こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)花風社 (カフウシヤ)

企業情報
企業名:花風社
かふうしや
カフウシヤ
コード:907725
URL: http://www.kafusha.com
      自閉っ子、こういう風にできてます!

      ニキリンコ , 藤家寛子2004/11

      カテゴリー:内科学
      4.5
      いいね!
      • だいたいにおいて自閉症スペクトラムの人の手記は分かりづらいのだけど、進行役の定型発達者がいるせいか、言語能力の高い当事者を選んだせいなのか、かなり読みやすかった。

        ニキリンコさんの発達障害はある意味身体障害である、という説は「なるほどなあ」だった。神経過敏や感覚鈍麻や運動音痴や表情筋の硬さや姿勢の維持の難しさは確かにある意味身体障害だ。

        花風社の発達障害シリーズは目からウロコどころか眼窩から眼球が落っこちて顎が外れて髪の毛が抜けそうな内容で面白い。
        雑誌やネットでよく見る発達障害に対する見解や対処法とかなり毛色が違うので戸惑うのだが、なんとなく花風社シリーズ執筆陣の方が正解に近いような気がする。
        本当になんとなく、なのだけど。うまく言えないのが残念なのだが「ああそう考えればしっくりくる!」みたいな。
        >> 続きを読む

        2018/05/25 by kikima

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      自閉っ子におけるモンダイな想像力

      ニキリンコ2007/06

      カテゴリー:内科学
      4.0
      いいね! Moffy
      •  内容は、ニキ・リンコさんの実体験に基づき、今まで「モンダイな想像力」によって起こしたトラブルの数々、及びそれらの克服法です。

         子供の頃からの体験も多くのっていますので、発達障害のお子さんをお持ちの方にもオススメです。

         字が大きくて読みやすく、説明の補足として漫画や挿絵などもありますよ~
        >> 続きを読む

        2018/06/23 by deco

    • 1人が本棚登録しています
      自閉っ子的心身安定生活!

      藤家寛子 , 浅見淳子2009/10

      4.0
      いいね!
      • 花風社の発達障害シリーズにたびたび登場する藤家寛子さんが社会復帰への一歩を歩みだすまでの話。鬱で骨と皮だけになるわ解離性人格障害になるわだったにも関わらず週5日作業所に通えるようになった!その秘訣とは?

        当事者同士でお茶会なんかしてても皆が皆勝手な内容を喋ってお開きになったり喧嘩になったりするだけで前進しない、支援者が大人の障害者に対して子供扱いするから「こっちはそんなにバカじゃないんだぞ」「このやろう」って思った、支援組織の人に何かあった時支援員がすぐ駆けつけられる場所に住めと言われたがそうしたら近所に買い物や気晴らしをする場所が無くて困った、等という自閉症スペクトラムの当事者だからこそ分かる意見が盛りだくさん。
        発達障害への支援も高齢者や身体障害者への介護と同じで、支援員の心配や良かれと思ってやった行為が裏目に出てしまうことが多々あるらしい。

        真綿に包まれてストレス知らずで育てられると、自暴自棄になってしまいますよね。その極端なケースの人が「誰でもよかった」系の犯罪に走ってしまったりするんじゃないかな。(122ページより)という花風社代表取締役兼編集者である浅見淳子さんの一言にドッキリ。
        「発達障害は治りますか?」を先に読んだのでこのセリフが何を意味しているのかは分かっているのだが、もう10年近く前から配慮され続けても犯罪に走る自閉症スペクトラムの人がいるということに目をつけている人がいたのだなあと。
        >> 続きを読む

        2018/07/08 by kikima

    • 1人が本棚登録しています
      発達障害は治りますか?

      岩永竜一郎 , 愛甲修子 , 神田橋条治2010/05

      カテゴリー:内科学
      5.0
      いいね!
      • 神田橋先生の名前は昔ケア学か何かで見た記憶があるのだけど、発達障害の本も書いていたとは知らなかった。

        日本屈指の精神科医が、発達障害の本を専門的に出版している浅見淳子さんと神田橋先生の弟子である愛甲修子さんと発達障害を体から治療している岩永竜一郎さんと自閉症スペクトラムである藤家寛子さんが対談する。

        あまり他の専門家が著書では触れない発達障害の謎と支援に対する問題にザクザクとメスを入れている印象を受ける。

        「さて宿題です。発達障害という病名が出来て1番得をしたのは誰でしょう?」の神田橋先生の顔が微妙に怖い。

        あとDSMは自らも発達障害を患っていて精神科医なら自分にも出来るかもと考えて精神科の道に進んだ医師が診断をするための唯一の方法だからどんなに粗雑でも廃止したらダメだ、という神田橋先生の言葉に『それはあの人をdisってるんですか大先生!』と思った。
        >> 続きを読む

        2018/05/22 by kikima

    • 2人が本棚登録しています

【(株)花風社】(カフウシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本