こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)マッグガーデン (マツグガーデン)

企業情報
企業名:マッグガーデン
まつぐがーでん
マツグガーデン
コード:901926 86127 8000
URL: http://www.mag-garden.co.jp/
      Flat

      青桐ナツ2012/07

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 匿名

        鈴木の話を聞いて「いいひとたちだなぁ」と思う平介が幸せそう。

        2014/09/08 by 匿名

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      Flat

      青桐ナツ2008/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.5
      いいね! momomeiai
      • 匿名

        ラブレターを書いた長谷さんと同じく平介のぜんぶがうらやましい。

        2014/09/17 by 匿名

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      Reversal

      唐々煙2012/05

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • この話しまんまゲームになってくれたら凄いやりこみする。

        2014/07/28 by H_hipo

    • 2人が本棚登録しています
      ヨメさんは萌え漫画家

      コゲどんぼ2013/02

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 幹部自衛官とオタ系漫画家が結婚してからの日常。

        うん、やっぱりこんな感じかなぁ(笑)
        うちは一般○員だけど雰囲気はどこも同じかな?
        イベントに参加した話が多かったけど
        イベントって数えるくらいしか行ったことがない!!
        場所が悪いのか?「(´へ`;
        ブルーインパルスを初めて見た時は
        テンション上がりまくって疲れた記憶が!!σ(^∇^;)ははー。

        ①②巻を一気に読んでみて…あるあるネタだと思った。

        婚活の話はこの本に書いてあるような事と同じ話を聞いたことあるし
        『海自の方がお金持ってる』ってもの聞いたことあるなぁ(笑)

        守秘義務があるので突っ込んだ内容は書けないので
        ミリオタには物足りない内容だと思う。
        中途半端なオタが読むのにちょうどいい(笑)
        >> 続きを読む

        2013/06/23 by あんコ

      • コメント 10件
    • 1人が本棚登録しています
      Flat

      青桐ナツ2013/05

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 匿名

        あっくんに気を使われてどうしたらいいんだとオロッとする鈴木が面白い。

        2014/09/07 by 匿名

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      宇宙戦艦ヤマト2199公式設定資料集<Earth>
      カテゴリー:映画
      4.0
      いいね!
      • 先日コミック版のレビューも書きましたが、今年一番熱いTVアニメとイチオシの「宇宙戦艦ヤマト2199」。
        本書は地球側のメカニックデザイン、キャラクターデザイン、インタビューを収録した公式設定資料集です。
        10月にはガミラス編も発売予定。

        アニメの設定資料集などは読むことはないのですが(小学生の時に古本屋で読んだガンダムのモビルスーツ大全以来?)、ヤマトなら読んでも良いかな、と発売後に書店に向かいました。

        無い・・・。2店目、3店目を廻っても無い・・・
        仕方がなくネット書店で注文しようとしたが・・・無い!
        初版はすぐに完売!!・・・恐るべしヤマト。

        手に入らないとなると益々読みたくなるのが人間の性。
        重版が決まり発売から1ヶ月経過した9月になってやっと入手出来ました。

        そしてドキドキの御開帳。読み終え第一声が「凄すぎる!」。
        アニメの常識を覆す膨大な設定量。情報がギッチギチです。

        妥協を許さず細部まで拘り抜いたメカ設計が、あの緻密で繊細な映像を支えているのかと感動。
        ヤマトのみの設定画で100ページを超える・・・。三面図を用いた立体的な設計。カタパルトの展開方向、格納庫広さと戦闘機の寸法まで計算されるなど実証を意識している。SFアニメにも関わらずリアリティがあり工業デザイン的に非常に優れている。

        巻末はメカニックデザイン担当、キャラクターデザイン担当、総監督の3名のインタビュー。インタビューを読んで出渕雄さんが監督を務めてくれて本当に良かったなぁとつくづく思い知りました。
        「基本的なところは変えずに、ブラッシュアップしていくことを目指しました」と出渕氏。
        ブラッシュアップ。いい言葉ですね。

        新キャラクターについては賛否両論ですが、少なくともメカニックに関しては出渕氏(監督)と玉盛氏(メカニック)の拘りがあの迫力の戦闘シーンを生み出している。

        TV放送は全話録画しているので、次はこの本を片手に最初から見直したいと思います。そしてガミラス編は発売日に入手できるように予約しますとも。
        >> 続きを読む

