こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)カンゼン (カンゼン)

企業情報
企業名:カンゼン
かんぜん
カンゼン
コード:901782 86255
URL: http://www.kanzen.jp/
      サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ

      小澤一郎2011/11

      カテゴリー:球技
      4.0
      いいね!
      • 個人的にはJクラブがより魅力的になるように考えて欲しいなと。まだまだリーグ運営やクラブ経営に学ぶことが山ほどあるということ。金の有無以外に違いが見出しにくいのは寂しすぎる。 >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      フットボールサミット いままで語られなかった「三浦知良」論

      カンゼン2011/09

      カテゴリー:球技
      4.0
      いいね!
      • 第4回ということは、これまでに3冊出ているのだろうが、このシリーズについては知らなかった。
        本書を手に取ったのは、テーマが「カズはなぜ愛されるのか?」だったから。

        私は三浦知良という選手を崇拝しているため(妄信的と言われても否定はしない)、彼に関するものは大抵目を通す。
        そのため、どこかで同じようなものを目にしたように感じることが少なくない。

        だが本書ではテーマの通りに「なぜカズが愛されるのか」を検証するため、
        一風変わった観点で、8人の論客がカズについて書いている。
        例えば、カズの父親・韓国から見たカズ・カズの商品価値など。
        もちろんヴェルディや、他の選手から見たカズなどお馴染みのテーマのものもある。

        なかでも印象に残ったのはブラジル時代のカズについてだ。
        JリーグバブルやフランスW杯メンバー落選などは彼のエピソードとしてよく扱われるが、
        彼の最も大きなバックボーンと思われるブラジル時代についてはあまり主題にあがることはない気がする。

        カズ在籍時のキンゼ・デ・ジャウー会長パウミーロ氏の言葉にはカズファンなら誰もが深く頷くことだろう。

        執筆している人たちはもちろんだが、この本に登場するありとあらゆる人がカズへ惜しみない愛情を送っている。
        本書を読んでも「カズはなぜ愛されるのか?」は分からないかもしれない。
        だが、私も含め多くの人が「なぜカズを愛するのか?」はなんとなく分かるのではないだろうか。
        >> 続きを読む

        2011/10/21 by すーくん

    • 1人が本棚登録しています
      昼のセント酒

      久住昌之2011/12

      カテゴリー:商業経営、商店
      4.0
      いいね!
      • またまたオッサンが昼間っから銭湯いって、ビールでクゥ~なんてゆう、真似できない羨ましいエッセイ読んでしまった。
        銭湯でも場所柄土地柄によって客層が違うところ、久住さんが観察してるってのが笑える!!
        銀座の銭湯憧れますwww
        >> 続きを読む

        2013/09/10 by ata-chu

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています
      世界一わかりやすい!フットサルの授業 = En clase de futbol sala

      Rodrigo, Miguel Jose2012/09

      カテゴリー:球技
      5.0
      いいね!
      •  私は最近フットサルを始めたのですが、何分初心者なのでま

        ずは本で勉強しようと思い購入に至りました。


         内容は帯通りとても初心者にわかりやすく、私が見たなかで

        もフットサル入門書としては1番の良書であると感じました。

        抽象的すぎる本が多い中でもこの本は具体的でイメージしやす

        くわかりやすかったです。フットサル日本代表監督が教えると

        いう点も評価できるポイントだと思います。フットサルの基本

        的な動き方・試合での考え方などゼロから学ぶことができるこ

        とに加え、試合で即使える実践的な方法なども紹介されており

        明日試合だという人にもおススメです。


         フットサルをはじめた方もしくはフットサルに興味がある方

        はぜひこれを読んで一緒に強くなりましょう!!
        >> 続きを読む

        2013/05/10 by 古今東西

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ちゃっかり温泉

      久住昌之2012/11

      カテゴリー:商業経営、商店
      4.0
      いいね!
      • 久住さんが近場の温泉へ行くエッセイ。
        綱島温泉てもう名前だけと思ったらまだ温泉あるのですね!
        戸越銀座にまであるなんてビックリです。
        箱根へはロマンスカーVSE に乗って行くのですがこれがまたプスッと笑えます。毎度風呂上がりに良さげな店でビールを美味そうに飲んでいて、ビールが苦手な私は羨ましい限り!

