こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ゴマブックス(株) (ゴマブツクス)

企業情報
企業名:ゴマブックス
ごまぶつくす
ゴマブツクス
コード:907710 901465 7771
URL: http://www.goma-books.co.jp
      「ムテキ」な自分のつくりかた ビジネスにも人生にも克つ!

      町田幸生2005/01

      カテゴリー:人生訓、教訓
      いいね!
      • セルフモデルって言う、ネーミングが一寸なあ… でも考え方は、取り入れるに値すると思う。 >> 続きを読む

        2014/01/12 by 紫指導官

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      キミにもできる

      江村信一 , 本橋涼2006/01

      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 肩の荷を下ろしてリラックス。背中をちょっと押してくれて前向きにしてくれる。
        そんなアドバイスが欲しい時に。

        本がとても小さくて四角くてかわいらしい。
        ポケットの中でもカバンの中でも持ち歩いて
        タメイキつきたいときに眺めてみよう。

        EAZZY・DOCKというイヌ(とネコとなんとか?)のキャラクターがいい。

        ちょっとナマイキそうなのだけど、サクっと人生のホンネをつぶやく
        そのさりげなさがいい。

        左のページにイラストとつぶやき。
        右のページに お言葉 と いう構成。


        ☆悩みには解決できるものと できないものがある
         解決できないことは 悩んでもしかたないよな。

        ☆『ありがとう』と『ごめんね』 この2つで生きていける。

        などなど。すばらしい…。
        (よりによってこの言葉を紹介する私って、どうなんだろう?)


        親しい友が落ち込んでいるとき、そっとプレゼントするのも粋ですね。
        あまり大げさでなく、オシャレで。
        シッタカブッタを紹介するよりはよほど気が利いていると思います。


        なのに!惜しいことに、多分絶版。
        この本結構気に入ったのになあ。

        ちょっとタイトルで損した気がしますね~。


        【おまけ】
        EAZZY-DOCKのイラスト 
        絵を担当したデザイナー江村信一氏のサイトで見られます♪

        http://emurin.exblog.jp/i37/

        この時に描かれていたサブキャラのEAZY-CATは
        ライオンのキャラクターになっているんですね。
        >> 続きを読む

        2013/04/25 by 月うさぎ

      • コメント 8件
    • 1人が本棚登録しています
      赤い糸

      メイ2007/01

      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 沙良がたかチャンのことを好きと知りながら彼と修学旅行で遊ぶメイ。
        メイも迷ったが沙良に話さずにそういう行動に出たせいで関係がこじれていく。

        沙良も沙良でそれがわかっただけでキレてメイの首を絞めて自殺未遂をするなんて、視野が狭すぎだし心が弱すぎ。

        たかチャンと付き合ったメイ。
        最初は幸せだったものの次第にたかチャンの束縛は強くなりメイを苦しめる。
        こんな器の小さいたかチャンは男じゃない!!早くこんな最低な男、いやおサルさんとは早く別れろ、メイ!

        幸せな時期に彼にちなんで、中学生なのにタトゥーを入れたメイ。
        もうたかチャンとは別れた。そのタトゥーどうするの?一度入れたタトゥーは一生消えないのわかってるの?
        それは一生背負う恥になったね。

        16歳高校生で妊娠した優梨にも問題がありすぎる。
        恋空(上)で書いたとおり、16歳高校生の妊娠はきっと世間から冷たい目を向けられる。
        優梨は妊娠したことを相手のナツに話して、結局ナツとは別れることになった。
        ナツって最低だな!自分のことしか考えられない人に恋愛する資格はない。

        優梨はお腹の子を産むことを決心した。
        若くして片親で子を育てる優梨はこれから貧困と過労に苦しむだろうな。

        それにみんな何でもかんでも一人で抱え込みすぎ。もっと周囲に助けを求めるべきだ。
        そうじゃないと自分だけじゃなく周囲まで不幸にしていく。

        なんでみんな素直じゃないのかなー。ひねくれてるから救いようがない、そんな本だった。
        >> 続きを読む

        2014/10/31 by Nanna

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      リストのチカラ

      堀内浩二2008/02

      カテゴリー:人生訓、教訓
      いいね!
      • 効率のいいリストで、物事を成功に導く。と言うのを読みたかったが、違った。成功に向けては、自分で頑張るからいいや。 >> 続きを読む

        2013/06/06 by 紫指導官

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      幸福の迷宮

      鈴木亜紀 , Miralles, Francesc , RoviraAlex , 田内志文2008/04

      カテゴリー:小説、物語
      2.0
      いいね!
      •  古本屋でみつけて何となく気になり
        amazon のレビューを見たら非常に評価が高かったので
        購入してきたのですが、
        正直 期待ハズレでした。
         
         小説系 自己啓発本なのですが
        中身が非常に薄いです。
        「ん~確かにそんな感じだよね」
        という言葉もありましたが、
        とにかく本書で核心的に伝えたい内容も
        それほど響いてくるものではありませんでした。
         
         心が弱っていて、
        本当にどうしたらいいのかわからなくて
        途方にくれているレベルにまで達している方には
        ちょっと背中を押してくれて
        栄養をくれる本にはなれるかもしれませんが、
        心身ともに健康で
        自分へのヒントやプラスアルファを探している方には
        あまり向かないように思います。
        >> 続きを読む

        2015/02/04 by kengo

    • 1人が本棚登録しています
      1の力を10倍にするアライアンス仕事術

      平野敦士カール2008/05

      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • アライアンス(他人との協同作業)の進め方について、作者の経験の基、書かれ本です。
        内容は、納得できるところがいくつもありました。しかし、現実を振り返ってみると、自分一人で一気通貫で仕事をすることはほとんどなく、周りの人と一緒に行っていることがほとんどであると思います。
        なので、
        アライアンスという事にはとらわれず、日々の仕事をより良くするためには、どうしたらよいか。という観点で読まれた方が良いと思います。

        気になった文章のいくつかは以下になります。

        □ アイディアのなかに大勢の人を巻き込み、助けてもらえたから
        □ 自分にその知識がないのだったら、わかる人に助けてもらえる人間になる
        □ 「自分の思考」を「みんなのもの」に転換してしまうのが、「アライアンス・シンキング」という発想の方法
        □ つねに相手の立場にたって、先へ先へと気を配っていくことが、長く信頼関係を維持していくためにはとても必要です
        □ 相手に花を持たせる
        >> 続きを読む

        2014/08/23 by Minam

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      ソニーをダメにした「普通」という病

      横田宏信 (2013/09

      4.0
      いいね!
      • ソニーの裏話的なことがわかって面白く読めた。
        どこの企業でも同じようなことが起こっているのではないかなと思う。
        やはり企業は生き残るために進化し続けないといけないのかなと思わせる一冊だと思う。
        >> 続きを読む

        2013/11/12 by willow

      • コメント 5件
    • 2人が本棚登録しています

【ゴマブックス(株)】(ゴマブツクス) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

旅路の果て (白水Uブックス (62))