが、とてもかわいらしい楽しい物語でした。

        後半2編だけは連作になっており(『サファイア』、『ガーネット』)、こちらはイヤミス女王湊かなえの面目躍如、因果応報の物語です。
        『往復書簡』もそうでしたが、意外と湊さんはハッピーエンドがお好きですね。
        作中は登場人物たちをこれでもかと苦しめますが、読後はとても爽やかで、さて、また次作を読もうか、という気にさせてくれます。
        人気作家たる所以ですね。
        >> 続きを読む

        2015/04/03 by 課長代理

      • コメント 6件
    • 他3人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      想い雲

      高田郁2010/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 3巻目。
        佐兵衛の行方探しの進展、野江とのひとときの逢瀬、末松の阿漕で卑小な偽つる家、幼い弟へのふきの思い。
        もう、読む手が止まらない。
        佐兵衛失踪の事情が、虚実入り混じるも分かったのは収穫だったが、兎に角、富三に虫酸が走りどおしだった。
        そのさらに上をいく卑劣漢・末松。どうしたら、ここまで下衆を極めることが出来るのか?
        一方で、野江と少しずつ縮まる距離、奉公せざるを得ない境遇で懸命に生きる姉弟の絆。
        困難と人情や愛情の配分の塩梅が絶妙!ご寮さん、種市はもちろん、りうさんの醸すひたすら暖かい優しい、それでいてピリッとした風味も絶佳。
        駒繋ぎの花の良さがしっかりわかる小松原。ただ会えるだけで、話すだけな二人にドキドキする。
        いいなぁ。
        >> 続きを読む

        2017/11/10 by ももっち

    • 他3人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      今朝の春 みをつくし料理帖

      高田郁2010/09

      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 5巻目
        三方よしの日が好調なつる屋。
        これは澪の勝負どころの巻だ。
        清右衛門との賭けと登龍楼との勝負。
        そして小松原の御母堂の登場。
        伊佐三の浮気疑惑。
        読み応えばっちりすぎる!
        共に恋する乙女の美緒のいじらしさ。
        澪の手を怪我した不注意の原因。
        伊佐三を追うお牧。全て片恋に焦れ、切ない懸想のなせる所業!
        料理への垂涎もさることながら、こうゆうのがいい!
        太一を思う、おりょう夫婦。本当に家族って遺伝子だけじゃない。
        清右衛門の憎まれ口も好き。辛辣な言葉は照れ隠しかと思ってしまう。
        傑物たる小松原の御母堂は、なんとも格好いい。
        身分違いであるけれど、小松原と両想いの可能性が!
        源斉の澪への好意もあからさま。
        ああ、くすぐったい。
        >> 続きを読む

        2017/11/11 by ももっち

    • 他3人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      れんげ荘

      群ようこ2011/05

      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 憧れの(?)早期リタイヤ生活!

        これは何も事件が起きない(;´Д`)
        起きたところも読んでみたいな。
        今後もシリーズ化してもらいたい。
        だって極上のファンタジーなんですから。「働かない」って!!

        (amazon解説)
        月十万円で、心穏やかに楽しく暮らそう! ―――キョウコは、お愛想と夜更かしの日々から解放されるため、有名広告代理店を四十五歳で早期退職し、都内のふるい安アパート「れんげ荘」に引っ越した。そこには、六十歳すぎのおしゃれなクマガイさん、職業“旅人"という外国人好きのコナツさん・・・・・・と個性豊かな人々が暮らしていた。不便さと闘いながら、鳥の声や草の匂いを知り、丁寧に入れたお茶を飲む贅沢さを知る。ささやかな幸せを求める女性を描く長編小説。
        >> 続きを読む

        2018/08/17 by motti

    • 他3人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      心星ひとつ みをつくし料理帖

      高田郁2011/08

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 6巻目
        全てが上手くいくことの難しさ。
        ある面ではいい話でも、他の面では望むとおりにならない。
        人情や暖かさや、恩義、切望、夢。幸せになる道は、今迄の宝物を手放さないと進めない。
        本来ならば、幸運とも言える選択肢が、数多のしがらみで選べない、苦悩が充分わかっていても、歯痒くてしょうがない。
        天満一兆庵の再興にも繋がっていた伝右衛門の誘い。
        種市、ふき姉弟に願ってもない登竜楼の持ち掛け。
        迷いを吹っ切ってくれたりう。
        自らが求め極めたい料理の道は時に澪を助け、時に困難をもたらす。
        早帆への料理指南から始まる、小松原との縁談。
        思いが叶うことは、そんな単純ではない。
        小松原のさりげない求婚と、源斉の消沈。キュン死するかと思った。
        >> 続きを読む