        野田知佑さん、椎名誠さん、なぜか昔から旅人とゆーか自由人に憧れてしまい、久住さんもその一人に加わりました。
        >> 続きを読む

        2013/08/25 by ata-chu

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています
      眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

      西部謙司 , 遠藤保仁2013/03

      カテゴリー:球技
      5.0
      いいね!
      • 遠藤の書いた本かぁ…と思って今まで手を出してなかったのですが,Kindle 版が \650 と安くなっていたので買ってみたところ,実際には西部謙司氏が遠藤へのインタビューに基づいて書いたものでした.なので西部氏の著書だと言ってしまって良いと思います.

        日本屈指のプレーメーカーの頭の中を覗く,という点で、非常に面白い内容でした.もっと早く読めばよかったとさえ思いました.

        ピッチ上で起こっていることを如何に素早く正確に見ぬくか,そこにどのような判断を加え,どのようにプレイに反映させるか.遠藤選手の頭の中のだけある多分に「感覚的」な事象を,的確な質問で掘り起こし,文字化していきます.

        サッカーをされる方で,パサータイプの方(恥ずかしながら僕自身もパサータイプと思っております)は,「うんうん,そうそう」とか「おおー,なるほどー」と思わされること請け合いです.
        >> 続きを読む

        2014/08/25 by medio

    • 1人が本棚登録しています
      彼女と彼女の猫

      新海誠 , 永川成基2013/05

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 彼女と彼女の猫。
        新海誠監督の同名の動画の小説版。


        季節は春のはじめで、その日は雨だった。
        四人の女性と四匹の猫をめぐる4編の短編小説。
        4編の物語の形式は人同士猫同士の相互補完的な関係による緩やかな遷移で、
        それぞれの女性が巻き込まれ、追い込まれる問題とそれぞれの女性の面倒を見ている猫たちの思いと事情を描いています。

        春の日の明るく柔らかな雨のような雰囲気を纏っていて、
        人も猫もそれぞれ自分たちの生活と現実を持っていて、
        それらは友人関係と恋愛、仕事、意識せずに共有できていた夢と意識したが故に音連れる絶望、家族関係を通して、
        時には暗闇に追い込まれ、時には見つけ出し、時には歩き出せるようになり、時には辿り着く。

        「悪いのは彼女じゃないと思う」と信じる描、「誰か。誰か、誰か」「誰か助けて」と呟く女性。
        自分を信じ、チャレンジして失敗した女性とその姿を見て彼女のように強くならなきゃと思う猫。
        夢の方ばかり見続けた挙句親友を失った悲しみを罪として背負い込み歩き出せなくなった女性と、守らなきゃと思った猫。
        守ることを託された描と、ネコに先導されて押し付けられた苦しみから解放されて自分の為の時間に回帰していく女性。

        あの雨の日、私は傲慢にも、チョビを救ったのだと思っていた。救われたのは、私の方だった。人の気持ちは目に見えないから仕方ないじゃん。
        なんかさ、分かったんだ。ずっと自分に才能があると思ってた。おっさんたちにちやほやされて勘違いした。私なんか、まだまだだ。だが、自分でそれに気付けたなら、少しは見込みがある。
        よかったね。もうお外に出られるんだね。そうか、願いが叶ったんだ。
        とっさに何かを願おうとして、自分が何の望みもないことに気付いた。そうよ、これは縄張りを守るための闘いなのよ。


        生きる指針、意義、あるいは足を付けていられる地面、もしくは自分を許しても良いんだよという優しさを表している小説です。
        真面目過ぎるヒトは、人のせいにできないから、自分を責めて苦しんでしまうんだ。という言葉には身に積まされる思いでしたけど、それでも人の関係には違った可能性もあって、

        だから、僕も、それからたぶん彼女も、この世界のことを好きだと思う。
        -
        この動画は4拍子で、繊細で、柔らかで、優しさに満ちていると思います。唯一でてくるDOGのジョンが緩やかに方向を指し示していて、物語を纏めています。
        人生に疲れた人、たまには優しい感傷に耽りたいと思った人にお勧めです。
        >> 続きを読む

        2013/08/11 by Shimada

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      柳下毅一郎の皆殺し映画通信

      柳下毅一郎 (2014/02

      いいね!
      • 色々と逆に観たくなってしまう。
        ハートロッカーの例えが秀逸過ぎ(笑

        2016/01/15 by ゴンズイ

    • 1人が本棚登録しています
      ふらっと朝湯酒

      久住昌之2014/01

      カテゴリー:商業経営、商店
      4.0
      いいね!
      • 某旅館の棒チョコ、某旅館のピンクの掛け布団がツボw
        声出して笑えますから要注意!

        2014/04/11 by ata-chu

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)カンゼン】(カンゼン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本