こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


(株)木楽舎 (キラクシヤ)

企業情報
企業名:木楽舎
きらくしや
キラクシヤ
コード:907818 86324
URL: http://www.sotokoto.net/
      おべんとうの時間

      阿部直美 , 阿部了2010/03

      カテゴリー:食品、料理
      5.0
      いいね! kentoman
      • ふと思いついて、「お弁当」をキーワードに検索したとき、この本と出会いました。

        見聞きしたことのないお仕事をされている方も多く登場され、人柄や地域の"色"にも興味が湧きます。
        そして、お弁当。凝ったものも、おにぎり一つでも、なんでこんなに、見ていて幸せになれるのでしょう。
        誰かの想いを感じられるからかなぁと思いました。

        写真とお一人お一人のお話に、心温まる一冊です。
        続編ももちろんオススメです!
        >> 続きを読む

        2016/07/13 by とりきなこ

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      思考する豚

      WatsonLyall , 福岡伸一2009/10

      カテゴリー:哺乳類
      4.0
      いいね!
      • タイトルの「思考する」に惹かれて読んでみた。
        なんと言うか、著者の豚に対する思いが溢れている。
        それも、変な思いではなくて、自分と同じ目線の位置に豚を置いていると思う。
        犬、猫、馬、牛、鶏などなど、いろんな動物がいて、それぞれ独特のポジションを占めていると思う。
        その中で、ここに書かれているような社会性を持っているのは・・・と考えると、なるほどねと思ってしまった。
        >> 続きを読む

        2014/09/01 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      野菜ソムリエをつくったわけ

      福井栄治2010/04

      カテゴリー:商業経営、商店
      4.0
      いいね!
      • 食に興味があり、とりわけ野菜が好きだったのと、ごくたまにする料理においてもっと画期的に美味しくなる何かが見つけられたらと、野菜ソムリエに興味を持ったことで本書を手にとってみました。
        ずっと料理をしてきた主婦等が多く受講していて、料理はするけど野菜の事を何も知らないというのがその理由だとか。
        食は人間にとって切っても切り離せない生きていく根源となるものだしましてやこの先も続いていく健康志向。一足早くそこに気づき野菜ソムリエを立ち上げた福井さんはとにかく素晴らしいビジネスマンという事がよく分かりました。行動力もさる事ながら一貫した理念・信念を持ち、物事の本質をよく捉えている。お手本のような人です。
        商社時代や生い立ちの話とは別に、最後の今後のビジョンだけでも読む価値があります。資格取得者のその後のフォローも素晴らしいです。
        この資格の金額が講座も含めると高いのが難点ですが、何れは挑戦したいと思います。

        >> 続きを読む

        2015/11/18 by がーでぶー

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      生物多様性100問

      福岡伸一 , 盛山正仁2010/09

      カテゴリー:生態学
      いいね!
      • 福岡伸一とあって思わず買ってしまった。が、著者は元政治家で「福岡伸一(監修)」でした。なので文章が政治家。100問のうち最後の25問は条約、国家戦略、基本法、COP締約国会議の仕組みについて。

        「3つの危機」「5つの理念」「7つの主要テーマ」(「4つの基本戦略」という言葉も)…プレゼン感満載…も少し中身見てから買えばよかった。
        >> 続きを読む

        2013/07/27 by minomu-

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      おべんとうの時間

      阿部直美 , 阿部了2012/04

      カテゴリー:食品、料理
      5.0
      いいね!
      • 年のごまめの本の少しBEST・1に選ばせて頂いた
        阿部夫妻の「おべんとうの時間」のおまちどう、第二弾。

        今回は、五島、列島の僻地や、震災の宮古市の田老地区へも。
        田老地区では、いつもの電話ではなく、現地へ伺って取材依頼を行う。

        震災の地で、足で歩き色んな人に出会い、おべんとうの取材をお願いしながら、
        今、生きていることを噛みしめておられる方々に出会う。
        生きることも、食べることも、人とふれあうことも、喜びも悲しみも、
        愛することも・・・すべて大切なこと。

        おにぎり二つだけのおべんとうには、負担をかけてはいけないとの、妻への思いやりと、
        もっと手の込んだものを用意したいという奥さんの優しさとが入っている。

        「本当だったら、握ってすぐの温かいのを食べて欲しいの」・・・・・・・・、
        おべんとうの良さは、作り手の愛情が詰まっていることですな。

        ANA機内誌「翼の王国」人気エッセイ、まだまだ続きます。
        >> 続きを読む

        2013/06/26 by ごまめ

      • コメント 8件
    • 1人が本棚登録しています

【(株)木楽舎】(キラクシヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(出版社,発行所)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本