        2013/09/05 by ybook

      • コメント 10件
    • 3人が本棚登録しています
      宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集<Garmillas>
      5.0
      いいね!
      • まだまだ興奮の余韻が冷めやらぬ「宇宙戦艦ヤマト2199」。

        その公式設定資料 GARMILLAS(2冊目)です。

        発売直後は入手困難となったEARTH(1冊目)の反省を踏まえて、今回は発売日に入手できるように予約しました。

        ヤマトを中心とする地球(国連宇宙軍)側のメカ・キャラクターの膨大な設定資料とそして出渕監督、玉盛氏(メカデザイン)、結城氏(キャラクターデザイン)の3人の中心人物のインタビューが収録されたEARTH編に劣るかと思いましたが、GARMILLAS編はそれを凌駕する重厚な内容。

        特に開発陣のインタビューはつくづく凄いアニメだったなぁと再認識させてくれます。

        この作品、メカニック、背景画の殆どが3D CGで描かれています。たとえ数カットしか登場しない戦闘機もディテールまで緻密に描かれたモデリングが行われている。

        ガミラス側の戦艦、戦闘機もきちんとカタパルトやコクピットも描かれて、触覚などがあったオリジナルと違い地球側とは一線を画しつつもきちんと合理的なデザインになっています。インタビューで明らかにされていますが、モチーフとなったのが「僕の中のジオン軍」というのは面白い。そういえばどことなくムサイに似てますね。

        通常のアニメの枠を超越した緻密なメカの数々を凄腕のアニメーター達が時間・コスト度外視でしっかりと再現。制作陣に「寿命が縮んだ」と言わしめさせるが、誰一人妥協しようとしない。
        その理由が制作陣の一人一人の思い入れが強いヤマトだから。オリジナルを台無しにしたくないという姿勢が製作開始時には誰も予見しなかったクオリティの高さを生み出したんですね。

        もちろん来春の新作映画も見に行きますとも!Ghale Garmillon!
        >> 続きを読む

        2013/11/06 by ybook

      • コメント 8件
    • 1人が本棚登録しています
      Peace maker鐡

      黒乃奈々絵2004/02

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 匿名

        龍馬のおっちゃんが言った"PEACE MAKER"の本当の意味が気になる。

        2014/09/03 by 匿名

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      その向こうの向こう側

      渡辺祥智2004/04

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 小学6年生の少年・フタバの前にいきなり謎の少女・キアラが現れる。
        キアラはフタバと“マスター”を間違ってしまったらしい。フタバはキアラをマスターのもとに送り届けるため異世界を旅することにするが……。

        異世界ファンタジーものです。
        この作者さんの作品ってものすごいほんわかしているんです。
        が、それだけですまないんですね。
        必ずといっていいほど、悲しい別れやら死ネタやらがあるんですよ。

        1、2巻だけでもその片鱗は見え隠れしているので、何度読んでもうわーってなってしまうんですよね……。
        改めて読み直すとキアラの設定だけ見ても、別れが悲しくなるのは自明のことでしたorz

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/139/】
        に1、2巻の感想をアップしています(2010年9月のものです)。
        >> 続きを読む

        2014/01/05 by hrg_knm

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています
      Peace maker鐡

      黒乃奈々絵2005/03

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 匿名

        誰かに必要とされたいかと聞かれて「うん…!」と答えたソージに、土方さんが一度だけ言ったセリフが印象的です。 >> 続きを読む

        2014/09/02 by 匿名

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      新撰組異聞peace maker

      黒乃奈々絵2005/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 匿名

        「何度目だ?」と聞くだけで総司に謝らせる土方さんがすごいと思う

        2014/11/08 by 匿名

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      新撰組異聞peace maker

      黒乃奈々絵2005/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 匿名

        土方さんは隊士から向けられる信頼を一手に背負って新撰組を護っているんだな。

        2014/11/09 by 匿名

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      新撰組異聞peace maker MAGGARDEN MASTERPIECE COLLECTION)

      黒乃奈々絵2005/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね! kgr
      • 匿名

        辰兄はいつも平身低頭なのに、鉄のことになると沖田さんにも強気。

        2014/11/10 by 匿名

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      新撰組異聞peace maker

      黒乃奈々絵2005/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね! kgr
      • 匿名

        土方さんが自分を責めていることに気づく沖田さんの観察眼が鋭い。

        2014/11/11 by 匿名

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      新撰組異聞peace maker

      黒乃奈々絵2005/09

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね! kgr
      • 匿名

        長州藩邸から援兵を呼んでこれなくて独りになった鈴がかわいそう。

        2014/11/12 by 匿名

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ARIAぷにフィギュア付書籍(3)アリア社長の絵本 ([特装版コミック])

