こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)ピアソン・エデュケーション (ピアソンエデユケーシヨン)

企業情報
企業名:ピアソン・エデュケーション
ぴあそんえでゆけーしよん
ピアソンエデユケーシヨン
コード:89471 86401
URL: http://www.pearsoned.co.jp
      デザインのためのデザイン

      BrooksFrederick Phillips. , 松田晃一 , 小沼千絵2010/12

      カテゴリー:工業基礎学
      5.0
      いいね!
      • この本の作者はIBMでSystem360の開発に携わっていた。そのSystem360の開発及び、海辺のログハウスの設計を対比しながら、機能的な面、(物には人が必ず関わり、人の使い勝手が必ず関与するから)用途的な面、当然見た目等も含めての設計の実際のプロセスがどうであったかを時に抽象化した数学的モデルに例え、時に実際にはどうであったかを簡潔にコメントし、設計というプロセスそのものがどういう性格のものなのか、どのような構造を持つプロセスなのか、どのような思いと葛藤との戦いの連続なのかを伝えている本。実際の設計を真摯に担当したことのある人であれば、うんうんと必ず頷く面があるはず。そして抽象化された思考から自分の設計プロセスは今どんな局面に位置しているのかをGPSのように知ることができると思う。(主にソフトウェア的な)設計っていうのは(本来的に)こういう物だからという所と、こういう思いで設計してごらんという方向性を示してくれる良い道標だと思う。 >> 続きを読む

        2012/10/09 by Shimada

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      達人プログラマー システム開発の職人から名匠への道

      ThomasDavid , Hunt Andrew , 村上雅章2000/11

      カテゴリー:情報科学
      5.0
      いいね!
      • どんなに才能があるプログラマーでもバグを埋め込んだり設計ミスを起こす事もあれば納期を守れない事もある。でも達人はそれを減らす仕事の進め方を知っている。テクニックではなく姿勢を教えてくれる名著です。 >> 続きを読む

        2012/05/19 by ybook

      • コメント 2件
    • 6人が本棚登録しています
      プレゼンテーションzen プレゼンのデザインと伝え方に関するシンプルなアイデア

      ReynoldsGarr. , 熊谷小百合2009/08

      カテゴリー:経営管理
      5.0
      いいね! ybook
      • Amazon.comのBest Of 2008ビジネス書籍部門でNo.3に輝いた書籍の翻訳版。
        最初の数ページを読んだだけで頭をガツンと殴られたような衝撃を受けました。
        営業や経営企画向けかと思いましたがビジネスでプレゼンテーション資料を作成する全ての人にお勧めです。

        プレゼンテーションの神様と呼ばれ、アップルのマネージャ経験も持つ著者のアプローチはZen(禅)の精神による無駄を廃するもの。
        聞き手側の想像力を刺激する手法を紹介しています。

        これまで、伝えたいことを文章やチャートで並べ、補足にオートシェイプなどのイラストを追加するアプローチで作成した資料が急に恥ずかしくなってきました。

        印象に残った内容は
        ・プレゼンの原則は「シンプル」、「明快」、「簡潔」であること。
        ・聴衆の立場にたって自分のプレゼンに「ダカラナニ」と問いかける。
        ・デザインは足し算ではなく引き算。
        ・余白を活用する。
        ・シグナル/ノイズ比(SNR)を常に念頭に置く。
        ・箇条書きは制限するか、一切使わない
        ・高品質のグラフィックスを使う
        …と上げ始めたら切りがありません。

        ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブスのプレゼンの比較、スターウォーズ制作時におけるシーンの大胆なカット、日本の駅弁や漫画など、実例を交えての説明も巧み。

        書籍としてのデザインも秀逸。写真が多く重要なメッセージが印象に残るように色・配置が工夫されており、この本自体が優れたドキュメントとしての参考になると思います。
        日本人なら禅を始め、本著で紹介している「渋み」「わび・さび的な簡潔性」「マンガ」など、日本文化を自然に理解しているので短時間で得られる効果は非常に大きいと思います。
        >> 続きを読む