        2017/11/12 by ももっち

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      夏天の虹 みをつくし料理帖

      高田郁2012/02

      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 7巻目(ネタバレあり)



        自ら料理の道を選んだことを小松原に告げる澪。敢えて悪者に徹する小松原の優しさが切ない。
        自分らしく生きる道を歩く時も、大切なものを諦めねばならない。
        胸が締め付けられるように辛い。
        恋に倦み、番付から外れ、料理でも混迷し、憔悴しつつも懸命に奮闘し、新たな味を生み出す澪に追い打ちをかける輿入れの情景。
        嗅覚と味覚が麻痺した澪の助けに来た又次が、つる屋の面々や客との触れ合いの日々で心が解れていく様が わずかな明るみだったのに、その未来は吉原の火事で焼失してしまった。
        思う野江を守るために。
        悲しい。
        止まらぬ涙が溢れる。
        >> 続きを読む

        2017/11/13 by ももっち

    • 他3人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      残月

      高田郁2013/05

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 8巻目
        激しく降った雨も止み、ようやく晴れ間が見え始めたような心地だった。
        つる家の一員となった又次の喪失。
        それぞれの胸中で繰り返される悲しみと思い出。
        切ない寂寥。
        皆、面影を抱いて、前を向き進み出すのだ。
        思いがけぬ太一の才。
        佐兵衛の行方がようやくわかるも、名も料理の道も捨てる事情が、芳との再会を妨げるのがもどかしい。
        意に沿わね登龍楼との賭け。澪は何故承知してしまうのか?卑劣な奸計に他ならないのに。
        そして産み出された鼈甲珠。
        苛ついた分、澪の啖呵に溜飲が下がる。さらに、なんて嬉しいのだろう!お似合いでは?と思っていた柳吾の芳への求婚。
        動き出す。明るい方へ
        >> 続きを読む

        2017/11/15 by ももっち

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      美雪晴れ みをつくし料理帖

      高田郁2014/01

      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 道を極める先には数多の到達点がある。柳吾に研鑽を受け洗練した技を得て至高を求める道を行けば、野江の身請けも容易くなろう。
        澪の自らの道への意固地な拘りに、私などは焦れてしまう。
        淋しくなるはずのつる家。
        澪と芳の後任の心強さに安堵し、ふきの料理人としての成長を頼もしく思う。
        鼈甲珠の商いで野江の身請けは叶うのか。
        商いの無知を克服し成し遂げねばならぬ澪の先行きが心許ない。
        佐兵衛を助けたお薗の献身を辛苦を味わったご寮さんがわからぬ訳がない。
        一家との融和と芳の婚礼。嬉しい。
        何よりも澪が源斉への思いに気付いたことに感動!
        >> 続きを読む

        2017/11/19 by ももっち

    • 他3人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      スタンダップダブル! = stand-up double

      小路幸也2012/11

      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      •  すべてが出来すぎな感のある高校野球小説です。
        第一人称者というか物語の語り手がいろいろ入れ替わるのですが、
        だれの章でも文章が軽い。
        読みやすさを意識したのか、
        高校生の語り口を自然に表現したかったのか、
        おそらく双方だと思いますがいかにも軽いです。
         
         そのライトさと
        現実にはありえない超能力級の身体能力をもった選手の活躍や
        彼らの大部分に共通する悲しい過去と
        それらもひっくるめて守ろうとする大人たちの想い
        なんかに乗せられて、
        あっという間に読み終わってしまいます。
         
