こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)教育画劇 (キヨウイクガゲキ)

企業情報
企業名:教育画劇
きよういくがげき
キヨウイクガゲキ
コード:905699 87692 7746
URL: http://www.kyouikugageki.co.jp
      たのしいたてもの

      青山邦彦2009/01

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • ホントに楽しそうな建物だ。

        どの部屋も覗いてみたいなあ~・・でも、住みたいかというと、少し疑問も。

        建物って、内装次第でこんなにも変わるんだ。

        でも、共同住宅でもあるわけで、最後のオチはよかったよかった。

        絵自体も綺麗で、楽しくなる。
        >> 続きを読む

        2018/01/03 by けんとまん

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      富士山にのぼる

      石川直樹2009/12

      カテゴリー:日本
      4.0
      いいね!
      • 巻末の装備一式のページがたのしかった

        2018/07/11 by motti

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      バッテリ-

      あさのあつこ1998/04

      カテゴリー:文学
      4.0
      いいね!
      • 引き続きバッテリーⅡ。舞台はいよいよ中学校へ。

        あらすじ
        新田東中学校の野球部に入った巧は、顧問の戸村先生の管理的な指導に真っ向から反発します。戸村監督は規則や規律を正しいと信じ、生徒や部員に押し付けるのですが、生徒にはそのひずみが生じていました。次第に巧の才能を監督が認めるようになるのですが、それを面白く思わない先輩部員が、事件が起こし、部活動も停止に。大会出場も辞退することになりました。

        不器用で生意気な巧が、無事に仲間を作って、共に成長してくれと願わずにはいられません。いつでも自分を持っていて、ぶれない巧は、カッコいいけれど、多少の我慢ができなくて、どうするの?もっと上手く伝えたら?周りを見ろ!と思ってしまうところがあります…豪の優しさが、本当にありがたい…。青波もどれだけ賢い子なんだと、関心してしまいます。
        >> 続きを読む

        2018/07/09 by うらら

    • 2人が本棚登録しています
      ぼくはおばけのおにいちゃん

      武田美穂 , あまんきみこ2005/07

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • オチがいまいち?途中までは面白がって聞いていたけど、最後が不満そうだった。

        2015/02/25 by ぶぶか

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      ぜつぼうの濁点

      原田宗典 , 柚木沙弥郎2006/07

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 絵本とは思えないおどろおどろしいタイトル。
        しかも作者は原田宗典。

        おおっ、なんと「濁点」が主役!
        おそらく、絵本史上初のキャラでは?!

        しかし、この「濁点」、何ともいじらしい奴なのだ。
        最後には、ホロリとドラマチック。
        それは、大概の大人が一度は経験することだから。
        願わくば、子供には理解出来ない世界であって欲しいなっ。
        あっ、絵本だけど・・・。
        >> 続きを読む

        2016/06/04 by FUKUchan

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      鬼・鬼婆の怪談

      川村たかし2007/03

      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 小学校中・高学年~中学校向き。字も大きくて、ふりがな付きでとても読みやすい。

        『酒呑童子』や『鬼退治』など出典は古典や落語なので、母も「子どもの頃聞いた。なつかしい・・」とまあまあ好評。

        昔は、人間の心の中にある毒(怒りや欲など)を「鬼」にたとえたり、
        悪いことしちゃダメだよ、鬼にお仕置きされるよって教えてたんだろうね。
        東北の「なまはげ」みたいに。(でもあれ、トラウマにならないのかな!?)

        あと、純粋に怖いもの見たさ。
        ゾ~とするのやら、考えさせるのやら、色々な鬼や鬼婆が出てきます。
        (落語の「地獄八景」の鬼は文珍さんもやってるけど、笑える。)

        2時間足らずで読めました。

        なかなか楽しかったです。
        >> 続きを読む

        2013/09/17 by バカボン

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      ぼくがラーメンたべてるとき

      長谷川義史2007/08

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 重い、深い、切ない1冊。
        タイトルと装丁からは、想像できない世界だった。
        と、同時に、想像することの大切さをズ~~~ンと感じた。
        こうやっている間にも、この星のあちらこちらで、いろんなことが起きている。
        大人にも響く本。
        子どもたちには、年齢によっては、かなり難しいかもしれない。
        しかし、大人が思う以上に伝わるような気もする。
        >> 続きを読む

        2014/09/03 by けんとまん

      • コメント 3件
    • 4人が本棚登録しています
      ものすごくおおきなプリンのうえで

      中新井純子 , 二宮由紀子2010/04

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね! kei_touka
      • たまには絵本でも読んでみようかな♪と思って選びました。

        日本絵本賞受賞作品です。

        読後感は最高♪

        絵本を読む機会は、ほとんど無かったのですが、たまにはいいですね。

        プリンの上で縄跳び!?したら、どうなっちゃうの?という絵本ならではの設定です。

        普段は小説ばかりなので、とても面くらいましたが、これぞ絵本!という感じで、有り得ないけど、そんなの気にしないで童心に返って楽しむ気持ちになれました。

        プルプルしてるから落ちちゃうよ~♪
        >> 続きを読む

        2012/10/25 by emi

      • コメント 6件
    • 5人が本棚登録しています
      ばあちゃんのおなか

      かさいまり , よしながこうたく2010/08

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      2.0
      いいね!
      • おばあちゃんが死んでしまうくだりが理解できず

        2015/12/06 by ぶぶか

    • 2人が本棚登録しています
      へちまのへーたろー

      二宮由紀子 , スドウピウ2011/06

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね! chibadebu
      • 日本絵本賞を受賞していると知って、幼稚園の娘のために図書館で予約して借りました。
        主人公のへちまのへーたろーの前向きに問題に取り組む姿勢はとても好感がもてます。自分もこのくらいストイックになりたいとおもいますが、娘にはちょっと話が難しく、長かったようです。
        もう少し大きくなったら、また読んであげようと思います。
        >> 続きを読む

        2012/11/25 by liekk

      • コメント 6件
    • 3人が本棚登録しています
      くまの木をさがしに

      佐々木マキ2012/04

      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • リメイク作は元本が絶版となり別出版社から復刊される際に作家が描き直すことによりリメイクとなるケースが大半だが、稀に元の絵本が生きている(=絶版になっていない)のにリメイク絵本が出るケースがあります。それが佐々木マキさんの『くまの木をさがしに』(2012年/教育画劇)という作品です。

        続きはこちら。 http://meganenekopoyo.blogspot.jp/2017/06/blog-post.html
        >> 続きを読む

        2017/06/04 by メガネネコ

    • 1人が本棚登録しています
      バッテリ-

      あさのあつこ1996/12

      カテゴリー:文学
      3.0
      いいね!
      • 児童文学のカテゴリーの本ですが、大人でもとても楽しんで読めました。
        主人公の原田巧は、ピッチャーとして人並み外れた才能を持っていますが、人と関わるのが苦手で、プライドが高く、自分の才能に得意になり、勝手なふるまいをするため、周囲の人と衝突が絶えません。そんな巧が、引っ越しをきっかけにこれからバッテリーを組むことになるだろう永倉豪と出会い、お互いを信頼するようになるといったストーリーでした。2巻ではいよいよ中学の野球部に入部するところからお話が始まるようです。主人公の巧は、野球部でどんな人と出会い、野球を通してどう成長するか楽しみです。 >> 続きを読む

        2018/07/08 by うらら

    • 2人が本棚登録しています

【(株)教育画劇】(キヨウイクガゲキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