        2012/06/25 by ybook

      • コメント 5件
    • 3人が本棚登録しています
      Modern C++ design ジェネリック・プログラミングおよびデザイン・パタ-ンを利用するための究極のテンプレ-ト活用術

      AlexandrescuAndrei. , 村上雅章2001/12

      カテゴリー:情報科学
      5.0
      いいね!
      • この本はC++でのプログラム実装におけるtemplate活用術(templateという予約語と記述方法がある)からポリシーベース設計までを解説した本。元々は学生時代、その時作ろうとしていたライブラリでリソース管理の一歩としてスマートポインタが欲しくて行き着いた本です。そして、読んで目からうろこでした。templateというと組み込み系では禁断の技術ですが、アプリ開発的には十分にありで、そこそこC++が使えるようになったらまず目に飛び込んでくる言語機能です。本来的な使い方は強い型言語における型チェック付きの複数の型で共通の記述方法(クラスもOK)。型チェック付defineマクロみたいなものなのですが、言語使用の限界を究めることでtemplateの再帰を行うわ、templateの条件分岐(if文)を行うわ、型のリストを作るわとコンパイラの限界性能を出す事でメタプログラミングを行うテクニックとそれを活かすことで関数呼び出しではなく、クラスの組み合わせによる機能の実現(ポリシーベース設計)という世界を作り出した本です。一時期、次世代C++標準ライブラリ選考用ライブラリBoostでもtemplateの活用による様々なライブラリが並んでいた時期がありましたが、あのムーブメントを作り出したのがこの本と作者のアンドレスク氏だと思っています。実際にはこの本のテクを使っても大丈夫なメンバーのみでチームが構成されることはまずありませんので、限られた局面を除いて禁じ手になりますし、C++自体今ではあまり使う人が減ってしまった感がありますけれど、この本で紹介されているテクが魅せる世界はとても魅力的ですし、プログラマとしての心意気に溢れていると思います。私はこの本を読んでプログラムを書くという行為でも、心意気と工夫次第で非常に面白い作業になりえるのだと学びました。心意気と努力と合理性に対する工夫さえあればプログラマーでも十分に誇りを持っていいと思います(それはタイプライター打ちとは明確に異なります。)。ただ、チームメンバーや後々の保守性への思いやりを忘れてはいけませんが(それも含めて合理性)。C++プログラマおよびgenerative programmingを目指すソフトウェア技術者にお勧めです。 >> 続きを読む

        2012/11/15 by Shimada

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      Effective Java

      BlochJoshua. , 柴田芳樹2008/10

      カテゴリー:情報科学
      5.0
      いいね!
      • Javaの基本が分かってきてから読んでみると
        いかに自分が理解していなかったのかが分かる
        ぜひjavaの言語を触ってる人は読んでもらいたい本です。
        >> 続きを読む

        2011/04/19 by ◆空太◆

    • 4人が本棚登録しています
      オブジェクト指向のこころ デザインパターンとともに学ぶ

      Trott, James , 村上雅章 , Shalloway, Alan2005/09

      カテゴリー:情報科学
      5.0
      いいね!
      • ついこの間、重版されました。良い機会だったので初めてデザインパターン(デザパタ)に手を出してみました。内容はGoF(ギャングオブフォーってかっこいいですね!!)の考えたデザパタ半分ぐらいと、著者が考えた2パターンが追加されています。
        単純にそれぞれのGoFのデザパタについて解説するのではなく、著者が以前に携わったCAD/CAMの開発を元に、それぞれのデザパタの有用性について論じています。おかげで実際のシステム開発と紐付いていてわかりやすいです。(若干CAD/CAM自体について理解するのに時間がかかりましたが…)
        GoF全てのデザパタを知るには不向きですが、タイトルにあるようにオブジェクト指向を識るには良書です。
        >> 続きを読む

        2014/06/12 by 喜楽の日々

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)ピアソン・エデュケーション】(ピアソンエデユケーシヨン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本