         なかなか面白いのですが、
        あまりにも軽いので★3つです。
        >> 続きを読む

        2017/06/29 by kengo

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      花散らしの雨 みをつくし料理帖

      高田郁2009/10

      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • シリーズ2作め。
        ああもう、じ〜んとさせてくれるんだから!
        新しいつる屋の仲間と登龍楼の卑劣な手口、野江とのその後、おりょう親子の危機、そしてお待ちかねの胸キュンの予感。
        ガッチリと心を持っていかれてしまう。登龍楼に人質をとられているに等しい状況でのふきの葛藤。
        裏切りを知りながらも、屈せず、元凶に立ち向かう澪に痺れた。
        会うに会えない野江との狐のやり取りには切なさがこみ上げ、おりょう親子の無事を祈った。
        源斉の好意に鈍感ではあるが、小松原への胸の高鳴りに気づく澪に、これからの甘酸っぱい展開も期待が高まる。
        早く早く。
        次を読みたくてたまらなくなる!
        >> 続きを読む

        2017/11/09 by ももっち

    • 他2人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      小夜しぐれ みをつくし料理帖

      高田郁2011/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 読み進めていつの間にか5巻、時期は「旧暦の1月から6月までです。
        小豆粥、牡蠣飯から始まり、浅利、菜の花、鰊、空豆。おおお美味しそう!

        魚をさばく場面がたびたび出てきますが、昔の日本はそういえば肉を食べなかったんだよなぁと思い出します。しかしなぜ食べなかったんでしょうね。海のものならどんなグロくても食べたくせに。美味しい種類じゃなかったからかな。

        野江ちゃん格好いい!とか、又次さん男前!とか、おおお美緒さん!とかいろいろありますが、エンターテイメント時代小説だなぁ、相変わらず乗せ方が上手い。ダイナミックなストーリーというわけではないのですが、高田さんはディテールで魅せますね。小松原さまがちょっと前にでてきましたが、安易に結ばれることはないって信じてます。ちゃんとそれなりの葛藤と困難を乗り越えるか、あるいは諦めるか。お医者様は当て馬っぽくて気の毒だが、仕方ないですね…美丈夫なのにね…

        浅蜊の御神酒蒸しは作ってみたいな、と思いました。砂出しがアレで、貝類はいつも敬遠してしまう…
        >> 続きを読む

        2016/09/03 by ワルツ

    • 他2人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      うたう警官

      佐々木譲2004/12

      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      •  警察小説をまた読むのにまたちょっと覚悟が必要だった。
         でも、面白かった!。
         たしかに殺人事件は起きるんだけど、強姦殺人とか、子供を殺すとか、そういう私が苦手な部分が無かったのと、どちらかといえば、人間の良心に重きが置かれているので。
         組織が一枚岩ではない事が救い。無実の仲間を殺されてたまるか!という気概。長い者に巻かれて、あわよくばおこぼれにあずかろうという人は必ずいるし、自分の保身の為に人を切り捨てる、というのは警察に限った話ではないと思う。隠蔽とか捏造とかも、現実にあり得るけど、それ、おかしいですよね、って思う人も絶対にいるはず。それに立ち向かうのは相当勇気がいるけど、その希望がこの小説にはあった。
         もっと色々な見方ができると思うけど、ど素人のただの読者が完全に趣味として読書をする分には、面白いの一言。変なストレスが無く、読み切れた。
        >> 続きを読む

        2018/05/26 by チルカル

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      クライム

      樋口明雄2006/08

      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!

      • 20億の現金を積んだヘリが、南アルプスで墜落した。
        マフィアの幹部で日系中国人の功刀は、ある想いを胸に山へと足を踏み入れる。

        だが、その後を、殺された部下の敵として彼を付け狙う刑事・尾方と黒社会の殺し屋・揚が追っていた-------。

        この樋口明雄の「クライム」は、死と隣り合わせの雪山歩行を描いた、山岳小説の思わぬ拾いものの作品だ。これだから読書はやめられませんね。

        この題名の「クライム」には、犯罪小説と山登りの二つの意味が重ねられていると思う。
        物語の後半を占める、この著者・樋口明雄の本領とも言うべき、雄大な大自然を舞台にした追跡行は圧巻だ。

        この作品で描かれているのは、"自己の再生"への切り札として犯罪の道を選んだ人間だ。
        再生を希求しながら、犯罪の闇に堕ちるアンビバレントな姿には、社会との関係を超えた"個の理念"が凝縮されていると思う。

        つまり彼らは、現実社会にはびこる無軌道な犯罪者とは全く異質な存在なんですね。

        この作品は、濃密な犯罪者の心理に踏み込んだ最上のクライム・ノベルであり、一気読み必至のエンターテインメント作品になっていると思いますね。

        >> 続きを読む

        2018/05/01 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      パンとスープとネコ日和