      天野 こずえ (2007/03

      2.0
      いいね!
      • ARIAに出てくる火星ネコ、アリア社長の絵本。あー、まぁ。一種の関連商品ですね。
        これでも一応うちの本棚の一番上の棚を長年占拠しています。
        内容は・・・

        よいことして戦ったはずの
        アリア社長は、なぜか
        怒られてしまいました。

        ぷいにゅー

        です。

        たぶん・・・、ARIAファンにのみお勧めです。
        >> 続きを読む

        2013/05/05 by Shimada

      • コメント 5件
    • 2人が本棚登録しています
      その向こうの向こう側

      渡辺祥智2008/06

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 突然現れた少女・キアラをマスターの元へ送り届ける旅を続けるフタバたち。
        途中悲しい出来事を乗り越え、マスターの元へたどり着くが――。

        可愛いし面白いんだけど、やっぱり悲しい異世界トリップファンタジーです。全6巻なのでこれで終わりになります。

        旅の途中の話も結構悲しいんですが、個人的には一番最後にやられました。
        ラストは異世界トリップのお約束として元いた世界に戻るわけです。
        長い長い冒険をしたはずなのに、数十分しかたっていなかったせいもあるのか、フタバは異世界のことを「何かあったような?」程度しか覚えていなかったんです。

        願いを叶えるべき存在であるキアラの「私のことを覚えていて」というただ一つの願いすら叶わないのか、と初めて読んだとき思わず泣いてしまいました。

        ラストのはっきりしない結末は賛否が分かれそうですが、私はこれはありだな、と思ってます。みんなに幸せになってほしいと思わず願ってしまう小学生フタバの長い長い放課後の寄り道の話でした。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/140/】
        に3~6巻の感想をアップしています(2010年9月のものです)
        >> 続きを読む

        2014/01/07 by hrg_knm

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      戦国妖狐

      水上悟志2008/08

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 現在11巻まで、刊行中のこの作品。

        ただ、この作品は、途中途中で、盛り上がるんです
        その勢いがいつの間にか消失してしまったおり
        主人公が交代する構成が、良くも悪くも、勢いを削いでいるので
        前作『惑星のさみだれ』の様に突き抜けないのが残念です。

        著者の信念でもあろう
        自己に対する強い肯定。
        限界の否定。

        一つ間違えれば、単なる中二病とも
        とらえられそうですが

        きちんと泣かせたり、考えさせたり、笑わせたり
        マンガとして要所要所、きちんと演出が考えられ
        生かされているために
        そこの部分が浮つきません。

        本当に、少年マンガのツボを押さえながら
        この著者特有の飄々とした笑いや
        唐突に起こるシリアスな展開であったり

        あまり歴史上の人物の中でもそこまで
        脚光を浴びない足利義輝をこんなキャラクターに描いたり

        ある人物が別のシリーズ“百鬼町シリーズ”の
        主人公の祖先となることがわかったり
        (いくつもの作品とのリンクが後々分かるようになっています)

        この著者の得意とする
        “様々な大人を見ること、知ることにより成長していく子供”を織り込んであり
        読み応えがあります。

        そろそろ、この勢いのまま、最後まで行って欲しいところです・・・。本当に。
        >> 続きを読む

        2013/07/07 by きみやす

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      びんちょうタン(4)初回限定版 (BLADE COMICS)

      江草天仁 (2009/02

      5.0
      いいね!
      • 泣きました。

        正直、驚きです。
        だらだらとした日常系の何気ない日々を過ごす4コマ漫画カナーと思っていましたが・・・

        全4巻で、すべてを読み終わったときは同情的な涙だなーとか思いましたが、何度読んでも抑えられない。。。。

        今日も頑張ろうと思いました。
        >> 続きを読む

        2015/04/30 by おねぱん

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      Flat

      青桐ナツ2009/05

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 匿名

        あっくんの気持ちを思いやって「たのしいよ」と言う平介はいい奴。

        2014/09/12 by 匿名

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【(株)マッグガーデン】(マツグガーデン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

バタフライ