      群ようこ2012/04

      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 母とふたりで生活していた女性が、母の死をきっかけに勤めを辞め、母が営んでいた食堂を改装し、自らのやりたいと思った雰囲気の飲食店を始める。
        お店を始めたすぐあと、近くで雨に濡れて震えていた子猫を飼い始める。

        女性が自らの出生や、仕事などで悩みを抱えつつも、周りの人々やネコに感謝しながら、生活する日々のお話です。

        とても穏やかな空気感の小説でした。
        >> 続きを読む

        2015/04/18 by ペンギン

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      カード・ウォッチャー

      石持浅海2013/03

      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 就労中の怪我を隠したことで、労働基準監査の視察が会社に入ることに。
        何とか穏便に済まそうとする社員たちだが、倉庫で過労死のような社員の死体を発見してしまい窮地に。

        労災の基準だとかがかなり詳細に描かれているが、そこではなく監察官と社員がいかにバレるかどうかの丁々発止が描かれる。

        社内を見回ったり、社員への聞き込みが、最終的には死体になった社員へと行きつくことに。
        そしてなぜこうなったのかが推理される。

        小説としてはかなり地味な部類だが、短くてスラスラ読める中身です。
        >> 続きを読む

        2018/10/21 by オーウェン

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      さぶ

      山本周五郎2010/04

      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね! Moffy

      • 私が敬愛する作家のひとり山本周五郎の市井ものの晩年の代表作ともいえる「さぶ」を、本棚の奥から取り出し、再読しましたが、もう何度読み返したかわからないほど、本がすりきれるくらい、愛読しています。

        経師屋の子飼い職人のさぶは、愚図でのろまで、年中「おらあだめなやつだ」と呟いている。
        底抜けに善良だが、仕事は半人前で糊の仕込みばかりやらされていた。

        一方、兄弟子の栄二は、男前で器用で仕事の腕もすこぶる良い。
        なにかにつけて、さぶをかばい励ます栄二とさぶは、兄弟以上の仲の良さだった。

        そんなある日、順風満帆な栄二に突然、災難がふりかかる。
        両替商の錦文の店で高価な商品が紛失、栄二に疑いがかかってしまう。

        結局、無実の罪を着せられ、石川島の人足寄場へ送られる。
        そして、屈辱のあまりひねくれるが、ひたむきなさぶの友情が、やがて栄二を立ち直らせるのだった。

        人足寄場の生活の中で、人間にとって何が真実であるかということを栄二は少しづつ学んできた。
        そして、人を信じられなかった彼の心も、さぶをはじめとする多くの人の情けに、次第に人間として目覚めていく過程が、淡々と描かれていくんですね。

        この栄二の人間的な成長の過程と、そこに反映されたさぶの「無償の奉仕」とも言える、純粋な愛が描かれており、栄二を慕うおすえの女心もそこに絡んでくるんですね。

        作者の山本周五郎は、かつて「文学には大衆も少衆もなく、純も不純もない。あるのはよい文学とわるい文学である」と語っていて、「よりよい文学を最大多数の読者」へというのが彼の信条なんですね。

        彼は、"反権力の姿勢"で庶民の側に立ち、弱い人々がこの世で生きていくためには、お互いの連帯感と知恵の助け合いしかないのだというのが彼の持論でした。

        直木賞をはじめ多くの賞をすべて辞退したのも「読者から与えられる以上の賞はない」という、そんな思いからきていたのだと思います。

        この「さぶ」においては、職人の世界や徒弟関係の内情が、実に良く描かれているのは、作者自身の徒弟生活の経験が随所に生かされているんですね。

        栄二とさぶを対照的に描き、それぞれの人物像を明確に浮き上がらせる手法をとっていて、作者の追求する基本的なテーマの一つである「無償の奉仕」という、人間にとって最も難しい課題がテーマとして取り上げられているのだと思います。

        そして、常に政治や経済から見放された弱く貧しい者の立場に立つ、山本周五郎文学独自の世界が、ここにもはっきりと示されていると思います。

        >> 続きを読む

        2018/05/13 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています

【(株)角川春樹事務所】(カドカワハルキジムシヨ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本